愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2018年 09月 17日 ( 2 )


2018年 09月 17日

セントライト記念は得意の先行策でジェネラレウーノが快勝、重賞2勝目を挙げる

今日、中山競馬場で行われた菊花賞トライアル・朝日杯セントライト記念(GII)は、田辺裕信騎手騎乗の4番人気ジェネラーレウーノが、2番手追走から直線早めに抜け出し、中団から追い上げた1番人気レイエンダに1 1/4馬身差をつけて優勝しました。

朝日杯セントライト記念結果
1着△ジェネラーレウーノ(田 辺) 2'12'1(良)
2着▲レイエンダ    (C.ルメール) 1 1/4
3着 グレイル     (岩 田) 1 1/4
4着△ブレステイキング (M.デムーロ)ハナ
5着 オウケンムーン  (北村宏) 1 3/4

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 ギベオン      B+
  落ち着いて力強い動き
2 グレイル      B
  普通
3 ショウナンラーゼン B
  普通、時折小走り
4 ジェネラーレウーノ B+
  いつもより落ち着いて動き良し
5 コズミックフォース B+
  落ち着いて伸びやかな動き
6 ゼーゲン      B
  普通、時折小走り
7 ブレステイキング  B
  普通、時折小走り
8 メイショウロセツ  B
  普通
9 タニノフランケル  B
  普通
10 トラストケンシン  B
  普通
11 ケイティクレバー  B
  普通
12 レイエスプランドル B
  普通
13 ダブルフラット   B+
  パドックの外を大きく周回
14 オウケンムーン   B
  普通
15 レイエンダ     B
  馬体良し、時折小走り

今年のセントライト記念は、前走松前特別(1000万下)勝ち、ダービー馬レイデオロの全弟という良血馬で3戦3勝のレイエンダが単勝1.9倍の圧倒的1番人気。前走夏木立賞(500万下)勝ちのブレステイキングが単勝6.9倍で2番人気。前走NHKマイルC(GI)2着のギベオンが単勝7.1倍で3番人気と、前走日本ダービー出走馬組をさしおいて、日本ダービー非出走馬が人気を集めた一戦となりました。しかし、勝ったのは日本ダービー出走組で、中山では京成杯(GIII)優勝、皐月賞(GI)3着の実績があった実力馬ジェネラーレウーノでした。

ジェネラーレウーノのパドックは、いつもより落ち着いて周回。気性の成長を感じさせ好気配に見えました。レースはタニノフランケルが後続を大きく引き離す大逃げを打ちましたが、ジェネラレウーノは離れた2番手をマイペースで追走。直線で早めにタニノフランケルを捕らえると一気に抜け出して、そのまま後続を寄せ付けず快勝となりました。皐月賞でハイペースで飛ばしながら3着に粘ったように、非凡な先行力で人気馬を完封したのはお見事でした。今後も中山競馬場で行われるレースでは常にマークが必要な存在になりそうです。重賞2勝目おめでとうございました!

2着のレイエンダは、パドックで気合いを表に出して周回。兄同様、見栄えのする好馬体は目立っていました。レースは、中団から良く追い上げ、さすがダービー馬の弟といった感じの力強い末脚を披露しましたが、2着が精一杯でした。勝ち馬に上手く乗られましたね。なお、キングカメハメハ産駒は中山芝2200mの重賞で勝てないデータがあり、血統的に不向きなコースでしたから、力は示したと思います。

3着は7番人気のグレイルが好走。彼は個人的なパドックの特注馬でいつも良く見せる馬ですが、今回は骨折明けということもあり予想(馬券)で軽視したのですが、やはり侮れない馬でした。後方からメンバー最速タイの上がり34.3秒の末脚を繰り出し、きっちり菊花賞の優先出走権を確保したのは見事でした。

なお、2番人気のブレイステイキングはパドックで煩いところを見せていましたが、好位追走も直線伸び一息で4着。3番人気ギベオンは相変わらずパドックの気配は良く見えましたが、好位追走から徐々に後退して13着に大敗。こちらは距離延長が応えた感じ、共に人気を裏切ったのは残念でした。

ジェネラーレウーノ(撮影日2018年4月15日・皐月賞)
父スクリーンヒーロー 母シャンハイロック(母の父ロックオブジブラルタル)
2015年1月27日生 牡3 青鹿毛 日高・新生ファーム生産 美浦・矢野英一厩舎
7戦4勝(2018年9月17日現在)
(重賞勝利)2018年セントライト記念(GII)、京成杯(GIII)
b0015386_16495880.jpg


[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-09-17 16:58 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 17日

第72回セントライト記念(GII)予想

まずは、昨日深夜に行われたフォワ賞(仏G2)出走のクリンチャーですが、逃げ一杯となり最下位6着入線、残念でした。
しかし、本番の凱旋門賞は人気もマークもガタ落ちになる分、気楽に乗ってもらいたいな。

さて、今日は中山競馬場で菊花賞(GI)トライアル・セントライト記念(GII)が行われます。いつもどおり各種データで予想します。

1 好走データ
(1)過去3走以内にJRA芝重賞で1着
   オウケンムーン、ジェネラーレウーノ
(2)前走日本ダービー出走馬
   オウケンムーン、グレイル、コズミックフォース、ジェネラーレウーノ

2 消しデータ
(1)前4走内にGII以下戦・6番人気以下で6着以下かつ0.6秒以上敗退が2回以上あった馬
   ケイティクレバー
(2)前走500万下戦を使用して2馬身以上快勝がない斤量2キロ以上増(ただし、前4走内にオープン~重賞戦3着内歴(0.4秒内)がある馬除く)
   ショウナンラーゼン、メイショウロセツ
(3)右回り2戦以上未勝利の馬(ただし、前3走内にGI戦3着内歴又は右回りの芝の重賞戦3着内歴がある馬除く)
   トラストケンシン
(4)8戦以上2勝以下の馬のうち、前走非重賞戦0.6秒以上敗退馬
   トラストケンシン
(5)前2走内に芝(良・稍重)の2200m以下戦・日本人騎手で10着以下(対古馬重賞戦除く)かつ1.5秒以上敗退歴がある馬
   タニノフランケル
(6)前走日本ダービー(良・稍重)10着以下敗退(ただし、2~3走前に芝(良・稍重)の1800m~2200mの重賞戦で連対歴がある馬除く)
   グレイル

3 スピード指数上位馬
(1)コズミックフォース
(2)ブレステイキング
(3)ギベオン
(4)レイエンダ
(5)ケイティクレバー

☆セントライト記念
◎ギベオン
○コズミックフォース
▲レイエンダ
△ブレステイキング
△ジェネラーレウーノ

本命は、パドックの特注馬・前走NHKマイルC(GI)2着惜敗のギベオンとしました。初の2200m戦ですが芝2000m戦も勝っていますし距離延長もこなしてくれるでしょう。相手筆頭は前走、日本ダービー(GI)3着馬コズミックフォース。単穴に3戦3勝と底を見せていないダービー馬レイデオロの全弟レイエンダ。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-09-17 09:23 | データ予想 | Trackback | Comments(0)