愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 30日

第153回天皇賞(GI)予想

明日は、京都競馬場で伝統の最強ステイヤー決定戦、天皇賞・春(GI)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前走阪神大賞典で1着、かつ前年秋以降に芝2400m以上の古馬混合GII以上で連対
   シュヴァルグラン
(2)同年に芝2000~2500mのGIIで連対
   キタサンブラック、ゴールドアクター、サウンズオブアース、シュバルグラン、レーヴミストラル
(3)同年にオープンクラスの芝3000m以上で3着以内
   アドマイヤデウス、シュヴァルグラン、タンタアレグリア、トゥインクル、ファタモルガーナ、フェイムゲーム
(4)過去に芝3000m以上のGIで3着以内
   カレンミロティック、キタサンブラック、ゴールドアクター、サウンズオブアース、トーホウジャッカル、フェイムゲーム
(5)過去1年以内に芝2000m以上のGIで3着以内
   カレンミロティック、キタサンブラック、ゴールドアクター、サウンズオブアース、フェイムゲーム

2 消しデータ
(1)前走3000m以上のGIII以下長距離戦使用馬(ただし、前走斤量58キロ以上で2馬身以上快勝がある馬を除く)
   トゥインクル、ファタモルガーナ、フェイムゲーム
(2)前3走とも4着以下の6歳以上
   カレンミロティック、マイネルメダリスト
(3)8歳以上
   カレンミロティック、トーセンレーヴ、ファタモルガーナ、マイネルメダリスト
(4)前走芝(良・稍重)で6着以下だったキャリア30戦以上の馬
   カレンミロティック
(5)前2走とも4着以下かつ1秒以上敗退馬
   ファタモルガーナ、マイネルメダリスト

3 スピード指数上位馬
(1)キタサンブラック
(2)シュヴァルグラン
(3)ゴールドアクター
(4)サウンズオブアース
(5)トゥインクル
(6)レーヴミストラル

☆天皇賞・春予想
◎ゴールドアクター
○キタサンブラック
▲シュヴァルグラン
△サウンズオブアース
△レーヴミストラル

本命は、破竹の5連勝中のグランプリホース・ゴールドアクター。長距離戦は安定しており、まず崩れないでしょう。GI2連勝を期待します。相手筆頭は先手を奪って主導権が握れそうな昨年の菊花賞馬キタサンブラック。単穴に前哨戦・阪神大賞典(GII)圧勝のシュヴァルグラン。以下、印の馬をおさえます。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-04-30 23:27 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 30日

またもディープインパクト産駒の素質馬登場!青葉賞はヴァンキッシュランが完勝でダービーへ

今日、東京競馬場では爽やかな五月晴れの下、日本ダービー(GI)の出走権を賭けた注目の一戦、ダービートライアル・青葉賞(GII)が行われました。
レースは、内田博幸騎手騎乗の4番人気ヴァンキッシュランが、5番手追走から直線外鋭く伸びて一気に突き抜け、後方から伸びた5番人気レッドエルディストに1 1/4馬身差をつけて優勝しました。

☆青葉賞結果
1着△ヴァンキッシュラン(川 田)2'24'2(良)
2着△レッドエルディスト(四 位)1 1/4
3着△レーヴァテイン  (C.ルーメル)3
4着 プロディガルサン (戸 崎)1 1/4
5着▲メートルダール  (H.ボウマン)1 1/4

パドックの個人的な評価は以下の通り。(A良い、B普通、C平凡)

1 ラヴアンドポップ  B
  普通
2 フレンドミラクル  C
  落着きなし
3 ロスカボス     B
  普通
4 レッドエルディスト B
  普通
5 ドンチャブ     C
  落ち着きなし
6 ヴァンキッシュラン A
  大変落ち着いて、力強い歩様  
7 マイネルハニー   C
  落ち着きなし
8 タンサンドール   B
  2人引き、普通
9 アルカサル     C
  2人引き。メンバー中、もっとも落ち着きなし
10 ノーブルマーズ   B
  普通
11 メートルダール   B+
  2人引きでも落ち着いて踏み込み力強い
12 プロディガルサン  B
  休み明けでも、まずまず落ち着いて周回
13 レーヴァテイン   B+
  まずまず落ち着いて伸びやかな歩様

