人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 31日

サンダルフォン(11’スプリンターズS12)

今日は、スプリンターズS(GI)12着馬・サンダルフォン君を掲載します。

サンダルフォン
父サクラバクシンオー 母コウユーラヴ(母の父ジェイドロバリー)
2003年3月25日生 牡9 栗東・松永幹夫厩舎
52戦9勝(2012年1月31日現在)
サンダルフォン(11’スプリンターズS12)_b0015386_2262476.jpg



☆次走情報
トゥザグローリー→中山記念
ドナウブルー→中山牝馬S又はマイラーズC
アドマイヤブルー→若葉S
ゴールドシップ→共同通信杯
マシュマロ→ヒヤシンスS

by Yuuichiro_K | 2012-01-31 22:06 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 30日

ダッシャーゴーゴー(11’スプリンターズS11)

今日は、スプリンターズS(GI)11着馬・ダッシャーゴーゴー君を掲載します。

ダッシャーゴーゴー
父サクラバクシンオー 母ネガノ(母の父Miswaki)
2007年3月22日生 牡5 栗東・安田隆行厩舎
18戦5勝(2012年1月30日現在)
ダッシャーゴーゴー(11’スプリンターズS11)_b0015386_20542275.jpg

2番人気に推されましたが、直線でグリーンバーディーに不利を受けた影響もあり、期待に応えられなかったのは残念でした。

by Yuuichiro_K | 2012-01-30 20:54 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 29日

鮮やかな最後方からの大外一気!根岸Sはシルクフォーチュンが豪快に差し切り重賞2勝目

今日、東京競馬場ではフェブラリーS(GI)の前哨戦・根岸S(GIII、4歳上・ダート1400m)が行われました。レースは、藤岡康太騎手騎乗の4番人気のシルクフォーチュンが、最後方追走から直線大外を豪快に伸び、3番手から伸びた9番人気トウショウカズンに1 1/2馬身差をつけて優勝しました。

☆根岸S結果
1着△シルクフォーチュン(藤岡康)1'23'5(良)
2着△トウショウカズン (田 辺)1 1/2
3着 テスタマッタ   (岩 田)ハナ
4着◎タイセイレジェンド(内田博)クビ
5着○ダノンカモン   (福 永)クビ

昨年のプロキオンS(GIII)で見せた強烈な末脚が印象深いシルクフォーチュンが、今日はその再現とばかりにプロキオンSと全く同じ上がり34.9秒の末脚で最後方から大外一気に豪快に追い込んで快勝、見事重賞2勝目を飾りました。パドックは首をつる首にして、ややうるさい感じに見えましたが、気合を表に出して状態は悪くなかったようです。昨年の秋の南部杯(JpnI)でもトランセンド相手に差のない3着に追い込んでいましたし、この内容なら次走のフェブラリーSも楽しみです。

2着は、3番手追走から内を突いて伸びた9番人気のトウショウカズンが健闘しました。パドックは落ち着いて外々を大きく周回しており、状態は良かったと思います。レースは、直線逃げ粘るタイセイレジェントと併せ馬の形で伸びて、勝ち馬には一気に交わされたものの、しぶとく2着を確保しました。前残りの展開が向いたとはいえ、初の重賞挑戦で良く頑張ったと思います。

トウショウカズン
父クロフネ 母バージントウショウ(母の父フジキセキ)
2007年2月15日生 牡5 栗東・領家政蔵厩舎
16戦6勝(2012年1月29日現在)
鮮やかな最後方からの大外一気!根岸Sはシルクフォーチュンが豪快に差し切り重賞2勝目_b0015386_21522624.jpg


3着は、後方3番手からレースを進めた5番人気テスタマッタが勝ち馬に次ぐ上がり35.3秒の末脚で追い込んできました。パドックは、東京大賞典(JpnI)同様、気合を表に出して周回していました。レースは岩田騎手が抑えるのに苦労する場面もありましたが、直線末脚は切れました。彼は2000mのJpnIホースですが、1400mから1600mのレースの方が安定して走りますね。

テスタマッタ
父Tapit 母Difficult(母の父Concern)
2006年3月19日生 牡6 栗東・村山明厩舎
17戦4勝(2012年1月29日現在)
鮮やかな最後方からの大外一気!根岸Sはシルクフォーチュンが豪快に差し切り重賞2勝目_b0015386_21533643.jpg


