愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 29日

第62回神戸新聞杯予想結果分析

レース予想は、9月27日の記事をご覧ください。

☆レース結果
1着◎ワンアンドオンリー
2着 サウンズオブアース
3着 トーホウジャッカル
4着▲サトノアラジン
5着 ヴォルシェーブ
6着 ハギノハイブリッド
7着 トーセンスターダム
8着△ヤマノウィザード
9着 クロニクルスカイ
10着 マッチボックス
11着 シャンパーニュ
12着△キネオペガサス
13着○ウインフルブルーム
14着 スズカデヴィアス
15着 ダンディーズムーン
16着 トップボンバー

馬券
テレビのパドック全頭中継がなかったので購入せず。

好走データ
4項目全て該当したワンアンドオンリーはさすがの1着。しかし、2着馬サウンズオブアースを推奨できず。

消しデータ
該当馬は全て9着以下、完全的中。

スピード指数
1位のワンアンドオンリーは1着も、2・3着馬は推奨できず。

感想
大本命ワンアンドオンリーは期待に応えてくれたものの、2着馬サウンズオブアースがデータから全く拾うことができず完敗でした。
阪神2400mはディープインパクト産駒苦戦のデータから2番人気サトノアラジンを単穴、3番人気トーセンスターダムを無印と軽視して正解だっただけに残念。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2014-09-29 20:58 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 28日

神戸新聞杯は、ダービー馬ワンアンドオンリーが接戦を制す


今日、阪神競馬場で行われた菊花賞トライアル・神戸新聞杯(GII)は、横山典弘騎手騎乗の1番人気ワンアンドオンリーが、後方3番手追走から4コーナーで先行馬群にとりついて直線抜け出し、外から馬体を併せてきたサウンズオブアースとの叩き合いを頭差制し、優勝しました。

☆神戸新聞杯結果
1着◎ワンアンドオンリー(横山典)2'24'4(良)
2着 サウンズオブアース(藤岡佑)アタマ
3着 トーホウジャッカル(酒 井)アタマ
4着▲サトノアラジン  (浜 中)3 1/2
5着 ヴォルシェーブ  (岩 田)クビ

栄光の日本ダービー馬ワンアンドオンリーが、さすがの力を見せて激戦を制しました。パドックは落ち着いて周回も気配は特に目立つ感じはありませんでしたが、レースでは、直線しぶとく伸びてきましたね。本番の菊花賞に向けて上々の走りができたと思います。

また、ダービー馬に迫った2着サウンズオブアース(父ネオユニヴァース)と3着トーホウジャッカル(父スペシャルウィーク)も本番が楽しみになる走りでした。一方、期待を裏切った2番人気4着サトノアラジン、3番人気7着トーセンスターダムは案外な競馬。阪神競馬場の2400m戦は父ディープインパクトが不振というデータどおりの結果でした。

ワンアンドオンリー
父ハーツクライ 母ヴァーチュ(母の父タイキシャトル)
2011年2月23日生 牡3 黒鹿毛 新冠・株式会社ノースヒルズ生産 栗東・橋口弘次郎厩舎
10戦4勝(2014年9月28日現在)
(重賞勝利)2014年日本ダービー(GI)、神戸新聞杯(GII)、2013年ラジオNIKKEI杯2歳S(GIII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2014-09-28 22:03 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 27日

第62回神戸新聞杯(GII)予想

明日は、阪神競馬場で菊花賞トライアル・神戸新聞杯(GII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)日本ダービーで3着以内
   ワンアンドオンリー
(2)過去にオープンクラスの芝1600m以上で1着
   スズカデヴィアス、トーセンスターダム、ハギノハイブリッド、ワンアンドオンリー
(3)前走1000万クラス以上の芝1600m以上で連対
   ヴォルシェーブ、キネオペガサス、サトノアラジン、トーホウジャッカル、ワンアンドオンリー
(4)5月以降に500万クラス以上の芝2000m以上で1着
   ヴォルシェーブ、クロニクルスカイ、サトノアラジン、シャンパーニュ、ハギノハイブリッド、ワンアンドオンリー

