人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2020年 01月 29日 ( 1 )


2020年 01月 29日

モーニン

今日は、2019年11月7日付けで競走馬登録を抹消した2016年フェブラリーS(GI)優勝馬モーニン君を掲載します。

モーニンは、アメリカ生れの外国産馬で2015年5月のダート1400mの3歳未勝利戦をデビュー勝ち。以後もダートの短距離戦を使われ続け、500万下、新涼特別(1000万下)、秋嶺S(1600万下)と4連勝。初の重賞挑戦となった武蔵野S(GIII)は3着と初の敗戦も、翌年初戦の根岸S(GIII)を1番人気の期待に応え重賞初制覇。続くフェブラリーS(GI)は、好位から早めに抜け出し人気のノンコノユメをおさえ1'34'0のレコードタイムで優勝。デビューから282日目のGI制覇は、ダート馬として史上最速記録という快挙を達成しました。

その後は、2018年に韓国に遠征してコリアスプリント(韓G1)を優勝、2019年もフェブラリーSで4着になるなど、主にダートの短距離路線で息の長い活躍を続けましたが、残念ながら国内では2018年コーラルS(OP)の1勝のみに終わり、2019年スワンS(GII)18着が最後のレースとなりました。
なお、引退後は新冠町の優駿スタリオンステーションで種牡馬となりました。長い現役生活、本当にお疲れさまでした!
また、優勝したフェブラリーS優勝時の勇姿は2016年2月21日の記事を、根岸S優勝時の勇姿は2016年1月31日の記事をご覧ください。

モーニン(撮影日2019年2月17日・フェブラリーS)
父Henny hughes 母Giggly(母の父Distorted Humor)
2012年4月14日生 牡4 栗毛 アメリカ・Empire Equines,LLC生産 栗東・石坂正厩舎
(通算成績)28戦8勝
(重賞勝利)2016年フェブラリーS(GI)、2018年コリアスプリント(韓G1)、2016年根岸S(GIII)
モーニン_b0015386_20292081.jpg


by Yuuichiro_K | 2020-01-29 20:35 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)