人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2007年 06月 30日

ラジオNIKKEI賞(JpnIII)予想

明日は、3歳ハンデ重賞・ラジオNIKKEI賞(JpnIII)が行われます。
今週も好走データとスピード指数で予想します。

1 好走データ
(1)過去にオープンクラスの芝1600m以上で1着
   イクスキューズ、エミーズスマイル、ゴールドアグリ
(2)前走500万クラス以上の福島芝1700m以上の特別戦で連対(500万なら1着)
   クランエンブレム
(3)前走500万クラス以上の芝1800m以上で1着
   エーシンダードマン、ガルヴァニック、クランエンブレム、ロックドゥガンブ
(4)前走1000万クラス以上の芝1600m以上で0.5秒差以内
   クランエンブレム、ショウワモダン、スクリーンヒーロー、トーセンアーチャー、ハイソサエティー、マイネルランページ、ムラマサノヨートー
(5)同年に500万クラス以上の芝1600m以上で1着
   イクスキューズ、エミーズスマイル、エーシンダードマン、ガルヴァニック、クランエンブレム、ショウワモダン、ハイソサエティー、フェザーケープ、マイネルランページ、ムラマサノヨートー、ロックドゥガンブ

2 スピード指数上位馬
(1)クランエンブレム
(2)イクスキューズ
(3)エミーズスマイル
(4)ゴールドアグリ
(5)フェザーケープ
(6)ハイソサエティー
(7)ムラマサノヨートー

☆ラジオNIKKEI賞予想
◎クランエンブレム
○イクスキューズ
▲ハイソサエティー
△エーシンダードマン
△ガルヴァニック

本命は、前走古馬相手に快勝、スピード指数も最上位のクランエンブレムとしました。貴重なウォーエンブレム初年度産駒初重賞制覇を期待します。相手は丁度1年前、同コース・同距離の新馬戦を圧勝したイクスキューズ。単穴にエーデルワイスSを快勝したハイソサエティー。以下、前走500万条件を快勝したエーシンダーズマン、ガルヴァニックまで。

   

by Yuuichiro_K | 2007-06-30 22:55 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2007年 06月 29日

マイネルレーニア&マイネルフォーグ(07’NHKマイルC13)

今日は、NHKマイルC(JonI)15着馬・マイネルレーニア君、同16着馬・マイネルフォーグ君を掲載します。

マイネルレーニア
父グラスワンダー 母チェリーラブ(母の父サクラユタカオー)
2004年生 牡3 栗東・西園正都厩舎
10戦3勝(2007年6月29日現在)
マイネルレーニア&マイネルフォーグ(07’NHKマイルC13)_b0015386_22235087.jpg



マイネルフォーグ
父スターオブコジーン 母ビーマイファイア(母の父Be My Guest)
2004年生 牡3 栗東・宮徹厩舎
9戦1勝(2007年6月29日現在)
マイネルレーニア&マイネルフォーグ(07’NHKマイルC13)_b0015386_2226294.jpg



☆次走情報
サンライズバッカス→放牧
ボンネビルレコード→放牧
クーリンガー→マーキュリーC
カネトシツヨシオー→博多S
スナークファルコン→マリーンS
メイショウトッパー→北九州短距離S

by Yuuichiro_K | 2007-06-29 22:26 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2007年 06月 28日

ワールドハンター&ゴールドアグリ(07’NHKマイルC12)

仕事で徹夜明けとなり今日は、フラフラです。でも土日思いっきり遊んだから、頑張れました。帝王賞は、観戦できなくて残念でしたが、秋に1度は地方競馬のJpnIレース、見に行きたいと思います。
さて、今日は、NHKマイルC(JpnI)13着馬・ワールドハンター君、同14着馬・ゴールドアグリ君を掲載します。


ワールドハンター
父Jade Hunter 母Doll(母の父Secreto)
2004年生 牡3 栗東・坂口正則厩舎
8戦2勝(2007年6月28日現在)
ワールドハンター&ゴールドアグリ(07’NHKマイルC12)_b0015386_22224479.jpg