2 消しデータ
(1)前走1800m以上のGIII以下戦で1秒以上敗退の2勝以下
   クロニクルスカイ、ダンディーズムーン、トップボンバー
(2)前3走内に非重賞戦で10着以下がある馬
   クロニクルスカイ、シャンパーニュ、トップボンバー
(3)2勝以下で連対外が8回以上ある馬(ただし、前走GI戦5着以内、GII戦3着内、GIII戦連対馬除く)
   クロニクルスカイ、ダンディーズムーン
(4)前走GI戦3着内の好走馬を除く1勝馬
   マッチボックス
(5)前走8月以降の非重賞戦で6着以下
   クロニクルスカイ、シャンパーニュ、スズカデヴィアス、トップボンバー
(6)前3走とも6着以下
   スズカデヴィアス
(7)前走2600m以上の条件戦使用馬
   スズカデヴィアス、ダンディーズムーン、トップボンバー

3 スピード指数上位馬
(1)ワンアンドオンリー
(2)ウインフルブルーム
(3)ヤマノウィザード
(4)キネオペガサス
(5)サトノアラジン

☆神戸新聞杯予想
◎ワンアンドオンリー
○ウインフルブルーム
▲サトノアラジン
△キネオペガサス
△ヤマノウィザード

本命は、ダービー馬ワンアンドオンリー。ダービー上位馬不在のこの相手なら負けられないところ。先週のセントライト記念を見てのとおり春のクラシック上位馬の実力が一枚上と見ています。よって対抗は皐月賞3着馬ウインフルブルーム。単穴に夏の上がり馬サトノアラジン、おさえにプリンシパルS2着馬キネオペガサスまで。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2014-09-27 20:59 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 23日

第32回ローズSレース結果分析

レース予想は、9月20日の記事をご覧ください。

☆レース結果
1着◎ヌーヴォレコルト
2着 タガノエトワール
3着 リラヴァティ
4着△ブランネージュ
5着 ヒルノマテーラ
6着▲レッドリヴェール
7着 レッドオリヴィア
8着 アドマイヤアロマ
9着○サングレアル
10着 プリモンディアル
11着 リリコイパイ
12着 メイショウラバンド
13着 ディルガ
14着△アドマイヤビジン
15着 アドマイヤシーマ
16着 ダンツキャンサー
17着 リックタラキチ

馬券
旅行中につき購入せず

好走データ
4項目中3項目該当したヌーヴォレコルトは1着も、2・3着馬を推奨できず。

消しデータ
2着馬タガノエトワールが、(2)(5)(6)のデータを、3着馬リラヴァディが(4)のデータを打破。
ただ、1番人気レッドリヴェール消しは的中。

スピード指数
1位のヌーヴォレコルトは1着も、2・3着馬を推奨できず。

感想
勝ったヌーヴォレコルトは順当勝ちでしたが、データ的にはとても買えなかったタガノエトワールの大駆けで大波乱。
1番人気レッドリヴェールを軽視できたのは良かったですが、相手探しという点では完敗でした。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2014-09-23 19:50 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 22日

クラシックホースが貫録の走り、ローズSはヌーヴォレコルト、セントライト記念はイスラボニータが完勝

「ローズSはオークス馬ヌーヴォレコルトが女王対決を制して2冠へ王手」
21日、阪神競馬場で行われた秋華賞トライアル・ローズS(GII)は、岩田康誠騎手騎乗の2番人気ヌーヴォレコルトが、4番手追走から直線内を突いて鋭く伸び、中団から追い上げた15番人気タガノエトワールに1 1/4馬身差をつけて優勝しました。

☆ローズS結果
1着◎ヌーヴォレコルト(岩 田)1'46'0(良)
2着 タガノエトワール(小 牧)1 1/4
3着 リラヴァティ (松 山)1 1/4
4着△ブランネージュ (秋 山)ハナ
5着 ヒルノマテーラ (田中勝)クビ

