愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:14年GI優勝馬写真( 12 )


2014年 04月 20日

19年越しの父フジキセキの夢叶える!皐月賞はイスラボニータが4連勝でGI初制覇

今日の中山競馬場は曇天で肌寒い陽気となりましたが心配された天候の崩れもなく、無事良馬場のコンディションで、牡馬クラシック第一弾・皐月賞(GI、3歳・芝2000m)が行われました。
レースは、蛯名正義騎手騎乗の2番人気イスラボニータが、中団追走から直線外鋭く伸び、先に抜け出した1番人気トゥザワールドに1 1/4馬身差をつけて快勝しました。

☆皐月賞結果
1着○イスラボニータ  (蛯 名)1'59'6(良)
2着▲トゥザワールド  (川 田)1 1/4
3着△ウインフルブルーム(柴田大)1/2
4着◎ワンアンドオンリー(横山典)アタマ
5着△ステファノス   (後 藤)1/2

パドックの個人的な評価は以下の通り。(A良い、B普通、C平凡)

1 ワンアンドオンリー B+
  伸びやかな歩様
2 イスラボニータ   B+
  鋭い眼光で周りを威圧するように周回
3 クラリティシチー  B
  落ち着いて周回
4 クリノカンパニー  B
  やや首高、普通
5 アデイインザライフ B
  普通
6 アドマイヤデウス  B
  気合を表に出し周回
7 トーセンスターダム B
  きさらぎ賞の時より落ち着いて周回
8 ステファノス    B
  やや煩いところを見せる
9 スズカデヴィアス  B
  普通
10 ベルキャニオン   B
  普通、前走より落着きあり
11 ロサギガンティア  B
  少し気負い気味
12 タガノグランパ   B
  普通
13 キングズオブザサン B
  普通
14 バウンスシャッセ  B+
  好馬体。男馬に交じっても堂々と周回
15 コウエイワンマン  B
  普通
16 アジアエクスプレス B
  落ち着いて周回
17 トゥザワールド   B+
  弥生賞の時より大人しい感じも力強い歩様
18 ウインフルブルーム A
  朝日杯FSの時より落ち着きがあり、力強い歩様が目に付く

今年の皐月賞は、4連勝で弥生賞(GII)を制したトゥザワールドが1番人気、重賞2連勝を含む3連勝中のイスラボニータが2番人気、3戦3勝できさらぎ賞を制したトーセンスターダムが3番人気、弥生賞でトゥザワールドとハナ差の接戦を演じたワンアンドオンリーが4番人気、2歳王者アジアエクスプレスが5番人気と、この5頭が単勝10倍以下の支持を集めました。有力馬の直接対決が少なかったこともあり、どの馬にもチャンスがありそうな混戦が予想され、とても楽しみな一戦となりました。そんな混戦を制したのは、今日の出走馬中、唯一の重賞2勝馬だった関東馬イスラボニータでした。

イスラボニータのパドックは、眼光鋭く周りを威圧するような雰囲気で、なかなか良く見えました。レースは最内枠から好スタートを切ると、すっと中団に控えて脚をためつつ2コーナーでスムーズに外に馬を持ち出す完璧なレース運び。楽な手ごたえで直線に向くと、外から力強い末脚を繰り出し1番人気のトゥザワールドを競り落として突き離すという完勝劇となりました。初の右回り、初の2000mもクリアしての勝利はお見事でしたね。また、蛯名騎手は19度目の騎乗で皐月賞初制覇、イスラボニータの父フジキセキは、産駒最後の世代でついに待望のクラッシックホースを輩出するという劇的な勝利でした。共に悲願の皐月賞制覇ということで、本当におめでとうございました!

2着は1番人気のトゥザワールド。パドックは弥生賞(GII)の時よりも落ち着いて周回しており、こちらも良いデキに見えました。レースは、先行策から好位抜け出しを図る正攻法の走りでしたが、今日は勝ち馬が強かったですね。最後の直線、勝ち馬には並ぶ間もなく交わされてしまいましたが、それでもきっちり連対を外さなかったのは流石でした。

トゥザワールド
父キングカメハメハ 母トゥザヴィクトリー(母の父サンデーサイレンス)
2011年4月12日生 牡3 栗東・池江泰寿厩舎
6戦4勝(2014年4月20日現在)
b0015386_22392720.jpg


3着は8番人気の伏兵・ウインフルブルームが健闘。パドックは、今日のメンバーで1番良く見え、朝日杯FS(GI)3着好走時よりも落着きがあり、力強い身のこなしが大変目に付きました。レースは逃げ馬には不利な大外枠からの競馬となりましたが、上手く単騎逃げに持ち込んで最後まで本当に良く粘りました。力を出し切ってくれたと思います。

