人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2020年 02月 15日 ( 2 )


2020年 02月 15日

クイーンCはミヤマザクラが離れた2番手から抜け出し重賞初制覇

今日、東京競馬場では過去5年で出走馬の中から4頭のGIホース(アエロリット、クロノジェネシス、ミッキークイーン、メジャーエンブレム)が出ている注目の3歳牝馬重賞・クイーンC(GIII、芝1600m)が行われました。レースは、福永祐一騎手騎乗の2番人気ミヤマザクラが2番手追走から直線抜け出し、後方2番手から大外追い込んだ4番人気マジックキャッスルの追撃をクビ差おさえ、優勝しました。
クイーンCはミヤマザクラが離れた2番手から抜け出し重賞初制覇_b0015386_23262390.jpg
離れた2番手から危なげなく抜け出したミヤマザクラが重賞初制覇を飾りました。

☆クイーンC結果
1着 ミヤマザクラ   (福 永) 1'34'0(良)
2着◎マジックキャッスル(S.フォーリー)クビ
3着 セイウンヴィーナス(野 中) 3/4
4着△アカノニジュウイチ(横山典) 1 1/4
5着○シャンドフルール (武 豊) クビ

※パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い B普通 C平凡)

1 ミヤマザクラ    A
  落ち着いて力強い踏み込み目に付く
2 メルテッドハニー  B 
  普通、時折小走り
3 ルナシオン     B
  2人引き、普通
4 アミークス     C
  2人引き、落ち着きなし
5 セイウンヴィーナス B
  普通
6 シャンドフルール  B 
  普通、落ち着きなし
7 ヤマニンプレシオサ B
  普通
8 サナチャン     C
  落ち着きなし
9 マジックキャッスル B
  普通、最初は煩いところ見せる
10 アカノニジュウイチ B+
  落ち着いて動き良し
11 アールクインダム  C
  2人引き、落ち着きなし
12 ホウオウピースフル B
  2人引き、普通
13 チアチアクラシカ  B
  普通
14 インザムービー   B
  普通

今年のクイーンCは、前走新馬勝ちのGI2勝馬スワーヴリチャードの半妹ルナシオンが単勝3.5倍で1番人気。前走京都2歳S(GIII)2着のミヤマザクラが単勝3.8倍で2番人気。メンバー中唯一の2戦2勝馬ホウオウピースフルが単勝4.3倍で3番人気。前走ファンタジーS(GIII)2着のマジックキャッスルが単勝5.8倍で4番人気。前走新馬戦圧勝のアカノニジュウイチが単勝7.8倍で5番人気。ここまでが単勝10倍以下と人気は割れていましたが、勝ったのは上位人気の一角・ミヤマザクラでした。

ミヤマザクラのパドックは、大変落ち着いて力強い踏み込みが目に付き、予想では無印でしたが、馬券は単複勝負をしたほど素晴らしいデキに見えました。レースはインザムービーが1000m通過57.7秒とハイペースで飛ばす展開となりましたが、ミヤマザクラは離れた2番手のインを追走。直線は楽な手応えのまま馬場の良い外目に持ち出すと、逃げたインザムービーを楽々交わして早め先頭に立ち、後続の追撃を押さえ込んでの快勝となりました。前走、京都2歳Sで、明日の共同通信杯(GIII)で圧倒的人気を集めているマイラプソディの2着に好走したのは伊達ではなかったということでしょう。血統もスプリングS(GII)勝ちのマウントロブソンの全妹という良血馬ですし、牝馬クラシック路線の活躍が本当に楽しみです。

2着は4番人気のマジックキャッスルが健闘。パドックは入ってきた当初は煩い仕草を見せていましたが、ほどなく落ち着いて周回、動きは良かったです。レースは後方2番手追走から直線メンバー最速の上がり33.4秒の末脚で鋭く伸びて、勝ち馬にクビ差まで迫りました。こちらも前走、ファンタジーSで後の2歳女王レシステンシアの2着に好走しただけのことはありましたね。負けて強しの内容でこちらもクラシックが楽しみです。

マジックキャッスル
父ディープインパクト 母ソーマジック(母の父シンボリクリスエス)
2017年3月3日生 牝3 美浦・国枝栄厩舎
4戦1勝(2020年2月15日現在)
クイーンCはミヤマザクラが離れた2番手から抜け出し重賞初制覇_b0015386_23261482.jpg
3着は12番人気の伏兵セイウンヴィーナスが大健闘。パドックは普通に落ち着いて周回していました。レースは好位追走から直線内を突いてメンバー第3位の上がり34.1秒の末脚でしぶとく伸びて穴を空けました。東京マイルは今日で3戦目、未勝利戦を勝った走り慣れた舞台ということもあったでしょうが、良く頑張ったと思います。