ゴールドアグリ
父タニノギムレット 母タッチオブゴールド(母の父ヘクタープロテクター)
2004年生 牡3 美浦・戸田博文厩舎
6戦2勝(2007年6月28日現在)
ワールドハンター&ゴールドアグリ(07’NHKマイルC12)_b0015386_22274114.jpg



☆次走情報
ダイワメジャー→放牧
アグネスジェダイ→クラスターC
アドマイヤフジ→函館記念
アドマイヤメイン→放牧
インティライミ→放牧→札幌記念
サカラート→マリーンS
シンボリグラン→関屋記念又はNSTオープン
スウィフトカレント→放牧→小倉記念
ファストタテヤマ→函館記念又はみなみ北海道S
ポップロック→放牧
マイソールサウンド→函館記念又はみなみ北海道S
ソリッドプラチナム→小倉記念
タガノゲルニカ→マリーンS
ゼンノストライカー→KBC杯
テンジンムサシ→関越S
ニシノナースコール→アイビスサマーダッシュ又は関越S
フィールドルージュ→マリーンS
フサイチホクトセイ→アイビスサマーダッシュ
ブルーメンブラッド→ストークS
キングスデライト→ジャパンダートダービー

by Yuuichiro_K | 2007-06-28 22:40 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2007年 06月 27日

帝王賞(JpnI)は、ボンネビルレコード(牡5)が古巣の大井で嬉しい初JpnI制覇」

☆今日のニュース
「帝王賞(JpnI)は、ボンネビルレコード(牡5)が古巣の大井で嬉しい初JpnI制覇」
今日、大井競馬場で行われた帝王賞(JpnI、ダート2000m)は、的場文男騎手騎乗の5番人気ボンネビルレコードが、直線内から伸びて快勝しました。勝ちタイムは、2'04'3(良)。なお、2着は1番人気のブルーコンコルド、3着には3番人気のサンライズバッカスが続き上位3頭をJRA勢が独占しました。ボンネビルレコードは元々は大井・庄子連兵厩舎に所属していた馬で、今年中央入りしたばかりですが、元庭といえる大井で嬉しい初JpnIレース制覇となりました。おめでとうございました!
今日は、見事故郷(?)に錦を飾った、ボンネビルレコード君を掲載します。


ボンネビルレコード(撮影日2006年11月3日・JBCクラシック)
父アサティス、母ダイワスタン(母の父マルゼンスキー)
2002年3月12日生 牡5 鹿毛 門別・浜本幸雄生産 美浦・堀井雅広厩舎
28戦7勝(2007年6月27日現在)
(重賞勝利)2007年帝王賞(JpnI)
帝王賞(JpnI)は、ボンネビルレコード(牡5)が古巣の大井で嬉しい初JpnI制覇」_b0015386_2214572.jpg


by Yuuichiro_K | 2007-06-27 23:59 | パドック写真 | Trackback | Comments(2)
2007年 06月 26日

アサクサキングス&オースミダイドウ(07’NHKマイルC11)

今日は、NHKマイルC(JpnI)11着馬・アサクサキングス君、同12着馬オースミダイドウ君を掲載します。


アサクサキングス
父ホワイトマズル 母クルーピアスター(母の父サンデーサイレンス)
2004年生 牡3 栗東・大久保龍志厩舎
8戦3勝(2007年6月26日現在)
アサクサキングス&オースミダイドウ(07’NHKマイルC11)_b0015386_21502366.jpg



オースミダイドウ
父スペシャルウィーク 母ストームティグレス(母の父Storm Cat)
2004年生 牡3 栗東・中尾正厩舎
6戦4勝(2007年6月26日現在)
アサクサキングス&オースミダイドウ(07’NHKマイルC11)_b0015386_21522229.jpg



