人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 30日

ゼンノエルシド(05’牧場写真-その12-)

2005年8月20日(土)AM アロースタッド

今日は、スプリンターズS(GI)の枠順が発表されました。香港の強豪サイレントウィットネスと日本馬との対決が楽しみです。さて、今日掲載する馬は、2001年のスプリンターズSで1番人気に推されていた(結果は残念ながら10着)ゼンノエルシド君です。

ゼンノエルシド(05’牧場写真-その12-)_b0015386_22444933.jpg

ニヤついた表情が、いかにも彼らしい。。。^^;
プロフィールは、2004年9月13日の記事をご覧ください。

ゼンノエルシド
1997年生 18戦6勝 父Caerleon 母Embla(母の父Dominion)
GI勝利 2001年マイルCS

by Yuuichiro_K | 2005-09-30 22:48 | 05年牧場写真 | Trackback | Comments(2)
2005年 09月 29日

サウスヴィグラス(05’牧場写真-その11-)

まずは、阪神タイガースファンのみなさま、優勝おめでとうございます!
ベテランと若手ががっちりかみ合い、本当に強かったです。また、熱いファンの応援に支えられた、素晴らしい優勝でした。
僕のひいきは、このブログのスキンと同じ色のチームなので、大変残念なシーズンになりました。
このくやしさを忘れずに、来年にぶつけてほしいです。


さて、今日登場する名馬は、ダートのスプリント路線で大活躍したサウスヴィグラス君です。
サウスヴィグラス(05’牧場写真-その11-)_b0015386_23453720.jpg

額のダイヤの流星がきれいな馬ですね^^
近年、産駒の活躍が目立つ亡きエンドスィープ産駒ということで、後継馬として活躍が期待されています。(撮影日2005年8月20日(土)AM アロースタッド)

プロフィールは、2004年9月2日の記事をご覧ください^^

サウスヴィグラス
1996年生 33戦16勝 父エンドスウィープ 母Darkest Star(母の父Star de Naskra)
GI勝利 2003年JBCスプリント


☆次走情報
ホオキパウェーブ→天皇賞・秋
ウイングランツ→アルゼンチン共和国杯
マイネソーサリス→府中牝馬S
カシマフラワー→福島民友C
カイトヒルウインド→エニフS
グラスボンバー→天皇賞・秋
ゴーウィズウィンド→アルゼンチン共和国杯又は福島記念
サザンツイスター→京都大賞典
シロキタゴッドラン→エニフS
ナイキアヘッド→福島民友C
フサイチアウステル→菊花賞
ベラージオ→武蔵野S
ショウナンタキオン→朝日杯FS又はラジオたんぱ杯2歳S
ダイアモンドヘッド→デイリー杯2歳S
フサイチリシャール→萩S

by Yuuichiro_K | 2005-09-29 23:49 | 05年牧場写真 | Trackback | Comments(0)
2005年 09月 28日

ツルマルボーイ(05’牧場写真-その10-)

月曜、火曜と2日連続で仕事で家に帰れず、3日ぶりの更新です。(さすがに疲れたなあ)。毎日訪問していただいているみなさま、申し訳ございませんでした。
今週は、国勢調査で1週間に仕事をした時間を回答することになっているのですが、日本人平均労働時間の数値を上げることになりそうです^^;

それでは、気を取り直して、今日から再び牧場写真を掲載していきたいと思います。
今日登場は、今年種牡馬入りしたばかりの、ツルマルボーイ君です。
ツルマルボーイ(05’牧場写真-その10-)_b0015386_2313774.jpg

面子を取った姿は初めて見ましたが、なかなかひょうきんな表情を見せてくれました^^
(撮影日 2005年8月20日(土)AM アロースタッド)

ツルマルボーイは、ダンスインザダークの初年度産駒で、2000年7月、記念すべきダンスインザダーク中央競馬における最初の1勝をあげた馬でした。そして、この長男坊は、7歳まで息の長い活躍で私たち競馬ファンを楽しませてくれました。2002年、2003年と2年連続宝塚記念(GI)2着、2003年天皇賞・秋(GI)2着になるなど、あと一歩の惜しいレースが続いていただけに、2004年の安田記念(GI)制覇は心から本当におめでとう!という気持ちになりました。
牧場長さんの話では、今年来たばかりだけど、早くもとても人気者だそうです。

