人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 10月 ( 46 )   > この月の画像一覧


2019年 10月 31日

フィアーノロマーノ(19’安田記念14)

今日は、安田記念(GI)14着馬フィアーノロマーノ君を掲載します。

フィアーノロマーノ
父Fastnet Rock 母Heart Ashley(母の父Lion Heart)
2014年8月21日生 牡5 栗東・高野友和厩舎
12戦6勝(2019年10月31日現在)
フィアーノロマーノ(19’安田記念14)_b0015386_20455486.jpg
前哨戦のダービー卿CT勝ち馬ですが、パドックは好馬体が目に付き、動きも良かったです。ただ、レースは中団追走も伸びを欠きました。左回りはこれで4戦4敗、うち3回は二桁着順で苦手なのかもしれません。


by Yuuichiro_K | 2019-10-31 20:49 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 30日

スマートオーディン(19’安田記念13)

今日は、安田記念(GI)13着馬スマートオーディン君を掲載します。

スマートオーディン
父ダノンシャンティ 母レディアップステージ(母の父Alzao)
2013年2月20日生 牡6 栗東・池江泰寿厩舎
15戦5勝(2019年10月30日現在)
スマートオーディン(19’安田記念13)_b0015386_21010598.jpg
パドックの気配は普通。いつも安定して鋭い末脚を繰り出す馬ですが、この日は後方侭、見せ場なく終わりました。


by Yuuichiro_K | 2019-10-30 21:02 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 29日

ロードクエスト(19’安田記念12)

今日は、安田記念(GI)12着馬ロードクエスト君を掲載します。

ロードクエスト
父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ(母の父チーフベアハート)
2013年3月6日生 牡6 美浦・小島茂之厩舎
32戦4勝(2019年10月29日現在)
ロードクエスト(19’安田記念12)_b0015386_19250008.jpg
パドックの気配は普通。レースはいつもと違う4番手追走の積極策も、直線伸びを欠きました。


by Yuuichiro_K | 2019-10-29 19:27 | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 28日

サクラアンプルール(19’安田記念11)

今日は、安田記念(GI)11着馬サクラアンプルール君を掲載します。

サクラアンプルール
父キングカメハメハ 母サクラメガ(母の父サンデーサイレンス)
2011年3月4日生 牡8 美浦・金成貴史厩舎
(通算成績)32戦6勝
サクラアンプルール(19’安田記念11)_b0015386_23271739.jpg
パドックの気配は普通。デビュー以来初のマイル戦出走でしたが、流石に厳しくレースは中団侭、見せ場なく終わりました。


by Yuuichiro_K | 2019-10-28 23:29 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 28日

第160回天皇賞・秋予想結果分析

レース予想は10月26日の記事、パドック評価は10月27日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着◎アーモンドアイ
2着△ダノンプレミアム
3着○アエロリット
4着 ユーキャンスマイル
5着 ワグネリアン
6着▲サートゥルナーリア
7着△スワーヴリチャード
8着 ウインブライト
9着 ケイアイノーテック
10着 マカヒキ
11着 ゴーフォザサミット
12着 スティッフェリオ
13着 カデナ
14着 アルアイン
15着 ランフォザローゼス
16着 ドレッドノータス

馬券
アーモンドアイの単勝(1.6倍、的中)、複勝(1.1倍、的中)

パドック評価
唯一のA評価アーモンドアイが1着。B+評価のダノンプレミアム、アエロリット、ユーキャンスマイルが2~4着に好走とほぼ見立てどおり。

好走データ
1、2着馬は推奨できたが、3着馬は推奨できず。

消しデータ
該当馬は全て9着以下、完全的中。

スピード指数
1位のアーモンドアイが1着、3位のアエロリットが3着も、2着馬ダノンプレミアムは推奨できず。

感想
予想は◎△○でまずまずの予想。
馬券はシンプルに人気のアーモンドアイの単複だけ買って観戦。期待以上の強さで勝ってくれて、本当に感動しました。


by Yuuichiro_K | 2019-10-28 23:18 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 28日

