愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2018年 02月 25日

中山記念は、ウインブライトがGI馬3頭を退け快勝、重賞3勝目を飾る

今日、中山競馬場で行われた中山記念(GII、4歳上・芝1800m)は、松岡正海騎手騎乗の2番人気ウインブライトが、4番手追走から直線力強く伸び、2番手追走から粘り強く伸びた5番人気アエロリットをクビ差おさえて優勝しました。

☆中山記念結果
1着◎ウインブライト  (松 岡) 1'47'6(良)
2着△アエロリット   (横山典) クビ
3着△マルターズアポジー(柴田善) アタマ
4着 サクラアンプルール(蛯 名) 1 1/4
5着▲ペルシアンナイト (M.デムーロ)クビ

※ パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い B普通 C平凡)

 マイネルサージュ  B
  普通
2 サクラアンプルール B
  普通
3 ヴィブロス     B
  2人引き、普通
4 ペルシアンナイト  A
  落ち着いて歩様力強い
5 ウインブライト   B+
  以前よりも落ち着いて力強い踏み込み
6 マイネルハニー   B   
  普通
7 ディサイファ    B
  普通
8 マルターズアポジー B
  小走りで落ちつきないがいつものこと
9 ショウナンバッハ  B
  普通
10 アエロリット    B
  2人引き、時折小走り

今年の中山記念は、10頭立てながらGIホース3頭を含む重賞勝ち馬8頭が出走。大阪杯(GI)、ドバイ遠征に向けて注目のレースとなりました。人気は昨年のマイルCS(GI)の覇者ペルシアンナイトが単勝2.1倍で1番人気。以下、ウインブライト、ヴィブロス、サクラアンプルール、アエリロットが単勝10倍以下の人気を集め、混戦模様のオッズとなっていましたが、勝ったのは上位人気の一角、2番人気ウインブライトでした。

ウインブライトのパドックは、以前は煩いところのあった馬でしたが、今日も前走中山金杯(GIII)の時と同様、ほとんどチャカつくことなく、落ち着いて力強い歩様で周回。GIホースに混じっても遜色ない好気配に見えました。レースはマルターズアポジー、アエロリット、ディサイファに続く4番手を追走。4コーナー手前で先行馬の直後まで追い上げると、直線は逃げ粘るマルターズアポジーを目標に力強く伸びて、きっちり差し切りました。これで中山1800mは3戦3勝、得意の舞台とはいえ、GIホース相手に快勝したことで今後が楽しみです。重賞3勝目、おめでとうございました!

2着は2番手追走から粘った5番人気のアエロリット。パドックは2人引きで小走りになるなど煩かったですが、気合いを表に出すタイプでいつものこと。レースは逃げたマルターズアポジーの2番手追走から、直線は早々とウインブライトに交わされたのですが、内からもう一度懸命に伸びて逃げたマルターズアポジーとの接戦を制しました。秋華賞以来の休み明けでしたが、上手く立ち回ってGI馬の底力を見せてくれたと思います。

3着は逃げ粘った6番人気のマルターズアポジーが健闘。パドックは一番落ち着きがなかったですが、こちらもいつものこと。同型のマイネルハニーが出遅れたことで単騎逃げとなり、後続を大きく離しながらも1000m通過は59.2秒と彼にとっては楽なペース。最後の直線も余力十分でした。ウインブライト、アエロリットには差されたものの、最後まで良く粘りました。

なお、1番人気のペルシアンナイトは、休み明けでもパドックは力強い歩様を見せ、大変良く見せていたのですが、前残りの展開にもかかわらず最後方からの競馬では厳しかったです。メンバー中最速の上がり34.4秒で追い込むも5着が精一杯でした。3番人気のヴィブロスは8着。前走引っかかったことから、折り合いに専念する感じで後方からの競馬となって、前年同様上位争いできませんでした。共に人気を裏切ったのは残念でした。

ウインブライト(撮影日2017年10月8日・毎日王冠)
父ステイゴールド 母サマーエタニティ(母の父アドマイヤコジーン)
2014年5月12日生 牡4 芦毛 新冠・コスモヴューファーム生産 美浦・畠山吉宏厩舎
12戦5勝(2018年2月25日現在)
(重賞勝利)2018年中山記念(GII)、2017年スプリングS(GII)、福島記念(GIII)
b0015386_20174392.jpg