今年の青葉賞は、3兄弟制覇が懸かる良血馬レーヴァテインが4.2倍で1番人気。東京スポーツ杯2歳S2着以来もG1ホース・リアルスティールの全弟という良血馬プロディガルサンが4.6倍で2番人気。重賞連続3着のメートルダールが4.7倍で3番人気。アザレア賞勝ちのヴァンキッシュランが5.1倍で4番人気。大寒桜賞勝ちのレッドエルディストが9.0倍で5番人気。オッズ的には混戦模様でしたが、レースは上位人気の1頭・4番人気のヴァンキッシュランが素晴らしい末脚を繰り出して完勝しました。

ヴァンキッシュランのパドックは、初めて見ましたが上位人気馬の中でもっとも落ち着いて周回していました。また、力強い歩様も目につき、事前予想では△評価でしたが、単複馬券で勝負できたほど素晴らしいデキに見えました。レースはマイネルハニーが1000m通過61.4秒と平均よりやや遅いペースで逃げたにもかかわらず、縦長の展開となりましたが、ヴァンキッシュランは好位5番手の絶好位を追走。直線はメンバー中2位の上がり34.5秒の末脚を繰り出し、外から先行馬群を一気に捕らえて突き抜ける強い競馬でした。なお、勝ち時計はハイアーゲームが記録したレースレコードに0.1秒差に迫る素晴らしい好タイム。この内容なら本番のダービーも楽しみです。

2着は、5番人気のレッドエルディスト。パドックは特に目立つ感じはありませんでしたが、普通に落ち着いて周回していました。レースは後方4番手の待機策。直線はメンバー中最速の上がり33.9秒の末脚で追い込んで、見事ダービー出走権を確保しました。

レッドエルディスト
父ゼンノロブロイ 母ショウダウン(母の父Darshaan)
2013年2月19日生 牡3 栗東・笹田和秀厩舎
4戦2勝(2016年4月30日現在)
b0015386_2140345.jpg


3着は、1番人気のレーヴァテイン。パドックはまずまず落ち着いて周回していました。レースは中団からメンバー中3位の上がり34.7秒の末脚を繰り出したものの、上位2頭に離された3着が精一杯。残念ながら兄に続くことはできませんでした。

レーヴァテイン
父ディープインパクト 母レーヴドスカー(母の父Highest Honor)
2012年2月6日生 牡3 美浦・堀宣行厩舎
3戦2勝(2016年4月30日現在)
b0015386_21413596.jpg


なお、2番人気プロディカルサンは昨年11月以来も、まずまず落ち着いて力を出せそうな雰囲気でしたが、好位追走も伸びを欠き4着。長期休み明けは不振のジンクスは生きていました。3番人気メートルダールはパドックはなかなか良く見せていましたが、中団から直線の伸び一息で5着まで。ボウマン騎手のコメントでは距離が長かったとのこと。共に人気を裏切ったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したヴァンキッシュラン君を掲載します。

b0015386_21445413.jpg

パドックは大変落ち着いて周回していました。踏み込みも力強く素晴らしいデキに見えました。

b0015386_2145827.jpg

鞍上の内田博幸騎手は、2009年アプレザンレーヴ以来2度目の青葉賞制覇。レース後のインタビューでは「レースはスタート次第で前の方へ行こうと思っていましたが、いい位置でレースが出来ました。向正面でペースが上がった時について行かず、後ろから来る馬の脚色を見ながら競馬をしました。4コーナーでステッキを入れて気合いをつけましたが、ちょっと早いかなと思いましたが外へモタれたりしていたので。でもそこからまた伸びてくれたのですごい馬だと思いました」とコメントしていました。

b0015386_21452819.jpg

弥生賞、スプリングS、皐月賞に続き、またしてもディープインパクト産駒が牡馬クラシック路線の重要レースを制覇。ディープ産駒の勢いが止まりません。角居勝彦厩舎はリオンディーズに続く有力馬が出てきましたね。今日は重賞初制覇おめでとうございました!

