愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2018年 11月 19日

アルバートドック

今日も今年引退した重賞勝ち馬の写真を掲載します。
本日登場は、2018年1月10日付けで競走馬登録を抹消した重賞2勝馬アルバートドック君です。

アルバートドックは2014年9月にデビュー(結果6着)、3戦目で初勝利。3歳時には2勝を挙げて菊花賞(GI)に挑戦するも12着と結果を残すことはできませんでしたが、4歳初戦の2016年小倉大賞典(GIII)で重賞初制覇。同年夏には七夕賞(GIII)優勝、新潟記念(GIII)2着と活躍したのですが、その後は脚部不安のためターフに復帰することができずに引退となりました。
なお、引退後はイタリアで種牡馬入りということで、異国の地でディープインパクトの血を広げてほしいと思います。長い現役生活、本当におつかれさまでした!

アルバートドック(撮影日2016年6月12日・エプソムC)
父ディープインパクト 母ゴールデンドックエー(母の父Unusual Heat)
2012年1月21日生 牡6 鹿毛 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 栗東・須貝尚介厩舎
(通算成績)18戦5勝
(重賞勝利)2016年小倉大賞典(GIII)、七夕賞(GIII)
b0015386_22482668.jpg


[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-11-19 22:53 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 19日

第35回マイルCS予想結果分析

レース予想及びパドック評価は11月18日の記事をご覧ください。

☆レース結果
1着 ステルヴィオ
2着△ペルシアンナイト
3着▲アルアイン
4着 カツジ
5着 ミッキーグローリー
6着 ジュールポレール
7着 レッドアヴァンセ
8着 ヒーズインラブ
9着 ウインブライト
10着 エアスピネル
11着 ケイアイノーテック
12着○アエロリット
13着◎モズアスコット
14着△ロジクライ
15着 ブラックムーン
16着 ジャンダルム
17着 ロードクエスト
18着 レーヌミノル

馬券
ステルヴィオの単勝(8.7倍的中)、複勝(3.1倍的中)。
馬連5頭(アエロリット、アルアイン、ステルヴィオ、モズアスコット、ロジクライ)ボックス(10点、外れ)

パドック評価
唯一のA評価ステルヴィオが見事優勝。

好走データ
該当馬多数とはいえ、1~3着馬を推奨できた。

消しデータ
ステルヴィオが「前3走とも1800m以上戦使用馬のうち、1600m戦を3戦以上して1勝以下」の消しデータを覆し、見事優勝。
ペルシアンナイトが「前2走とも1600m戦で3着以下」の消しデータを覆し、2着好走。

スピード指数
3位のペルシアンナイトが2着、4位のアルアインが3着も、1着馬は推奨できず。

感想
予想で無印だったステルヴィオのパドックが大変良く見えたことから、単複勝負して馬券は大幅プラスになったのは良かった。
ただ、馬連馬券はパドックで良く見えなかったモズアスコットを買い目に残し、ペルシアンナイトを切ってしまったのは大反省。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-11-19 21:50 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 19日

第23回東京スポーツ杯2歳S予想結果分析

レース予想及びパドック評価は11月17日の記事をご覧ください。

☆レース結果
1着 ニシノデイジー
2着 アガラス
3着◎ヴァンドギャルド
4着 ヴェロックス
5着 ダノンラスター
6着 ホウオウサーベル
7着 クリノガウディー
8着 アドマイヤスコール
9着○ルヴォルグ
10着 ハクサンタイヨウ
11着▲カテドラル
12着△トーラスジェミニ
13着 ナイママ
14着 トーセンギムレット
15着 ゴータイミング
16着 メイスンハナフブキ

馬券
ダノンラスターの単勝(外れ)、複勝(外れ)。ホウオウサーベルの単勝(外れ)、複勝(外れ)
馬連ダノンラスター流し相手2頭(カテドラル、ホウオウサーベル)(2点、外れ)
馬連ホウオウサーベル流し相手2頭(カテドラル、ダノンラスター)(2点、外れ)

