愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2005年 08月 31日

2004年8月、懐かしい馬たちに会いに行きました-その48-(アドマイヤコジーン)

2004年8月22日(日)AM 社台スタリオンステーション

今日登場は、後藤騎手に涙の中央初GIをプレゼントした2002年の最優秀短距離馬アドマイヤコジーン君です。
b0015386_2244948.jpg

牧場の方の話によると、コジーン君は祖父のノーザンテーストに良く似ているんだそうです。


アドマイヤコジーンは、1998年東京スポーツ杯3歳S(GⅢ)、朝日杯3歳S(GI)を連勝、最優秀3歳牡馬に輝き、早くから素質を開花させました。しかし、クラシックシーズン直前に無念の骨折、足にボルトを埋め込むほどの重症で、5歳の夏まで休養となってしまいました。そして、復帰したものの1年間全く勝つことができずなんと12連敗、ただの早熟馬だったのかという声も聞かれました。けれどもアドマイヤコジーンは決して終わってはいませんでした。5歳夏から半年余り休養してじっくりと立て直し、6歳時初戦の東京新聞杯(GⅢ)で3年ぶりの重賞制覇、長いトンネルを抜けついに復活したのでした。ターゲットを短距離路線に定めた判断も的確で、続く阪急杯(GⅢ)を優勝、高松宮記念(GI)も2着に好走しました。そして、復帰4戦目の安田記念(GI)は、7番人気と評価は低かったのですが、レースは好位置から早め先頭に立つと堂々と押し切って3年半振りのGI制覇を達成したのでした。鞍上は中央競馬のGI初制覇となった後藤騎手、レース後人目をはばからず号泣する姿に、長い苦労の末復活したアドマイヤコジーン君となかなかGIレースを勝てなかった後藤騎手の苦労がシンクロして、見ている僕も胸が熱くなりました。それにしても、2歳時と6歳時にGIを勝つというのは立派なことです。早くからの、そして息の長い活躍が評価されたのか種牡馬としての人気も上々とのことで、来年デビューする子どもたちが楽しみです。

アドマイヤコジーン
1996年生 23戦6勝 父Cozzene 母アドマイヤマカディ(母の父ノーザンテースト)
GI勝利 1998年朝日杯3歳S、2002年安田記念


☆今日のニュース
「マイネルセレクト(牡6)、屈腱炎発症で引退へ」
2004年JBCスプリント(GI)優勝馬マイネルセレクト(栗東・中村均厩舎)が、右前脚屈腱炎を発症、現役を引退することになりました。今後の予定は未定。通算成績は16戦9勝(重賞4勝)でした。


☆次走情報
 ハーツクライ→天皇賞・秋
 ダイワレイダース→毎日王冠
 ヤマニンアラバスタ→府中牝馬S
 アドマイヤジャパン→神戸新聞杯
 ストーミーカフェ→神戸新聞杯
 ローゼンクロイツ→神戸新聞杯
 サンライズバッカス→ダービーグランプリ
 タイギャラント→シリウスS
 アドマイヤムーン→札幌2歳S
[PR]

by Yuuichiro_K | 2005-08-31 22:54 | 04年牧場写真 | Trackback | Comments(3)
2005年 08月 30日

追悼、ダンツフレーム

☆今日のニュース
「ダンツフレーム(牡7)、肺炎により急死」
2002年の宝塚記念(GI)を勝ったダンツフレームが8月28日、繋養先の地方競馬教養センターで肺炎のため死亡しました。今年の6月に引退したばかり、まだ7歳の若さでした。屈腱炎に倒れ、いったんは引退、種牡馬になる予定でしたが、現役に復帰し地方競馬で再デビューするという波乱万丈の競争生活でした。宝塚記念優勝だけでなく、2001年日本ダービー(GI)2着、2002年安田記念(GI)2着の実績は種牡馬になる資格十分と思われたのですが、種牡馬になれなかったのは残念でした。今はただご冥福をお祈りします。