ヴァンキッシュラン
父ディープインパクト 母リリーオブザヴァレー(母の父Galileo)
2013年3月18日生 牡3 黒鹿毛 千歳・社台ファーム生産 栗東・角居勝彦厩舎
7戦3勝(2016年4月30日現在)
(重賞勝利)2016年青葉賞(GII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-04-30 21:46 | 16年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 30日

第23回青葉賞(GII)予想

今日は、東京競馬場でダービートライアル・青葉賞(GII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前走3着内
   アルカサル、ヴァンキッシュラン、タンサンドール、ノーブルマーズ、フレンドミラクル、プロディガルサン、マイネルハニー、メートルダール、レッドエルディスト、レーヴァテイン、ロスカボス
(2)4走前までに新馬・未勝利を除く10頭立て以下のレースで単勝1番人気に支持された馬
   ロスカボス

2 消しデータ
(1)芝の連対率が5割未満馬のうち、前3走内に芝のGII以下戦で6着以下が2回以上ある馬
   ドンチャブ、フレンドミラクル、ロスカボス
(2)前2走ともダート戦を使用して2馬身以上の快勝歴がない馬
   タンサンドール
(3)前走条件戦5番人気以下の低評価馬で0.4秒以上敗退馬
   ドンチャブ、フレンドミラクル、ラヴアンドポップ
(4)3ヶ月以上の休養馬
   プロディガルサン

3 スピード指数上位馬
(1)メートルダール
(2)マイネルハニー
(3)アルカサル
(4)プロディガルサン
(5)ロスカボス
(6)ドンチャブ
(7)フレンドミラクル

☆青葉賞予想
◎アルカサル
○マイネルハニー
▲メートルダール
△ヴァンキッシュラン
△レッドエルディスト
△レーヴァテイン

本命は、2戦2勝のアルカサル。息の長い末脚は東京コース向きな感じがします。相手筆頭は、先手が奪えそうで展開の利がありそうなマイネルハニー。単穴に共同通信杯で後の皐月賞馬ディーマジェスティと0.3秒差だったメートルダール。以下、印の馬をおさえます。   
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-04-30 09:33 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 29日

キタサンブラック(15’有馬記念3)

今日は、有馬記念(GI)3着馬・キタサンブラック君を掲載します。

キタサンブラック
父ブラックタイド 母シュガーハート(母の父サクラバクシンオー)
2012年3月10日生 牡4 栗東・清水久詞厩舎
9戦5勝(2016年4月29日現在)
b0015386_2017467.jpg

パドックは気合いを表に出すタイプ。この日も首を上げて煩いところを見せていましたが、レースは積極的にハナを奪って逃げると、最後までしぶとく粘って勝ち馬から0.1秒差に踏ん張りました。明後日の天皇賞もスムースに先手が取れそうで、チャンスはありそうです。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-04-29 20:17 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 28日

サウンズオブアース(15’有馬記念2)

今日から2015年有馬記念(GI)のパドック写真を掲載していきます。
本日登場は、5番人気で2着に好走したサウンズオブアース君です。
なお、優勝したゴールドアクター君の勇姿は、2015年12月27日の記事をご覧ください。

サウンズオブアース
父ネオユニヴァース 母ファーストバイオリン(母の父Dixieland Band)
2011年4月12日生 牡5 栗東・藤岡健一厩舎
16戦2勝(2016年4月28日現在)
b0015386_213852100.jpg

パドックはいつも良く見せる馬ですが、この日も落ち着き十分、秋3戦目でもキビキビと良い動きでした。レースは好位から鋭く伸びて勝ち馬に首差まで迫りました。なかなか勝ちきれない馬ですが、堅実なレースを続けており、5月1日の天皇賞も目が離せない存在です。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-04-28 21:38 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 27日