第8回アルテミスS予想結果分析

レース予想、パドック評価は10月26日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着◎リアアメリア
2着△サンクテュエール
3着 ビッククインバイオ
4着▲ラインオブダンス
5着○オータムレッド
6着△ルーチェデラヴィタ
7着 ショウナンハレルヤ
8着 オムニプレゼンス
9着 カイアワセ

馬券
オータムレッド、ラインオブダンスの単勝(2点、外れ)、オータムレッド、ラインオブダンスの複勝(2点、外れ)
馬連3頭ボックス(オータムレッド、ラインオブダンス、リアアメリア)(3点、外れ)

パドック評価
特別に目立つ馬なし。

好走データ
1、2着馬は推奨できたが、3着馬は推奨できず。

消しデータ
該当馬は全て3着以下、馬連的には完全的中。

スピード指数
4位のリアアメリアが1着、2位のビッククインバイオが3着も、2着馬は推奨できず。

感想
予想は◎△で一応的中も、これは1番人気の組み合わせ。
馬券はパドックでは特別目立つ馬がいなかったので、あえて圧倒的人気のリアアメリア以外の2頭の単複を買うも撃沈。完敗でした。


by Yuuichiro_K | 2019-10-28 23:08 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 27日

現役最強の座は譲らない!天皇賞はアーモンドアイが圧倒的な強さでGI6勝目を飾る

今日、東京競馬場では、GI5勝のアーモンドアイを筆頭に国内のトップホースがほぼ揃った豪華メンバーが激突した、秋の中距離王決定戦・天皇賞・秋(GI)が行われました。
レースは、C.ルメール騎手騎乗の1番人気アーモンドアイが、好位追走から直線最内を突いて一気に抜け出し、同じく好位から伸びた3番人気ダノンプレミアムに3馬身差をつけて優勝しました。
現役最強の座は譲らない!天皇賞はアーモンドアイが圧倒的な強さでGI6勝目を飾る_b0015386_01192199.jpg
文句なしの完勝!1番人気に応えアーモンドアイが圧倒的な強さを見せつけました。

☆天皇賞・秋結果
1着◎アーモンドアイ  (C.ルメール)1'56'2(良)
2着△ダノンプレミアム (川 田)3
3着○アエロリット   (戸 崎)クビ
4着 ユーキャンスマイル(岩 田)1
5着 ワグネリアン   (福 永)クビ

※パドックの個人的な評価は以下の通り(A良い B普通 C平凡)

1 カデナ       B
  普通
2 アーモンドアイ   A
  2人引きでも大変落ち着いて力強い動き
3 ケイアイノーテック B+
  前走毎日王冠で見た時よりも動き良し
4 スワーヴリチャード B
  普通
5 アエロリット    B+ 
  相変わらず力強い動き目に付く
6 ユーキャンスマイル B+
  パドックの外目を大きく周回
7 スティッフェリオ  B
  普通
8 マカヒキ      B
  普通
9 ダノンプレミアム  B+
  2人引き、安田記念の時より遥かに落ち着いて力強い歩様
10 サートゥルナーリア B+
  いつもどおり大変落ち着いて周回
11 ゴーフォザサミット B
  普通
12 ドレッドノータス  B 
  普通
13 ランフォザローゼス B
  普通
14 ワグネリアン    B
  2人引き、時折小走り
15 ウインブライト   B
  2人引き、時折小走り
16 アルアイン     B+
  2人引き、動き良し

今年の天皇賞・秋は、天皇賞史上最多の10頭のGI馬が出走。2014年以来5年振りに10万人を越える大観衆が詰めかけ、今年の中央競馬最高レベルの馬が集結した大注目の一戦となりました。
人気は、前走不利に泣いた安田記念(GI)3着以来のGI5勝の女傑アーモンドアイが単勝1.6倍の圧倒的1番人気。前走神戸新聞杯(GII)で後の菊花賞馬ワールドプレミアを完封した3歳牡馬最強の呼び声高い今年の皐月賞馬サートゥルナーリアが単勝3.4倍で2番人気。前走安田記念は大敗も能力は古馬トップクラスの実力馬ダノンプレミアムが単勝9.5倍で3番人気。この3頭のみが単勝10倍以下の人気を集めていました。レースはこの3頭が直線半ばまで争うシーンもありましたが、最後力の差を見せつけ優勝したのは、アーモンドアイでした。