なお、1番人気のダノンカモンは、いつもどおりチャカついて落ち着きのないパドック。ただ、昨年見た南部杯や武蔵野Sの時より集中力がない感じで、馬券を買う気にはなれませんでした。はたしてレースは中団から一息伸び切れず5着と人気を裏切ってしまいました。2番人気のヒラボクワイルドは12着。パドックは、ダノンカモンほどではなかったですが、落ち着きがなく、あまり良く見えませんでした。昨年の覇者・3番人気のセイクリムズンは、上位からやや離された6着。パドックは落ち着いて周回していましたが、昨年ほどぴりっとした感じはなかったです。もしかするとピークは過ぎたのかもしれません。

それでは最後に見事優勝したシルクフォーチュンを掲載します。

鮮やかな最後方からの大外一気!根岸Sはシルクフォーチュンが豪快に差し切り重賞2勝目_b0015386_21544720.jpg

パドックはつる首になる場面が目立ち、気合を表に出して周回していました。いつもよりやや煩い感じに見えましたが、問題ありませんでしたね。

鮮やかな最後方からの大外一気!根岸Sはシルクフォーチュンが豪快に差し切り重賞2勝目_b0015386_2155031.jpg

鞍上の藤岡康太騎手は、レース後のインタビューで「道中は自分から走る気を見せていたので、直線でいい脚を使ってくれると思っていました。次(フェブラリーS)も面白いレースになると思います」と語っていました。

鮮やかな最後方からの大外一気!根岸Sはシルクフォーチュンが豪快に差し切り重賞2勝目_b0015386_21551071.jpg

最後方からの大外一気は本当に鮮やかでした!次走のフェブラリーSは、逃げるトランセンド相手にどこまで追い込めるか楽しみです。重賞2勝目おめでとうございました!


シルクフォーチュン
父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ(母の父Alwuhush)
2006年2月14日生 牡6 鹿毛 新冠・中地義次生産 栗東・藤沢則雄厩舎
25戦7勝(2012年1月29日現在)
(重賞勝利)2012年根岸S(GIII)、2011年プロキオンS(GIII)

by Yuuichiro_K | 2012-01-29 21:55 | 12年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 28日

第26回根岸S(GIII)予想

明日は、東京競馬場でフェブラリーS(GI)の前哨戦・根岸S(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前年10月以降にオープンクラスの東京ダート1200m以上で連対
   セレスハント、ダノンカモン
(2)前年9月以降に準オープンクラス以上のダート1200m以上で1着
   エベレストオー、オオトリオウジャ、サクラシャイニー、セレスハント、ゼンノベラーノ、タイセイレジェンド、ダノンカモン、ティアップワイルド、トウショウカズン、ヒラボクワイルド
(3)過去1年以内に東京ダート1400~1600mの重賞で1着
   セイクリムズン
(4)前年6月以降にダート1200m以上の重賞で連対
   シルクフォーチュン、セイクリムズン、ダノンカモン

2 消しデータ
(1)前2走内にオープン以下のダート戦で6番人気以下かつ4着以下かつ0.6秒以上敗退があった54キロ以上馬
   オオトリオウジャ
(2)前走GII以下ダート戦6着以下かつ0.5秒以上敗退の6歳以上
   オオトリオウジャ、フェラーリピサ、ブライトアイザック
(3)前3走内にGIII以下のダート戦で5番人気以下かつ10着以下の大敗があった馬
   オオトリオウジャ、フェラーリピサ
(4)8歳以上
   ダイショウジェット、フェラーリピサ

3 スピード指数上位馬
(1)シルクフォーチュン
(2)ティアップワイルド
(3)ゼンノベラーノ
(4)タイセイレジェンド
(5)エベレストオー

4 調教特注馬
  特になし

☆根岸S予想
◎タイセイレジェンド
○ダノンカモン
▲ヒラボクワイルド
△シルクフォーチュン
△トウショウカズン

本命は、同舞台の2走前のテレビ静岡賞完勝の実績を買ってタイセイレジェンドを抜擢。相手筆頭は南部杯(JpnI)2着など実績1番のダノンカモン。単穴に前走ギャラクシーS完勝のヒラボクワイルド。以下、印の馬を抑えます。

by Yuuichiro_K | 2012-01-28 20:57 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 27日

エーシンリジル(11’スプリンターズS10)

