愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2018年 09月 09日 ( 1 )


2018年 09月 09日

スプリント王の貫禄!セントウルSはファインニードルが人気に応え堂々の連覇

今日、阪神競馬場で行われたスプリンターズS(GI)の前哨戦&サマースプリントシリーズ最終戦・セントウルステークス(GII、3歳上・芝1200m)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気ファインニードルが、中団追走から直線外から力強く伸び、逃げ粘った2番人気ラブカンプーに1 1/2馬身差をつけて優勝しました。

☆セントウルS結果
1着◎ファインニードル (川 田) 1'08'8(重)
2着▲ラブカンプー   (M.デムーロ)1 1/2
3着 グレイトチャーター( 幸 ) 1/2
4着 コウエイタケル  (小 牧) 1/2
5着 ラインスピリット ( 森 ) アタマ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 マッチレスヒーロー B+
  好馬体目に付く
2 ラブカンプー    B+
  連戦の疲れ感じさせない後肢の力強い踏み込み目に付く
3 アドマイヤゴッド  B+
  落ち着いて動き良し
4 コウエイタケル   B
  普通
5 レジーナフォルテ  B
  普通、時折小走り
6 アサクサゲンキ   B
  普通
7 ダイアナヘイロー  B+
  いつもより落ち着いて周回
8 ラインスピリット  B
  普通
9 ネロ        B+
  落ち着いて動き良し
10 フミノムーン    B
  普通、首高い
11 アンヴァル     B
  2人引き、普通
12 ブラヴィッシモ   B
  普通
13 グレイトチャーター B
  普通
14 ファインニードル  A
  筋肉量のある馬体に迫力、大変落ち着いて力強い踏み込み
15 ウインソワレ    B
  普通

今年のセントウルS(GII)は、今年の高松宮記念(GI)の覇者でこのレース連覇を狙うファインニードルが4月以来の休み明けながら単勝3.4倍で1番人気。勝てば逆転でサマースプリントチャンピオンになる3歳馬ラブカンプーが単勝3.9倍で2番人気。レースは人気を集めたこの2頭の争いとなりましたが、勝ったのはGIホースを貫禄を見せつけたファインニードルでした。

ファインニードルのパドックは、落ち着き十分で力強い歩様が目に付き、この日1番良く見えた馬でした。また、テレビモニタから見ても張りのある筋肉に惚れ惚れしてしまったほどで、休み明けを感じさせない本当に素晴らしい気配でした。レースは好スタートからすぐ中団につけると、直線は力強い末脚を繰り出し、先行馬群を楽々捕らえての完勝となりました。
昨年は夏競馬を休みなく使われたこともありスプリンターズSは12着に凡走してしまいましたが、今年は堂々の主役として本番に挑むことになりそうです。春秋スプリント連覇の可能性はかなり高いのではないか感じさせる実に強い競馬を見せてくれました。

2着のラブカンプーもパドックは後肢の踏み込みは力強く、気配は上々でした。レースは積極的にハナを奪って逃げながらも、最後までしぶとく粘りこみました。ただ、勝ち馬には一気に交わされたように、内容は完敗でしたね。

3着は7番人気のグレイトチャーターが健闘。人気はありませんでしたが、前走北九州記念(GIII)に続き、ラブカンプーとわずか0.1秒差の好走、お見事でした。

なお、3番人気のネロは重馬場に強い実績もあり人気を集めていましたが、レースは2番手追走も直線一杯となり6着。期待を裏切ったのは残念でした。

ファインニードル(撮影日2017年10月1日・スプリンターズS)
父アドマイヤムーン 母ニードルクラフト(母の父Mark of Esteem)
2013年4月26日生 牡4 鹿毛 日高・ダーレー・ジャパン・ファーム(有)生産 栗東・高橋義忠厩舎
26戦9勝(2018年9月9日現在)
(重賞勝利)2018年高松宮記念(GI)、2018年・2017年セントウルS(GII)、2018年シルクロードS(GIII)
b0015386_21501882.jpg

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-09-09 21:53 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)