アーモンドアイのパドックは、安田記念以来でしたが、2人引きでも相変わらず大変落ち着いて周回。動きも力強く大変良く見えました。
レースは、予想どおりアエロリットが1000m通過59.0秒と平均ペースで逃げる展開となりましたが、アーモンドアイは好スタートを切ると好位5番手を追走。楽な手応えで最後の直線に向かうと、最内の狭いところを突くロスのない競馬で一気に抜け出し、あっという間に後続を3馬身突き放す、圧巻の走りで完勝となりました。
なお、勝ち時計は2011年トーセンジョーダンが記録したレコードにわずか0.1秒差の史上2位の好タイム。文句なしの内容で、改めて現役最強を証明する素晴らしい走りを見せてくれました。

2着は安田記念(GI)16着以来の3番人気ダノンプレミアム。パドックは酷くイレ込んだ安田記念の時と比べると遥かに落ち着いて周回。力を出せる状態に見えました。レースもアーモンドアイとほぼ同じ好位を追走。直線もしっかり脚を伸ばしたものの、勝ち馬の爆発的な末脚に一気に置いていかれてしまいました。しかし、勝ち馬が強すぎただけで、この馬も1'56'7と前年の優勝馬レイデオロを上回る時計で走破。安田記念大敗の無念を晴らす見事な走りだったと思います。

ダノンプレミアム
父ディープインパクト 母インディアナギャル(母の父Intikhab)
2015年4月3日生 牡4 栗東・中内田充正厩舎
9戦6勝(2019年10月28日現在)
現役最強の座は譲らない!天皇賞はアーモンドアイが圧倒的な強さでGI6勝目を飾る_b0015386_01191597.jpg
3着は6番人気のアエロリットが健闘。パドックは前走毎日王冠(GII)の時同様、隊列の最後尾を落ち着いて力強い動きで周回。好気配でした。レースは好スタートからハナを奪って逃げると、直線も最後まで良く粘りました。また、前走に続き一度は交わされたサートゥルナーリアを差し返すど根性&2枚腰に感動しました。彼女も素晴らしい走りを見せてくれたと思います。

アエロリット
父クロフネ 母アステリックス(母の父ネオユニヴァース)
2014年5月17日生 牝5 美浦・菊沢隆徳厩舎
18戦4勝(2019年10月28日現在)
現役最強の座は譲らない!天皇賞はアーモンドアイが圧倒的な強さでGI6勝目を飾る_b0015386_01190917.jpg
なお、2番人気サートゥルナーリアは、パドックは大変落ち着いて気配は良好だったのですが、レースは絶好位につけるも直線は伸びを欠き6着に凡走。後半の加速に遅れをとったのは、やはり経験の浅さが出たのでしょう。また、かなりレース中、かなり力んで走っていたようで、気性の難しさが今後も課題となりそうです。期待を裏切ってしまったのは残念でした。