今日は、スプリンターズS(GI)10着馬・エーシンリジルちゃんを掲載します。

エーシンリジル
父フレンチデピュティ 母エイシンルーデンス(母の父サンデーサイレンス)
2007年3月8日生 牝5 栗東・高野友和厩舎
24戦5勝(2012年1月27日現在)
エーシンリジル(11’スプリンターズS10)_b0015386_23282558.jpg

夏からずっと使い詰めでしたが、それほど疲れを感じさせるような仕草もなく普通に落ち着いて周回していました。レースは中団侭、10番人気10着と人気どおりの結果でした。


☆次走情報
ナリタクリスタル→中山記念
アドマイヤロイヤル→東京新聞杯
ヒットザターゲット→中日新聞杯
プロヴィナージュ→中山牝馬S
アドマイヤレイ→ゆきやなぎ賞又は若葉S
マイネルロブスト→スプリングS

by Yuuichiro_K | 2012-01-27 23:28 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 26日

トウカイミステリー(11’スプリンターズS9)

今日は、スプリンターズS(GI)9着馬・トウカイミステリーちゃんを掲載します。

トウカイミステリー
父キングカメハメハ 母タイキミステリー(母の父Green Forest)
2006年5月10日生 牝6 栗東・安田隆行厩舎
24戦6勝(2012年1月26日現在)
トウカイミステリー(11’スプリンターズS9)_b0015386_21313078.jpg

北九州記念(GIII)の覇者は、13番人気と低評価でしたが人気よりは走りました。パドックは目立つところはありませんでしたが、落ち着いて周回していました。


☆次走情報
カレンチャン→スプリンターズS
コスモヘレノス→ダイヤモンドS
シンメイフジ→アルデバランS
トゥザグローリー→京都記念又は中山記念
リディル→阪急杯
ナカヤマナイト→放牧→日経賞又は大阪杯
ホエールキャプチャ→中山牝馬S
インバルコ→アルデバランS又は仁川S
スタッドジェルラン→アルデバランS
セイカプリコーン→放牧→コーラルS
トウショウフリーク→アルデバランS
トーセンレーヴ→放牧
ヒットザターゲット→中日新聞杯
メモリアルイヤー→オーシャンS
アイムユアーズ→フィリーズレビュー
エネアド→セントポーリア賞
ゲンテン→ヒヤシンスS
コスモオオゾラ→共同通信杯
ゼロス→スプリングS
トーセンベニザクラ→アネモネS
ソルレヴァンテ→弥生賞
フジマサエンペラー→スプリングS
マイネエポナ→フェアリーS
レオンビスティー→ファルコンS

by Yuuichiro_K | 2012-01-26 21:31 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 25日

川崎記念(JpnI)は、スマートファルコンがレコードで逃げ切り交流GI6連勝

☆今日のニュース
「川崎記念(JpnI)は、スマートファルコン(牡7)がレコードで逃げ切り交流GI6連勝」
今日、川崎競馬場で行われた第61回川崎記念(JpnI、4歳上・ダ2100m)は、武豊騎手騎乗の1番人気スマートファルコンが、スタートから先手を奪うと、直線で後続を突き放し5番人気ランフォルセに4馬身差をつけて優勝しました。なお、勝ちタイムは、2010年にヴァーミリアンが記録した2'12'7(良)を一気に2秒縮める2'10'7(不良)のレコードタイム。また、2番人気フリオーソは3着、3番人気ニホンピロアワーズは5着に敗れました。

☆川崎記念結果(事前予想無し)
1着 スマートファルコン(武 豊)2'10'7(不)コースレコード
2着 ランフォルセ   (横山典)4
3着 フリオーソ    (戸 崎)4
4着 マイネルアワグラス(柴田大)クビ
5着 ニホンピロアワーズ(酒 井)アタマ 

前走、東京大賞典(JpnI)は薄氷を踏む思いの勝利だったスマートファルコンが、今日は再び圧倒的な逃げ切りで見事交流重賞9連勝、交流GIは2010年JBCクラシックから6連勝の快挙を達成しました。地方では敵なしのスマートファルコンですが、次走はぜひともドバイWC(首GI)に出走して世界一を目指してもらいたいと思います。

