人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2020年 02月 09日 ( 1 )


2020年 02月 09日

東京新聞杯は牝馬のワンツー、プリモシーンが差し切り重賞3勝目を飾る

今日、東京競馬場では、今年のマイル路線を占う注目の重賞・東京新聞杯(GIII、4歳上・芝1600m)が行われました。
レースは、M.デムーロ騎手騎乗の4番人気プリモシーンが好位6番手追走から直線外鋭く伸び、後方から内を突いて伸びた6番人気シャドウディーヴァに1/2馬身差をつけて優勝しました。
東京新聞杯は牝馬のワンツー、プリモシーンが差し切り重賞3勝目を飾る_b0015386_23134186.jpg
ここ2戦二桁着順が続いていたプリモシーンが見事な復活Vを飾りました

☆東京新聞杯結果
1着 プリモシーン   (M.デムーロ)1'33'0(良)
2着 シャドウディーヴァ(岩 田) 1/2
3着△クリノガウディー (横山典) ハナ
4着▲サトノアーサー  (三 浦) 1 1/2
5着 クルーガー    (S.フォーリー)ハナ

※パドックの個人的な評価は以下の通り(A良い B普通 C平凡)

1 プリモシーン   B
  2人引き、落ち着きないが気合いを表に出すタイプ
2 ヴァンドギャルド  C 
  落ち着きなし
3 モルフェオルフェ  B 
  普通、首高い
4 クルーガー     C
  落ち着きなし
5 サトノアーサー   B
  普通
6 レイエンダ     B
  普通
7 ケンデンスコール  A
  パドックの外目を大きく周回、動き良し
8 スウィングビート  B
  普通
9 レッドヴェイロン  B+
  2人引きでも大変落ち着いて動き良し
10 ロワアブソリュー  C
  落ち着きなし
11 キャンベルジュニア B+
  落ち着いて動き良し
12 シャドウディーヴァ B+
  落ち着いて動き良し
13 クリノガウディー  B
  普通、時折小走り
14 ゴールドサーベラス B 
  2人引き、普通
15 ケイアイノーテック B
  普通、時折小走り
16 ドーヴァー     B
  普通

今年の東京新聞杯は、東京コースを4戦して全て3着以内と得意にしているレッドヴェイロンが単勝2.9倍で1番人気。3連勝中の上がり馬ヴァンドギャルドが単勝3.8倍で2番人気。昨年のエプソムC勝ちのサトノアーサーが単勝7.7倍で3番人気。昨年のヴィクトリアマイル(GI)2着馬プリモシーンが単勝7.8倍で4番人気。一昨年の朝日杯FS(GI)2着馬クリノガウディーが単勝8.7倍で5番人気。この5頭が単勝10倍以下の人気を集め、オッズ的には混戦模様でしたが、勝ったのは上位人気の一角プリモシーンでした。

プリモシーンのパドックは、2人引きでチャカチャカと落ち着きがありませんでしたが、元々気合いを表に出すタイプで、問題はなかったです。レースは好位6番手を追走すると、直線外から上がり33.6秒の末脚を繰り出して、鮮やかに差し切りました。ここ2戦2桁着順が続いていたことから、もうピークを過ぎてしまったと見て、予想は軽視したのですが、まだ衰えてはいませんでしたね。彼女に謝らなければなりません。昨年日本レコード決着だったヴィクトリアマイルでクビ差2着に好走した得意の舞台で、改めて実力を示しました。この内容なら今年もヴィクトリアマイルの有力候補となりそうです。

2着は6番人気のシャドウディーヴァが健闘。パドックは落ち着いて動きも上々、なかなか良く見せていました。レースは後方のインでじっくり脚をためると、直線は上がり33.3秒の末脚を繰り出して、連対を確保しました。岩田康誠騎手得意の内を突くロスのない競馬が光りました。デビュー以来初のマイル戦でしたが、慣れない距離で良く頑張ったと思います。

シャドウディーヴァ
父ハーツクライ 母ダイヤモンドディーバ(母の父Dansili)
2016年2月29日生 牝4 美浦・斎藤誠厩舎
12戦2勝(2020年2月9日現在)
東京新聞杯は牝馬のワンツー、プリモシーンが差し切り重賞3勝目を飾る_b0015386_23131824.jpg
3着は2着馬と同じ伸び盛りの4歳馬・5番人気のクリノガウディーが好走。パドックは時折小走りになる場面もありましたが、イレ込みというほどではなかったです。レースは好位4番手を追走すると、直線で最内を突いて一度は先頭に立つ場面もありましたが、惜しくも最後は上位2頭に差されてしまいました。

クリノガウディー
父スクリーンヒーロー 母クリノビリオネア(母の父ディアブロ)
2016年3月17日生 牡4 栗東・藤沢則雄厩舎
11戦1勝(2020年2月9日現在)
東京新聞杯は牝馬のワンツー、プリモシーンが差し切り重賞3勝目を飾る_b0015386_23130971.jpg
なお、1番人気のレッドヴェイロンは9着に凡走。パドックは2人引きでも落ち着き十分、調子は良さそうに見えたのですが、レースは位置取りが後方となり見せ場なく終わったのは案外でした。2番人気のヴァンドギャルドは6着。パドックはメンバー中、一番落ち着きがなく、あまり良く見えませんでした。案の定、レースはスタートで出遅れて、後方からの競馬となった時点で厳しかったです。3番人気のサトノアーサーは好位5番手追走も、直線伸び一息で4着。いずれも人気を裏切ってしまったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したプリモシーンちゃんを掲載します。
東京新聞杯は牝馬のワンツー、プリモシーンが差し切り重賞3勝目を飾る_b0015386_23130000.jpg
パドックは、いつもどおりチャカついて煩かったですが、馬体は悪くないように見えました。
東京新聞杯は牝馬のワンツー、プリモシーンが差し切り重賞3勝目を飾る_b0015386_23125049.jpg
鞍上のM.デムーロ騎手は、2017年ブラックスピネル以来となる3年振り2度目の東京新聞杯制覇。レース後のインタビューでは「道中の流れは完璧でしたし、内枠から手応え良く自信を持って乗りました。とてもいい切れ味があります。強かったですね。」とコメントしていました。
東京新聞杯は牝馬のワンツー、プリモシーンが差し切り重賞3勝目を飾る_b0015386_23123407.jpg
5歳になりましたが、まだまだ切れ味は健在。今年もマイル路線で目の離せない存在になりそうです。今日は重賞3勝目、本当におめでとうございました!

プリモシーン
父ディープインパクト 母モシーン(母の父Fastnet Rock)
2015年4月27日生 牝5 青鹿毛 安平 ノーザンファーム生産 美浦・木村哲也厩舎
14戦4勝(2020年2月9日現在)
(重賞勝利)2020年東京新聞杯(GIII)、2018年関屋記念(GIII)、フェアリーS(GIII)


by Yuuichiro_K | 2020-02-09 23:18 | 20年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)