☆今日のニュース
「フェラーリピサ(牡3)左脚骨折、全治3ヶ月」
兵庫チャンピオンシップ(JpnII)、ヒヤシンスS(OP)優勝馬・フェラーリピサ(牡3、栗東・白井寿昭厩舎)の骨折が判明しました、全治3か月の見込み。3歳ダート路線でトップクラスの実力馬の故障、本当に残念です。


☆次走情報
カワカミプリンセス→札幌記念
オースミダイドウ→放牧(骨膜炎のため)
キクノアロー→マリーンS

by Yuuichiro_K | 2007-06-26 21:59 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2007年 06月 25日

強豪ダートホースの父アサティスが死亡

最初に、昨日の落馬事故で意識不明となっている塚田祥雄騎手の回復を心からお祈りします。


☆今日のニュース
「強豪ダートホースの父アサティス(牡22)が死亡」
種牡馬としてウイングアロー(ジャパンCダート)、スマートボーイ(平安S)などダートの強豪馬の父として活躍したアサティス(牡22)が、5月13日に北海道日高町の競勝牧場で病死していたことが判明しました。アサティスは、現役時代欧州の芝のレースで活躍をし、1989年ジョッキークラブ大賞典(伊GI・芝2400m)優勝、1990年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスDS(英G1)で柴田政人騎手(現調教師)の騎乗で3着になる実績を残し日本で種牡馬入りすると、先述のとおりダートの強豪馬を多く出して成功しました。彼とは2004年、2005年の牧場見学で会っているだけに、寂しい気持ちで一杯です。柵に近づくと噛みつきにくるくらい元気だったんだけどなあ。。。ご冥福をお祈りします。
今日は、在りし日のアサティス君を掲載します。

強豪ダートホースの父アサティスが死亡_b0015386_0254816.jpg

(撮影日2004年8月21日・静内スタリオンステーション)


アサティス
父Topsider 母Secret Asset(母の父Graustark)
1985年3月28日生 牡22 アメリカ・Caliborne Farm&Warner L.Jones Jr.生産
(通算成績)16戦6勝
(主な産駒)ウイングアロー(ジャパンCダート他)、メイショウテゾロ(シンザン記念)、スマートボーイ(平安S他)、ビクトリーアップ(中山大障害・秋)、スナークレイアース(白山大賞典他)、フェスティバル(エーデルワイス賞他)


「現役世界ランキング1位のインヴァソール(牡5)が骨折のため引退」
昨年の米国年度代表馬で、国際クラフィシケーション129ポンドの評価を受け、現役サラブレッドランキング世界1位のインヴァソールが右後脚骨折のため引退することになりました。来年からケンタッキー州シャドウェルファームで種牡馬生活に入る予定です。インヴァソールは父Candy Stripes 母Quendom(母の父Interprette)という血統。BCクラシック(米GI)、ドバイワールドC(首GI)を含むGI6連勝の活躍は見事でした。通算成績は12戦11勝(うちGI9勝)。


☆次走情報
カンパニー→関屋記念
スリープレスナイト→越後S
フィールドベアー→巴賞
フォルテベリーニ→七夕賞
ブルーフランカー→プロキオンS

by Yuuichiro_K | 2007-06-25 23:59 | 天国に旅立った名馬 | Trackback | Comments(0)
2007年 06月 24日

これが海外GIホースの底力!豪華メンバーの宝塚記念はアドマイヤムーンが制す

今日、阪神競馬場では、あいにく一日中雨が降り続く悪天候となりましたが、素晴らしいメンバーが集結し、春のグランプリ宝塚記念(GI)が行われました。レースは、中団後方からレースを進めた岩田康誠騎手騎乗の3番人気アドマイヤムーンが、直線で馬場の外に持ち出すと先に抜け出したメイショウサムソンを交わして優勝しました。

☆宝塚記念結果
1着○アドマイヤムーン  (岩 田)2’12’4(稍重)
2着▲メイショウサムソン(石橋守) 1/2
3着△ポップロック    (武 豊)  2
4着  アドマイヤフジ   (福 永) クビ
5着  ファストタテヤマ  (小 牧) 1/2


