愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2018年 10月 13日 ( 2 )


2018年 10月 13日

府中牝馬Sは、ディアドラが人気に応え重賞2連勝を飾る

今日、東京競馬場では11頭中8頭が重賞ウィナーという強豪古馬牝馬が激突した注目の府中牝馬S(GII、3歳上牝・芝1800m)が行われました。
レースは、C.ルメール騎手騎乗の1番人気ディアドラが、後方追走から直線外鋭く伸び、同じく後方から脚を伸ばした2番人気リスグラシューをゴール直前クビ差捕らえて優勝しました。
b0015386_21381253.jpg
残り100mではまだ先頭とは差のあったディアドラ(左端帽子青)でしたが、ここから圧巻の末脚で豪快に差し切りました。

☆府中牝馬S結果
1着◎ディアドラ    (C.ルメール) 1'44'7(良)
2着○リスグラシュー  (M.デムーロ)クビ
3着 フロンテアクイーン(蛯 名) 1/2
4着▲ジュールポレール ( 幸 ) 1 1/4
5着 クロコスミア   (岩 田) 1 1/4

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 クロコスミア    B
  普通
2 フロンテアクイーン B
  2人引き、落ち着きないがいつものこと
3 ソウルスターリング B
  普通
4 ディアドラ     B+
  2人引きでも落ち着いて周回
5 キョウエイゼノビア B
  普通
6 ジュールポレール  B
  普通
7 メイズオブオナー  B
  普通
8 アドマイヤリード  B
  普通
9 カワキタエンカ   B
  普通
10 リスグラシュー   B+
  2人引きでも落ち着いて周回
11 ミスパンテール   B
  落ち着きないがいつものこと

今年の府中牝馬SはGIホース4頭(アドマイヤリード、ジュールポレール、ソウルスターリング、ディアドラ)が出走。中でも前走クイーンS(GIII)を圧勝した前年の秋華賞馬ディアドラが単勝2.3倍で1番人気。東京マイル重賞2勝、GI2着4回のリスグラシューが単勝3.0倍で2番人気。メンバー中唯一のGI2勝馬ソウルスターリングが単勝7.7倍で3番人気。この3頭が単勝10倍以下の人気を集めていましたが、勝ったのは1番人気の期待に応えたディアドラでした。

ディアドラのパドックは、2人引きでも落ち着いて周回していました。レースは、カワキタエンカが1000m通過58.2秒とハイペースで大逃げを打ちましたが、ディアドラは最後方からじっくりレースを進めると、4コーナーでもまだ後方3番手。ディアドラの単複馬券を買っていたので、前に届くのか正直ドキドキでしたが、上がり3ハロン32.3秒の鬼脚を繰り出し、大外一気に先行馬群をまとめて交わし去りました。なお、勝ち時計の1'44'7はムードインディゴが2009年に記録した府中牝馬Sレコードにわずか0.1秒差の好タイム。強豪が揃ったメンバー相手に強さを見せつける素晴らしい走りを見せてくれました。

2着はシルバーコレクター・2番人気のリスグラシューが人気どおりの好走。パドックは2人引きでも落ち着いて周回、気配は上々でした。レースは後方からメンバー2位の上がり32.6秒の素晴らしい末脚で伸びたのですが、勝ち馬がそれ以上の強烈な末脚を繰り出したため、またしても2着(重賞で5回目)と涙を飲みました。今日のところは相手が悪かったとしかいいようがないです。力は出し切ったと思います。

リスグラシュー
父ハーツクライ 母リリサイド(母の父American Post)
2014年1月18日生 牝4 栗東・矢作芳人厩舎
15戦3勝(2018年10月13日現在)
b0015386_21380420.jpg

3着は7番人気のフロンテアクイーンが健闘。パドックは終始小走りで落ち着きがありませんでしたが、これはいつものこと。レースは中団を追走。直線でリスグラシューとジュールポレールの間からしぶとく伸びてきました。彼女も相手なりに走るシルバー・ブロンズコレクターですが、このメンバーでもこれだけ走れるのですから力はありますね。重賞未勝利馬ながらGIホース3頭に先着したのは立派でした。

フロンテアクイーン
父メイショウサムソン 母ブルーボックスボウ(母の父サンデーサイレンス)
2013年4月23日生 牝5 美浦・国枝栄厩舎
22戦2勝(2018年10月13日現在)
b0015386_21375692.jpg

なお、3番人気ソウルスターリングは3番手追走の積極策も直線一杯になり見せ場なく10着に大敗。彼女は早熟馬で、もうピークは過ぎてしまったということでしょう。

それでは最後に優勝したディアドラちゃんを掲載します。
b0015386_21374911.jpg
パドックは、踏み込みの力強さはそれほど感じはありませんでしたが、2人引きでも大変落ち着いて周回、上々の気配に見えました。
b0015386_21374222.jpg
鞍上のC.ルメール騎手は府中牝馬S2度目の制覇。なお、レース後のインタビューでは「今日はすごくいいレースをしました。後ろからで、直線に入ったときには少し心配でした。良馬場で後ろからでは難しいですからね。それでも彼女はずっとリラックスしていて、直線はすごくいい脚を使ってくれました。」とコメントしていました。
b0015386_21371696.jpg
府中牝馬Sは1番人気12連敗中でしたが、ジンクスを破って見事に重賞連勝となりました。今後は香港遠征のようですが、今なら海外G1制覇も夢ではないでしょう。今日は重賞3勝目、おめでとうございました!

ディアドラ
父ハービンジャー 母ライツェント(母の父スペシャルウィーク)
2014年4月4日生 牝4 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・橋田満厩舎
19戦7勝(2018年10月13日現在)
(重賞勝利)2017年秋華賞(GI)、2018年府中牝馬S(GII)、クイーンS(GIII)、2017年紫苑S(GIII)

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-10-13 21:55 | 18年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 13日

第66回府中牝馬S(GII)予想

今日は東京競馬場で国内トップクラス牝馬の精鋭が激突する注目の府中牝馬(GII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)年内にオープンクラスで5着以内に好走かつ前走4コーナー通過順が7番手以内
   カワキタエンカ、ソウルスターリング、ディアドラ、フロンテアクイーン、メイズオブオナー
(2)同年のヴィクトリアマイル8着以内
   アドマイヤリード、ジュールポレール、ソウルスターリング、ミスパンテール、リスグラシュー

2 消しデータ
(1)前3走とも1600m以下戦使用馬(前3走内に年内の芝のGI戦5着内かつ0.3秒内又はGII戦3着内かつ0.2秒内又はGIII戦1着又はオープン戦1馬身以上1着の好走歴がある馬除く)
   アドマイヤリード、キョウワゼノビア
(2)1800m戦2戦以上して連対がない馬(ただし、前走1800~2000mの重賞連対馬除く)
   キョウワゼノビア
(3)東京芝7戦以上して1勝以下
   フロンテアクイーン

3 スピード指数上位馬
(1)リスグラシュー
(2)ジュールポレール
(3)ミスパンテール
(4)ソウルスターリング
(5)ディアドラ

☆府中牝馬S予想
◎ディアドラ
○リスグラシュー
▲ジュールポレール
△カワキタエンカ
△ソウルスターリング
△ミスパンテール

本命は、前走クイーンS(GIII)の勝ちっぷりが鮮やかだった昨年の秋華賞馬ディアドラ。重賞2連勝を期待します。相手筆頭は東京マイルの実績十分のリスグラシュー。単穴に今春のヴィクトリアマイルを制したジュールポレール。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-10-13 08:14 | データ予想 | Trackback | Comments(0)