人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 31日

エイシンロンバード(07’ジャパンCダート13)

今日は、ジャパンCダート(GI)13着馬・エイシンロンバード君を掲載します。

エイシンロンバード
父Victory Gallop 母Pacific City(母の父Carson City)
2002年生 牡6 栗東・小崎憲厩舎
34戦6勝(2008年1月31日現在)
エイシンロンバード(07’ジャパンCダート13)_b0015386_0143395.jpg



☆次走情報
エアシェイディ→中山記念
トウカイワイルド→京都記念
トウカイトリック→京都記念
カンファーベスト→東風S
フサイチホウオー→京都記念
シルクネクサス→小倉大賞典
トウカイエリート→小倉大賞典
ブリットレーン→ダイヤモンドS
ドリームシグナル→スプリングS
アインラクス→弥生賞
オリエンタルヨーク→水仙賞
ザシークレット→ヒヤシンスS
ジュウクリュウシン→弥生賞又はスプリングS
ヘヴンリークルーズ→きんせんか賞
レッツゴーキリシマ→きさらぎ賞

by Yuuichiro_K | 2008-01-31 23:59 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 30日

川崎記念(JpnI)は、フィールドルージュ(牡6)が初JpnI制覇

☆今日のニュース
「川崎記念(JpnI)は、フィールドルージュ(牡6)が初JpnI制覇」
今日、川崎競馬場で行われた今年国内初のGI級レース・川崎記念(JpnI・4歳上、ダート2100m)は、横山典弘騎手騎乗の1番人気フィールドルージュが、逃げ粘るフリオーソとの一騎打ちを制し、フリオーソに2 1/2馬身差をつけて優勝しました。勝ちタイムは2'13'1(稍重)。フィールドルージュは重賞2連勝で見事初GI級レース制覇を飾りました。彼はシンボリルドルフとメジロラモーヌの仔で十冠ベイビーとして話題になったメジロリベーラの孫という血統で、個人的にとても応援したい馬です。初JpnI制覇おめでとうございました!

フィールドルージュ(撮影日2007年11月24日・ジャパンCダート)
父クロコルージュ 母メジロレーマー(母の父リンドシェーバー)
2002年4月27日生 牡6 鹿毛 三石町・中田英樹生産 栗東・西園正都厩舎
23戦8勝(2008年1月30日現在)
(重賞勝利)2008年川崎記念(JpnI)、2007年名古屋グランプリ(JpnII)
川崎記念(JpnI)は、フィールドルージュ(牡6)が初JpnI制覇_b0015386_0493253.jpg



☆次走情報
ボンネビルレコード→フェブラリーS
サイレントディール→佐賀記念
シルクフェイマス→京都記念
トウショウナイト→京都記念
ポップロック→阪神大賞典
アルコセニョーラ→中山牝馬S
クワイエットデイ→フェブラリーS
トロピカルライト→すばるS
メイショウトウコン→フェブラリーS
ロングプライド→フェブラリーS
エフティイカロス→アメジストS
エーティーボス→小倉大賞典又は飛鳥S
サンライズレクサス→すばるS
ゼンノコーラル→すばるS
ニシノナースコール→エンプレス杯又は中山牝馬S
バトルバニヤン→白富士S
フェラーリピサ→フェブラリーS
ブラックアルタイル→ダイヤモンドS
ブラックランナー→仁川S
リキサンファイター→シルクロードS又はオーシャンS
ワーキングボーイ→すばるS
トールポピー→チューリップ賞
アポロドルチェ→共同通信杯
エフティマイア→クイーンC
オディール→フィリーズレビュー又はチューリップ賞
スワンキーポーチ→クイーンC
ダイワランスロット→セントポーリア賞
テングジョウ→クイーンC
ディープリンク→くすのき賞
デヴェロッペ→クイーンC
ベストオブミー→エルフィンS
レインボーペガサス→きさらぎ賞

by Yuuichiro_K | 2008-01-30 23:59 | パドック写真 | Trackback | Comments(3)
2008年 01月 29日

ジャックサリヴァン(07’ジャパンCダート12)

今日は、ジャパンCダート(GI)12着馬・イギリスのジャックサリヴァン君を掲載します。

ジャックサリヴァンJack Sullivan
父Belong to Me 母Provisions(母の父Davil's Bag)
2001年生 騸7 イギリス・G.バトラー厩舎
33戦7勝(2008年1月29日現在)
ジャックサリヴァン(07’ジャパンCダート12)_b0015386_0282966.jpg


by Yuuichiro_K | 2008-01-29 23:59 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 28日

フサイチホウオー(07’ジャパンCダート11)