パドック評価
B+評価馬は、ダノンラスター5着、ホウオウサーベル6着と一息の結果。

好走データ
1・2着馬は推奨できず。

消しデータ
アガラスが「前走逃げた1勝以下」、「キャリア2戦以上の2ヶ月以上休養馬(ただし、前走JRA重賞連対又はオープン戦0.3秒以上1着馬除く)」の消しデータを覆し、2着好走。

スピード指数
5位のヴァンドギャルドが3着、4位のヴェロックスが4着も、1~3着馬は推奨できず。

感想
データもパドック判断も機能せず予想も馬券も完敗。1・2着馬が無印ではどうにもなりませんでした。ただ、本命馬の複勝が2.8倍もついたのなら、素直に本命馬の単複だけ買えば良かった。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-11-19 21:21 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 18日

マイルCSは3歳馬ステルヴィオがGIホース7頭を降しGI初制覇!

今日、京都競馬場で行われた秋のマイル王決定戦・マイルチャンピオンシップ(GI、3歳上・芝1600m)は、W.ビュイック騎手騎乗の5番人気ステルヴィオが好位追走から直線内の狭いところをついて鋭く伸び、同じく好位から最内を突いて伸びた3番人気ペルシアンナイトの叩き合いをアタマ差制し、優勝しました。

☆マイルCS結果
1着 ステルヴィオ   (W.ビュイック)1'33'3(良)
2着△ペルシアンナイト (M.デムーロ) アタマ
3着▲アルアイン    (川 田) 1 1/4
4着 カツジ      (松 山) アタマ
5着 ミッキーグローリー(戸 崎) クビ

パドックの個人的な評価は以下の通り(A良い B普通 C平凡)

1 ステルヴィオ    A
  2人引きでも落ち着いて力強い踏み込み目に付く
2 ペルシアンナイト  B
  普通
3 アルアイン     B+
  落ち着いて力強い歩様
4 ブラックムーン   B
  普通
5 ヒーズインラブ   B
  普通
6 ジュールポレール  B
  普通
7 ロジクライ     B+
  落ち着いて動き良し
8 モズアスコット   C
  時折小走り、発汗がひどく目立つ
9 ウインブライト   B
  普通
10 ミッキーグローリー B
  2人引き、普通
11 ジャンダルム    B
  普通
12 レーヌミノル    B
  普通
13 レッドアヴァンセ  B+
  落ち着いて伸びやかな動き
14 エアスピネル    B+
  2人引き、キビキビと動き良し
15 アエロリット    B+
  2人引き、落ち着いて動き良し
16 カツジ       B
  普通
17 ロードクエスト   B
  2人引き、普通
18 ケイアイノーテック B
  普通

今年のマイルCSは、18頭中7頭がGIホース、前年1・2着馬も出走するなど素晴らしいメンバーが揃った一戦となりました。人気は今年の安田記念馬モズアスコット(1番人気・単勝3.4倍)や同2着馬アエロリット(2番人気・単勝5.1倍)、前年の覇者ペルシアンナイト(3番人気・単勝6.5倍)、皐月賞馬アルアイン(4番人気・単勝6.6倍)と、やはりGIホースが上位人気を占めていましたが、これら実績馬を破って見事優勝したのは、GI未勝利馬ながら5番人気に推されていた3歳馬ステルヴィオでした。

ステルヴィオのパドックは、プラス10キロでも太め感はなく、2人引きでも堂々と落ち着いて周回。力強い歩様が目に付き、この日一番良く見えた馬でした。レースはこれまでのような後方待機策ではなく、好位4・5番手の最内をロスなく追走。最後の直線は狭い内を突いて鋭く伸び、最内を突っ込んできたペルシアンナイトとの激しい叩き合いをアタマ差制しました。

今日がテン乗りだった今年のイギリスダービージョッキー・W.ビュイック騎手はJRAGI初制覇。これで外国人騎手は6週連続のGI制覇と勢いが止まりませんね。差し馬を先行させて勝たせてしまうとは、本当に見事な好騎乗でした。
なお、3歳馬のマイルCS制覇はサッカーボーイ、タイキシャトル、アグネスデジタル、ペルシアンナイトに続く史上5頭目の快挙。管理する木村哲也厩舎も開業8年目で初のGI制覇ということで、本当におめでとうございました!