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-02-25 20:22 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 24日

第92回中山記念(GII)予想

明日は、中山競馬場で大阪杯(GI)、ドバイターフ(首G1)に向けての重要ステップレース・中山記念(GII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前年秋以降に芝1600m以上の古馬牡馬混合GIで5着以内
   ペルシアンナイト
(2)過去1年以内に芝1400~2200mのGII以上で連対
   アエロリット、ヴィブロス、サクラアンプルール、ペルシアンナイト
(3)同年に芝1600m以上の重賞で連対又はオープン特別で1着
   ウインブライト、マイネルハニー
(4)過去1年以内にオープンクラスの芝1800mで連対
   アエロリット、ウインブライト、ヴィブロス、サクラアンプルール、マイネルハニー
(5)過去に芝1600m以上のGIで連対
   アエロリット、ヴィブロス、ペルシアンナイト

2 消しデータ
(1)前走芝のGI~GII戦5着以下又はGIII以下戦4着以下で斤量の軽減がない7歳以上
   サクラアンプルール、ショウナンバッハ
(2)前2走とも1600m以下戦使用馬のうち、1800m戦1勝以下で斤量増
   ペルシアンナイト

3 スピード指数上位馬
(1)ペルシアンナイト
(2)ウインブライト
(3)マルターズアポジー
(4)マイネルハニー
(5)アエロリット

☆中山記念予想
◎ウインブライト
○ヴィブロス
▲ペルシアンナイト
△アエロリット
△マイネルハニー
△マルターズアポジー

GI馬は目標が先と見て、本命は使われ順調の中山1800m2戦2勝のウインブライトとしました。相手筆頭は先週GIを勝った内田騎手に乗り代わった昨年の最優秀4歳牝馬ヴィブロス。単穴に消しデータ該当も昨秋のマイル王の底力は侮れないペルシアンナイト。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-02-24 21:23 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 23日

サトノクラウン(17’ジャパンC10)

今日は、ジャパンC(GI)10着馬サトノクラウン君を掲載します。

サトノクラウン
父Marju 母ジョコンダII(母の父Rossini)
2012年3月10日生 牡6 美浦・堀宣行厩舎
17戦7勝(2018年2月23日現在)
b0015386_18003153.jpg
パドックは前走天皇賞の時と比べると歩様の力強さに欠ける感じがしました。レースは中団追走も伸びを欠き、3番人気の期待に応えられなかったのは残念でした。



[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-02-23 18:02 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 22日

ギニョール(17’ジャパンC9)

今日はジャパンC(GI)9着馬、ドイツのギニョール君を掲載します。

ギニョールGuignol
父Cape Cross 母Guadalupe(母の父Monsun)
2012年5月8日生 牡6 ドイツ・J.カルヴァロ厩舎
15戦6勝(2018年2月22日現在)
b0015386_18060191.jpg
パドックは2人引きでも落ち着いて周回していました。ドイツGI2連勝中の実力馬ですが、レースは2・3番手追走の積極策も最後の直線で一杯になってしまいました。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-02-22 18:07 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 21日

ヤマカツエース(17’ジャパンC8)

今日は、ジャパンC(GI)8着馬ヤマカツエース君を掲載します。

ヤマカツエース
父キングカメハメハ 母ヤマカツマリリン(母の父グラスワンダー)
2012年3月22日生 牡6 栗東・池添兼雄厩舎
28戦7勝(2018年2月21日現在)
b0015386_20022010.jpg
パドックの気配は普通。レースは後方から伸び一息、人気(12番人気)よりは走りましたが、見せ場なく終わりました。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-02-21 20:04 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 20日

ソウルスターリング(17’ジャパンC7)

今日は、ジャパンC(GI)7着馬ソウルスターリングちゃんを掲載します。

ソウルスターリング
父Frankel 母スタセリタ(母の父Monsun)
2014年2月13日生 牝4 美浦・藤沢和雄厩舎
9戦5勝(2018年2月20日現在)
b0015386_19271075.jpg
パドックは2人引きで気合いを表に出して周回していました。しかし、レースは中団侭伸びを欠き、同舞台で行われたオークス優勝の再現とはなりませんでした。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-02-20 19:29 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 19日