スマートファルコン(撮影日2011年12月29日・東京大賞典)
父ゴールドアリュール 母ケイシュウハーブ(母の父ミシシッピアン)
2005年4月4日生 牡7 栗毛 静内・岡田スタッド生産 栗東・小崎憲厩舎
33戦23勝(2012年1月25日現在)
(重賞勝利)2011年東京大賞典(GI)、2010年東京大賞典(JpnI)、2012年川崎記念(JpnI)、2011年帝王賞(JpnI)、2011年・2010年JBCクラシック(JpnI)、2011年日本テレビ盃(JpnII)、ダイオライト記念(JpnII)、2009年ブリーダーズゴールドC(JpnII)、2010年、2008年彩の国浦和記念(JpnII)、兵庫ゴールドT(JpnII)、2010年、2009年かきつばた記念(JpnIII)、さきたま杯(JpnIII)、2009年佐賀記念(JpnIII)、名古屋大賞典(JpnIII)、2008年白山大賞典(GIII)
川崎記念(JpnI)は、スマートファルコンがレコードで逃げ切り交流GI6連勝_b0015386_2225964.jpg



「2009年フラワーC(GIII)優勝馬・ヴィーヴァヴォドカ(牝6)が引退、繁殖入り」
今日、2009年フラワーC(GIII)優勝馬ヴィーヴァヴォドカがJRA競走馬登録を抹消しました。今後は北海道白老町の白老ファームで繁殖馬になる予定です。長い現役生活、お疲れさまでした!

ヴィーヴァヴォドカ(撮影日2009年5月24日・オークス)
父ダンスインザダーク 母トウカイステラ(母の父トウカイテイオー)
2006年1月27日生 牝6 黒鹿毛 白老・社台コーポレーション白老ファーム生産 美浦・勢司和浩厩舎
(通算成績)17戦2勝
(重賞勝利)2009年フラワーC(GIII)
川崎記念(JpnI)は、スマートファルコンがレコードで逃げ切り交流GI6連勝_b0015386_2232490.jpg



☆次走情報
エスポワールシチー→フェブラリーS
サンテミリオン→日経賞又はダイヤモンドS
ヒルノダムール→京都記念
ゴールデンチケット→放牧
ヒラボクキング→フェブラリーS
グランドシチー→アルデバランS
サイレントメロディ→マーチS
シルクシュナイダー→フェブラリーS
エディン→エルフィンS
ゴールデンポケット→春菜賞
ソルレヴァンテ→セントポーリア賞
トウケイヘイロー→アーリントンC
トランドネージュ→放牧
ハイクラウン→セントポーリア賞
バンザイ→スプリングS
メイショウヒデタダ→ファルコンS
レッドアーヴィング→きさらぎ賞
ワールドエース→きさらぎ賞

by Yuuichiro_K | 2012-01-25 22:03 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 24日

グリーンバーディー(11’スプリンターズS8)

今日は、スプリンターズS(GI)8着馬・香港のグリーンバーディー君を掲載します。

グリーンバーディーGreen Birdie
父Catbird 母Mrs.Squillionaire(母の父Last Tycoon)
2003年10月31日生 騸8 香港・C.ファウンズ厩舎
40戦6勝(2012年1月24日現在)
グリーンバーディー(11’スプリンターズS8)_b0015386_20331392.jpg

2010年のスプリンターズS(GI)では1番人気(結果7着)に推された馬ですが、人気どおり(8番人気)の、そして2010年と同じような結果に終わってしまいました。


☆次走情報
カレンブラックヒル→つばき賞又はこぶし賞
パララサルー→アネモネS

by Yuuichiro_K | 2012-01-24 20:33 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 23日

サンカルロ(11’スプリンターズS7)

今日は、スプリンターズS(GI)7着馬・サンカルロ君を掲載します。

サンカルロ
父シンボリクリスエス 母ディーバ(母の父Crafty Prospector)
2006年2月5日生 牡6 美浦・大久保洋吉厩舎
28戦5勝(2012年1月23日現在)
サンカルロ(11’スプリンターズS7)_b0015386_20425898.jpg

パドックの気配は、絶好調に見えた昨年(4位入線繰り上がり3着)ほどではなかったものの、落ち着いていましたし悪くなかったと思います。ただ、スタートで後手を踏んだのが響き見せ場なく敗れたのは残念でした。なお、その後阪神C(GII)を優勝しましたが、彼は右回りの1400mがぴったりのような感じがします。

by Yuuichiro_K | 2012-01-23 20:43 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 22日

AJC杯はルーラーシップが圧勝、平安Sはヒラボクキングが制す

「AJC杯(GII)は、ルーラーシップが圧巻の強さで完勝、重賞4勝目を飾る」
今日、中山競馬場で行われたアメリカジョッキークラブC(GII、4歳上・芝2200m)は、福永祐一騎手騎乗の1番人気ルーラーシップが、後方追走から直線大外から豪快に伸びて、同じく外から伸びた2番人気ナカヤマナイトに3馬身差をつけて完勝しました。