2着は前年覇者のペルシアンナイト。パドックは普通に落ち着いて周回していました。いつもどおり一叩きして順調に良化したようで、レースはステルヴィオの直後を追走。最後の直線で最内の狭いところを突き、ステルヴィオとの大接戦にもちこみましたが、惜しくも頭差届きませんでした。連覇まであと一歩でしたね、本当に惜しい2着でした。

3着は4番人気のアルアイン。パドックはいつも良く見せる馬ですが、今日も落ち着き十分、力強い歩様が目に付きました。レースは先行策から直線いったんは先頭に躍り出る場面もありましたが、1・2着馬に内から一気に交わされてしまいました。

なお、1番人気のモズアスコットはレース前の発汗がひどくあまり良く見えなかったのですが、レースは後方侭、4コーナーでは接触もある不利もあって伸びを欠き13着に大敗。2番人気アエロリットは果敢に先手を奪って逃げたものの、スタート直後に脚を使ってしまった影響か、直線で早々と一杯になってしまい12着と完敗。共に人気を裏切ってしまったのは残念でした。

余談ですが、パドックでステルヴィオの気配がとても良く見えたので、運良く単複馬券を的中することができました。血統を辿ると四代前の母が、自分の大好きな思い出の名馬・三冠馬シンボリルドルフの全姉ということもあり、以前から気になる馬ではあったのですが、ステルヴィオの記念すべき初GI制覇を馬券的中という形で祝うことができて、個人的にも本当に嬉しい勝利となりました。ありがとうステルヴィオ!

ステルヴィオ(撮影日2018年10月7日・毎日王冠)
父ロードカナロア 母アズサユミ(母の父ファルブラヴ)
2015年1月15日生 牡3 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 美浦・木村哲也厩舎
9戦4勝(2018年11月18日現在)
(重賞勝利)2018年マイルCS(GI)、スプリングS(GII)
b0015386_22105866.jpg


[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-11-18 22:16 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 18日

第35回マイルCS(GI)予想

今日は京都競馬場で秋のマイル王決定戦・マイルチャンピオンシップ(GI)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)同年に芝1200m以上の重賞で1着、かつ芝1200m以上のGIで0.5秒差以内
   アエロリット、ケイアイノーテック、ジュールポレール、ステルヴィオ、モズアスコット
(2)同年に芝1600m以上の重賞で連対、かつ過去に芝1600mのGIで3着以内
   アエロリット、ケイアイノーテック、ジュールポレール、ステルヴィオ、ペルシアンナイト、モズアスコット、レッドアヴァンセ
(3)同年に芝1600mで3回以上連対
   ケイアイノーテック
(4)前走芝のGII以上で5着以内
   アエロリット、アルアイン、ケイアイノーテック、ジュールポレール、ステルヴィオ、モズアスコット、ロードクエスト

2 消しデータ
(1)前走6番人気以下で6着以下の6歳以上
   ブラックムーン
(2)前3走とも斤量58キロ以下のレースを使用し、2~3走前に芝の重賞連対がなく、前走芝(良・稍重)で10着以下敗退馬
   ブラックムーン
(3)前2走内に芝の1600m戦で10着以下かつ1秒以上大敗歴がある馬
   ブラックムーン、レーヌミノル
(4)前走10月以降のレースで2秒以上大敗馬
   ブラックムーン
(5)前3走ともGIII以下戦使用馬のうち、前走敗退、1着も1馬身未満で斤量軽減がない斤量57キロ馬
   ミッキーグローリー
(6)前3走内に日本の1600m以下戦・体重増減10キロ未満の範囲内で10番人気以下かつ6着以下敗退歴がある斤量57キロ馬(ただし、前走GI~GII連対馬除く)
   ウインブライト、ヒーズインラブ、ブラックムーン
(7)前3走とも日本のレース斤量56キロ以下で敗退の牝馬
   レーヌミノル
(8)前走GII以下で3着以下の5歳以上の牝馬
   ジュールポレール、レーヌミノル
(9)前3走とも1800m以上戦使用馬のうち、1600m戦を3戦以上して1勝以下
   ステルヴィオ
(10)前2走とも1600m戦で3着以下
   エアスピネル、ヒーズインラブ、ペルシアンナイト、レッドアヴァンセ
(11)前走6番人気以下で敗退馬のうち、今回斤量増
   カツジ、ジャンダルム