ファルコンクロウ、タッチデュール、ユーセイクインサー(15’東京大賞典8)

今日で2015年東京大賞典(GI)のパドック写真は最後になります。
東京大賞典12着馬・浦和のファルコンクロウ君、13着馬・タッチデュールちゃん、14着馬・ユーセイクインサー君(共に笠松)を掲載します。
いずれも後方侭、見せ場なく敗れたのは残念でした。

ファルコンクロウ
父タイムパラドックス 母キョウエイビリーブ(母の父トニービン)
2009年4月10日生 牡7 浦和・岡田一男厩舎
63戦10勝(2016年4月27日現在)
b0015386_1825548.jpg


タッチデュール
父タップダンスシチー 母タッチノネガイ(母の父フレンチデピュティ)
2009年4月10日生 牝7 笠松・山中輝久厩舎
126戦17勝(2016年4月27日現在)
b0015386_18262081.jpg


ユーセイクインサー
父タイムパラドックス 母アルカネット(母の父ダンスインザダーク)
2010年4月13日生 牡6 笠松・笹野博司厩舎
64戦13勝(2016年4月27日現在)
b0015386_18263163.jpg

[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-04-27 18:26 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 26日

ケイアイレオーネ、ユーロビート、プレティオラス(15’東京大賞典7)

今日は、大井競馬所属の3頭、東京大賞典(GI)9着馬・ケイアイレオーネ君、10着馬・ユーロビート君、11着馬プレティオラス君を掲載します。
レースは、残念ながら、いずれも後方侭いいところがありませんでした。

ケイアイレオーネ
父ヘニーヒューズ 母モストリマーカブル(母の父Marquetry)
2010年5月19日生 牡6 大井・佐宗応和厩舎
25戦5勝(2016年4月26日現在)
b0015386_18183334.jpg


ユーロビート
父スズカマンボ 母メジロブルネット(母の父エリシオ)
2009年3月11日生 牡7 大井・渡邉和雄厩舎
31戦7勝(2016年4月26日現在)
b0015386_1818473.jpg


プレティオラス
父フィガロ 母ユーロペ(母の父ダンスインザダーク)
2009年6月6日生 牡7 大井・森下淳平厩舎
37戦7勝(2016年4月26日現在)
b0015386_181946.jpg

[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-04-26 18:19 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 25日

第51回フローラS予想結果分析

レース予想は4月23日の記事を、パドック評価は4月24日の記事をご覧ください。

☆レース結果
1着△チェッキーノ
2着◎パールコード
3着△アウェイク
4着○フロンテアクイーン
5着▲ビッシュ
6着△アグレアーブル
7着 クィーンズベスト
8着△ゲッカコウ
9着 トウカイシェーン
10着△ファイアクリスタル
11着 シャララ
12着 バレエダンサー
13着 エマノン
14着 クロコスミア
15着 ショコラーチ
16着 シークザフューチャ
17着 エルビッシュ
18着 ブルーオリエント

馬券
エルビッシュの単勝(外れ)、複勝(外れ)
エルビッシュ、ゲッカコウ、パールコード、ビッシュ、フロンテアクイーンの馬連ボックス(10点外れ)

パドック評価
B+評価馬のうちパールコード2着も、他の2頭は16、17着と惨敗。勝ち馬は見出せず。

好走データ
1・2着馬は推奨できた。

消しデータ
該当馬は5着以下で完全的中。1番人気ビッシュを消せたのは素晴らしかった。

スピード指数
1位のアウェイクが3着、3位のフロンテアクイーンが4着も、1・2着馬を推奨できず。

感想
パドックで良く見えた3頭のうち、印を打っていたのはパールコードだけだったのに、無印のエルビッシュを選んで大失敗。パールコードの複勝でも2.2倍ついており、素直に本命馬パールコードの単複を買わなかったことが一番の反省です。
また、13番人気のアウェイクに印が打てたのに上手く馬券に繋げられなかったのも痛恨。なお、勝ち馬チェッキーノについては、疲れが出て桜花賞を回避したこと、不利な大外枠で厳しいだろうという先入観があったのも、まずかった。本当にいいところなしでした。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-04-25 18:26 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 24日

