人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 31日

今年もたくさんのご訪問、ありがとうございました

2006年もあとわずかとなりました。
振り返ると、世界に挑戦した日本のサラブレッドたちの活躍に胸躍らせた1年だったと思います。

ドバイシーマクラシック(ドバイGI)を圧勝したハーツクライ、メルボルンC(豪GI)で歴史的ワンツーフィニッシュを決めたデルタブルースとポップロック。ユートピア、ダンスインザムードも見事に海外重賞制覇を達成してくれました。
また、アサヒライジング、アドマイヤムーンが海外GIで2着に健闘したのも嬉しい出来事でした。

そして、大変な注目を集めた、日本中の期待を背負って欧州最高峰レース凱旋門賞(仏GI)に挑んだディープインパクト。3着入線も薬物使用による失格処分のニュースは、今年一番の悲しい出来事でした。

しかし、ディープインパクトは、帰国後のジャパンC(GI)、有馬記念(GI)を連勝して、その類まれな能力を証明してくれました。今年は、天皇賞・春(GI)、宝塚記念(GI)と合わせてGI4勝、国内無敗の活躍で7冠を達成し、堂々主役として頑張ってくれました。

ディープインパクトが引退し、サンデーサイレンス亡き最初のクラシックが行われる来年は、日本競馬が新たな時代に突入するといえるのかもしれません。
この秋になって、重賞を勝ちまくった現3歳世代か、歴戦の古馬か、ディープがいなくなっても来年の競馬、今からとても楽しみです。個人的には事実上無敗のカワカミプリンセスが牡馬を蹴散らして頂点に立てるのか注目しています。

来年も競馬場に通って、名馬たちの姿を目と写真に焼き付けていきたいと思います。
今年1年、たくさんのご訪問、本当にありがとうございました。

最後に今年最後の写真は、やっぱりこの馬、ディープインパクト君を掲載します。
帰国初戦、絶対に負けられない戦いで見事勝利したジャパンC(GI)の勇姿です。

今年もたくさんのご訪問、ありがとうございました_b0015386_2125178.jpg


by Yuuichiro_K | 2006-12-31 21:25 | ごあいさつ | Trackback | Comments(2)
2006年 12月 30日

カンパニー&トリリオンカット(06’天皇賞・秋-その16-)

今年の天皇賞・秋(GI)出走馬のパドック写真は今日が最後になります。
残念ながら、レース前にゲートを飛び出すアクシデントで外枠発走となり16着に終わったカンパニー君と、馬場入場後、放馬したため競走除外となってしまったトリリオンカット君を掲載します。


カンパニー
父ミラクルアドマイヤ 母ブリリアントベリー(母の父ノーザンテースト)
2001年生 牡5 栗東・音無秀孝厩舎
18戦5勝(2006年12月30日現在)
カンパニー&トリリオンカット(06’天皇賞・秋-その16-)_b0015386_18582350.jpg



トリリオンカット
父Swain 母Sabeline(母の父Caerleon)
2000年生 牡6 栗東・音無秀孝厩舎
33戦6勝(2006年12月30日現在)
カンパニー&トリリオンカット(06’天皇賞・秋-その16-)_b0015386_1902551.jpg


by Yuuichiro_K | 2006-12-30 19:02 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 29日

インティライミ(06’天皇賞・秋-その15-)

今日は、天皇賞・秋(GI)15着馬インティライミ君を掲載します。

インティライミ
父スペシャルウィーク 母アンデスレディー(母の父ノーザンテースト)
2002年生 牡4 栗東・佐々木昌三厩舎
11戦3勝(2006年12月29日現在)
インティライミ(06’天皇賞・秋-その15-)_b0015386_22223078.jpg



☆今日のニュース
「東京大賞典(GI)は、再び距離を克服してブルーコンコルド(牡6)が4馬身差の圧勝」
今日、大井競馬場で行われた東京大賞典(GI・ダート2000m)は、幸英明騎手騎乗の3番人気ブルーコンコルド 中団追走から手ごたえ良く直線に向くと残り200mで先頭に立ち、そのまま後続を突き放して2着のクーリンガーに4馬身差をつけて圧勝しました。

☆東京大賞典結果
1着 ブルーコンコルド  ( 幸 )2’03’5(稍重)
2着 クーリンガー     (和田竜) 4
3着 シーキングザダイヤ(横山典)クビ
4着 カフェオリンポス   (岩 田)クビ
5着 アジュディミツオー (内田博) 1