ツルマルボーイ
1998年生 32戦7勝 父ダンスインザダーク 母ツルマルガール(母の父サッカーボーイ)
GI勝利 2004年安田記念

なお、現役時代の勇姿は、2005年1月4日の記事をご覧ください^^

☆今日のニュース
「来春、新たに古馬牝馬限定マイルGI創設へ」
 来春、東京競馬場で古馬牝馬限定のマイルG1を新設されることになりました。名称は「ビクトリアカップ」あるいは「ビクトリアマイル」となる見込みで、来年は5月14日(日)に施行される予定です。これで、春のGIシリーズは6週連続となります。
 これまで古馬牝馬限定のG1は中距離レースのエリザベス女王杯(芝2200M)しかなかったので、マイルや短距離を得意とする牝馬にとっては待望のGI創設となりました。府中に住んでる身としても嬉しいことです^^

ところで、阪神芝1400MのGI創設の話は誤報だったようですねえ。まあ、千四のGIレースより、古馬牝馬GI創設で正解だと思います。


☆次走情報
タップダンスシチー→天皇賞・秋
カネヒキリ→武蔵野S
スターキングマン→白山大賞典
サカラート→JBCクラシック
ヴィータローザ→放牧→京阪杯
ストーミーカフェ→天皇賞・秋
レクレドール→府中牝馬S
スズノマーチ→毎日王冠
ダイワレイダース→富士S
アイルラヴァゲイン→オーロC
エルノヴァ→エリザベス女王杯又はアルゼンチン共和国杯
コイントス→京都大賞典
サンライズバッカス→武蔵野S
テイエムリキサン→桂川S
テンジンムサシ→京都大賞典

by Yuuichiro_K | 2005-09-28 23:52 | 05年牧場写真 | Trackback | Comments(2)
2005年 09月 25日

ディープインパクト、三冠に向かって視界良し!

「神戸新聞杯(GⅡ)は人気にこたえディープインパクト快勝、無敗の三冠に王手」
史上2頭目の無敗の三冠に向けて、注目のディープインパクトが登場した神戸新聞杯は、89.1%がディープインパクトがらみの馬券だったそうです。その期待通り、ディープインパクトが圧倒的人気(1.1倍)にこたえ、快勝しました。レースは、いつもどおり後方に控えての競馬でしたが、残り600Mからスパートすると楽々4角で先頭グループを捕らえ、今日も後続をまったく寄せ付けず圧勝しました。4角手前であれだけの脚を使っても、全く問題なく直線で更に伸びるのがこの馬の凄いところです。いよいよ歴史的快挙が目前に迫ってきました。

☆神戸新聞杯結果
1着◎ディープインパクト  1’58’4
2着△シックスセンス     2 1/2
3着  ローゼンクロイツ     3/4
4着  マチカネキララ       5
5着△アドマイヤジャパン  1 1/2  


「オールカマー(GⅡ)は、ホオキパウェーブ(牡4)が初重賞制覇」
前半1000メートルが64.9秒という超スローペースのレースとなりましたが、好位から早めに動いたホオキパウェーブが悲願の初重賞制覇を達成しました。後方から鋭く伸びたグラスボンバーは惜しい2着。勝ちタイムは2’16’7(稍)でした。

by Yuuichiro_K | 2005-09-25 23:26 | レース回顧 | Trackback | Comments(2)
2005年 09月 24日

神戸新聞杯(GⅡ)予想

明日は、いよいよディープインパクトが始動する菊花賞トライアル・神戸新聞杯(GⅡ)が行われます。今週も好走データ(阪神で行われた過去9年)とスピード指数で予想します。

1 好走データ
(1)日本ダービー連対馬
   ディープインパクト
(2)同年6月以降に古馬混合1000万クラス以上の芝2000mで連対
   トウカイトリック
(3)皐月賞連対馬
   ディープインパクト、シックスセンス
(4)同年にOPクラスの芝1800~2200mで連対
   ストーミーカフェ、ローゼンクロイツ、アドマイヤジャパン、ディープインパクト、
   エイシンニーザン、シックスセンス

2 スピード指数上位馬
(1)ディープインパクト
(2)ストーミーカフェ
(3)シックスセンス
(4)エイシンニーザン
(5)トウカイトリック
(6)アドマイヤジャパン
(7)ローゼンクロイツ