国際レイティング世界4位の評価(125ポンド)を得ているアドマイヤムーンが、その実力をいかんなく発揮しての見事な勝利でした。今年、京都記念(GII)、ドバイデューティーフリー(ドバイGI)を連勝。前走のクイーンエリザベス2世C(香港GI)は3着に敗れたものの、海外で見せてきた鋭い末脚を武器に、ついに嬉しい国内GI初制覇を飾りました。海外遠征帰りでありながら、素晴らしいデキに仕上げた厩舎スタッフ、武豊騎手からの乗り代わりというプレッシャーに負けず完璧なレース運びをした岩田騎手、共に賞賛したいと思います。おめでとうございました!

2着は、メイショウサムソンがこちらも強い競馬をしました。今日も中団待機策から直線早めに先頭に立つと、しぶとく伸びて流石GI3勝馬というところをみせました。充実期を迎えた4歳馬2頭の叩き合いは本当に素晴らしかったです。これなら凱旋門賞でもいい走りができそうです、夢が広がる走りでした。

3着は、後方待機策から大外を伸びたポップロック。パドックの雰囲気は大変良く見えましたし、力を出しきったと思いますが、今日のところは上位2頭が強かったということでしょう。

また、4着のアドマイヤフジ、5着のファストタテヤマは大健闘でした。これだけの相手に本当に良く頑張ったと思います。

注目された今年の牝馬ダービー馬のウオッカは、1番人気に推されましたが、残念ながら直線で内を一瞬伸びかけたものの、そこで脚がなくなり8着に終わりました。ダービーの時よりパドックの気配は落ちていた感があり、激走の反動があったように思えました。仕方のない敗戦でしょう。なんとか立て直して、秋に再び彼女らしい走りを見せて欲しいと思います。これはダイワメジャーにもいえることで、全く彼らしい走りができず、いいところなく敗れたのは残念でした。

今日は、見事国内でも強豪相手に勝利し、名実共に日本の最強馬の座についたアドマイヤムーン君を掲載します。

これが海外GIホースの底力!豪華メンバーの宝塚記念はアドマイヤムーンが制す_b0015386_23544912.jpg

パドックは、大変落ち着いて周回していました。

これが海外GIホースの底力!豪華メンバーの宝塚記念はアドマイヤムーンが制す_b0015386_23551418.jpg

レースは、中団待機策から鋭い脚を見せてくれました。

これが海外GIホースの底力!豪華メンバーの宝塚記念はアドマイヤムーンが制す_b0015386_23562138.jpg

岩田騎手は、中央に移籍してからは、初となる嬉しい中央競馬GI制覇となりました。

これが海外GIホースの底力!豪華メンバーの宝塚記念はアドマイヤムーンが制す_b0015386_23574220.jpg

国内最強馬として、これからも国内外での活躍、期待したいです。おめでとうございました!

アドマイヤムーン
父エンドスウィープ 母マイケイティーズ(母の父サンデーサイレンス)
2003年2月23日生 牡4 鹿毛 早来・ノーザンファーム生産 栗東・松田博資厩舎
15戦9勝(2007年6月24日現在)
(重賞勝利)2007年宝塚記念(GI)、ドバイデューティフリー(ドバイGI)、京都記念(GII)、2006年札幌記念(GII)、弥生賞(GII)、共同通信杯(GIII)、2005年札幌2歳S(GIII)

by Yuuichiro_K | 2007-06-24 23:59 | 07年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(2)
2007年 06月 23日

宝塚記念(GI)予想

明日は、史上初めて今年のダービー1・2着馬も参戦、GI馬7頭が出走し、レース史上最高の好メンバーが揃ったといってよい春のグランプリ宝塚記念(GI)が行われます。今週もデータとスピード指数で予想します。