今日は、ダンツフレーム君の最後のレースとなった川崎記念(GI)の勇姿を掲載します。

ダンツフレーム
1998年生 26戦6勝 父ブライアンズタイム 母インターピレネー(母の父サンキリコ)
GI勝利 2002年宝塚記念
b0015386_23484647.jpg

今思うと、平日の寒い中、見に行って本当に良かったと思います。君の走りは忘れません。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2005-08-30 23:50 | パドック写真 | Trackback | Comments(2)
2005年 08月 29日

2004年8月、懐かしい馬たちに会いに行きました-その47-(ダンスインザダーク)

2004年8月22日(日)AM 社台スタリオンステーション

今日登場は、今や父内国産馬のエース、サンデーサイレンスの後継馬として大活躍のダンスインザダーク君です。

b0015386_2334212.jpg

この日会ったダンス君は最初、足元の砂場でゴロゴロ転がっていましたが、人の気配でパッと立ち上がってこっちを向いてくれました^^

ダンスインザダークは、兄に94年ダービー2着のエアダブリン(父トニービン)、姉に95年オークス馬のダンスパートナー(父サンデーサイレンス)を持つ良血馬として注目されていましたが、期待に違わぬ活躍をした名馬でした。
95年12月の新馬戦を勝ち上がると、続く2戦目のラジオたんぱ賞3歳S(GⅢ)は3着、3戦目のきさらぎ賞(GⅢ)は2着、4戦目の弥生賞(GⅡ)は1着と着実にステップアップ、クラシックの最有力候補となりました。ところが好事魔多し、熱発のため皐月賞(GI)直前にリタイア、目標をダービーに切り替えたのでした。しかし、ダービートライアルのプリンシバルSを優勝して1番人気で挑んだ日本ダービー(GI)は、ゴール直前フサイチコンコルドに交わされて2着に敗れ、春は無冠に終わりました。そして雪辱に燃える秋、順調に夏を越したダンスインザダークは、京都新聞杯(GⅡ)を快勝し、1番人気で菊花賞(GI)に挑みました。ところがレースは後方で包まれる苦しい競馬となり、直線入り口では絶望的な位置どりに見えました。しかし、上がり3ハロン33.8秒という長距離レースの常識を超えた一世一代の鬼脚を見せてロイヤルタッチとフサイチコンコルドを豪快に差し切って見事優勝、ついに悲願のGI制覇を達成したのでした。菊花賞でこれほどの直線一気を決めたのは、ちょっと記憶にありません。それくらい印象に残る豪脚でした。残念ながらその代償なのか、菊花賞直後に脚部不安を発症して早々と引退しましたが、種牡馬として早くもGI馬を3頭出すなど、亡きサンデーサイレンスの有力後継馬として大活躍をしています。

ダンスインザダーク
1993年生 8戦5勝 父サンデーサイレンス 母ダンシングキイ(母の父Nijinsky)
GI勝利 1996年菊花賞
主な産駒 ツルマルボーイ(安田記念)、ザッツザプレンティ(菊花賞)、デルタブルース(菊花賞)


☆今日のニュース
「メイショウボーラー(牡4)、米遠征中止」
10月1日にアメリカのベルモントパークで行われるヴォスバーグステークス(米GI・ダート1200M))に出走を予定していたメイショウボーラーが、右寛は行を発症したために遠征を取り止めることになりました。期待していただけに残念ですが、今は故障が早く良くなることを祈っています。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2005-08-29 23:59 | 04年牧場写真 | Trackback | Comments(2)
2005年 08月 28日

新潟記念は、ヤマニンアラバスタが差し切る

「新潟記念(GⅢ)は、ヤマニンアラバスタ(牝4)が差し切って快勝」
オークス3着、紫苑S1着入線(5着降着)の実力馬ヤマニンアラバスタが、牡馬相手でも外から鋭く伸びて快勝しました。3歳時、パドックではかなり入れこむタイプでしたが、今日は落ち着いていましたし、気性に成長が感じられました。今後、エリザベス女王杯が目標になると思いますが、楽しみな馬が復活してくれました。また、江田照男騎手は04年根岸S(勝ち馬シャドウスケイプ)以来の久々の重賞勝利、ゴールデンフェザントも97年青葉賞勝ちのトキオエクセレント以来、8年振り2頭目の久々の重賞勝ち馬を出しました。


