人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2020年 01月 31日 ( 1 )


2020年 01月 31日

カゼノコ

今日は、2019年11月20日付けで競走馬登録を抹消した2014年ジャパンダートダービー(JpnI)優勝馬カゼノコ君を掲載します。

カゼノコは2013年8月にデビュー(結果3着)、8戦目の3歳春ダート1800m戦で待望の初勝利。続く毎日杯(GIII)は10着に敗れるも、再びダート戦に戻すと500万下、鳳凰S(OP)を連勝。そして重賞初挑戦となったジャパンダートダービー(JpnI)は、圧倒的人気を集めた南関東の二冠馬ハッピースプリントを最後方待機策から豪快に差し切り見事優勝。管理する野中賢二厩舎と父アグネスデジタルに初のGIタイトルをプレゼントしました。

その後は8歳までダート一筋で走り続け、4歳時には川崎記念(JpnI)とみやこS(GIII)で2着に好走しましたが、残念ながら勝利を挙げることはできず、2019年ラジオ日本賞(OP)4着が最後のレースとなりました。
なお、引退後は東京都世田谷区の馬事公苑で乗馬となりました。長い現役生活、本当にお疲れさまでした!

カゼノコ(撮影日2016年12月29日・東京大賞典)
父アグネスデジタル 母タフネススター(母の父ラグビーボール)
2011年4月6日生 牡9 鹿毛 新ひだか 田中裕之生産 栗東・藤岡範士、野中賢二厩舎
(通算成績)40戦4勝
(重賞勝利)2014年ジャパンダートダービー(JpnI)
カゼノコ_b0015386_22394253.jpg



by Yuuichiro_K | 2020-01-31 22:42 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)