1 好走データ
(1)芝2000m以上の重賞を含む芝1600m以上のレースを同年に3勝以上
  ウオッカ
(2)同年に芝1600m以上の古馬混合G1で5着以内、
  かつ前年9月以降に芝2000~2200mの別定G2以上で連対
  アドマイヤムーン、ダイワメジャー、シャドウゲイト、メイショウサムソン
(3)同年に芝1600m以上の古馬混合G1で3着以内、かつ過去に芝2000m以上の重賞で連対
  アドマイヤムーン、ダイワメジャー、シャドウゲイト、トウカイトリック、メイショウサムソン
(4)同年5月以降にOPクラスの芝2000~2200mで1着
  シャドウゲイト
(5)芝2000~2200mの重賞連対を含み3戦以上連続3着以内
  アドマイヤムーン、ダイワメジャー
(6)前年9月以降にOPクラスの芝2000m以上で1着、かつ前年の宝塚記念もしくは有馬記念で5着以内
  ダイワメジャー、ポップロック、メイショウサムソン

2 消しデータ
(1)前2走とも5番人気以下
   ファストタテヤマ、マイソールサウンド、マキハタサイボーグ、ローエングリン
(2)前3走以内にGI連対歴又はGII1着のない7歳以上の馬
   ファストタテヤマ、マイソールサウンド、ローエングリン
(3)前走1800m以上出走馬で、2000mから2200mを5戦以上走って連対率4割を切っている馬(ただし、前走重賞勝ちの馬除く)
   アドマイヤメイン、ファストタテヤマ、マイソールサウンド、マキハタサイボーグ、ローエングリン
(4)前走、海外レース出走馬
   アドマイヤムーン、コスモバルク、シャドウゲイト
(5)前走、GI以外で0.6秒以上敗退馬かつ斤量が増えた馬
   アドマイヤメイン

3 スピード指数上位馬
(1)シャドウゲイト
(2)カワカミプリンセス
(3)ダイワメジャー
(4)ウオッカ
(5)スウィフトカレント
(6)ローエングリン
(7)メイショウサムソン
(8)ポップロック

☆宝塚記念予想
◎ウオッカ
○アドマイヤムーン
▲メイショウサムソン
△シャドウゲイト
△ダイワメジャー
△ポップロック

本命は、素質に惚れ込んだ今年の日本ダービー馬ウオッカとしました。強豪牡馬相手ですが、51キロなら勝負になるとみました。ぜひとも再び歴史を塗り替える走りを見せて欲しいものです。ただし、スピードが武器なので雨で馬場が悪化するとマイナスでしょう。それだけがちょっと心配です。相手筆頭は、国際レイティングで国内最強の評価を受けているアドマイヤムーン。ドバイデューティフリーでダイワメジャーを突き放した末脚は脅威。単穴に勝負強い天皇賞馬メイショウサムソン。以下、距離延長はマイナスも有馬記念でメイショウサムソンに先着した走りが侮れないGI4勝馬ダイワメジャー。アドマイヤムーン、ダイワメジャーと接戦してきたポップロック。馬場悪化で中山金杯圧勝の実績が怖いシャドウゲイトまで。


さて、素晴らしいメンバーに惹かれて、今日大阪に来ちゃいました^^
好天に恵まれ、30℃を超える夏日で暑かったです。
ゆったりと大阪見物を楽しみました。
宝塚記念(GI)予想_b0015386_23191163.jpg

天下人の城、大阪城です。明日の歴史的一戦を制して天下統一するのは、いったいどの馬になるのでしょうか?

by Yuuichiro_K | 2007-06-23 23:15 | データ予想 | Trackback | Comments(2)
2007年 06月 22日

ダイレクトキャッチ(07’NHKマイルC10)

今日は、NHKマイルC(JpnI)10着馬・ダイレクトキャッチ君を掲載します。

ダイレクトキャッチ
父スペシャルウィーク 母レッドキャット(母の父Storm Cat)
2004年生 牡3 美浦・上原博之厩舎
6戦1勝(2007年6月22日現在)
ダイレクトキャッチ(07’NHKマイルC10)_b0015386_0455453.jpg