ブルーコンコルドは、ついに距離の壁を克服して、見事中距離重賞の初勝利をGIで飾りました。これで、この秋はGI3勝となり、最優秀ダートホースの可能性も出てきました。前走のジャパンCダートでもパドックの気配は抜群で注目していたのですが、直線で前が壁になり脚を余して9着に敗れていました。幸騎手は、この悔しさを晴らす会心の騎乗だったと思います。

2着のクーリンガーは9番人気の人気薄でしたが、2年前の東京大賞典で3着、昨年の帝王賞で5着の実績があり、このコースの相性が良いようです。こちらも7歳ながら見事な走りでした。

なお、3連覇の期待がかかった1番人気のアジュディミツオーはいつもの軽快な逃げ脚を見せることなく5着に敗れました。故障後の久々のレースということで力を出せなかったようです。2番人気のシーキングザダイヤは3着。相変わらず崩れないものの勝ち味の遅さは深刻で、単勝馬券は買いづらい馬になってしまいました。また、4着にカフェオリンポスが入り、上位4頭をJRA勢が占めました。


ブルーコンコルド(撮影日2006年11月25日ジャパンCダート)
父フサイチコンコルド 母エビスファミリー(母の父ブライアンズタイム)
2000年4月11日生 牡6 鹿毛 新冠町・川上悦夫生産 栗東・服部利之厩舎
33戦12勝(2006年12月29日現在)
(重賞成績)2006年東京大賞典(GI)、JBCマイル(GI)、南部杯(GI)、2005年JBCスプリント(GI)、プロキオンS(GⅢ)、シリウスS(GⅢ)、2006年黒船賞(GⅢ)、2002年京王杯2歳S(GⅡ)
インティライミ(06’天皇賞・秋-その15-)_b0015386_22504398.jpg

これで、スプリント→マイル→ミドルディスタンスと3階級のGIを制したことになります。お見事です!


☆次走情報
シンボリグラン→阪急杯又は高松宮記念
スズノマーチ→白富士S
ルーベンスメモリー→ニューイヤーS

by Yuuichiro_K | 2006-12-29 22:54 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 28日

オースミグラスワン(06’天皇賞・秋-その14-)

今日は、天皇賞・秋(GI)14着馬オースミグラスワン君を掲載します。

オースミグラスワン
父グラスワンダー 母ホッコーオウカ(母の父リンドシェーバー)
2002年3月31日生 牡4 栗東・安藤正敏厩舎
16戦5勝(2006年12月28日現在)
オースミグラスワン(06’天皇賞・秋-その14-)_b0015386_23114589.jpg



☆今日のニュース
「兵庫ゴールドT(GⅢ)は、リミットレスビッド(牡7)が完勝」
今日、園田競馬場で行われた兵庫ゴールドトロフィー(GⅢ、ダート1400m)は、岩田康誠騎手騎乗の2番人気リミットレスビッドが、好位追走から4コーナー手前で先頭に立ち、そのまま後続を突き放して快勝しました。2着は外から追い込んだニホンピロサート、3着は船橋のコアレスデジタルが入線し、1番人気のメイショウバトラーは、馬群に揉まれ中団侭5着に敗れました。

リミットレスビッド(撮影日2006年2月19日フェブラリーS)
父サンデーサイレンス 母エリザベスローズ(母の父ノーザンテースト)
1999年6月5日生 牡7 栗毛 千歳・社台ファーム生産 栗東・加用正厩舎
32戦10勝(2006年12月28日現在)
(重賞勝利)2006年東京盃(GⅡ)、ガーネットS(GⅢ)、根岸S(GⅢ)、兵庫ゴールドT(GⅢ)
オースミグラスワン(06’天皇賞・秋-その14-)_b0015386_23232264.jpg



☆次走情報
キングストレイル→ニューイヤーS
トーセンシャナオー→京都記念
スウィフトカレント→京都記念
エンシェントヒル→平安S
タガノサイクロン→平安S
ボードスウィーパー→根岸S
ラッキーブレイク→平安S
ナムラマース→きさらぎ賞
サンツェッペリン→京成杯又は若竹賞
ショウナンタレント→菜の花賞
マイネルアナハイム→京成杯
マイネルオアシス→京成杯
メイショウレガーロ→京成杯

by Yuuichiro_K | 2006-12-28 23:23 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 27日

ローゼンクロイツ(06’天皇賞・秋-その13-)

