愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2018年 09月 30日 ( 1 )


2018年 09月 30日

スプリンターズSはファインニードルが豪快に差し切り、春秋スプリントGI連覇達成

今日、中山競馬場では台風の影響であいにくの雨の中、秋の短距離王を決めるスプリンターズS(GI、3歳上・芝1200m)が行われました。レースは、1番人気に推された川田将雅騎手騎乗のファインニードルが、中団追走から直線外から豪快に伸び、2番手追走から早めに抜け出した11番人気ラブカンプーをゴール直前クビ差交わして優勝しました。
b0015386_23371599.jpg
前残りの展開となりましたが、春のスプリント王者ファインニードル(青帽)が流石の末脚で外から鮮やかに差し切りました。

☆スプリンターズS結果
1着◎ファインニードル  (川 田)1'08'3(稍重)
2着 ラブカンプー   (和 田)クビ
3着 ラインスピリット (武 豊)1/2
4着△ダイメイプリンセス(秋 山)クビ
5着△レッツゴードンキ (岩 田)3/4
 
パドックの個人的な評価は以下の通り(A良い B普通 C平凡)
1 ラインスピリット  B
  普通
2 ヒルノデイバロー  B
  普通
3 ワンスインナムーン B+
  落ち着いて動き良し
4 スノードラゴン   B
  普通
5 アレスバローズ   B+
  眼光鋭く、動き良し
6 ダイメイプリンセス B+
  2人引きでも落ち着いて動き良し
7 キャンベルジュニア B
  普通
8 ファインニードル  B+
  落ち着いて力強い動き
9 ラブカンプー    B
  普通
10 レッツゴードンキ  B+
  落ち着いて動き良し
11 セイウンコウセイ  B
  普通
12 ナックビーナス   B+
  落ち着いて動き良し
13 ティーハーフ    B
  普通
14 ラッキーバブルズ  B
  2人引き、普通
15 ムーンクエイク   B
  普通、やや首高い
16 レッドファルクス  B
  普通

今年のスプリンターズSは、国内外のGI馬6頭(スノードラゴン、セイウンコウセイ、ファインニードル、ラッキーバブルズ、レッツゴードンキ、レッドファルクス)が出走。16頭中12頭が重賞ウィナーという好メンバーが揃った一戦となりました。レッドファルクスのGI史上初の3連覇が懸かったレースでもありましたが、人気は今年の高松宮記念(GI)覇者で前哨戦のセントウルS(GII)を制したファインニードル(単勝2.8倍)と同じく前哨戦のキーンランドCを完勝したナックビーナス(単勝3.4倍)の2頭に人気が集中しました。その期待に応え見事勝利したのは、今年国内で無敗の快進撃を続けていた春のスプリント王者ファインニードルでした。

ファインニードルのパドックは、落ち着いて力強い歩様を見せ、気配は良好でした。ただ、大変良く見えたセントウルSのパドックと比べると、他の馬の状態も良かったこともあり1頭抜けて良く見えたわけではなかったです。

レースは、昨年同様、ワンスインナムーンがハナを奪い1000m通過33.0秒と稍重馬場にしてはかなり早いペースで逃げる展開となりましたが、ファインニードルは中団を追走。最後の直線は2番手から先頭に立ったラブカンプーが完全に抜け出したのですが、前走セントウルS同様、外から豪快な末脚を繰り出して一気に交わす実に強い競馬でした。昨年12着に敗れたリベンジを果たし、この1年の成長を改めて見せつけましたね。史上5頭目となる春秋スプリントGI連覇の偉業達成、本当におめでとうございました!

2着は、11番人気の3歳牝馬ラブカンプーが大健闘。パドックは普通に落ち着いて周回していました。彼女はいつも堅実なレースを続けていますが、今日もハイペースの2番手追走から最後までしぶとく粘り込みました。春から休みなくサマースプリントシリーズを使われながらの好走、本当にお見事でした。スプリンターSを勝っている祖父サクラバクシンオーと母の父マイネルラヴの血は、しっかり受け継がれたようで嬉しく思います。

ラブカンプー
父ショウナンカンプ 母ラブハート(母の父マイネルラヴ)
2015年4月11日生 牝3 栗東・森田直行厩舎
13戦2勝(2018年9月30日現在)
b0015386_23370859.jpg

3着は、13番人気の7歳馬ラインスピリットがこちらも大健闘。パドックは普通に落ち着いて周回していました。レースは4番手追走から直線最内を突いてしぶとく伸びてきました。昨日前人未踏の4000勝を達成した武豊騎手、コースロスのない見事なレース運びだったと思います。

ラインスピリット
父スウェプトオーヴァーボード 母リボンストライプ(母の父トニービン)
2011年3月26日生 牡7 栗東・松永昌博厩舎
47戦8勝(2018年9月30日現在)
b0015386_23370195.jpg

なお、2番人気のナックビーナスは3番手追走も直線伸びを欠き7着。パドックは落ち着きもあり気配は上々に見え、位置取りも悪くなかっただけに案外な結果でした。レース後のモレイラ騎手のコメントでは「馬場のせいかバランスが悪かった」とのこと。
3番人気ワンスインナムーンは注文どおりの単騎逃げに持ち込んだものの、ハイペースで逃げたことがたたり6着。共に人気を裏切ったのは残念でした。
また、3連覇を狙ったレッドファルクスは後方2番手から伸び切れず10着に完敗。やはりピークは過ぎた感じです。大記録達成ならず、こちらも残念でした。

それでは、最後に見事優勝したファインニードル君を掲載します。
b0015386_23364927.jpg
パドックは、堂々と落ち着いて周回していました。

b0015386_23364269.jpg
鞍上の川田将雅騎手は、嬉しいスプリンターズS初制覇。レース後のインタビューでは「思いのほか良い流れにならなかったのですが、この馬の力でよくつかまえてくれました。この馬より外に行く馬が多くいたので、どうなるかなと思いましたが、スムーズにやり過ごすことができました。ただ、アレスバローズに取りたい位置を取られてしまい、少し苦しい競馬になりました。4コーナーではあまり良い雰囲気ではありませんでしたが、直線に入ると自分の脚を使い出して、何とか届いてくれと願いながら一緒に頑張って追いました。春に続いて着差は僅かでしたが、GIを勝ち切ってくれたのがこの馬の素晴らしさでしょう。これで春秋のスプリントGIを連覇して、国内のスプリント界で一番強い馬と言えると思います。またゴドルフィンの勝負服で勝つことができて、とても光栄です。」とコメントしていました。
b0015386_23363300.jpg
高橋義忠厩舎もスプリンターズS初制覇となりました。
b0015386_23362643.jpg
同一年の春秋スプリントGI連覇は、フラワーパーク、トロットスター、ローレルゲレイロ、ロードカナロアに続く史上5頭目の快挙となりました。
b0015386_23361917.jpg
最優秀短距離馬のタイトルはこの馬のものでしょう。もはや国内に敵はないだけに、今後は今春惜敗した海外G1制覇を目指してほしいと思います。今日は春秋スプリントGI連覇、本当におめでとうございました!

ファインニードル
父アドマイヤムーン 母ニードルクラフト(母の父Mark of Esteem)
2013年4月26日生 牡5 鹿毛 日高・ダーレー・ジャパン・ファーム(有)生産 栗東・高橋義忠厩舎
27戦10勝(2018年9月30日現在)
(重賞勝利)2018年スプリンターズS(GI)、高松宮記念(GI)、2018年・2017年セントウルS(GII)、2018年シルクロードS(GIII)


[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-09-30 23:43 | 18年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)