人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2020年 02月 13日 ( 1 )


2020年 02月 13日

アルアイン

今日は、2019年12月27日付けで競走馬登録を抹消した2017年皐月賞(GI)、2019年大阪杯(GI)優勝馬アルアイン君を掲載します。

アルアインは、2016年10月に芝1600mでデビュー勝ち。続く千両賞(500万下)も勝ちデビュー2連勝。明け3歳初戦のシンザン記念(GIII)は直線で大きな不利があり6着と初の敗戦を喫しましたが、続く毎日杯(GIII)は2番手から抜け出し重賞初制覇。9番人気で出走した皐月賞(GI)は低評価を覆し1'57'8の皐月賞レコードで見事優勝。鞍上の松山弘平騎手共々、嬉しいGI初制覇を飾りました。ただ、距離が延びた日本ダービー(GI)は5着、セントライト記念(GII)2着、菊花賞(GI)7着と結果を残すことはできませんでした。

4歳時は京都記念(GII)2着、大阪杯(GI)3着、クイーンエリザベス2世C(香G1)5着、オールカマー(GII)2着、天皇賞・秋(GI)4着、マイルCS(GI)3着と大舞台で好走を続けるも未勝利。5歳初戦の金鯱賞(GII)も5着と惜敗が続きましたが、9番人気で挑んだ大阪杯(GI)は好位追走から直線で逃げ粘るキセキを捕らえ優勝。皐月賞以来となる久しぶりの勝利を2度目のGI制覇で飾りました。
ただ、その後はピークを過ぎてしまったのか、同年秋のGIは全て2桁着順の大敗が続き、2019年有馬記念(GI)11着が最後のレースとなりました。
なお、引退後は日高町のブリーダーズ・スタリオン・ステーションで種牡馬入りしました。長い現役生活お疲れさまでした!

また、優勝した皐月賞の勇姿は2017年4月16日の記事をご覧ください。

アルアイン(撮影日2017年4月16日・皐月賞)
父ディープインパクト 母ドバイマジェスティ(母の父Essence of Dubai)
2014年5月1日生 牡6 鹿毛 安平 ノーザンファーム生産 栗東・池江泰寿厩舎
(通算成績)2017年皐月賞(GI)、2019年大阪杯(GI)、2017年毎日杯(GIII)
アルアイン_b0015386_20055646.jpg


by Yuuichiro_K | 2020-02-13 20:06 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)