☆新潟記念結果
1着  ヤマニンアラバスタ  2’00’1
2着○グラスボンバー     2 1/2
3着△ヴィータローザ      頭
4着△アグネスシラヌイ     頭
5着△エリモマキシム      首


今日は、嬉しい重賞初制覇となったヤマニンアラバスタちゃんを掲載します。写真は昨年のオークス時のものです。

ヤマニンアラバスタ
父ゴールデンフェザント 母ヤマニンリコール(母の父タマモクロス)
2001年生 牝4 美浦・星野忍厩舎
20戦4勝(2005年8月28日現在)

b0015386_17185553.jpg

彼女は父、母の父と同様の芦毛、鋭い差し脚といった特徴を受け継いでいて、好きな馬です。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2005-08-28 17:19 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2005年 08月 27日

新潟記念(GⅢ)予想

明日は、夏のローカル古馬重賞最終戦、新潟記念(GⅢ)が行われます。
新潟新コースとなってからの過去4年のデータとスピード指数で予想します。

1 好走データ
(1)同年6月以降にOPクラスの芝1800m以上で連対、
   かつ過去に新潟・東京芝1800~2400mの重賞で3着以内
   ダイワレイダース
(2)同年7月以降にOPクラスの芝1600m以上で1.0秒差以内、
   かつ同年に1000万クラス以上の新潟・東京芝1600m以上で1着(ただし2着まで)
   アグネスシラヌイ、ダイワレイダース、グラスボンバー
(3)近2走以内に準OPクラスの芝1600m以上で5着以内、
   かつ過去に新潟・東京芝1600~2400mの重賞で5着以内(ただし2着まで)
   ヴィータローザ、チャクラ、フォーカルポイント、ダイワレイダース、タニノエタニティ

2 スピード指数上位馬
(1)ダイワレイダース
(2)チャクラ
(3)グラスボンバー
(4)エリモマキシム
(5)ヴィータローザ
(6)アグネスシラヌイ
(7)フォーカルポイント

☆新潟記念予想
◎ダイワレイダース
○グラスボンバー
△アグネスシラヌイ
△ヴィータローザ
△エリモマキシム
△チャクラ
△フォーカルポイント

データ的にはダイワレイダースが1枚抜けているのですが、相手が難解です。

☆今日のニュース
「トウカイオーザ(牡8)引退、乗馬に」
2001年のアルゼンチン共和国杯(GⅡ)優勝馬トウカイオーザ(栗東・松元省一厩舎)の引退が決まりました。父サンデーサイレンス、兄トウカイテイオーの良血馬でしたが、今後は鹿児島大学で乗馬となる予定。JRA通算成績34戦8勝(重賞1勝)でした。


☆次走情報
  リンカーン→京都大賞典
[PR]

by Yuuichiro_K | 2005-08-27 23:50 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2005年 08月 26日

2004年8月、懐かしい馬たちに会いに行きました-その46-(スペシャルウィーク)

台風11号のため、泊り込みの仕事になってしまい、2日ぶりの更新です。
その間、沢山の方から1周年のおめでとうメッセージを頂きました。みなさま、どうもありがとうございました。

さて、今日登場は現3歳世代の産駒が大活躍で、大種牡馬サンデーサイレンスの後継馬として期待が高まるGI4勝の名馬・スペシャルウィーク君です。(撮影日2004年8月22日(日)AM、社台スタリオンステーション)

b0015386_0411738.jpg


この日のスペシャルウィーク君は、隣の放牧地にいるサクラバクシンオー君が放牧地から外に出るのを見て、まずは大興奮(放牧地走り回り)。後、うらやましそうに見つめ続けていました。


スペシャルウイークは、天下の武豊騎手に初のダービージョッキーの栄光を与えた馬であり、また、幾多の活躍馬を出したサンデーサイレンス産駒の中で最も「王道」を歩んだ名馬でした。(今年のディープインパクト君が更に王道を極めるかもしれませんが^^)。