それでは最後に見事優勝したアーモンドアイちゃんを掲載します。
現役最強の座は譲らない!天皇賞はアーモンドアイが圧倒的な強さでGI6勝目を飾る_b0015386_01185482.jpg
パドックは、大変落ち着いて周回。休み明けでもきっちり仕上がって好気配でした。
現役最強の座は譲らない!天皇賞はアーモンドアイが圧倒的な強さでGI6勝目を飾る_b0015386_01184001.jpg
鞍上のC.ルメール騎手は昨秋から異なる馬で天皇賞3連覇を達成。なお、レース後のインタビューでは「2番枠でしたが、サートゥルナーリアやダノンプレミアムといった人気馬の後ろで良い位置でした。直線では内にスペースもありましたし、良い反応をしてくれました。素晴らしい脚でよく伸びています。改めて素晴らしい馬です。」とコメントしていました。
現役最強の座は譲らない!天皇賞はアーモンドアイが圧倒的な強さでGI6勝目を飾る_b0015386_01182946.jpg
国枝栄厩舎は、天皇賞・秋初制覇。なお、国枝師はレース後のインタビューで「ビックリしました。凄かったですね。とにかく全てにおいて落ち着いていて、装鞍所からパドックでも落ち着いているなと感じました。レースはスタートをポンと出たところでまずは一安心しました。内目の3列目にいて、あとは締められないようにと思って見ていましたが、直線の伸びにはビックリしました。このメンバーですから、しのぎを削るようなレースになると思っていたのに、一気に抜け出しましたから、凄い馬です。恐ろしいくらいですね。GIを勝つような馬を何頭もやらせていただいてきましたが、想像の上を行くような馬です。今後はレース前からジャパンカップか香港と思っていましたが、オーナーサイドと話し合って決まることになると思います。」とコメントしていました。
現役最強の座は譲らない!天皇賞はアーモンドアイが圧倒的な強さでGI6勝目を飾る_b0015386_01181980.jpg
牝馬による天皇賞制覇は2010年ブエナビスタ以来、史上16頭目。なお、レース後の表彰式に馬が出てこなかったので心配しましたが、特に大事はなかったようで良かったです。よって、ウイニングラン中の写真ばかり続きますが、ご了承ください(笑)
現役最強の座は譲らない!天皇賞はアーモンドアイが圧倒的な強さでGI6勝目を飾る_b0015386_01181033.jpg
今日の勝ちっぷりは、現役最強というだけではなく、史上最強レベルの強さじゃないかと思えるほどの圧倒的なものを感じました。このような素晴らしい名馬の走りを直に観戦できて本当に幸せです。今日はGI6勝目本当におめでとうございました!

アーモンドアイ
父ロードカナロア 母フサイチパンドラ(母の父サンデーサイレンス)
2015年3月10日生 牝4 鹿毛 安平 ノーザンファーム生産 美浦・国枝栄厩舎
10戦8勝(2019年10月28日現在)
(重賞勝利)2019年天皇賞・秋(GI)、ドバイターフ(首G1)、2018年ジャパンC(GI)、秋華賞(GI)、オークス(GI)、桜花賞(GI)、シンザン記念(GIII)



by Yuuichiro_K | 2019-10-27 23:59 | 19年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 26日

第160回天皇賞・秋(GI)予想

明日は、東京競馬場で好メンバーが揃った秋の中距離王決定戦・天皇賞・秋(GI)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)同年に芝1600m~2000mの重賞で2勝以上
   ウインブライト、ダノンプレミアム
(2)過去1年以内に芝1600m以上の古馬混合GIで1着
   アルアイン、アーモンドアイ、ウインブライト
(3)前走芝1600~2000mの重賞で1着
   ユーキャンスマイル
(4)過去1年以内に芝2000~2500mの古馬牡馬混合GIで3着以内
   アルアイン、アーモンドアイ、ウインブライト、スワーヴリチャード、ワグネリアン

2 消しデータ
(1)年内4戦以上消化で、前走毎日王冠(良・稍重)・斤量58キロ以下で6着以下
   ケイアイノーテック
(2)前走オールカマーで5番人気以下
   ゴーフォザサミット
(3)前3走とも日本のレース5番人気以下で連対が1回以下
   カデナ、ケイアイノーテック、ゴーフォザサミット、ドレッドノータス
(4)3ヵ月以上の休養馬を除き、前走4番人気以下で4着以下かつ1秒以上敗退馬
   ケイアイノーテック
(5)前走6着以下かつ0.8秒以上敗退の6歳以上馬
   マカヒキ
(6)前3走とも日本の1800~2200m戦を使用し、その中に6着以下が2回以上ある斤量58キロの馬
   スティッフェリオ
(7)前2走ともGII以下戦で6着以下で今回斤量増
   ゴーフォザサミット
(8)前走10番人気以下
   ドレッドノータス
(9)左回り芝を経験して3着内歴がない馬で、前3走とも右回り芝を使用の馬
   スティッフェリオ