3 スピード指数上位馬
(1)モズアスコット
(2)アエロリット
(3)ペルシアンナイト
(4)アルアイン
(5)ロジクライ
(6)エアスピネル

☆マイルCS予想
◎モズアスコット
○アエロリット
▲アルアイン
△ペルシアンナイト
△ロジクライ

消しデータで残ったのは、アエロリット、アルアイン、ケイアイノーテック、モズアスコット、ロジクライ、ロードクエストのわずか6頭。この中から本命は、今年の安田記念(GI)を好時計で勝ったモズアスコットとしました。春秋マイルGI連覇を期待します。相手筆頭は、安田記念2着・秋初戦の毎日王冠で牡馬相手に完勝したアエロリット。単穴にマイル戦3戦2勝と意外と合いそうな皐月賞馬アルアイン。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-11-18 10:20 | 18年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 17日

東京スポーツ杯2歳Sは大接戦を制したニシノデイジーが重賞2連勝を飾る

今日、東京競馬場では、過去にGI馬を多数輩出している注目の2歳重賞・東京スポーツ杯2歳S(GIII・芝1800m)が行われました。レースは勝浦正樹騎手騎乗の8番人気ニシノデイジーが、中団追走から直線馬群を割って鋭く伸び、後方から追い上げた7番人気アガラスとの競り合いをハナ差制して優勝しました。
b0015386_00310503.jpg
ゴール直前は4頭横一戦の大激戦、見応えのあるレースになりました。

☆東京スポーツ杯2歳S結果
1着 ニシノデイジー (勝 浦) 1'46'6(良)
2着 アガラス    (W.ビュイック)ハナ
3着◎ヴァンドギャルド(C.デムーロ) アタマ
4着 ヴェロックス  (C.ルメール)  ハナ
5着 ダノンラスター (J.モレイラ) 1 3/4

パドックの個人的な評価は以下の通り(A良い B普通 C平凡)

1 ハクサンタイヨウ  C
  落ち着きなし
2 ニシノデイジー   B 
  首高い、時折小走りも後肢の踏み込み力強い
3 カテドラル     B
  普通、首をぐっと下げて周回
4 アガラス      B 
  普通
5 ヴァンドギャルド  C 
  2人引き、落ち着きなし
6 トーラスジェミニ  B
  普通
7 ヴェロックス    B 
  2人引き、時折小走り
8 トーセンギムレット B
  普通、時折小走り
9 ダノンラスター   B+
  大変落ち着いて周回
10 クリノガウディー  B 
  普通
11 ナイママ      B
  2人引き、普通
12 ホウオウサーベル  B+ 
  2人引きでも大変落ち着いて周回
13 メイスンハナフブキ C 
  落ち着きなし
14 アドマイヤスコール B
  普通、時折小走り  
15 ルヴォルグ     B
  2人引き、時折小走りになるなど新馬戦の時より落ち着きなし
16 ゴータイミング   B
  普通

今年の東京スポーツ杯2歳Sは、1戦1勝のディープインパクト産駒・ルヴォルグ(単勝2.5倍)とヴェロックス(単勝3.7倍)が上位人気を占め、3番人気は2戦2勝のカテドラル(単勝6.8倍)、4番人気は1戦1勝のヴァンドギャルド(単勝7.9倍)とキャリア2戦以下の馬が人気を集めていました。しかし、これら人気馬は全て3着以下に敗れる大波乱となり、勝ったのは前走札幌2歳S(GIII)を制しながらも単勝38.4倍と人気のなかった伏兵ニシノデイジーでした。