ウインフルブルーム
父スペシャルウィーク 母ハナノメガミ(母の父サクラユタカオー)
2011年3月25日生 牡3 栗東・宮本博厩舎
7戦2勝(2014年4月20日現在)
b0015386_22395088.jpg


なお、他では4番人気4着のワンアンドオンリーは、パドックの気配も良く3コーナーまで最後方の位置から追い込んだ脚は見どころがあり、ダービーに向けて期待の持てる内容。一方、3番人気トーセンスターダムは中団追走も伸びを欠き11着、スプリングS勝ちの6番人気ロサギガンティアも中団侭10着、アジアエクスプレスは2番手追走といつもより前からの競馬をしたものの直線一杯になり6着と一息の結果に終わったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したイスラボニータ君を掲載します。

b0015386_22401861.jpg

パドックはご覧のとおり、眼光鋭く、馬だけでなく人間相手にも^^;威嚇するように周回していました。

b0015386_22404659.jpg

鞍上の蛯名騎手は皐月賞19度目の挑戦で嬉しい初制覇。レース後のインタビューでは、「今日は新馬戦以来の折り合いの良さで、いい形で持って来れた。初めての中山でしたが、十分折り合いが付いていて、いつでも弾ける手応えでした。人気馬が前にいて、それを見る形でいい位置だったと思います。先頭に立った時には『なんとか踏ん張ってくれ』と思ったんですけど、自分が思ってた以上に後ろは離れていましたね。」とコメントしていました。

b0015386_224127.jpg

栗田博憲厩舎は、1998年高松宮記念(GI)シンコウフォレスト以来となる16年振りのGI制覇、クラシックレースは悲願の初制覇となりました。

b0015386_22412789.jpg

イスラボニータの父フジキセキの新馬戦に騎乗していた蛯名騎手が、フジキセキ最終世代の仔で最後のチャンスだった皐月賞を勝って、フジキセキが1995年皐月賞目前で故障のため無敗のまま引退した無念を19年振りに晴らすという劇的な結果は運命的なものを感じました。次の大一番・日本ダービー(GI)も関東のエースとして頑張ってほしいと思います。

イスラボニータ
父フジキセキ 母イスラコジーン(母の父Cozzene)
2011年5月21日生 牡3 黒鹿毛 浦河 (有)社台コーポレーション白老ファーム生産 美浦・栗田博憲厩舎
6戦5勝(2014年4月20日現在)
(重賞勝利)2014年皐月賞(GI)、共同通信杯(GIII)、2013年東京スポーツ杯2歳S(GIII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2014-04-20 22:42 | 14年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 23日

フェブラリーSは歴史に残る大波乱、最低人気のコパノリッキーが大金星の初GI制覇

今日、東京競馬場では冬のダートマイル王決定戦・フェブラリーS(GI、4歳上・ダート1600m)が行われました。レースは、田辺裕信騎手騎乗の最低16番人気の超人気薄(単勝272.1倍)だったコパノリッキーが2番手追走から直線早め先頭に立つと、好位から伸びた2番人気ホッコータルマエの追撃を1/2馬身差おさえて優勝しました。

☆フェブラリーS結果
1着 コパノリッキー  (田 辺)1'36'0(良)
2着○ホッコータルマエ ( 幸 )1/2
3着◎ベルシャザール  (C.デムーロ)1 3/4
4着 ノーザンリバー  (戸 崎)クビ
5着▲ブライトライン  (福 永)クビ

パドックの個人的な評価は以下の通り(A良い B普通 C平凡)

1 ゴールスキー  B
  時折気合を表に出す
2 ベストウォーリア A
  馬っぷりの良さ目立つ
3 ソロル C
  落着きを欠く
4 ワンダーアキュート B
  いつもより落ち着いて周回
5 エーシントップ B
  普通
6 ノーザンリバー B+
  相変わらずキビキビと良い動き
7 ニホンピロアワーズ B
  東京大賞典時に比べると目立たない印象
8 グランドシチー B
  普通
9 アドマイヤロイヤル C
  落着きなし
10 ドリームバレンチノ B
  落ち着いて周回
11 ベルシャザール A
  迫力ある好馬体が光る。落着きも十分
12 ブライトライン B+
  相変わらず落ち着いて良く見せる
13 コパノリッキー B
  落ち着いて周回
14 ダノンカモン C
  いつもどおり終始チャカついて落着きなし
15 ホッコータルマエ B+
  東京大賞典時に比べるとややうるさいところも見せるも相変わらず馬体の迫力あり。
16 シルクフォーチュン B
  いつもより落ち着いて周回

今年のフェブラリーSは、16頭中14頭が重賞勝ち馬、素晴らしいメンバーが揃いましたが、中でも昨年のジャパンCダート(GI)の覇者・最優秀ダート馬のベルシャザールと交流GI5勝のホッコータルマエが人気を集めていました。しかし2強を尻目に勝ったのは、今日が初のGI挑戦、前2走オープン特別で2連敗中の最低16番人気のコパノリッキーでした。