今日は、天皇賞・秋(GI)13着馬ローゼンクロイツ君を掲載します。

ローゼンクロイツ
父サンデーサイレンス 母ロゼカラー(母の父Shirley Heights)
2002年生 牡4 栗東・橋口弘次郎厩舎
15戦3勝(2006年12月27日現在)
ローゼンクロイツ(06’天皇賞・秋-その13-)_b0015386_0581723.jpg



☆今日のニュース
「ウインジェネラーレ(牡6)骨折、全治3ヶ月以上」
今日、有馬記念(GI)で13着に敗れたウインジェネラーレ(美浦・国枝栄厩舎)の左脚骨折が判明しました。全治3ヶ月以上の休養が必要とのことです。


☆次走情報
ダイワメジャー→放牧
デルタブルース→放牧
メイショウサムソン→放牧
アドマイヤフジ→日経新春杯
アドマイヤメイン→放牧
インティライミ→AJC杯
トウショウナイト→京都記念又は日経賞
ドリームパスポート→放牧
ポップロック→放牧
グラスポジション→AJC杯
フィールドルージュ→平安S
ブラックバースピン→シルクロードS又は阪急杯
マツリダゴッホ→AJC杯又は白富士S
フサイチホウオー→共同通信杯
アサクサキングス→放牧
アドマイヤホクト→ファルコンS
ヴィクトリー→若駒S
クラウンプリンセス→エルフィンS
ダイレクトキャッチ→京成杯
ニュービギニング→京成杯又は若駒S
マイネルソリスト→若駒S
マイネルーチェ→京成杯

by Yuuichiro_K | 2006-12-27 23:59 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 26日

グレイトジャーニー(06’天皇賞・秋-その12-)

今日は、天皇賞・秋(GI)12着馬グレイトジャーニー君を掲載します。

グレイトジャーニー
父サンデーサイレンス 母アンブロジン(母の父Mr.Prospector)
2001年生 牡5 栗東・池江泰郎厩舎
31戦5勝(2006年12月26日現在)
グレイトジャーニー(06’天皇賞・秋-その12-)_b0015386_23503768.jpg


by Yuuichiro_K | 2006-12-26 23:50 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 25日

ニュービギニングほか(06’ホープフルS)

昨日の有馬記念を最後にディープインパクトはターフを去りましたが、後は任せろとばかりに、中山6レースの2歳オープン特別ホープフルSで新星が輝きました。

その名は、ニュービギニング。母にウインドインハーヘアを持つディープインパクトの弟です。「新しい始まり」なんて、なかなか洒落た名前だと思います。レースも武豊騎手を背に最後方からスタートしながら、直線大外に持ち出して豪快に差し切るという、ディープ君と同じような走りを見せてくれました。現時点で偉大すぎる兄と比べるのは可哀想ですが、勝ちタイムの2’01’1(良)も水準以上のものだと思いますし、今後が楽しみなりました。

今日は、勝ったニュービギニングをはじめ、未来のスター候補生が揃ったホープフルSの1~5着馬を掲載します。

ニュービギニング(ホープフルS優勝)
父アグネスタキオン 母ウインドインハーヘア(母の父Alzao)
2004年生 牡2 栗東・池江泰郎厩舎
2戦2勝(2006年12月25日現在)
ニュービギニングほか(06’ホープフルS)_b0015386_0102078.jpg

パドックは、チャカついて気合を表に出していました。昔のディープ君みたいでした^^


サンツェッペリン(ホープフルS2着)
父テンビー 母プラントオジジアン(母の父オジジアン)
2004年生 牡2 美浦・斎藤誠厩舎
6戦1勝(2006年12月25日現在)
ニュービギニングほか(06’ホープフルS)_b0015386_0105963.jpg



コーナーストーン(ホープフルS3着)
父ダンスインザダーク 母ハナノメガミ(母の父サクラユタカオー)
2004年生 牡2 美浦・国枝栄厩舎
2戦1勝(2006年12月25日現在)
ニュービギニングほか(06’ホープフルS)_b0015386_0161513.jpg



クルサード(ホープフルS4着)
父ダンスインザダーク 母ポトリザリス(母の父Potrillazo)
2004年生 牡2 栗東・角居勝彦厩舎
3戦1勝(2006年12月25日現在)
ニュービギニングほか(06’ホープフルS)_b0015386_0173629.jpg



マイネルアナハイム(ホープフルS5着)
父メジロライアン 母エンジェルライト(母の父スキャン)
2004年生 牡2 美浦・高橋裕厩舎
5戦2勝(2006年12月25日現在)
ニュービギニングほか(06’ホープフルS)_b0015386_0184777.jpg


by Yuuichiro_K | 2006-12-25 23:59 | パドック写真 | Trackback | Comments(2)
2006年 12月 24日

さらば史上最強の追い込み馬。ディープインパクト引退の花道を飾る圧勝劇で有馬記念を制す!