今日は、ジャパンCダート(GI)11着馬・フサイチホウオー君を掲載します。

フサイチホウオー
父ジャングルポケット 母アドマイヤサンデー(母の父サンデーサイレンス)
2004年生 牡4 栗東・松田国英厩舎
10戦4勝(2008年1月28日現在)
フサイチホウオー(07’ジャパンCダート11)_b0015386_0214043.jpg



☆今日のニュース
「ヴァーミリアン(牡6)が右飛節炎のため川崎記念(JpnI)を回避」
1月30日(水)に川崎競馬場で行われる川崎記念(JpnI)に出走を予定していた昨年の最優秀ダート馬ヴァーミリアン(牡6、栗東・石坂正厩舎)が、右飛節炎のため出走を取り消しました。残念なことになりましたが、今後はフェブラリーS(GI)に向けて調整をするとのこと。ドバイ遠征には支障がないようで安心しました。早く良くなって万全の状態でドバイに挑戦してもらいたいです。


☆次走情報
ショウナンアクロス→共同通信杯
スマートファルコン→共同通信杯

by Yuuichiro_K | 2008-01-28 23:59 | パドック写真 | Trackback | Comments(2)
2008年 01月 27日

惜敗続きにピリオド。AJC杯(JpnII)は、エアシェイディ悲願の重賞初制覇

「重賞惜敗続きにピリオド、AJC杯(JpnII)は、エアシェイディが42戦目の嬉しい初重賞V」
今日、中山競馬場で行われたAJC杯(4歳上、JpnII・芝2200m)は、後藤浩輝騎手騎乗の2番人気エアシェイディが、中団追走から直線内から馬群を割って伸び、トウショウナイトに1 1/4馬身差をつけて優勝しました。

☆AJC杯結果
1着○エアシェイディ  (後 藤)2'13’6(良)
2着 トウショウナイト (武士沢)1 1/4
3着 ブラックアルタイル(吉田隼)クビ
4着 メテオバースト  (横山典)ハナ
5着▲ドリームパスポート(松 岡)クビ

これまで重賞で2着6回と惜敗続きだったエアシェイディが重賞挑戦15回目の挑戦で、ついに悲願の初重賞制覇を飾りました。今日は、1番人気のドリームパスポートを見ながらワンテンポ仕掛けを遅らせて追い出すと、馬群の狭いところを抜けてしっかり伸びてきました。一瞬の脚を生かしきった後藤騎手好騎乗だったと思います。

2着のトウショウナイトは、さすがにピークは過ぎたかと思い軽視していましたが、今日は持ち味のしぶとい走りを見せてくれました。上がり馬のブラックアルタイルも2着とわずかハナ差ですから、勢いだけではなく自力がついてきたことを証明しました。一方、1番人気のドリームパスポートは4コーナー先頭で強気の競馬をしましたが、他馬の目標になる苦しい競馬となり5着に終わりました。復活ならず、残念でした。

エアシェイディ(撮影日2007年10月20日・富士S)
父サンデーサイレンス 母エアデジャヴー(母の父ノーザンテースト)
2001年2月20日生 牡7 栗毛 千歳・社台ファーム生産 美浦・伊藤正徳厩舎 
23戦7勝(2008年1月27日現在)
(重賞勝利)2008年AJC杯(JpnII)
惜敗続きにピリオド。AJC杯(JpnII)は、エアシェイディ悲願の重賞初制覇_b0015386_231878.jpg



「平安S(GIII)は、古豪クワイエットデイ(牡8)が重賞2勝目」
今日、京都競馬場で行われたフェブラリーS(GI)の前哨戦・平安S(4歳上、GIII・ダート1800m)は、角田晃一騎手騎乗の6番人気クワイエットデイが、3番手追走からら直線半ばで早めに先頭に立つとそのまましぶとく粘り、昨年の覇者1番人気メイショウトウコンの追撃をクビ差振り切って優勝しました。

☆平安S結果
1着 クワイエットデイ (角 田)1'51'0(稍)
2着 メイショウトウコン(武 幸)クビ
3着 マコトスバルビエロ(安藤勝)アタマ
4着 ロングプライド  (河 北)1/2
5着 マイネルアワグラス(柴田善)1/2

明け8歳の古豪クワイエットデイが、衰えを感じさせない先行力で、見事昨年のマーチSに続く重賞2勝目を挙げました。鞍上の角田騎手は、今日も馬場の内を走らせる距離ロスのない好騎乗でした。メイショウトウコンや伸び盛りの若駒を退けたのは本当に立派だと思います。おめでとうございました!

