愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2018年 08月 19日 ( 1 )


2018年 08月 19日

札幌記念はGIホース2頭との接戦を制したサングレーザーが重賞3勝目を飾る

今日、札幌競馬場で行われた札幌記念(GII、3歳上・芝2000m)は、福永祐一騎手騎乗の2番人気サングレーザーが中団追走から直線馬群を割って鋭く伸び、後方2番手から追い込んだマカヒキとの接戦をハナ差おさえ優勝しました。

☆札幌記念結果
1着○サングレーザー  (福 永) 2'01'1(稍)
2着△マカヒキ     (C.ルメール) ハナ
3着 モズカッチャン  (M.デムーロ)アタマ
4着 サウンズオブアース(横山典) 1/2
5着 スティッフェリオ (C.ルメール) クビ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 マルターズアポジー   B
  普通
2 サングレーザー     B
  普通
3 アストラエンブレム   B
  普通
4 マイスタイル      B
  普通、時折小走り
5 マカヒキ        B+
  落ち着いて動き良し
6 クロコスミア      B
  普通
7 ゴーフォザサミット   B+
  落ち着いて動き良し
8 ネオリアリズム     B
  普通、首高い
9 サクラアンプルール   B
  普通
10 スティッフェリオ    B
  普通
11 ナイトオブナイツ    B
  2人引き、普通
12 サウンズオブアース   B
  普通
13 スズカデヴィアス    B
  普通
14 ミッキースワロー    B+
  落ち着いて動き良し
15 モズカッチャン     A
  2人引きでも落ち着いて力強い動き
16 アイトーン       C
  2人引き、落ち着きなし

今年の札幌記念は、一昨年の日本ダービー馬マカヒキ、昨年のエリザベス女王杯馬モズカッチャン、クイーンエリザベス2世C(香港G1)馬ネオリアリズムの3頭のGIホースを含む重賞勝ち馬10頭が出走する注目の一戦となりました。そんな好メンバーの激突を制したのは、これまでマイル路線で活躍してきた2番人気サングレーザーでした。

サングレーザーのパドックは、普通に落ち着いて周回していました。レースは中団追走から最後の直線、内の狭いところを割って鋭く伸び、2頭のGIホース・後方2番手から追い上げたマカヒキ、最後方から外一気に伸びたモズカッチャンとの接戦を制しました。2・3着馬よりも有利な内枠を活かしきった鞍上の福永騎手の好騎乗が光りました。なお、サングレーザーにとって2000m戦は2歳時のホープフルS(5着)以来でしたが、2度目の挑戦で見事距離を克服。今年の安田記念馬モズアスコットをマイラーズCでレコードタイムで破るなど実力はGI級だけに、今後はマイル路線だけでなく天皇賞・秋(GI)にぜひ参戦してほしいと思います。

2着は昨年のジャパンC(GI)以来だった1番人気マカヒキが、久しぶりに彼らしい末脚を繰り出してダービー馬健在をアピール。骨折休養明けでしたが、パドックは太め感もなく、しっかりとした踏み込みで、きっちり仕上がっていた印象。正直復活は厳しいかと感じていたので、よく復調したと思います。秋は再び古馬王道路線でダービー馬の名に恥じない走りをぜひ見せて欲しいと思います。

3着は3月のドバイシーマクラシック(首G1)以来の4番人気モズカッチャン。パドックはこの日一番良く見えた馬で、予想は無印でしたが単複馬券勝負してしまったほど。力強い動きが目に付きました。レースは最後方から外一気に伸びて1・2着馬と同タイムという見事な走り。札幌芝2000mは外枠不利なだけに負けて強しの内容で、こちらも秋の活躍が楽しみです。

なお、3番人気のミッキースワローは後方追走で直線前が壁になってしまい追い出すことができず13着に完敗、力を出し切れなかったのは残念でした。

それにしても、ゴール直前は実力馬3頭がほぼ横一戦でゴールする大激戦で、本当にいいレースだった今年の札幌記念でした。

サングレーザー(撮影日2018年6月3日・安田記念)
父ディープインパクト 母マンティスハント(母の父Deputy Minister)
2014年1月13日生 牡4 青鹿毛 安平・追分ファーム生産 栗東・浅見秀一厩舎
15戦7勝(2018年8月19日現在)
(重賞勝利)2018年札幌記念(GII)、マイラーズC(GII)、2017年スワンS(GII)
b0015386_23451018.jpg


[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-08-19 23:49 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)