☆神戸新聞杯(GⅡ)予想
◎ディープインパクト
○ストーミーカフェ
△アドマイヤジャパン
△シックスセンス
△トウカイトリック

ディープインパクトはアクシデントがない限り、勝利は間違いないと思いますが、唯一負かす可能性があるとすれば、やはり逃げ、ということでストーミーカフェに期待しています。

by Yuuichiro_K | 2005-09-24 19:50 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2005年 09月 23日

ウイニングチケット、種牡馬引退(05’牧場写真-その9-)

☆今日のニュース
「ダービー馬ウイニングチケット(牡15)、種牡馬引退」
アロースタッドで種牡馬生活をしていた1993年の日本ダービー馬ウイニングチケットが、今シーズンで種牡馬を引退することになりました。今後は浦河町のうらかわ優駿ビレッジ「AERU」で功労馬として余生を送るそうです。
大種牡馬トニービンの後継馬として頑張ってきましたが、今年の種付けは5頭だけだったそうで、本当に残念なことになりました。でも、今はお疲れさまと言いたいです。

今日掲載する写真は、もちろんウイニングチケット君です。もうここで会えないのは残念だけど、新しい所でも幸せに暮らしてほしいな。
ウイニングチケット、種牡馬引退(05’牧場写真-その9-)_b0015386_21134298.jpg

昨年と違って、人の近くに寄って来てくれました^^
(撮影日 2005年8月20日(土)AM アロースタッド)

ウイニングチケット
1990年生 14戦6勝 父トニービン 母パワフルレディ(母の父マルゼンスキー)
GI勝利 1993年日本ダービー
(主な産駒)ベルグチケット(フェアリーS)

なお、プロフィールは、2004年8月30日の記事を見てください^^


「日本テレビ盃(GⅡ)はサカラート(牡5)が4馬身差の圧勝」
今日、船橋競馬場で行われた日本テレビ盃(交流GⅡ・ダート1800M)は、秋山真一郎騎手騎乗の1番人気サカラート(栗東・石坂正厩舎)が、2番手追走から直線で逃げたナイキアディライトに4馬身差をつけて圧勝しました。これで重賞3連勝、次走はいよいよGI取りに挑みます。勝ちタイムは1分51秒8(良)でした。なお、ドバイWC以来の出走となったアジュディミツオーは3着でした。


☆次走情報
ヒシアトラス→武蔵野S
ドンクール→南部杯
グランリーオ→富士S

by Yuuichiro_K | 2005-09-23 21:18 | 05年牧場写真 | Trackback | Comments(0)
2005年 09月 22日

ロイヤルタッチ(05’牧場写真-その8-)

2005年8月20日(土)AM アロースタッド

今日登場は、1996年のクラシックで活躍したロイヤルタッチ君です。
同期のダンスインザダーク、フサイチコンコルド、バブルガムフェローは種牡馬としても大活躍しているだけに、負けずに頑張ってほしいな。
ロイヤルタッチ(05’牧場写真-その8-)_b0015386_2147090.jpg

ロイヤルタッチ
1993年生 15戦3勝 父サンデーサイレンス 母パワフルレディ(母の父マルゼンスキー)
重賞成績 1995年ラジオたんぱ杯3歳S 1996年きさらぎ賞


☆今日のニュース
「史上初の牝馬三冠馬メジロラモーヌ(牝22)が死亡」
今日、1986年の牝馬クラシック2冠とエリザベス女王杯を制し、史上初の牝馬3冠を達成したメジロラモーヌが繋養先のメジロ牧場で老衰のため亡くなりました。彼女の凄いところは、牝馬3冠だけでなくトライアルレースである阪神の4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー)、東京の4歳牝馬特別(現フローラS)、ローズSも全て勝っていることです。桜花賞からオークスに直行するのが当たり前の現在、この偉業を再び見ることはもうないでしょう。残念ながら産駒の成績はぱっとしませんでしたが、メジロディザイヤー(父サンデーサイレンス)が種牡馬になるなど血はつながってますから、いつかラモーヌのような女傑が子孫から現れることを願っています。さようなら不世出の名牝よ、ご冥福をお祈りします。

メジロラモーヌ
1983年生 牝22 青鹿毛 父モガミ 母メジロヒリュウ(母の父ネヴァービート)
通算成績12戦9勝
GI勝利 1986年桜花賞、オークス、エリザベス女王杯