オークスでハープスターを破ったヌーヴォレコルトが、見事な走りで秋華賞の前哨戦を完勝しました。馬体重はマイナス6キロで成長がどうか?という不安もあったのか1番人気は2歳女王レッドリヴェールに譲りましたが、そんな不安を吹き飛ばす走りを見せてくれました。直線における抜群の瞬発力は、ちょっと他馬とは力が違うといった印象を持ちました。このまま無事に行けば秋華賞も堅いでしょう。

一方、残念だったのは1番人気のレッドリヴェール。パドック映像は見れなかったので状態は良くわからないのですが、これまで実績のあったぶっつけのレースでいいところなく敗れたのは案外でした。次走に向けてどのように立て直していくのか、注目したいですね。

ヌーヴォレコルト
父ハーツクライ 母オメガスピリット(母の父スピニングワールド)
2011年2月25日生 牝3 栗毛 千歳・社台ファーム生産 美浦・斎藤誠厩舎
7戦4勝(2014年9月22日現在)
(重賞勝利)2014年オークス(GI)、ローズS(GII)


「セントライト記念は、皐月馬イスラボニータが完勝、二冠へ王手」
21日新潟競馬場で行われた菊花賞トライアル・セントライト記念(GII)は、蛯名正義騎手騎乗の1番人気イスラボニータが、中団やや前目追走から直線満を持して追い出すと、早めに抜け出した2番人気トゥザワールドを楽々交わして1 1/4馬身差をつけて完勝しました。

☆セントライト記念結果(事前予想なし)
1着 イスラボニータ (蛯 名)2'11'7(良)
2着 トゥザワールド (川 田)1 1/4
3着 タガノグランパ (菱 田)クビ
4着 ステファノス  (三 浦)ハナ
5着 ラングレー   (M.エスポジート)1 1/4

皐月賞馬&日本ダービー2着馬イスラボニータが力の差を見せつけ完勝、報道によればこの結果を受けて次走は菊花賞に向かいクラシック2冠を目指すことになりました。
道中は、スローな流れに顔を曲げて折り合いがつくかちょっと心配でしたが、ほどなく落ち着いて人気のトゥザワールドの直後につけると、直線はギリギリまで追い出しを我慢してスパートしたトゥザワールドを並ぶまもなく交わし去ったのは見事でした。改めて力の差を見せつけた完勝劇、菊花賞は血統的に距離不安も囁かれていますが、今日のような走りができれば、3000mでも大丈夫だと思います。ダービーのリベンジ期待したいですね。

イスラボニータ
父フジキセキ 母イスラコジーン(母の父Cozzene)
2011年5月21日生 牡3 黒鹿毛 浦河町・(有)社台コーポレーション白老ファーム
8戦6勝(2014年9月22日現在)
(重賞勝利)2014年皐月賞(GI)、セントライト記念(GII)、共同通信杯(GIII)、2013年東京スポーツ杯2歳S(GIII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2014-09-22 18:37 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 20日

第32回ローズS(GII)予想

明日は、阪神競馬場で秋華賞トライアル・ローズS(GII)が行われます。
今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)桜花賞、オークスで5着以内、かつ過去に芝1600m以上の重賞で連対
   ヌーヴォレコルト、ブランネージュ、レッドリヴェール
(2)桜花賞、オークスで10着以内、かつ過去にオープンクラスの芝1400m以上で1着
   アドマイヤビジン、サングレアル、ヌーヴォレコルト、レッドリヴェール
(3)前走1000万クラス以上の芝1400m以上で3着以内
   ヌーヴォレコルト、ヒルノマテーラ
(4)前走500万クラスの芝1500m以上で1着
   アドマイヤアロマ、レッドオリヴィア

