人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2020年 01月 26日 ( 1 )


2020年 01月 26日

AJC杯は、グランプリホース・ブラストワンピースが貫禄勝ち、重賞5勝目を飾る

今日、中山競馬場で行われたAJC杯(GII・4歳上、芝2200m)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気ブラストワンピースが、好位追走から直線内を突いて力強く伸び、2番手から先に抜け出した5番人気ステイフーリッシュに1 1/4馬身差をつけて優勝しました。

☆AJC杯結果
1着○ブラストワンピース(川 田) 2'15'0(稍)
2着 ステイフーリッシュ(C.ルメール) 1 1/4
3着 ラストドラフト  (O.マーフィー)1 3/4
4着◎ミッキースワロー (横山典) 3/4
5着 サトノクロニクル (大 野) 2 1/2

パドックの個人的な評価は以下の通り(A良い B普通 C平凡)

1 ウラヌスチャーム  B
  普通
2 ラストドラフト   B
  普通、時折小走り
3 ミッキースワロー  B
  普通、時折小走り
4 マイネルフロスト  B
  普通
5 スティッフェリオ  B+
  落ち着いて動き良し
6 クロスケ      B
  普通
7 ルミナスウォリアー B
  2人引き、普通
8 グローブシアター  B
  普通
9 ニシノデイジー   B
  普通、時折小走り
10 ステイフーリッシュ B
  普通
11 ブラストワンピース B
  2人引き、普通
12 サトノクロニクル  C
  落ち着きなし

今年のAJC杯(GII)は、凱旋門賞以来の出走となった一昨年のグランプリホース・ブラストワンピースが唯一のGIホースとして出走。1番人気に推されていましたが、見事期待に応え重賞5勝目を飾りました。

ブラストワンピースのパドックは、前々走札幌記念(GII)と比べプラス10キロの546キロ。少し余裕残しの馬体に見えましたが、全く問題なかったですね。レースは昨年のオールカマーを逃げ切っているスティッフェリオが単騎で逃げましたが、ブラストワンピースはそれほど離れされずに好位4・5番手を追走。最後の直線は、最内を突いて先に抜け出したステイフーリッシュを目標にメンバー最速の上がり36.1秒の末脚を繰り出し、きっちり差し切りました。GI馬の底力を見せつける流石の走りを見せてくれました。

2着は5番人気のステイフーリッシュが健闘。パドックは以前のように煩くなく、普通に落ち着いて周回していました。レースは2番手追走の積極策から、直線最内を突くロスのない競馬で重賞4度目の2着好走となりました。なかなか勝ちきれないレースが続きますが、今日のような走りができれば今後もチャンス十分でしょう。

3着は後方から外追い込んできた4番人気のラストドラフト。パドックは気合いを表に出して周回していました。レースは後方から勝ち馬に次ぐメンバー中第2位の上がり36.3秒の末脚で良く伸びてきました。

なお、2番人気のミッキースワローはラストドラフトと併せる形で中団から追い上げるも4着まで。昨年、重馬場のエプソムCで凡走しているように、渋った馬場だと持ち味の切れ味が鈍ってしまうようです。3番人気のスティッフェリオは得意の単騎逃げに持ち込みましたが、後続が早めに迫ってきたこと、直線外に持ち出したのも裏目に出て直線で一杯になり8着に凡走。共に人気を裏切ってしまったのは残念でした。

最後にレース中にマイネルフロストが4コーナーで右第1指関節脱臼のため競争を中止して予後不良となり、残念ながらこの世を去りました。2014年毎日杯(GIII)を勝ち、日本ダービーでも3着に健闘した実力馬のご冥福を心からお祈りいたします。

ブラストワンピース(撮影日2019年5月26日・目黒記念)
父ハービンジャー 母ツルマルワンピース(母の父キングカメハメハ)
2015年4月2日生 牡5 鹿毛 安平 ノーザンファーム生産 美浦・大竹正博厩舎
(通算成績)12戦7勝
(重賞勝利)2018年有馬記念(GI)、2020年AJC杯(GII)、2019年札幌記念(GIII)、2018年新潟記念(GIII)、毎日杯(GIII)
AJC杯は、グランプリホース・ブラストワンピースが貫禄勝ち、重賞5勝目を飾る_b0015386_21441843.jpg


by Yuuichiro_K | 2020-01-26 21:45 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)