レインボーライン(17’ジャパンC6)

今日は、ジャパンC(GI)6着馬レインボーライン君を掲載します。

レインボーライン
父ステイゴールド 母レーゲンボーゲン(母の父フレンチデピュティ)
2013年4月1日生 牡5 栗東・浅見秀一厩舎
20戦3勝(2018年2月19日現在)
b0015386_20080347.jpg
パドックの気配は普通。レースは最後方からの追い込み策で、レイデオロと並ぶメンバー中最速タイの上がり34.6秒の末脚を繰り出すも、6着までが精一杯でした。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-02-19 20:09 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 19日

第35回フェブラリーS予想結果分析

レース予想は2月17日の記事を、パドック評価は2月18日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着 ノンコノユメ
2着◎ゴールドドリーム
3着▲インカンテーション
4着△サンライズノヴァ
5着 レッツゴードンキ
6着 キングズガード
7着 メイショウスミトモ
8着 サウンドトゥルー
9着 アウォーディー
10着 ベストウォーリア
11着 ケイティブレイブ
12着○テイエムジンソク
13着 ノボバカラ
14着△ロンドンタウン
15着 ララベル
16着 ニシケンモノノフ

馬券
インカンテーションの単勝(外れ)、複勝(3.5倍的中)。サウンドトゥルーの単勝(外れ)、複勝(外れ)。テイエムジンソクの単勝(外れ)、複勝(外れ)。
馬連フォーメーション軸2頭(ゴールドドリーム、テイエムジンソク)流し、相手7頭(インカンテーション、サウンドトゥルー、ゴールドドリーム、サンライズノヴァ、テイエムジンソク、ノンコノユメ、ロンドンタウン)(11点、11.4倍的中)

パドック評価
A評価の2頭のうちインカンテーションが6番人気3着も、サウンドトゥルーは8着。
B+評価3頭のうち、ノンコノユメが1着も、他の2頭は4着、16着。

好走データ
該当馬多数とはいえ、1~3着馬を推奨できた。

消しデータ
該当馬は全て4着以下、完全的中。3番人気サンライズノヴァ、5番人気ケイティブレイブを消せたのは素晴らしかった。

スピード指数
2位のゴールドドリームが2着、6位のインカンテーションが3着も、優勝馬ノンコノユメは推奨できず。

感想
馬券は単複トリガミ、馬連はプラス40円と冴えませんでした。ただ、パドックを見てインカンテーションの複勝馬券を買えたこと、予想では無印だったノンコノユメを買うことができたので、ダメージはほとんどなかったのは幸いでした。
とにかく、優勝馬ノンコノユメの鬼脚に大興奮、復活のGI制覇は本当に嬉しかったです。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-02-19 19:58 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 19日

第68回ダイヤモンドS予想結果分析

レース予想・パドック評価は2月17日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着◎フェイムゲーム
2着 リッジマン
3着▲ソールインパクト
4着 リッチーリッチー
5着△プレストウィック
6着 ハッピーモーメント
7着○ホウオウドリーム
8着 トウシンモンステラ
9着 ダウンザライン
10着 レジェンドセラー
11着 グランアルマダ
12着 トレジャーマップ
13着 ラブラドライト
14着 サイモントルナーレ

馬券
ホウオウドリームの単勝(外れ)、複勝(外れ)
馬連4頭ボックス(ハッピーモーメント、フェイムゲーム、プレストウィック、ホウオウドリーム)(6点、外れ)

パドック評価
B+評価の4頭のうち、フェイムゲームが1着も、他の3頭は5、6、7着。

好走データ
2・3着馬を推奨できず。

消しデータ
該当馬は全て4着以下、完全的中。

スピード指数
2位のフェイムゲームが1着、3位のソールインパクトが3着、4位のリッチーリッチーが4着、3位のプレストウィックが5着と指数上位馬が概ね好走するも2着馬は推奨できず。

感想
本命馬フェイムゲームがパドックで良い雰囲気だったのに、単複馬券をホウオウドリームにしたことが大反省。メジロドーベルの子だからと肩入れし過ぎたなあ。。。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-02-19 19:35 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 18日

蘇った大外一気の鬼脚!フェブラリーSはノンコノユメが2年7ヵ月振りのGI制覇!