ニシノデイジーのパドックは首が高く、当初は小走りになる場面もありましたが、後肢の踏み込みは力強く、調子は良かったと思います。レースは、トーラスジェミニが1000m通過60.4秒と平均ペースで逃げる展開となりましたが、ニシノデイジーは中団やや後ろのインをロスなく追走。直線は馬群の狭いところを割って抜け出し、アガラス、ヴァンドギャルド、ヴェロックスとのゴール直前4頭横一戦となった激戦を制しました。なお、2~6着馬の鞍上は全て外国人騎手でしたが、勝浦正樹騎手が見事な手綱捌きで先着したのは嬉しかったです。
それにしてもメンバー中唯一の重賞ウイナーでありながら今日は人気が無さすぎでしたね。勝ち時計は昨年のワグネリアンと同タイムで水準以上だと思いますし、今後の活躍が本当に楽しみです。

2着は、7番人気のアガラスが健闘。パドックは落ち着きのない馬が多い中、数少ない落ち着いて周回していた1頭でした。レースはスタート直後と直線の勝負どころで前が狭くなる不利がありながら、後方4番手からメンバー最速の上がり33.7秒の末脚を繰り出し、勝ち馬にハナ差まで迫りました。勝ち馬と同等以上に評価すべきでしょう。コスモス賞(OP)2着以来、3ヶ月振りの休み明けを克服しての好走、こちらもお見事でした。

アガラス
父ブラックタイド 母ロッシェノワール(母の父ブラックホーク)
2016年3月5日生 牡2 美浦・古賀慎明厩舎
3戦1勝(2018年11月17日現在)
b0015386_00305738.jpg

3着は、4番人気のヴァンドギャルド。パドックは2人引きで時折小走りになるなど、あまり落ち着きはありませんでしたが、気合いを表に出すタイプのようです。レースはニシノデイジーとほぼ同じ位置から、勝ち馬と同じ上がり33.9秒の末脚を繰り出して、上位に食い込みました。

ヴァンドギャルド
父ディープインパクト 母スキア(母の父Motivator)
2016年2月20日生 牡2 栗東・藤原英昭厩舎
2戦1勝(2018年11月17日現在)
b0015386_00304976.jpg
なお、1番人気のルヴォルグはスタートで出遅れて後方侭見せ場なく9着に凡走。2番人気のヴェロックスは中団から末脚を伸ばし上位争いに加わったものの一歩及ばず4着まで。両馬共にパドックは落ち着きがなかったです。3番人気のカテドラルは直線早めに抜け出しを図るもすぐ一杯になり11着に大敗。いずれも人気を裏切ってしまったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したニシノデイジー君を掲載します。
b0015386_00303753.jpg
パドックは当初煩い仕草もありましたが、徐々に落ち着いて周回。首はやや高かったですが踏み込みは力強かったです。
b0015386_00303067.jpg
鞍上の勝浦正樹騎手は東京スポーツ杯2歳S初制覇。レース後のインタビューでは「スタートを普通に出て、道中もいい感じで運べました。これまで追って甘い所がありましたが、よく頑張って勝ってくれました。距離が延びても大丈夫です。」とコメントしていました。
b0015386_00301904.jpg
母方の血統を辿ると馬主さんゆかりの名馬セイウンスカイ、ニシノフラワーの血が流れており、オールドファンにはなんとも嬉しい血統で、応援したい馬です。重賞2連勝、本当におめでとうございました!