フローラSは良血馬チェッキーノがレースレコーードで完勝、3連勝でオークスへ

今日は、東京競馬場でオークストライアル・フローラS(GII、3歳牝・芝2000m)が行われました。
レースは、C.ルメール騎手騎乗の3番人気チェッキーノが中団追走から直線外鋭く伸び、同じく中団から伸びた2番人気パールコードに3馬身差をつけて快勝しました。

b0015386_21491271.jpg

外から一気に伸びて後続を突き放すチェッキーノ。完勝でした。

☆フローラS結果
1着△チェッキーノ   (C.ルメール)1'59'7(良)レースレコード
2着◎パールコード   (川 田)3
3着△アウェイク    (吉田豊)1/2
4着○フロンテアクイーン(蛯 名)アタマ
5着▲ビッシュ     (横山典)1 1/2

パドックの個人的な評価は以下の通り。(A良い、B普通、C平凡)

1 バレエダンサー   B
  普通
2 ゲッカコウ     B
  普通
3 ビッシュ      B
  普通
4 アグレアーブル   B
  普通
5 ショコラーチ    B
  普通
6 アウェイク     B
  普通
7 ファイアクリスタル B
  普通
8 シャララ      C
  落ち着きなし
9 フロンテアクイーン B
  2人引きで落ち着きないが、前走クイーンCと同じ感じ
10 ブルーオリエント  B
  普通
11 パールコード    B+
  落ち着いて周回
12 トウカイシェーン  B
  普通
13 エマノン      B
  普通
14 クイーンズベスト  B
  普通
15 シークザフューチャ B+
  落ち着いて力強い歩様
16 クロコスミア    B
  普通
17 エルビッシュ    B+
  キビキビと力強く周回
18 チェッキーノ    B
  2人引き、普通

今年のフローラS(GII)は、2戦2勝のビッシュが1番人気。前走ミモザ賞勝ちのパールコードが2番人気。アネモネS勝ちのチェッキーノが3番人気。クイーンC(GIII)2着馬フロンテアクイーンが4番人気。2戦1勝で前走東京スポーツ杯2歳S(GIII)で3番人気に推されたアグレアーブルが5番人気。この5頭が単勝10倍以下の人気を集め、オッズは混戦模様でしたが、終わってみれば3番人気のチェッキーノが一枚上の力を見せつけました。

チェッキーノのパドックは、2人引きでもまずまず落ち着いて周回していました。レースは中団からレースを進めると、直線でメンバー中最速の上がり34.6秒の末脚を繰り出し、2着に3馬身差をつける完勝となりました。しかも勝ち時計はフローラSレコード。アネモネSの後、疲れが出て桜花賞を自重した影響が心配されましたが、全く問題なかったですね。また、大外枠の不利をものともしない圧勝ということで、この内容なら本番のオークスも楽しみです。

2着は、2番人気のパールコード。パドックは落ち着いて周回しており、単勝10倍以下の上位人気馬の中では個人的には一番良く見えました。レースは勝ち馬より少し前の中団からレースを進め、直線も内目をしっかり伸びてきました。ただ、勝ち馬には完全に切れ負けした印象で本番は厳しいかもしれません。

パールコード
父ヴィクトワールピサ 母マジックコード(母の父Lost Code)
2013年2月1日生 牝3 栗東・中内田充正厩舎
4戦2勝(2016年4月24日現在)
b0015386_2152173.jpg


3着は13番人気の伏兵アウェイクが大健闘。パドックはそれほど目立った感じはありませんでしたが、レースは1・2着馬とほぼ同じ位置からきっちり末脚を伸ばしてきました。事前予想でスピード指数が高いことに気づき△印は打ちましたが結局馬券は買わず、もったいなかったです。