☆AJC杯結果
1着◎ルーラーシップ  (福 永)2'17'3(不)
2着○ナカヤマナイト  (柴田善)3
3着△ゲシュタルト   (蛯 名)2
4着 サンテミリオン  (北村宏)2 1/2
5着 トーセンレーヴ  (ルメール )クビ

前走、宝塚記念以来、半年振りの出走だった有馬記念(GI)で強豪馬相手に差のない4着に好走した実力馬ルーラーシップが、期待通り圧倒的人気に応え重賞4勝目を飾りました。パドックは、相変わらずの見映えのする好馬体、リズム良く周回していて素晴らしい雰囲気でした。レースは、3コーナーまでは後方3番手でじっと脚をためると、そこから大外一捲くりで、ナカヤマナイト以下を豪快に差し切ったのは正に圧巻の強さ、文句なしの完勝劇でした。やはり彼の実力はGI級、悲願のGI制覇に向け、幸先の良いスタートを切りました。

2着は2番人気のナカヤマナイト。パドックは以前より落ち着いて周回するようになっていて、なかなか良く見えました。レースは中団追走から直線外を力強く伸びたのですが、相手が強すぎました。しかし、3着には2馬身差をつけていますし、不安のあった不良馬場と2200m戦を克服したのは今後に向けて明るい材料です。

3着のゲシュタルトは、パドックの気配はまずまず。レースは外を回った上位2頭に対し、コースロスなく内を突いたものの完敗。3番人気トーセンレーヴは予想外の逃げを打ちましたが、直線で一杯になり5着。パドックは一頓挫あった影響か、以前より馬体が細く見え気配は今一つに感じました。期待の良血馬ですが、叩いて変わってくるのか、次走の走りに注目したいです。


ルーラーシップ(撮影日2011年6月26日・宝塚記念)
父キングカメハメハ 母エアグルーヴ(母の父トニービン)
2007年5月15日生 牡5 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・角居勝彦厩舎
13戦7勝(2012年1月22日現在)
(重賞勝利)2012年AJC杯(GII)、2011年金鯱賞(GII)、日経新春杯(GII)、2010年鳴尾記念(GIII)
AJC杯はルーラーシップが圧勝、平安Sはヒラボクキングが制す_b0015386_18582479.jpg



「平安S(GIII)は、伏兵ヒラボクキングが、圧倒的人気のエスポワールシチーを退け初重賞制覇」
今日、京都競馬場で行われたフェブラリーS(GI)の前哨戦・平安S(GIII、4歳上・ダート1800m)は、藤岡佑介騎手騎乗の10番人気ヒラボクキングが2番手追走から直線で早めに抜け出すと、直後の3番手を追走していた圧倒的1番人気のエスポワールシチーを最後まで寄せ付けず、1 1/2馬身差をつけて優勝しました。

☆平安S結果(予想はツイッターで発表したもの)
1着△ヒラボクキング  (藤岡佑)1'48'1(不)レースレコード
2着◎エスポワールシチー(佐藤哲)1 1/2
3着 シルクシュナイダー(岩 田)クビ
4着 スタッドジェルラン(川 田)1 1/4
5着 インバルコ    (後 藤)1 1/2

京都のダートコースは、これまで8戦して3着以内が6度と得意としていながらも10番人気と人気薄だったヒラボクキングが、圧倒的人気のGI5勝馬エスポワールシチーを正攻法の競馬で打ち破り快勝しました。昨年秋、同舞台のみやこS(GIII)では力の要る良馬場でエスポワールシチーに1秒差をつけられましたが、今日は不良馬場でスピード勝負の馬場になったのも有利に働いたと思います。

2着に敗れたエスポワールシチーは、前走完璧に見えた状態で3着に敗れたことからも、明らかにピークは過ぎており、もう中央GIは厳しい感じがしました。


ヒラボクキング
父キングカメハメハ 母エンキャンタドゥ(母の父Rahy)
2007年2月9日生 牡5 鹿毛 浦河・辻牧場生産 栗東・大久保龍志厩舎
14戦6勝(2012年1月22日現在)
(重賞勝利)2012年平安S(GIII)

by Yuuichiro_K | 2012-01-22 18:58 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)