今日、東京競馬場では、ダートGI級(交流・海外含む)ホース10頭が出走、素晴らしいメンバーが揃った冬のダートマイル王決定戦・フェブラリーS(GI、4歳上・ダート1600m)が行われました。
レースは、内田博幸騎手騎乗の4番人気ノンコノユメが、最後方追走から直線大外一気に力強く伸び、後方から伸びて早め先頭に立った1番人気ゴールドドリームをゴール直前クビ交わして、優勝しました。
b0015386_22545826.jpg
最後方から大外一気に伸びたノンコノユメが、大本命ゴールドドリームを豪快に差し切りました。

☆フェブラリーS結果
1着 ノンコノユメ   (内 田)1'36'0(良)
2着◎ゴールドドリーム (R.ムーア) クビ
3着▲インカンテーション(三 浦)クビ
4着△サンライズノヴァ (戸 崎)3
5着 レッツゴードンキ ( 幸 )1/2

※ パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い B普通 C平凡)

1 ニシケンモノノフ  B+
  落ち着いて動き良し
2 ケイティブレイブ  B
  普通、ただ歩様が東京大賞典で見た時より一息
3 ノボバカラ     B
  普通
4 アウォーディー   B
  普通、時折小走り
5 サウンドトゥルー  A
  落ち着いて動き力強い
6 インカンテーション A
  落ち着いて力強い動き、昨年の武蔵野S優勝時と同じような雰囲気
7 ララベル      B
  普通
8 メイショウスミトモ B
  普通
9 キングズガード   B
  普通。首を下げやや煩い仕草
10 テイエムジンソク  B
  落ち着きなくチャカチャカ煩いがいつものこと
11 ロンドンタウン   B
  普通
12 ノンコノユメ    B+
  落ち着いて周回。前走、根岸S優勝時と同じような雰囲気
13 レッツゴードンキ  B
  普通、時折小走り
14 ゴールドドリーム  B
  2人引き、落ち着きないがいつものこと
15 ベストウォーリア  B
  普通
16 サンライズノヴァ  B+
  2人引き、時折小走りも前走根岸S2着好走時と同じような雰囲気

今年のフェブラリーSは、昨年の覇者でJRAダートGI3連勝を狙う2017年最優秀ダートホース・ゴールドドリームが単勝2.1倍で1番人気。安定した逃げで7戦連続連対中のテイエムジンソクが単勝3.7倍で2番人気。昨年のユニコーンS(GIII)優勝、根岸S(GIII)2着の伸び盛りの4歳馬サンライズノヴァが単勝7.1倍で3番人気。この3頭が単勝10倍を切る人気を集めていましたが、これら人気馬をおさえて勝ったのは、前走根岸S(GIII)をレコード勝ちしてきた6歳の古豪ノンコノユメでした。

ノンコノユメのパドックは、前走根岸Sレコード勝ちの反動もなく、歩様はスムーズで大変落ち着いて周回していました。レースは、ニシケンモノノフがハナを奪って逃げ、差なくケイティブレイブ、テイエムジンソクが続き、前半600mは34.1秒と時計のかかる馬場としては、かなりのハイペースとなりました。ノンコノユメは、砂を被らないように後方の外めを追走し、4コーナーでは最後方でしたが、直線追い出してからの末脚は正に鬼脚、メンバー中最速の上がり36.1秒で豪快に大外一気に伸びて、先に抜け出した王者ゴールドドリームをゴール直前捕らえました。

3~4歳春までは豪快な末脚を武器にジャパンダートダービー(JpnI)優勝、チャンピオンズC(GI)とフェブラリーS(GI)で2着になるなど、日本のダート界を引っ張る存在になると将来を期待されましたが、去勢手術後、長いスランプに陥って長く勝てないレースが続き、もうピークは過ぎてしまった、去勢手術は失敗だったと思われていただけに、本当に見事な復活劇となりました。根岸Sに続いて予想で無印にしたこと、信じてあげられなかったこと、改めて彼には謝りたいです。待望のJRAGI初制覇、おめでとうございました!