クワイエットデイ
父サンデーサイレンス 母アリーズデライト(母の父Alydar)
2000年5月31日生 牡8 黒鹿毛 早来・ノーザンファーム生産 栗東・松元省一厩舎
39戦9勝(2008年1月27日現在)
(重賞勝利)2008年平安S(GIII)、2007年マーチS(GIII)

by Yuuichiro_K | 2008-01-27 23:01 | レース回顧 | Trackback | Comments(4)
2008年 01月 26日

AJC杯(JpnII)予想

明日は昨年、有馬記念優勝馬マツリダゴッホが制したAJC杯(JpnII)が行われます。
今週もデータとスピード指数で予想します。


1 好走データ
(1)前年10月以降に芝1800m以上の重賞で連対かつ過去中山芝1600mM以上の重賞で連対
   エアシェイディ、トウカイトリック
(2)前年12月以降に芝2000m以上の古馬混合重賞で5着以内かつ前年9月以降に中山芝2200m以上の重賞で連対
   シルクネクサス
(3)過去1年以内に芝1600~2200mの古馬混合のオープン競走で連対
   エアシェイディ、サンバレンティン、シルクネクサス

2 消しデータ
(1)前3走ともGII以下戦を使用して連対歴のなかった7歳以上の馬
   サンバレンティン、チェストウイング、トウショウナイト、ブリットレーン、メテオバースト
(2)前走GI戦5着以内又は0.8秒内好走馬を除く3ヶ月以上の休み明けの馬
   シルクフェイマス
(3)前2走とも非重賞戦使用馬で、前走3番人気以下で敗れた馬
   ドリーミーオペラ、ブリットレーン

3 スピード指数上位馬
(1)トウカイトリック
(2)ドリームパスポート
(3)メテオバースト
(4)ダブルティンパニー
(5)ゴーウィズウィンド

☆AJC杯予想
◎トウカイトリック
○エアシェイディ
▲ドリームパスポート
△シルクネクサス
△ダブルティンパニー

本命は、好走データとスピード指数からトウカイトリックとしました。相手筆頭は、重賞で堅実なレースが続くエアシェイディ。単穴に実績1番のドリームパスポート。以下、前走中山金杯でも期待していたシルクネクサス、連勝中の上がり馬ダブルティンパニーまで。それにしても、中山競馬場の重賞競走で好走実績のある馬が多数集まって、楽しみな一戦ですね。

by Yuuichiro_K | 2008-01-26 23:59 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 25日

フリオーソ(07’ジャパンCダート10)

今日は、ジャパンCダート(GI)10着馬・フリオーソ君を掲載します。

フリオーソ
父ブライアンズタイム 母ファーザ(母の父Mr.Prospector)
2004年生 牡4 船橋・川島正行厩舎
12戦4勝(2008年1月25日現在)
フリオーソ(07’ジャパンCダート10)_b0015386_039422.jpg

地方年度代表馬にも選出された世代トップクラスの実力馬ですが、この日は物足りない走りでした。


☆次走情報
ヒラボクロイヤル→放牧
アルビレオ→小倉大賞典
ハッピークロス→小倉大賞典
ホーマンオブジェ→白嶺S
フローテーション→弥生賞又はスプリングS

by Yuuichiro_K | 2008-01-25 23:59 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 24日

ワンダースピード(07’ジャパンCダート9)

今日は、ジャパンCダート(GI)9着馬・ワンダースピード君を掲載します。

ワンダースピード
父キンググローリアス 母ワンダーヘリテージ(母の父Pleasant Tap)
2002年生 牡6 栗東・羽月友彦厩舎
26戦6勝(2008年1月24日現在)
ワンダースピード(07’ジャパンCダート9)_b0015386_23482826.jpg

パドックはキビキビとした歩様でなかなか良く見えました。初のGI挑戦は9着に終わりましたが、続くオープン特別(ベテルギウスS)は、2’01’0の芝並みの好時計で快勝しました。それだけに脚部不安発症は残念です。


☆次走情報
カフェオリンポス→根岸S又はすばるS
スズカフェニックス→阪急杯
テイエムプリキュア→小倉大賞典又はダイヤモンドS
トウカイエリート→小倉大賞典又は京都記念
マイネルレーニア→バレンタインS
アドマイヤホクト→オーシャンS
コンラッド→ダイヤモンドS
オーバーカムオール→飛鳥S
ココナッツパンチ→日経賞
サイキョウワールド→シルクロードS
トウショウヴォイス→白富士S
ファイングレイン→シルクロードS
プリンセスルシータ→シルクロードS
ユウコン→北山S
レインダンス→中山牝馬S
オディール→チューリップ賞
ビーチアイドル→フィリーズレビュー
ベンチャーナイン→弥生賞
メイプルストリート→クイーンC
ラベ→エルフィンS
リトルアマポーラ→クイーンC

by Yuuichiro_K | 2008-01-24 23:51 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 23日

スチューデントカウンシル(07’ジャパンCダート8)