デビュー3戦目、1勝馬の身で挑戦した98年のきさらぎ賞(GⅢ)を1番人気で快勝すると、続く弥生賞(GⅡ)では、キングヘイロー、セイウンスカイを破って優勝し、一躍クラシックロードの主役となりました。皐月賞(GI)は外を回った分、セイウンスカイの逃げ切りを許し3着に敗れましたが、サラブレッドの頂点を決める日本ダービー(GI)では、息の長い末脚を存分に見せつける5馬身差の圧勝劇で見事雪辱を晴らし、栄光のダービー馬となりました。しかし、秋の菊花賞(GI)はセイウンスカイの2着、ジャパンC(GI)は同期の外国産馬エルコンドルパサーの3着に敗れる無念も味わいました。

けれども99年の冬から再び快進撃を見せ、AJC杯(GⅡ)→阪神大賞典(GⅡ)→天皇賞・春(GI)と重賞3連勝で再び頂点に返り咲いたのでした。特にクラシックで苦杯をなめたセイウンスカイを早めマークでつぶし、前年の覇者・メジロブライトの追撃を完封した天皇賞の走りは見事でした。その後も宝塚記念(GI)はグラスワンダーの2着に敗れたものの、天皇賞・秋(GI)では、後方一気の豪快な追い込みを見せてレコードタイムで優勝し、タマモクロス以来の天皇賞春秋連覇を達成。ジャパンC(GI)は凱旋門賞馬フランスのモンジューを相手に圧勝、有馬記念は歴史的な名勝負(武騎手が幻のウイニングランをしてしまうくらいの際どい競馬)となり、グラスワンダーのハナ差2着。王道を歩み続け、強敵相手に素晴らしい成績を残しました。

そして、種牡馬入りして2世代目となる子どもたちが今年のクラシックで大活躍、日米オークス制覇のシーザリオ、京都新聞杯優勝、日本ダービー2着馬インティライミを出しました。(残念ながら2頭とも故障してしまいましたが(涙))。亡きサンデーサイレンスの後継馬としてこれから本当に楽しみです。

スペシャルウィーク
1995年生 17戦10勝 父サンデーサイレンス 母キャンペンガール(母の父マルゼンスキー)
GI勝利 1998年日本ダービー、1999年天皇賞・春、天皇賞・秋、ジャパンC
主な産駒 シーザリオ(オークス)、インティライミ(京都新聞杯)


☆次走情報
デュランダル→スプリンターズS
タイムパラドックス→南部杯
ラインクラフト→ローズS
スズカマンボ→天皇賞・秋
アドマイヤマックス→スプリンターズS
ダンスインザムード→府中牝馬S
カネヒキリ→ダービーグランプリ
コスモサンビーム→京成杯AH
オペラシチー→オールカマー
レクレドール→エリザベス女王杯
アドマイヤフジ→セントライト記念
エリモハリアー→朝日CC
エンゲルグレーセ→放牧→シリウスS又は東京盃
コンラッド→セントライト記念
サイレントディール→エルムS
スムースバリトン→セントライト記念
ローゼンクロイツ→神戸新聞杯
マイネヌーヴェル→福島記念
インタータイヨウ→シリウスS
ウインデュエル→ペルセウスS
ウェディングバレー→放牧→秋風S
エルノヴァ→オールカマー
カナハラドラゴン→オールカマー
カフェボストニアン→セントウルS又は福島民友C
キングストレイル→セントライト記念
スズノマーチ→オールカマー
ケイアイガード→毎日王冠
チアフルスマイル→放牧
トップガンジョー→セントライト記念
ボーンキング→朝日CC
サンレイジャスパー→ローズS
トウカイルナ→ローズS
ホオキパウェーブ→オールカマー
ペニーホイッスル→セントウルS
マツリダゴッホ→札幌2歳S

[PR]

by Yuuichiro_K | 2005-08-26 23:59 | 04年牧場写真 | Trackback | Comments(0)
2005年 08月 24日

ありがとう1周年!