ニシノデイジー
父ハービンジャー 母ニシノヒナギク(母の父アグネスタキオン)
2016年4月18日生 牡2 鹿毛 浦河・谷川牧場生産 美浦・高木登厩舎
4戦3勝(2018年11月17日現在)
(重賞勝利)2018年東京スポーツ杯2歳S(GIII)、札幌2歳S(GIII)


[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-11-17 23:59 | 18年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 17日

第23回東京スポーツ杯2歳S(GIII)予想

今日は、東京競馬場で昨年も後のダービー馬ワグネリアンを輩出するなど、過去多くの名馬を輩出している注目の東京スポーツ杯2歳S(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前走3番人気以内で優勝
   アドマイヤスコール、ヴァンドギャルド、カテドラル、ダノンラスター、ホウオウサーベル、ルヴォルグ

2 消しデータ
(1)前3走内(キャリア2戦馬も含む)に6番人気以下が2回以上ある馬(ただし、前3走内に芝の重賞戦連対歴又はオープン戦1着歴がある馬除く)
   トーラスジェミニ、ハクサンタイヨウ、メイスンハナフブキ
(2)前走GIII以下戦・6番人気以下で0.2秒以上敗退馬
   ハクサンタイヨウ
(3)前2走内に非重賞戦で10番人気以下
   ハクサンタイヨウ
(4)4戦以上1勝以下の馬のうち、前走3着以下だった馬
   トーセンギムレット、ハクサンタイヨウ
(5)前走オープン戦・斤量55キロ以下で0.3秒以上敗退馬(すでに重賞戦連対歴又はオープン戦1着歴がある馬除く)
   ハクサンタイヨウ
(6)前走逃げた1勝以下
   アガラス
(7)キャリア2戦以上の2ヶ月以上休養馬(ただし、前走JRA重賞連対又はオープン戦0.3秒以上1着馬除く)
   アガラス、ヴェロックス、カテドラル

3 スピード指数上位馬
(1)トーラスジェミニ
(2)トーセンギムレット
(3)カテドラル
(4)ヴェロックス
(5)ヴァンドギャルド

☆東京スポーツ杯2歳S予想
◎ヴァンドギャルド
○ルヴォルグ
▲カテドラル
△トーラスジェミニ

本命は、全国リーディング藤原英昭厩舎のディープインパクト産駒ヴァンギャルドとしました。新馬戦が重馬場だったため、持ち時計はないですが良馬場ならもっと切れるはずで2連勝を期待します。相手筆頭は関東リーディング藤沢和雄厩舎のディープインパクト産駒、デビュー戦を見て馬体の良さと勝ちっぷりに感心したルヴォルグ。単穴に消しデータ該当もデビュー2連勝中のカテドラル。おさえに消しデータ該当もスピード指数上位のトーラスジェミニまで。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-11-17 09:32 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 16日

サトノアラジン

今日も今年引退した重賞勝ち馬の写真を掲載します。
本日登場は、2018年1月5日付けで競走馬登録を抹消した2017年安田記念(GI)など重賞3勝を挙げたサトノアラジン君です。

サトノアラジンは全姉に2014年エリザベス女王杯(GI)優勝馬ラキシスがいる良血馬で、2013年8月に芝1600mをデビュー勝ち。その後はラジオNIKKEI杯2歳S(GIII)3着、2014年共同通信杯(GIII)3着、2015年エプソムC(GIII)2着、富士S(GIII)2着など重賞で好走をするも勝ちきれないレースが長く続きました。

しかし、5歳春の京王杯SC(GII)で待望の初重賞制覇を飾ると、同年秋のスワンS(GII)も勝ち、マイルCS(GI)は1番人気(結果5着)に推されるなど、ようやく本格化。そして、6歳春の2017年安田記念(GI)で7番人気の低評価を跳ね返し見事優勝。ついに悲願のGI制覇を飾りました。
秋は初戦の毎日王冠(GII)を2着に好走するも、その後は不得手な重馬場に泣かされ大敗が続き、香港マイル(香G1)11着が最後のレースとなりました。

引退後は社台スタリオンステーションで種牡馬入り。今後は父としての活躍を期待したいです。長い現役生活、本当におつかれさまでした!
なお、優勝した京王杯SC優勝時の勇姿は、2016年5月14日の記事を、安田記念優勝時の勇姿は2017年6月4日の記事をご覧ください。