2 消しデータ
(1)前2走とも500万以下戦を使用し1馬身差以上快勝歴のない馬
   メイショウラバンド、レッドオリヴィア
(2)前3走とも条件以下戦を使用し、4着以下が2回以上
   タガノエトワール、リリコイパイ
(3)前走500万下戦敗退馬
   メイショウラバンド
(4)前走1000万下戦4着以下
   アドマイヤシーマ、プリモンディアル、リラヴァティ、リリコイパイ
(5)前走未勝利戦使用馬
   タガノエトワール
(6)無敗馬を除くキャリア3戦以下
   タガノエトワール、レッドオリヴィア
(7)3歳以降の消化レースが2戦以下の3ヶ月以上休養馬
   レッドリヴェール

3 スピード指数上位馬
(1)ヌーヴォレコルト
(2)レッドリヴェール
(3)ブランネージュ
(4)サングレアル
(5)アドマイヤビジン

☆ローズS予想
◎ヌーヴォレコルト
○サングレアル
▲レッドリヴェール
△アドマイヤビジン
△ブランネージュ

本命は、オークス馬ヌーヴォレコルト。ハープスターを破った実績を素直に信じます。相手筆頭は、フローラSの勝ち方に良血馬らしい大物感があったサングレアル。実績上位のレッドリヴェールは消しデータ該当になったので単穴。以下、印の馬をおさえます。

なお、私事ですが本日午後から八ヶ岳旅行のため、次回の更新は月曜日夕方以降になります。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2014-09-20 11:12 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 15日

第28回セントウルS予想結果分析

レース予想は、9月13日の記事をご覧ください。

☆レース結果
1着▲リトルゲルダ
2着◎ハクサンムーン
3着△エピセアローム
4着 スギノエンデバー
5着○マヤノリュウジン
6着 メイショウイザヨイ
7着 バクシンテイオー
8着△トーホウアマポーラ
9着 フォーエバーマーク
10着 プリンセスメモリー
11着 アルマリンピア
12着 アンバルブライベン
13着 リアルヴィーナス
14着 ダッシャーゴーゴー
15着 エーシントップ

購入馬券
ハクサンムーンの単勝(外れ)、複勝(1.3倍的中)

好走データ
1~3着馬を完全推奨。勝ち馬は3項目中2項目該当。

消しデータ
該当馬は全て4着以下、完全的中。


スピード指数
5位のリトルゲルダが1着、1位のハクサンムーンが2着、4位のエピセアロームが3着と指数上位馬がほぼ好走。

感想
ほぼデータどおりの結果で特筆することなし。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2014-09-15 21:24 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 14日

セントウルSは、リトルゲルダが重賞2連勝でサマースプリント女王に輝く

今日、阪神競馬場で行われたスプリンターズS(GI)の前哨戦・セントウルステークス(GII、3歳上・芝1200m)は、丸田恭介騎手騎乗の4番人気リトルゲルダが、好位追走から直線先に抜け出した1番人気ハクサンムーンとの叩き合いを制し、1 1/4馬身差をつけて優勝しました。

☆セントウルS結果
1着▲リトルゲルダ   (丸 田)1'07'4(良)
2着◎ハクサンムーン  (戸 崎)1 1/4
3着△エピセアローム  (和 田)1/2
4着 スギノエンデバー (岩 田)クビ
5着○マヤノリュウジン (池 添)クビ

本番のスプリンターズS(GI)の前哨戦として注目の一戦は、リトルゲルダが北九州記念(GIII)に続く重賞2連勝を飾りました。パドックは、この夏3戦目でしたが落ち着いてキビキビと周回、調子落ちどころかますます元気な様子でした。レースでは昨年の覇者ハクサンムーンとの一騎打ちとなりましたが、直線で競り落としての快勝劇となりました。この内容なら本番のスプリンターズS(GI)も楽しみです。