いつも「愛しのサラブレッド写真館」を御覧頂き、ありがとうございます。
おかげさまで、本日で当ブログは開設1周年となりました。

牧場で会った名馬たちとの思い出と感動を残したいとの気持ちでスタートしたのですが、とうとう1年前の写真を全部掲載することができないうちに1周年を迎えてしまいました^^;

これからもマイペースで、愛しのサラブレッドたちの写真を掲載していきますので、今後ともよろしくお願いします。

さて、1周年記念として掲載する今日の1枚は、cantotantoさんからのリクエストにお答えして、1995年の年度代表馬マヤノトップガン君です。

マヤノトップガン(撮影日2005年8月19日、優駿スタリオンステーション)
1992年生 21戦8勝 父ブライアンズタイム 母アルプミープリーズ(母の父Blushing Groom)
GI勝利 1995年菊花賞、有馬記念 1996年宝塚記念、1997年天皇賞・春
b0015386_0374931.jpg

40人のギャラリーを前にしても、「撮ってくれたまえ!」といった感じで威風堂々ポーズを決めてくれたトップガン君でした。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2005-08-24 23:59 | ごあいさつ | Trackback | Comments(5)
2005年 08月 23日

2004年8月、懐かしい馬たちに会いに行きました-その45-(アグネスワールド)

2004年8月22日(日)AM 社台スタリオンステーション
2004年牧場めぐり最終日、この日は忘れられない一日になりました。今思えば最初で最後の貴重な出会いもありました。(昨年急死した種牡馬アドマイヤベガ君のことです)。今日からは日本競馬の至宝が数多く暮らしている社台スタリオンステーションの名馬たちを掲載していきます。最初の登場は、日本調教馬として初の海外GI2勝を挙げた名スプリンター、アグネスワールド君です。
b0015386_22353236.jpg

海外からのオファーも多いと紹介されました。(実際、2002~2003年はイギリスに渡っていました。)現役時代同様、種牡馬としても世界に彼の名が轟くのも夢ではありませんね。


アグネスワールドは3歳(旧表記)時、デビュー2戦目の函館3歳S(GⅢ)で今でも残る函館2歳のレコードタイム1’09’8で優勝。またダートの全日本3歳優駿(GⅡ)も制し、早くからその才能を開花させました。しかし、4歳時は骨折のため1戦しただけで1年余りの長期休養、5歳時の1月に復帰したものの5連敗という挫折も味わいました。それでも5歳の夏、アグネスワールドは鮮やかな復活を遂げます。復帰6戦目の北九州短距離Sを日本レコードの1’06’5で圧勝。続く小倉日経オープンも快勝すると、勇躍イギリスに渡り、欧州スプリント王決定戦アベイドロンシャン賞(仏GI・芝1000M)に挑戦し、見事優勝したのでした。その後も海外挑戦を続けた彼は、6歳時もジュライC(英GI・芝1200M)を優勝、史上初めて日本調教馬として海外GI2勝という快挙を達成したのでした。残念ながら国内のスプリントGIであるスプリンターズSは2年連続2着、高松宮記念は3着に終わり、国内GIは未勝利に終わりましたが、海外GI制覇の偉業は永遠に色褪せることはないでしょう。産駒も初年度からカズサライン(ファルコンS)、アグネスジェダイ(サマーチャンピオン)を出すなど好調なスタートを切っています。

アグネスワールド
1995年生 20戦8勝 父Danzig 母Mysteries(母の父Seatlle Slew)
GI勝利 1999年アベイドロンシャン賞(仏GI)、2000年ジュライC(英GI)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2005-08-23 23:59 | 04年牧場写真 | Trackback | Comments(4)
2005年 08月 22日

オグリキャップ&トウカイテイオー(週刊Gallop牧場ツアー2005に参加しました。)

いつもご訪問いただき、ありがとうございます。今日は3日ぶりの更新となりました。お休みの間も沢山の方に見ていただいて嬉しく思います。

さて、今年は8月19日から22日まで、週刊Gallop競馬牧場ツアー2005に参加して、牧場めぐりと札幌記念に行ってきました。その内容は本当に盛りだくさんで、感動と興奮のるつぼでした。素晴らしいツアーでした。