今日は、中山競馬場でグランプリ有馬記念(GI)が行われました。歴史に残る名馬ディープインパクトの現役最後のレースを見ようと11万人を超える大観衆が集まり、場内は大変盛り上がった一日になりました。

レースは、武豊騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝1.2倍)に推されたディープインパクトが、いつもどおりの後方待機策(後ろから3番手)から残り600mで徐々に進出を開始、あっという間に先団にとりつくと、直線半ばで先頭に立ち、そのまま後続を突き放して圧勝しました。

☆有馬記念結果
1着◎ディープインパクト(武 豊)2'31'9(良)
2着 ポップロック     (ペリエ)  3
3着△ダイワメジャー  (安藤勝) 3/4
4着○ドリームパスポート(内田博) ハナ
5着△メイショウサムソン(石橋守) 1 1/4

今日もディープインパクトは、次元の違う脚を見せて、見事有終の美を飾りました。上がりタイムはメンバー中唯一の33秒台(33.8秒)。最後は手綱を抑える余裕もあり、ただただ「強い」の一言です。最後まで本当に素晴らしい走りを見せてくれました。

ポップロックは、いつもより前目の競馬で、直線力強く伸びて2着。鞍上のペリエ騎手の好判断が光りました。海外GI2着の実績は伊達ではありませんでしたね。来年は、中長距離路線の主役候補として注目したいです。
ダイワメジャーは、大逃げを打ったアドマイヤメインに続く2番手を追走、後続の目標になる難しい競馬でしたが、ドリームパスポートの追撃を抑え3着と良く粘りました。GI連勝の実力は十分見せてくれました。

今日は、見事に引退の花道を飾ったディープインパクト君を掲載します。

さらば史上最強の追い込み馬。ディープインパクト引退の花道を飾る圧勝劇で有馬記念を制す!_b0015386_05031.jpg

パドックは、ジャパンCの時よりも落ち着いており、いい雰囲気で周回していました。

さらば史上最強の追い込み馬。ディープインパクト引退の花道を飾る圧勝劇で有馬記念を制す!_b0015386_052872.jpg

武豊騎手は、レース後のインタビューで「今日は一番強いディープを見せられた」、「僕は世界一強い馬だと思ってます」と話していました。

さらば史上最強の追い込み馬。ディープインパクト引退の花道を飾る圧勝劇で有馬記念を制す!_b0015386_010381.jpg

ディープインパクトは、シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、アドマイヤドンに続く史上最多タイ記録となるGI7勝目を挙げました。

さらば史上最強の追い込み馬。ディープインパクト引退の花道を飾る圧勝劇で有馬記念を制す!_b0015386_0121475.jpg

収得賞金は、テイエムオペラオーに続く史上2位の14億5455万1000円となりました。

さらば史上最強の追い込み馬。ディープインパクト引退の花道を飾る圧勝劇で有馬記念を制す!_b0015386_0135299.jpg

レース後の引退式は大勢の観衆が残って、ディープ君の最後の姿を見守りました。

さらば史上最強の追い込み馬。ディープインパクト引退の花道を飾る圧勝劇で有馬記念を制す!_b0015386_0125641.jpg


さらば史上最強の追い込み馬。ディープインパクト引退の花道を飾る圧勝劇で有馬記念を制す!_b0015386_0185657.jpg

僕は、彼に「史上最強の追い込み馬」という言葉を贈りたいと思います。常識を覆す圧倒的な末脚は本当にしびれました。世界最高レベルのサラブレッドを直に見れて本当に幸せな2年間でした。子ども達が、世界の大レースで活躍することを楽しみにしたいと思います。今はただ、素晴らしい走りをありがとう。そして、本当にお疲れさまでした!