☆次走情報
オペラシチー→放牧
マイネルハーティー→ポートアイランドS
ビッグプラネット→ポートアイランドS
ライラプス→秋華賞
アドマイヤフジ→菊花賞
サンライズバッカス→武蔵野S
セイウンニムカウ→アイルランドT
レンドフェリーチェ→府中牝馬S
アドマイヤコンドル→大原S
トーセンブライト→放牧
メジロマントル→天皇賞・秋又は福島記念
モノポール→富士S
ニシノイツマデモ→いちょうS

by Yuuichiro_K | 2005-09-22 21:48 | 05年牧場写真 | Trackback | Comments(2)
2005年 09月 21日

ワイルドラッシュ(05’牧場写真-その7-)

2005年8月20日(土)AM アロースタッド

今日登場は、アロースタッドで1番人気の売れっ子種牡馬、ワイルドラッシュ君です。
米国から高額で買い戻す話もあったそうですが、引き続き日本で供用されることになりました。それだけ、期待が高いのですね。

ワイルドラッシュ(05’牧場写真-その7-)_b0015386_2191128.jpg


ワイルドラッシュ
1996年生 16戦8勝 父Wild Again 母Rose Park(母の父Plugged Nickle)
(主な産駒)ハリウッドストーリー(ハリウッドスターレットS・米GI)、パーソナルラッシュ(ダービーGP)


☆次走情報
マイネルレコルト→菊花賞
カンファーベスト→京阪杯又は中日新聞杯
キングストレイル→天皇賞・秋
グラッブユアハート→白山大賞典
スムースバリトン→放牧
ウインデュエル→エニフS
トウショウナイト→アルゼンチン共和国杯
トップガンジョー→アイルランドT
ピサノパテック→菊花賞
コイウタ→放牧→京王杯2歳S

by Yuuichiro_K | 2005-09-21 23:59 | 05年牧場写真 | Trackback | Comments(0)
2005年 09月 20日

セイウンスカイ(05’牧場写真-その6-)

2005年8月20日(土)AM アロースタッド

今日から、アロースタッドで会った馬たちの写真を掲載します。
本日登場は、セイウンスカイ君です。
ライバルだったスペシャルウィーク君やキングヘイロー君が続々と活躍馬を出しているだけに、セイウンスカイ君も負けないで強い産駒を出して欲しいな。

セイウンスカイ(05’牧場写真-その6-)_b0015386_027622.jpg

相変わらず人懐っこくて、すぐ近くに来てくれました^^

セイウンスカイ
1995年生 13戦7勝 父シェリフズスター 母シスターミル(母の父ミルジョージ)
GI勝利 1998年皐月賞 菊花賞

プロフィールは、2004年9月5日の記事を見てください^^

by Yuuichiro_K | 2005-09-20 23:59 | 05年牧場写真 | Trackback | Comments(0)
2005年 09月 19日

ダービーグランプリ(GI)は、カネヒキリが快勝

☆今日のニュース
「ダービーグランプリ(GI)は、カネヒキリがGI連覇」
今日、盛岡競馬場で行われたダービーグランプリ(3歳限定交流GI・ダート2000M)は、武豊騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝100円)のカネヒキリが、4番手追走から、直線入り口で前を捕らえると、外から迫った2番人気サンライズバッカスに2馬身1/2の差をつけて快勝しました。勝ちタイムは2分03秒8(良)。さらに7馬身離れた3着に3番人気のドンクールが入り、中央勢が掲示板を独占しました。
勝ったカネヒキリはこれでダート6戦6勝、おそらく次走から古馬との対決になると思いますが、一気に国内ダート馬の頂点に立てるかどうか注目です。

今日は、再びユニコーンS(GⅢ)出走時のカネヒキリ君を掲載します。

ダービーグランプリ(GI)は、カネヒキリが快勝_b0015386_2235311.jpg


カネヒキリ
父フジキセキ 母ライフアウトゼア(母の父Deputy Minister)
2002年2月26日生 牡3 栗毛 早来・ノーザンファーム生産 栗東・角居勝彦厩舎
9戦6勝(2005年9月19日現在)
(重賞成績)2005年ダービーグランプリ(GI)、ジャパンダートダービー(GI)、ユニコーンS(GⅢ)

by Yuuichiro_K | 2005-09-19 22:36 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)