昨年のフェブラリーSの覇者1番人気のゴールドドリームは、惜しいクビ差2着。パドックは相変わらず落ち着きがありませんでしたが、彼は気合いを表に出すタイプで、今日も全く問題なかったですね。レースはじっくり後方で脚をためると、直線は王者らしい強烈な末脚で早めに先頭に立ったのですが、勝ち馬の鬼脚に惜しくも首差屈しました。それでも最後差し返そうとする勝負根性を見せてくれましたし、最優秀ダートホースに恥じないレース振り、敗れて強しの内容だったと思います。

ゴールドドリーム
父ゴールドアリュール 母モンヴェール(母の父フレンチデピュティ)
2013年4月19日生 牡5 栗東・平田修厩舎
14戦6勝(2018年2月18日現在)
b0015386_22544660.jpg
3着は6番人気の伏兵・インカンテーションが健闘。パドックは昨年優勝した武蔵野S出走時と遜色ない状態、落ち着いて力強い歩様が目に付き、大変素晴らしいデキに見えました。レースはいつもの先行策ではなく、ハイペースを見て中団からの競馬でしたが、三浦騎手、好判断だったと思います。直線ゴールドドリームと併せる形でしぶとく伸び、1・2着馬との叩き合いに持ち込みました。8歳ですが衰えを感じさせない走り、本当に良く頑張ったと思います。

インカンテーション
父シニスターミニスター 母オリジナルスピン(母の父Machiavellian)
2010年3月24日生 牡8 栗東・羽月友彦厩舎
32戦11勝(2018年2月18日現在)
b0015386_22543800.jpg
なお、2番人気のテイエムジンソクは、前述のとおりハイペースを追走して、息を入れることができず直線は一杯になってしまい12着に完敗。3番人気のサンライズノヴァはゴールドドリームと同じような位置から脚を伸ばすも3着から3馬身離された4着が精一杯。共に人気に応えられなかったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したノンコノユメ君を掲載します。

b0015386_22542369.jpg
パドックは、前走同様大変落ち着いて周回していました。
b0015386_22541230.jpg
鞍上の内田博幸騎手は、2009年サクセスブロッケン以来、9年振り2度目のファブラリーS制覇。レース後のインタビューでは「末脚が凄い馬なので、それを活かす競馬をしたいと思っていました。他の馬に被されることなく、有力馬の後ろにつけられて、良いタイミングで追い出せたのが勝因ですね。結果が出ずに悔しいレースが続いている時、厩舎の皆さんが工夫しているのを知っていたので、嬉しい勝利です。頑張っていれば出来るということを示せて嬉しいです。」とコメントしていました。
b0015386_22540594.jpg
ウイニングラン直後の内田博幸騎手とゴールドドリームです。内田騎手は2014年ヴィルシーナ以来となる久しぶりのGI制覇ということで、表彰式後は、得意のバック転を披露し、喜びを爆発させていました。
b0015386_22535780.jpg
加藤征弘厩舎は、開業18年目で嬉しいJRAGI初制覇。また、フェブラリーSの関東馬の優勝は1998年グルメフロンティア以来、20年振りの快挙となりました。
b0015386_22535069.jpg
今日の勝利で、ノンコノユメは史上初の東京コースのダート重賞(フェブラリーS、武蔵野S、根岸S、ユニコーンS)完全制覇の偉業を達成しました。その勝利を全て現地で見ていたこともあり、個人的に大好きな馬なので、最後の直線はゴールドドリームからの馬券を買っていたのにもかかわらず、「ノンコ頑張れー!」と絶叫してしまいました。勝ってくれて本当に嬉しかったです。
根岸Sに続き鬼脚を炸裂させ、もう完全復活と言って良いでしょう。去勢手術後の長い不振で関係者はつらかったと思いますが、良く立て直してくれたと思います。苦労が報われてよかったなあ、今日は本当におめでとうございました!

ノンコノユメ
父トワイニング 母ノンコ(母の父アグネスタキオン)
2012年3月28日生 騸6 栃栗毛 千歳・社台ファーム生産 美浦・加藤征弘厩舎
21戦8勝(2018年2月18日現在)
(重賞勝利)2018年フェブラリーS(GI)、2015年ジャパンダートダービー(JpnI)、2018年根岸S(GIII)、2015年武蔵野S(GIII)、ユニコーンS(GIII)

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-02-18 23:05 | 18年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)