アウェイク
父ディープインパクト 母オールアウェイベイビー(母の父Grand Slam)
2013年2月4日生 牝3 美浦・斎藤誠厩舎
4戦1勝(2016年4月24日現在)
b0015386_21531142.jpg


なお、1番人気ビッシュは、最後方から勝ち馬と同タイムの上がり時計を繰り出すも5着が精一杯。位置取りが後ろ過ぎましたね。期待に応えられなかったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したチェッキーノちゃんを掲載します。

b0015386_215324100.jpg

パドックは、特別目立つ感じはなかったのですが、二人引きでも落ち着いて周回していました。

b0015386_21533863.jpg

藤沢和雄厩舎は、1995年サイレントハピネス、1999年スティンガーに続くフローラS(当時は4歳牝馬特別)3勝目。また、鞍上のC.ルメール騎手はフローラS初制覇。レース後のインタビューでは「強かったですね。4コーナーの反応はいまひとつでしたが、直線でペースを上げていき、最後まで速いペースを維持しました。今日はスタートもよく、リラックスして走っていました。スタミナがあります。」とコメントしていました。

b0015386_2154357.jpg

全兄に重賞2勝のコディーノ、近親にシンコウラブリィがいる藤沢厩舎ゆかりの良血馬が完全本格化。メジャーエンブレムが回避したことから、オークスは関東のエースとして頑張ってほしいと思います。今日は本当におめでとうございました!

チェッキーノ
父キングカメハメハ 母ハッピーパス(母の父サンデーサイレンス)
2013年2月8日生 牝3 栗毛 安平町・ノーザンファーム生産 美浦・藤沢和雄厩舎
4戦3勝(2016年4月24日現在)
(重賞勝利)2016年フローラS(GII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-04-24 21:54 | 16年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 23日

第51回フローラS(GII)予想

明日は、東京競馬場でオークストライアル・フローラS(GII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前走3月以降の芝1800m以上の500万下戦1着馬のうち、連対率5割以上かつ1600m以上2勝馬(ただし、前3走内に未勝利戦敗退OR前2走内条件戦0.3秒、オープン戦0.6秒、重賞0.8秒以上敗退馬OR中一週・連闘馬除く)
   パールコード、ビッシュ
(2)単勝4.9倍以下
   ビッシュ(4月23日現在4.9倍)
(3)前走1700m以上のレース出走馬かつ、前5走内に1600m以下戦で勝利した馬
   シャララ、ブルーオリエント
(4)新馬、未勝利戦で単勝2倍以下で勝利した馬
   アグレアーブル、チェッキーノ

2 消しデータ
(1)前2走とも1600m以下の非重賞戦使用の芝1勝以下
   ショコラーチ
(2)前走2月以降のレースで体重10キロ以上減っていた2勝以下馬
   バレエダンサー、ビッシュ
(3)キャリア5戦以上で、前4走内に未勝利戦使用が3回以上ある馬
   エマノン
(4)年明け3戦以上し、前走芝(良、稍重)の条件戦で4着以下かつ0.2秒以上敗退馬
   シャララ
(5)前走芝の未勝利戦で1馬身未満辛勝馬
   エマノン

3 スピード指数上位馬
(1)アウェイク
(2)シャララ
(3)フロンテアクイーン
(4)エマノン
(5)ゲッカコウ
(6)ファイアクリスタル

☆フローラS予想
◎パールコード
○フロンテアクイーン
▲ビッシュ
△アウェイク
△アグレアーブル
△ゲッカコウ
△チェッキーノ
△ファイアクリスタル

本命は、前走ミモザ賞勝ちのパールコード。若葉S2着ナムラシングンと接戦を演じた力はここでは1枚上とみました。相手筆頭は、前走レースレコード決着のクイーンC(GIII)でメジャーエンブレムの2着に好走したフロンテアクイーン。単穴に前走の馬体減が心配も2戦2勝と底を見せていないビッシュ。以下、印の馬をおさえます。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-04-23 22:45 | データ予想 | Trackback | Comments(0)