3 スピード指数上位馬
(1)アーモンドアイ
(2)サートゥルナーリア
(3)アエロリット
(4)スワーヴリチャード
(5)アルアイン

天皇賞・秋予想
◎アーモンドアイ
○アエロリット
▲サートゥルナーリア
△スワーヴリチャード
△ダノンプレミアム

本命は、GI5勝の女傑アーモンドアイとしました。前走安田記念で連勝はストップしましたが、不利がありながら繰り出した末脚は負けて強しの内容でしたし、GI6勝目を期待します。相手筆頭は、今回も単騎逃げで粘りそうなアエロリット。単穴に前走神戸新聞杯(GII)圧勝、改めて3歳世代トップクラスの実力を示したサートゥルナーリア。以下、印の馬をおさえます。


by Yuuichiro_K | 2019-10-26 23:51 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 26日

アルテミスSは、リアアメリアが圧倒的人気に応えデビュー2連勝で重賞初制覇

今日、東京競馬場では、過去の連対馬から4頭の5頭のGIホース(アユサン、レッツゴードンキ、メジャーエンブレム、リスグラシュー、ラッキーライラック)を輩出した注目の2歳牝馬重賞・アルテミスS(GIII、芝1600m)が行われました。
レースは、川田将雅騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝1.3倍)に推されたリアアメリアが最後方追走から直線外一気に伸び、2番手から伸びた2番人気サンクテュエールを3/4馬身差をつけて優勝しました。
アルテミスSは、リアアメリアが圧倒的人気に応えデビュー2連勝で重賞初制覇_b0015386_23312500.jpg
最後方から外一気に伸びたリアアメリアが、着差以上の強さを見せつける快勝となりました。

☆アルテミスS結果
1着◎リアアメリア   (川 田) 1'34'3(良)
2着△サンクテュエール (C.ルメール) 3/4
3着 ビッククインバイオ(大 野) 1/2
4着▲ラインオブダンス (M.デムーロ)1 1/4
5着○オータムレッド  (石 橋) 1 1/4

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 オムニプレゼンス  B
  普通
2 ショウナンハレルヤ B
  普通
3 ルーチェデラヴィタ B
  普通、時折小走り
4 ラインオブダンス  B
  普通
5 ビッククインバイオ B
  2人引き、落ち着きないがいつものこと
6 オータムレッド   B
  普通
7 カイアワセ     C
  落ち着きなし
8 サンクテュエール  B
  2人引き、普通、時折小走り
9 リアアメリア    B
  2人引き、普通、プラス20キロでも太め感なし

前走、新馬戦を楽な手応えで8馬身差で圧勝して、今日は単勝1.3倍と圧倒的1番人気に推されたリアアメリアが、期待に応えデビュー2連勝で重賞初制覇を飾りました。
リアアメリアのパドックは、パドックに入ってきた当初は時折小走りになる場面もありましたが、ほどなく落ち着きを取り戻して周回。また、馬体重はプラス20キロですが太め感はなかったです。
レースは、ビッククインバイオが1000m通過60.6秒とスローペースで逃げる展開となりましたが、リアアメリアは、首を高く上げ、かなり引っ掛かる仕草を見せながら最後方を追走。これで果たして最後伸びるのか正直ドキドキしながら見ていましたが、直線は外からメンバー最速の上がり33.0秒の鬼脚を繰り出し、先行馬群をあっさり差し切ったのはお見事でした。レース運びがスムースではなかった分、着差以上の強さを感じる内容でしたが、気性的に難しいところを見せたのは確かで、次が試金石になるかもしれません。

2着は、2番人気のサンクテュエールが人気どおりの好走。パドックは2人引きで時折小走りになるなど落ち着きを欠く仕草を見せていましたが、気合いを表に出すタイプのようです。レースは2番手追走から直線逃げ粘るビッククインバイオを追うも、交わすのに手間取っている間に、勝ち馬に一気に交わされてしまいました。

サンクテュエール
父ディープインパクト 母ヒルダズパッション(母の父Canadian Frontier)
2017年2月13日生 牝2 美浦・藤沢和雄厩舎
2戦1勝(2019年10月26日現在)
アルテミスSは、リアアメリアが圧倒的人気に応えデビュー2連勝で重賞初制覇_b0015386_23311858.jpg
3着は、5番人気のビッククインバイオが健闘。パドックはメンバー中一番落ち着きがありませんでしたが、いつものことで彼女はこれでも走るタイプ。レースはスローペースで単騎逃げできたことで、直線もしぶとく粘り、馬券圏内を確保。新潟2歳S(GIII)3着に続き、持ち味を出し切っての好走でした。