コパノリッキーのパドックは、初の大舞台出走の割に落ち着いて周回していたと思います。レースは、1000m通過60.6秒とスローペースで逃げたエイシントップの直後2番手からレースを進めると、直線は余力十分に早めに抜け出し、人気のホッコータルマエを振り切っての快勝となりました。スローペースの展開が嵌ったのが最大の勝因でしょうが、思えば3歳時、伏竜S(OP)を勝ち、骨折せず無事だったら3歳ダート王決定戦ジャパンダートダービーの有力候補になっていたはずの馬でしたし、今日3番人気に推されていたベストウォーリアを3走前の兵庫CS(JpnII)で1秒差をつけて圧勝した実績もある実力馬でした。ただやはり、ここ2戦の内容から、とてもGIでは厳しいと思っていたので、本当にまさかまさかという結果でした。なお、単勝272.1倍は、グレード制導入後のGIでは1989年エリザベス女王杯のサンドピアリス(430.6倍)に次ぐ史上2番目の高配当でした。

2着のホッコータルマエは、使い詰めながら今日もパドックの雰囲気は疲れを感じさせず、相変わらず良く見えました。レースも好位からスムーズなレース運びで、唯一勝ち馬に迫りましたが、後ろから来る人気馬を意識する必要があったことと、早めに抜け出すと気を抜く癖もあることから、コパノリッキーを早めに交わしに行けなかったのは不運でした。強い競馬をしたと思いますが、今日はとにかく勝ち馬が走りすぎました。

ホッコータルマエ
父キングカメハメハ 母マダムチェロキー(母の父Cherokee Run)
2009年5月26日生 牡5 栗東・西浦勝一厩舎
24戦12勝(2014年2月23日現在)
b0015386_23373532.jpg


3着は1番人気のベルシャザール。パドックは前走ジャパンCダート(GI)同様、迫力のある馬体が大変目立っていましたし、良いデキだったと思います。ただ、今日はスタートでやや行き脚がつかず、思ったより後方からの競馬。スローペースの中、後方から良く追い上げましたが、上位2頭には届きませんでした。

ベルシャザール
父キングカメハメハ 母マルカキャンディ(母の父サンデーサイレンス)
2008年4月25日生 牡6 栗東・松田国英厩舎
17戦6勝(2014年2月23日現在)
b0015386_23375593.jpg


他の馬では好位からそつなく伸びた4着ノーザンリバー、5着ブライトラインは自分の競馬ができ見せ場を作りました。ただ、3番人気のベストウォーリアは、パドックの雰囲気は垢抜けた馬体が大変目に付き良く見えたのですが、レースは中団から下がる一方で大敗。GIホースのニホンピロアワーズ(8着)とワンダーアキュート(6着)は、共に中団待機策もスローペースで末脚不発となり、見せ場なく敗れたのは残念でした。


それでは、最後に見事優勝したコパノリッキー君を掲載します。

b0015386_23381610.jpg

パドックの気配は普通。ただ、とにかく落ち着いて周回していました。

b0015386_23383065.jpg

鞍上の田辺騎手はデビュー13年目で悲願の初GI制覇となりました。レース後のインタビューでは「まだちょっと実感が沸かないです。今まで好走していた先行策を小細工なしで、道中で息を入れられればと思っていた。エーシントップを目標にしながら折り合いもつきました。4コーナーを回って横にズラッと並んできましたが、ゴーサインを待つ余裕がまだありましたし、その分凌ぎ切ってくれたと思います。」とコメント。テン乗りながら冷静な手綱さばきで見事コパノリッキーを勝利に導きました。

b0015386_23384462.jpg

ウイニングランの田辺騎手とコパノリッキーです。ガッツポーズで嬉しそうでしたね^^

b0015386_2353409.jpg

勝たれてみて、改めてじっくり見てみると、栗毛が美しくいい馬だなあと感じました(遅い)。

b0015386_23431059.jpg

村山明厩舎は、2012年テスタマッタに続きフェブラリーS(GI)2度目の制覇。そのテスタマッタは先日故障で引退しましたが、たちまち後継となる強豪馬を出したのはお見事です。また馬主は風水の本で有名なDrコパさんで、こちらは中央GI初制覇となりました。本当におめでとうございました!

コパノリッキー
父ゴールドアリュール 母コパノニキータ(母の父ティンバーカントリー)
2010年3月24日生 牡4 栗毛 日高・ヤナガワ牧場生産 栗東・村山明厩舎
9戦5勝(2014年2月23日現在)
(重賞勝利)2014年フェブラリーS(GI)、2013年兵庫CS(JpnII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2014-02-23 23:44 | 14年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)