ディープインパクト
父サンデーサイレンス 母ウインドインハーヘア(母の父Alzao)
2002年3月25日生 牡4 鹿毛 早来・ノーザンファーム生産 栗東・池江泰郎厩舎
(通算成績)14戦12勝
(重賞勝利)2006年ジャパンC(GI)、有馬記念(GI)、天皇賞・春(GI)、宝塚記念(GI)、2005年日本ダービー(GI)、皐月賞(GI)、菊花賞(GI)、2006年阪神大賞典(GⅡ)、2005年弥生賞(GⅡ)、神戸新聞杯(GⅡ)

by Yuuichiro_K | 2006-12-24 23:59 | 06年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(4)
2006年 12月 23日

有馬記念(GI)予想

今日は、だーい好きな、田村ゆかりさんのコンサートに行ってきたので、更新が遅れました。
しかし、燃え(萌え?)尽きるわけにはいきません!明日は、稀代の名馬ディープインパクトが、ついにラストランを迎える有馬記念(GI)が行われます。今週もデータとスピード指数で、予想します。

1 好走データ
(1)本年の天皇賞・春又は宝塚記念連対馬、ジャパンC4着以内の馬
   ディープインパクト
(2)2400M以上の重賞勝利含む重賞4勝以上の牡馬
   スイープトウショウ、ディープインパクト

2 消しデータ
(1)前走GⅢ以下敗退馬(ただし、GI馬除く)
   ウインジェネラーレ
(2)前走敗退の牝馬
   スイープトウショウ
(3)前走6着以下のGI未勝利馬
   ウインジェネラーレ、スウィフトカレント、トーセンシャナオー

3 スピード指数上位馬
(1)ディープインパクト
(2)ドリームパスポート
(3)スウィフトカレント
(4)ダイワメジャー
(5)アドマイヤフジ
(6)スイープトウショウ
(7)ポップロック
(8)メイショウサムソン
(9)デルタブルース
(10)コスモバルク


☆有馬記念(GI)予想
◎ディープインパクト
○ドリームパスポート
▲アドマイヤメイン
△コスモバルク
△スイープトウショウ
△ダイワメジャー
△デルタブルース
△トウショウナイト
△メイショウサムソン

スピード指数が抜けており、ほとんど勝負付けの済んだ相手ばかりということで、やはりディープインパクトが本命です。中山競馬場では、直線の長い東京や京都コースほど絶対の信頼はないのですが、逆転できそうな相手がいないというのが正直な印象です。ただ、菊花賞のような大逃げを打てれば、アドマイヤメインは面白いと思います。2着に飛び込んで来そうな馬は多士済々で、印の馬はどれも馬券圏内に入る確率は十分あると思います。
とにかく、明日は歴史的名馬のラストランをこの目に焼き付けたいと思います。


最後に、今日行われた、田村ゆかり「PINKLE☆TWINKLE PARTY2006 WINTER」で歌われた曲目は下のMoreからご覧ください


More

by Yuuichiro_K | 2006-12-23 23:59 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 22日

ファストタテヤマ(06’天皇賞・秋-その11-)

今日は、天皇賞・秋(GI)11着馬ファストタテヤマ君を掲載します。

ファストタテヤマ
父ダンスインザダーク 母メインゲスト(母の父ターゴワイス)
1999年生 牡7 栗東・安田伊佐夫厩舎
46戦5勝(2006年12月22日現在)
ファストタテヤマ(06’天皇賞・秋-その11-)_b0015386_2359138.jpg



☆今日のニュース
「藤田伸二騎手(34)が暴力行為で騎乗停止」
21日深夜、滋賀県栗東市内の飲食店で、藤田伸二騎手(栗東・フリー)が従業員に対し暴力行為をしたため、暴行容疑で書類送検されることになる模様です。JRAは、平成18年12月22日(金)から裁定委員会の議定があるまで騎乗停止とすることを発表しました。
いったい何をやってるんでしょうか。トップジョッキーにあるまじき行為、本当に残念です。


☆次走情報
シンボリグラン→放牧
ローエングリン→中山記念
アンバージャック→シルクロードS又はオーシャンS
ビーナスライン→京都牝馬S
アンドゥオール→平安S
グラスポジション→AJC杯
トウカイエリート→日経新春杯
ワイルドワンダー→根岸S
アドマイヤヘッド→きさらぎ賞
クロパラントゥー→黒竹賞
ダイワスカーレット→シンザン記念
トーセングラマー→菜の花賞
ホットマニューバー→ヒヤシンスS
メジロアダーラ→放牧→バイオレットS

by Yuuichiro_K | 2006-12-22 23:59 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)