人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2020年 01月 28日 ( 1 )


2020年 01月 28日

アレスバローズ

今日は、2019年10月30日付けで競走馬登録を抹消した2018年CBC賞(GIII)、北九州記念(GIII)優勝馬アレスバローズ君を掲載します。

アレスバローズは2014年12月にデビュー(結果2着)、3戦目で初勝利。3歳春に芝1200m戦を2連勝すると、その後は一貫して芝のスプリント戦を使われ続けながら、徐々に力をつけ2017年暮れにオープン入り。重賞初挑戦だった2018年シルクロードS(GIII)は11着に敗れたものの、2度目の重賞挑戦となったCBC賞(GIII)を中団から鋭く伸びて1'07'0のレースレコードで優勝。6歳で待望の重賞初制覇を飾りました。続く北九州記念(GIII)ではアグネスワールドの日本レコードに0.1秒差に迫る1'06'6のレースレコードで勝ち、重賞2連勝。2018年サマースプリントシリーズ王者に輝きました。ただ、その後は残念ながら勝利を挙げることはできず、2019年スプリンターズS(GI)10着が最後のレースとなりました。
なお、引退後は新冠町の優駿スタリオンステーションで種牡馬入りしました。非凡なスピードを産駒に上手く伝えてほしいと思います。長い現役生活、本当にお疲れさまでした!

アレスバローズ(撮影日2019年9月29日・スプリンターズS)
父ディープインパクト 母タイセイエトワール(母の父トニービン)
2012年5月14日生 牡8 黒鹿毛 日高 ヤナガワ牧場生産 栗東・角田晃一厩舎
(通算成績)34戦7勝
(重賞勝利)2018年CBC賞(GIII)、北九州記念(GIII)
アレスバローズ_b0015386_20443891.jpg


by Yuuichiro_K | 2020-01-28 20:45 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)