セイウンヴィーナス
父カレンブラックヒル 母マルモリバニー(母の父ダンスインザダーク)
2017年4月13日生 牝3 美浦・本間忍厩舎
5戦1勝(2020年2月15日現在)
クイーンCはミヤマザクラが離れた2番手から抜け出し重賞初制覇_b0015386_23260636.jpg
なお、1番人気のルナシオンは後方侭いいところなく10着に大敗。パドックは2人引きでも普通に落ち着いて周回していましたが、レースはスタートで出遅れ。道中もかかり気味で直線伸びを欠き、全くレースになりませんでした。3番人気のホウオウピースフルは中団侭6着。パドックはルナシオン同様、2人引きでも普通に落ち着いて周回してましたが、レースはスローペースだった過去2戦とは違う早い流れに対応できなかったようで、全く見せ場なく終わりました。共に人気を裏切ってしまったのは残念でした。

それでは最後に見事優勝したミヤマザクラちゃんを掲載します。
クイーンCはミヤマザクラが離れた2番手から抜け出し重賞初制覇_b0015386_23255684.jpg
パドックは、大変落ち着いて力強い踏み込みが目に付き、メンバー中一番良く見えました。
クイーンCはミヤマザクラが離れた2番手から抜け出し重賞初制覇_b0015386_23254938.jpg
鞍上の福永祐一騎手は2004年ダイワエルシエーロ以来となるクイーンC2度目の制覇。レース後のインタビューでは、「次の桜花賞に向けて、初めてのマイルの距離である程度脚をためて最後どれくらいの脚を使ってくれるか計りたかったのですが。不本意なレースになってしまいました。思ったよりスタートも良く、好位置を取れてしまって粘り込む形になり、馬に負担をかける競馬になってしまいました。今日は馬が強かったと思います。」とコメントしていました。
クイーンCはミヤマザクラが離れた2番手から抜け出し重賞初制覇_b0015386_23254074.jpg
勝ち時計はレース史上歴代4位タイの好タイムでした。また、安定した先行力は今後も大きな武器になりそうです。今日は重賞初制覇おめでとうございました!

ミヤマザクラ
父ディープインパクト 母ミスパスカリ(母の父Mr.Greeley)
2017年5月2日生 牝3 芦毛 安平 ノーザンファーム生産 栗東・藤原英昭厩舎
4戦2勝(2020年2月15日現在)
(重賞勝利)2020年クイーンC(GIII)


by Yuuichiro_K | 2020-02-15 23:38 | 20年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2020年 02月 15日

第55回クイーンC(GIII)予想

今日は東京競馬場で牝馬クラシックの登竜門・クイーンC(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前年12月以降に500万下以上のクラス、かつ1600mのレースにおいて3着以内だった馬
   アールクインダム、シャンドフルール
(2)JRAの芝で2勝以上
   アールクインダム、シャンドフルール、ホウオウピースフル

2 消しデータ
(1)前走非重賞6番人気以下で4着以下(ただし、地方馬、地方からの転入馬除く)
   サナチャン、メルテッドハニー、ヤマニンプレシオサ
(2)4着以下が4回以上ある馬で、前走オープン・重賞以外戦で6番人気以下
   メルテッドハニー
(3)芝2戦以上し、前走1800m以下の芝(良)のGIII以下戦で6着以下かつ0.6秒以上敗退の1勝以下馬
   インザムービー、セイウンヴィーナス、メルテッドハニー
(4)4戦以上1勝馬で、前走5番人気以下で10着以下
   サナチャン、メルテッドハニー
(5)前3走内に5着以下が2回以上の2ヵ月以上休養馬(ただし、前3走内に重賞連対又はオープン1着歴ある馬除く)
   メルテッドハニー

3 スピード指数上位馬
(1)マジックキャッスル
(2)チアチアクラシカ
(3)シャンドフルール
(4)インザムービー

☆クイーンC予想
◎マジックキャッスル
○シャンドフルール
▲ホウオウピースフル
△アカノニジュウイチ

本命は、前走ファンタジーS(GIII)で後の2歳女王レシステンシアに次ぐ2着に好走したマジックキャッスルとしました。重賞初制覇を期待します。相手筆頭は好走データ2項目該当、スピード指数も上位のシャンドフルール。単穴に2戦2勝、有馬記念馬ブラストワンピースの半妹の良血馬ホウオウピースフル。おさえに新馬戦の勝ち方が鮮烈だったアカノニジュウイチまで。


by Yuuichiro_K | 2020-02-15 10:24 | データ予想 | Trackback | Comments(0)