サトノアラジン(撮影日2017年6月4日・安田記念)
父ディープインパクト 母マジックストーム(母の父Storm Cat)
2011年2月16日生 牡7 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・池江泰寿厩舎
(通算成績)29戦8勝
(重賞勝利)2017年安田記念(GI)、2016年スワンS(GII)、京王杯SC(GII)
b0015386_21300681.jpg


[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-11-16 21:36 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 15日

ルージュバック

今日も今年引退した重賞勝ち馬の写真を掲載します。
本日登場は、2018年1月5日付けで競走馬登録を抹消した2016年毎日王冠など重賞4勝を挙げた名牝ルージュバックちゃんです。

ルージュバックは2014年9月に芝1800mでデビュー勝ち。続く百日草特別(500万下)、きさらぎ賞(GIII)も勝ち3連勝で重賞初制覇。きさらぎ賞を牝馬が勝つのは51年振りの快挙で、3歳牝馬クラシックの期待も大きかったのですが、桜花賞(GI)9着、オークス(GI)2着、秋華賞は回避と、残念ながら勝利を挙げることはできませんでした。その後もGIで勝つことはできなかったものの、4歳時には強豪牡馬相手にエプソムC(GIII)、毎日王冠(GII)を勝利。5歳時にもオールカマー(GII)を勝つなど非根幹距離レースでめっぽう強いところを見せてくれました。

引退後は、生まれ故郷のノーザンファームで繁殖入りということで、今後は母として良い仔を出してほしいと思います。長い現役生活、おつかれさまでした!
なお、優勝したエプソムC優勝時の勇姿は、2016年6月12日の記事を、毎日王冠優勝時の勇姿は2016年10月9日の記事をご覧ください。

ルージュバック(撮影日2017年12月24日・有馬記念)
父マンハッタンカフェ 母ジンジャーパンチ(母の父Awesome Again)
2012年4月22日生 牝6 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 美浦・大竹正博厩舎
(通算成績)18戦6勝
(重賞勝利)2016毎日王冠(II)、2017年オールカマー(GII)、2016年エプソムC(GIII)、2015年きさらぎ賞(GIII)
b0015386_19111537.jpg


[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-11-15 19:12 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 14日

クイーンズリング

今日からしばらくの間、今年引退した重賞勝ち馬の写真を掲載します。(GIホースはいつもより大きめのサイズで掲載します)。
本日登場は、2018年1月5日付けで競走馬登録を抹消した2016年エリザベス女王杯など重賞4勝を挙げた名牝クイーンズリングちゃんです。

クイーンズリングは2014年12月に芝1800mでデビュー勝ち。続く菜の花賞(500万下)、フィリーズレビュー(GII)も勝ち3連勝で重賞初制覇。3歳牝馬クラシックは桜花賞(GI)4着、オークス(GI)9着、秋華賞(GI)2着と勝利を挙げることはできませんでしたが、4歳時に本格化。京都牝馬S(GIII)、府中牝馬S(GII)、エリザベス女王杯(GI)と牝馬重賞3勝を挙げ、牝馬の頂点に立ちました。
その後は、勝ち星を挙げることはできなかったものの、ラストランの2017年有馬記念(GI)ではキタサンブラックの2着に激走、前年女王の底力を見せつけたのは見事でした。

引退後は、生まれ故郷の社台ファームで繁殖入りということで、今後は母として良い仔を出してほしいと思います。長い現役生活、おつかれさまでした!
なお、優勝した府中牝馬S優勝時の勇姿は、2016年10月15日の記事をご覧ください。


クイーンズリング(撮影日2017年12月24日・有馬記念)
父マンハッタンカフェ 母アクアリング(母の父Anabaa)
2012年5月25日生 牝6 黒鹿毛 千歳・社台ファーム生産 栗東・吉村圭治厩舎
(通算成績)19戦6勝
(重賞勝利)2016エリザベス女王杯(GI)、府中牝馬S(GII)、京都牝馬S(GIII)、2015年フィリーズレビュー(GII)
b0015386_20470218.jpg



[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-11-14 20:54 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)