2着は1番人気のハクサンムーン。3月の高松宮記念(GI)以来久々のレースでしたが、パドックはこの馬にしては落着きもあり、馬体も迫力十分、なかなか良くみせていました。レースは昨年のような単騎逃げではなく2番手からの競馬となりましたが、直線もしぶとく粘りました。勝ち馬を差し返そうとするところも見せましたし、前哨戦としては上々の内容だったと思います。

リトルゲルダ
父Closing Argument 母Bijoux Miss(母の父Buddha)
2009年3月29日生 牝5 アメリカ・Dapple Bloodstock生産 栗東・鮫島一歩厩舎
20戦7勝(2014年9月14日現在)
(重賞勝利)2014年セントウルS(GII)、北九州記念(GIII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2014-09-14 21:54 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 13日

第28回セントウルS(GII)予想

明日は、阪神競馬場でスプリンターズS(GI)の前哨戦・セントウルS(GII)が行われます。
今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)同年6月以降に芝1000~1200mの重賞で3着以内
   エピセアローム、トーホウアマポーラ、メイショウイザヨイ、リトルゲルダ
(2)同年6月以降にオープンクラスの芝1000~1200mで1着
   トーホウアマポーラ、マヤノリュウジン、リトルゲルダ
(3)過去に阪神芝1200m以上の重賞で1着
   エピセアローム、ダッシャーゴーゴー、ハクサンムーン

2 消しデータ
(1)前走GIII以下芝で10着以下(ただし、2走前芝重賞連対馬除く)
   アルマリンピア、スギノエンデバー、リアルヴィーナス
(2)1200m戦の連対率が.250未満
   エーシントップ
(3)前4走内に芝重賞戦連対歴がない馬で前走52キロ以下敗退、もしくは勝っても1馬身差未満の辛勝馬
   アンバルブライベン、リアルヴィーナス

3 スピード指数上位馬
(1)ハクサンムーン
(2)ダッシャーゴーゴー
(3)マヤノリュウジン
(4)エピセアローム
(5)リトルゲルダ
(6)フォーエバーマーク

☆セントウルS予想
◎ハクサンムーン
○マヤノリュウジン
▲リトルゲルダ
△エピセアローム
△トウホウアマポーラ

本命は、休み明けですが昨年同レースで年度代表馬ロードカナロアを破った実績断然のハクサンムーン。2連覇を期待します。相手筆頭は、昨年のスプリンターズS(GI)3着の実績馬、近走も安定して好走を続けているマヤノリュウジン。単穴にこちらも夏順調に使われ、好走が続いているリトルゲルダ。以下、印の馬をおさえます。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2014-09-13 21:19 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 08日

第50回新潟記念予想結果分析

レース予想は、9月6日の記事をご覧ください。

☆レース結果
1着△マーティンボロ
2着 クランモンタナ
3着 ラストインパクト
4着 トーセンジャガー
5着 アロマカフェ
6着 アスカクリチャン
7着 ニューダイナスティ
8着 エックスマーク
9着 ヴィクトリースター
10着○メイショウナルト
11着△ユールシンギング
12着 ダコール
13着△カルドブレッサ
14着 コアレスドラード
15着▲アドマイヤタイシ
16着 マデイラ
17着 レインスティック
18着◎ステラウインド

購入馬券
全頭パドックチェックできなかったので見送り。

好走データ
1着馬は該当も2、3着馬は推奨できず。

消しデータ
ラストインパクトが(4)前3走とも1800m以上の不良以外の芝のレースを使用し、連対がない56キロ以上(ただし、前走重賞戦0.2秒差内好走馬を除く)のデータを打破して3着好走、他は全て4着以下。

スピード指数
5位のクランモンタナが2着、3位のラストインパクトが3着も優勝馬は推奨できず。

感想
本命馬は最下位、マーティンボロ以外の印を打った馬は全て二桁着順とひどい予想でした><
なお、昨日のレース回顧に書いたとおり、アドマイヤタイシ、ダコール、メイショウナルト、ニューダイナスティ、アロマカフェは大きな不利を受けていました。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2014-09-08 21:17 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)