愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2018年 09月 16日 ( 1 )


2018年 09月 16日

ローズSはカンタービレが完勝で重賞2勝目を飾る

今日阪神競馬場で行われた秋華賞トライアル・ローズS(GII)は、C.ルメール騎手騎乗の5番人気カンタービレが2番手から追走から直線早めに抜け出し、後方から追い上げた2番人気サラキアに1 1/4馬身差をつけて優勝しました。

ローズS結果
1着△カンタービレ   (C.ルメール)1'45'7(良)
2着△サラキア     (池 添)1 1/4
3着 ラテュロス    (秋 山)1/2
4着 ゴージャスランチ (横山典)クビ
5着△ウラヌスチャーム (藤岡佑)クビ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 レッドランディーニ B
  普通
2 ウスベニノキミ   B
  普通、時折小走り
3 スカーレットカラー B
  普通
4 ラテュロス     B
  普通、時折小走り
5 サラキア      B+
  落ち着いて動き良し
6 オールフォーラヴ  B+
  プラス22キロでも太め感なし、動き良し
7 センテリュオ    B+
  落ち着いて動き良し
8 サトノワルキューレ A
  相変わらず大変落ち着いて力強い歩様
9 アンコールプリュ  B+
  落ち着いて動き良し
10 フィニフティ    B+
  2人引き、動き良し、時折小走り
11 トーセンブレス   B
  普通、首を小刻みに振る
12 ゴージャスランチ  B+
  落ち着いて力強い動き
13 カンタービレ    B+
  落ち着いて動き良し
14 ウラヌスチャーム  B+
  落ち着いて動き良し
15 レオコックブルー  B
  普通、首高い

今年のローズSは、オークス(GI)1~5着馬が不在。15頭中10頭がディープインパクト産駒という異例のレースとなりました。人気はオークス6着馬サトノワルキューレが単勝3.0倍の1番人気に推されましたが、以下サラキア、オールフォーラヴ、センテリュロ、カンタービレと上位5番人気までが単勝10倍以下と人気は割れました。そんな混戦模様のレースを制したのは、やっぱりディープインパクト産駒・今春フラワーC(GIII)勝ちのある実績馬カンタービレでした。

カンタービレのパドックは落ち着いて動きも良く、好調子に見えました。レースは、ゴージャスランチが1000m通過59.9秒と平均ペースで逃げる展開となりましたが、カンタービレは直後の2番手をスムースに追走。直線はゴージャスランチを交わして一気に抜け出しての完勝となりました。これで1800m戦は3戦3勝、得意の舞台で力を見せつけましたね。本番の秋華賞も楽しみです。

2着は2番人気のサラキアが人気どおりの好走。パドックはフローラS(GII)で見た時同様、落ち着いて伸びやかな動きを見せ、状態は良かったです。レースは中団やや後ろから馬場の真ん中から力強く伸びてきました。前走小倉芝1700mのコースレコードを叩き出したスピードは伊達ではなかったですね。

3着は13番人気の伏兵ラテュロスが大健闘。パドックは今日の出走馬では一番煩かったのですが、気合いを表に出すタイプのようです。レースは最内を突くロスのない競馬で、見事、秋華賞優先出走権を獲得しました。

なお、1番人気のサトノワルキューレは相変わらず好馬体で雰囲気はとても良かったのですが、最後方からの競馬で直線差を詰めるも6着が精一杯。前残りの展開に泣きましたが、血統的にも距離長い方が良いハーツクライ産駒ですし、1800mは距離不足だったようです。3番人気のオールフォーラヴは、プラス22キロでも太め感はなく決して悪いデキには見えなかったのですが、レースは好位4番手から伸びを欠き9着凡走。共に期待を裏切ったのは残念でした。

カンタービレ(撮影日2018年5月20日・オークス)
父ディープインパクト 母シャンロッサ(母の父Galileo)
2015年3月6日生 牝3 鹿毛 浦河・三嶋牧場生産 栗東・中竹和也厩舎
6戦3勝(2018年9月16日現在)
(重賞勝利)2018年ローズS(GII)、フラワーC(GIII)
b0015386_21282250.jpg


[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-09-16 21:31 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)