ちなみに今回見学した牧場は、昨年訪問できなかったオグリキャップ、マヤノトップガン、キングヘイローらがいる優駿スタリオンステーション。アグネスデジタル、ステイゴールドらがいるビッグレッドファーム。アフリート、サッカーボーイらがいるブリダーズスタリオンステーション。昨年に続いての訪問となったのは、レックススタッド、アロースタッド、社台スタリオンステーション。また、社台スタリオンステーション見学の後には、ディープインパクト、ラインクラフト、シーザリオが産まれた牧場、今春のクラシックで大旋風を巻き起こしたノーザンファームの見学もしてきました。

さらに、札幌記念を楽しんだ日の夜には、宿泊先のホテルで四位洋文騎手との懇親会があり、たくさんの面白い話を聞くことができました。この懇親会には、なんと飛び入りで池添謙一騎手と福永祐一騎手も加わり、物凄い盛り上がりとなりました。(詳しくは後日書きますね)。

今年会った牧場の名馬たちの写真は、明日から再開する2004年牧場写真の掲載完了後、引き続き掲載していく予定ですが、まずは前夜祭?として、悲願の対面となった我が愛しのサラブレッド、オグリキャップ&トウカイテイオーの勇姿を掲載します。


オグリキャップ(撮影日2005年8月19日、優駿スタリオンステーション)
1985年生 32戦22勝 父ダンシングキャップ 母ホワイトナルビー(母の父シルバーシャーク)
GI勝利 88年有馬記念、89年マイルCS、90年安田記念、有馬記念
b0015386_23272733.jpg

昔と違って、現在は残念ながら一般非公開になっており、本当に嬉しい再会になりました。とっても元気そうで嬉しかったです。撮影にも大人しく応じてくれました^^


トウカイテイオー(撮影日2005年8月20日、社台スタリオンステーション)
1988年生 12戦9勝 父シンボリルドルフ 母トウカイナチュラル(母の父ナイスダンサー)
GI勝利 91年皐月賞、日本ダービー、92年ジャパンC、93年有馬記念
b0015386_23304648.jpg

今や社台ファームの最年長馬となりましたが、まだまだ若々しく、そして相変わらず格好いいテイオー君です^^間近で会えて本当に本当に嬉しかったーーー^^
[PR]

by Yuuichiro_K | 2005-08-22 23:32 | 05年牧場写真 | Trackback | Comments(6)
2005年 08月 22日

ヘヴンリーロマンス&ファストタテヤマ&コイントス(05’札幌記念)

行ってきました北海道!行ってきました札幌記念。
レースは、もの凄い豪雨となった大荒れの天候同様、3連単重賞史上最高配当(275万9500円)が飛び出る大波乱となりました。(もちろん、馬券は外しました)。
勝ったヘヴンリーロマンスは牡馬相手に素晴らしい根性を見せてくれました。また、もうピークは過ぎたのかなあと思っていた12番人気ファストタテヤマ、13番人気コイントスの好走には驚きました。
そういうわけで、今日は歴史に残る大波乱の立役者、札幌記念1~3着馬をまとめて掲載します。

ヘヴンリーロマンス
父サンデーサイレンス 母ファーストアクト(母の父Sadler's Wells)
2000年生 牝5 栗東・山本正司厩舎
30戦7勝(2005年8月22日現在)
b0015386_22453759.jpg

パドックの気配はなかなか良かったです。それでもこの相手に勝つとは正直驚きました。


ファストタテヤマ
父ダンスインザダーク 母メインゲスト(母の父ターゴワイス)
1999年生 牡6 栗東・安田伊佐夫厩舎
33戦3勝(2005年8月22日現在)
b0015386_22481662.jpg

さすが菊花賞2着馬の底力といったところでしょうか。最内を突いて勝ちに等しい内容でした。


コイントス
父サンデーサイレンス 母レトス(母の父Egg Toss)
1998年生 牡7 美浦・藤沢和雄厩舎
21戦4勝(2005年8月22日現在)
b0015386_22505991.jpg

早めに抜け出して、あわや逃げ切る勢いでした。7歳でもまだまだ元気です。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2005-08-22 22:54 | 05年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(2)