今日は、ジャパンCダート(GI)8着の米国馬・ステューデントカウンシル君を掲載します。

ステューデントカウンシルStudent Council
父Kingmambo 母Class Kris(母の父Kris S.)
2002年生 牡6 米国・V.セリン厩舎
23戦7勝(2008年1月23日現在)
スチューデントカウンシル(07’ジャパンCダート8)_b0015386_057289.jpg

2007年パシフィッククラシックS(米GI)レコード勝ちの実績もあり、3番人気に推されましたが、見せ場なく敗れたのは残念でした。


☆今日のニュース
「2006年北九州記念(GIII)優勝馬コスモフォーチュン(牝6)引退、繁殖入り」
2006年北九州記念(GIII)優勝馬・コスモフォーチュンが、24日付でJRA競走馬登録を抹消し、引退することになりました。今後は新冠のビッグレッドファームで繁殖入りする予定です。彼女は、2004年小倉2歳S(GIII)3着など早くから活躍。4歳時に11番人気ながら鮮やかな先行逃げ切りで北九州記念を制し重賞初制覇を飾りました。良い仔を産んでほしいと思います。お疲れ様でした!

コスモフォーチュン(撮影日2005年5月8日・NHKマイルC)
父マイネルラヴ 母グレースマリヤ(母の父グルームダンサー)
2002年5月4日生 牝6 鹿毛 門別・荒井ファーム生産 栗東・宮徹厩舎
(通算成績)27戦5勝
(重賞勝利)2005年北九州記念(GIII)
スチューデントカウンシル(07’ジャパンCダート8)_b0015386_0595568.jpg



「2005年新潟大賞典(GIII)優勝馬エアセレソン(牡8)引退、乗馬に」
2005年新潟大賞典(GIII)優勝馬・エアセレソンが23日付でJRA競走馬登録を抹消し、引退することになりました。今後は鹿児島県の霧島高原乗馬クラブで乗馬となる予定です。彼は重賞勝ちこそ新潟大賞典一つのみでしたが、22戦して掲示板を外した(6着以下)回数はわずか5回と実に堅実な走りを見せてくれました。お疲れ様でした!

エアセレソン
父チーフベアハート 母リボンストライプ(母の父トニービン)
2000年5月8日生 牡8 黒鹿毛 静内・藤原牧場生産 栗東・梅田智之厩舎
(通算成績)22戦7勝
(重賞勝利)2005年新潟大賞典(GIII)


「ヴェルサンディ(牝3)骨折、全治6ヶ月」
先週の3歳500万を勝ってオープン入りしたディープインパクトの妹で期待の高かったヴェルサンディ(牝3、父アグネスタキオン、栗東・池江泰郎厩舎)の左後脚骨折が判明しました。全治6ヶ月の診断で春のクラシックは絶望的となりました。残念ですが早く良くなることをお祈りします。


☆次走情報
シャドウゲイト→川崎記念
アイポッパー→京都記念
アドマイヤジュピタ→阪神大賞典
アドマイヤモナーク→ダイヤモンドS
インティライミ→大阪杯
トウカイエリート→京都記念
マルカシェンク→小倉大賞典
ローゼンクロイツ→中京記念
クールシャローン→シルクロードS
グラスボンバー→白富士S
ゼンノパルテノン→根岸S
ダークメッセージ→京都記念
ニルヴァーナ→小倉大賞典
マヤノライジン→小倉大賞典
ミスターモナルコス→春望S
ミュージックホーク→白富士S
メイショウレガーロ→小倉大賞典
レキシントンシチー→根岸S
ローレルゲレイロ→東京新聞杯
ワンダースピード→放牧
アイティトップ→弥生賞
ステルスソニック→セントポーリア賞
ヒシオフェンス→クロッカスS
ファビラスボーイ→セントポーリア賞
ブラックシェル→きさらぎ賞
ノットアローン→共同通信杯

by Yuuichiro_K | 2008-01-23 23:59 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 22日

ブルーコンコルド(07’ジャパンCダート7)

今日は、ジャパンCダート(GI)7着馬・ブルーコンコルド君を掲載します。

ブルーコンコルド
父フサイチコンコルド 母エビスファミリー(母の父ブライアンズタイム)
2000年生 牡8 栗東・服部利之厩舎
41戦14勝(2008年1月22日現在)
ブルーコンコルド(07’ジャパンCダート7)_b0015386_0154845.jpg

相変わらずどっしりと落ち着いた好気配でした。しかし、レースは見せ場なく終わり、そろそろ年齢的な衰えが気になってきました。


☆次走情報
ノボトゥルー→根岸S
プリサイスマシーン→中山記念又は阪急杯
マイケルバローズ→東京新聞杯
マルカフェニックス→阪急杯

by Yuuichiro_K | 2008-01-22 23:59 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)