ビッククインバイオ
父キングズベスト 母アニメイトバイオ(母の父ゼンノロブロイ)
2017年2月26日生 牝2 美浦・牧光二厩舎
5戦1勝(2019年10月26日現在)
アルテミスSは、リアアメリアが圧倒的人気に応えデビュー2連勝で重賞初制覇_b0015386_23311171.jpg
なお、3番人気のラインオブダンスは、3番手追走も先行2頭を捕らえるには至らず、勝ち馬に外から一気に交わされ4着。今日のところは上位馬には完敗でした。

それでは最後に優勝したリアアメリアちゃんを掲載します。
アルテミスSは、リアアメリアが圧倒的人気に応えデビュー2連勝で重賞初制覇_b0015386_23310290.jpg
パドックはプラス20キロでも太め感はなく、5ヵ月の成長分だったということでしょう。ただ、パドックは煩いところを見せ、その気性の難しさが今日のレース運びの拙さに繋がった感はあります。
アルテミスSは、リアアメリアが圧倒的人気に応えデビュー2連勝で重賞初制覇_b0015386_23304952.jpg
鞍上の川田騎手は、アルテミスS初制覇。レース後のインタビューでは、「色々な事を一遍に経験出来ました。進み過ぎる所のある馬ですが、今日は遅いペースの中でも、この馬にしては辛抱出来て、良い経験が出来ました。思ったより着差はつきませんでしたが、現状としては充分です。今日は馬体重が20kg増えたのはすべて成長分ですが、一気に体が増えた分、少し動きづらい面もあったかもしれません。次走は、成長を伴いながら、もっと動き易くなると思います。」とコメントしていました。
アルテミスSは、リアアメリアが圧倒的人気に応えデビュー2連勝で重賞初制覇_b0015386_23304364.jpg
着差以上の完勝となりましたが、レース振りはまだまだ荒削り。その分、伸び代がありそうで、これからの成長が楽しみです。今日は重賞初制覇、おめでとうございました!

リアアメリア
父ディープインパクト 母リアアントニア(母の父Rockport Harbor)
2017年2月21日生 牝2 黒鹿毛 安平 ノーザンファーム生産 栗東・中内田充正厩舎
2戦2勝(2019年10月26日現在)
(重賞勝利)2019年アルテミスS(GIII)


by Yuuichiro_K | 2019-10-26 23:37 | 19年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 26日

第8回アルテミスS(GIII)予想

今日、東京競馬場では過去の出走馬にアユサン、レッツゴードンキ、メジャーエンブレム、リスグラシュー、ラッキーライラックといったGIホースを多数輩出している注目の2歳牝馬重賞・アルテミスS(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)直近の芝1600m以上で1着かつ前走4コーナー2~5番手を通過した馬
   サンクテュエール、ショウナンハレルヤ、ラインオブダンス、リアアメリア、ルーチェデラヴィタ

2 消しデータ
(1)前走逃げた馬
   ビッククインバイオ
(2)直近の芝1600m以上戦で5着以下
   カイアワセ
(3)前走が2着以下かつタイム差が0.4秒以上だった馬
   カイアワセ、ビッククインバイオ
(4)中山・中京競馬場を除くJRAの1600m以上のレースで優勝していない馬
   オムニプレゼンス、ショウナンハレルヤ

3 スピード指数上位馬
(1)ラインオブダンス
(2)ビッククインバイオ
(3)オムニプレゼンス
(4)リアアメリア

☆アルテミスS予想
◎リアアメリア
○オータムレッド
▲ラインオブダンス
△サンクテュエール
△ルーチェデラヴィタ

本命は、新馬戦を8馬身差圧勝、底知れぬ強さを見せたディープインパクト産駒リアアメリアとしました。相手筆頭は、新馬戦で函館2歳S(GIII)優勝馬ビアンフェを破り、前走クローバー賞を快勝したオータムレッド。単穴に1800m1'47'6の持ち時計があるラインオブダンス。以下、印の馬をおさえます。


by Yuuichiro_K | 2019-10-26 09:00 | データ予想 | Trackback | Comments(0)