切れる脚が武器なだけに、やはり馬場に泣いた10着でした。なお、蹄の状態が悪いので、しばらくレースには出られないとのこと。早く良くなるようお祈りします。



☆今日のニュース
「1982年桜花賞馬リーゼングロス(牝28)死亡」
1982年の桜花賞馬リーゼングロス(牝28)が繋養先のマッケン牧場で3月31日に老衰のため死亡していたことが判明しました。彼女は、桜花賞を5馬身差で圧勝、オークスもシャダイアイバーの2着と好走。古馬になってからは、勝ち星こそ挙げられなかったものの、当時まだ3200mだった83年の天皇賞・秋でキョウエイプロミスの4着に健闘しました。繁殖牝馬としても1992年七夕賞(GIII)優勝馬リーゼンシュラーク(父ハードツービート)を出し、孫のエンゲルグレーセが2001年エルムS(GIII)を優勝するなど、その血は脈々と受け継がれています。それにしても、今年は、名牝の死の報せが多くて残念です。4月の1991年安田記念(GI)、スプリンターズS優勝馬ダイイチルビー、5月の1997年桜花賞馬キョウエイマーチ、今月の1989年エリザベス女王杯優勝馬サンドピアリスに続く訃報となってしまいました。

リーゼングロス
父アローエクスプレス 母タケノダンサー(母の父チャイナロック)
1979年5月4日生 牝28 栗毛 静内・武岡牧場生産 美浦・新関力厩舎
(通算成績)18戦4勝
(重賞勝利)1982年桜花賞、4歳牝馬特別(東)


☆次走情報
コスモマーベラス→放牧

by Yuuichiro_K | 2007-06-22 23:59 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2007年 06月 21日

シャドウストライプ(07’NHKマイルC9)

今日は、NHKマイルC(JpnI)9着馬・シャドウストライプ君を掲載します。

シャドウストライプ
父サクラバクシンオー 母ムーディーサンダー(母の父Gulch)
2004年生 牡3 美浦・加藤征弘厩舎
6戦3勝(2007年6月21日現在)
シャドウストライプ(07’NHKマイルC9)_b0015386_2372693.jpg

5番人気とダート実績しかないわりに人気を集めました。続くユニコーンSはゲートで暴れた影響もあって12着に大敗したのは残念でした。


☆今日のニュース
「シェルゲーム(牡6)が登録抹消」
2004年巴賞(OP)優勝馬シェルゲームが、21日付でJRA競走馬登録を抹消したことが判明しました。今後については未定とのこと。彼は半兄にGI6勝馬アグネスデジタルがいる良血馬ということで期待され、デビューから2連勝、毎日杯(GIII)2着、青葉賞(GII)3着、初の古馬相手となった巴賞(OP)優勝と活躍しました。しかし、秋は毎日王冠6着、天皇賞・秋13着と大敗。その後、休養に入ったままついに復帰できなかったのは残念でした。

シェルゲーム(撮影日2004年10月10日・毎日王冠)
父Swain 母Chancey Squaw(母の父Chief's Crown)
2001年生 牡6 美浦・藤沢和雄厩舎
(通算成績)8戦3勝
シャドウストライプ(07’NHKマイルC9)_b0015386_23534663.jpg



☆次走情報
アロンダイト→JBCクラシック
アグネスジェダイ→クラスターC
ギャラントアロー→北陸S
ヤマトマリオン→スパーキングレディーC
テイエムチュラサン→アイビスサマーダッシュ
シルヴァーゼット→アイビスサマーダッシュ
ジョイフルハート→アイビスサマーダッシュ
ロイヤルキャンサー→アイビスサマーダッシュ
ダイワスカーレット→ローズS
アストンマーチャン→北九州記念
フサイチホウオー→神戸新聞杯

by Yuuichiro_K | 2007-06-21 23:53 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)