愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2018年 07月 01日 ( 1 )


2018年 07月 01日

ラジオNIKKEI賞はメイショウテッコンが2連勝で重賞初制覇

今日、福島競馬場で行われたラジオNIKKEI賞(3歳ハンデ、GIII・芝1800m)は、松山弘平騎手騎乗の2番人気メイショウテッコンが、好位3番手追走から直線力強く伸びて、最後方から大外追い込んだ1番人気フィエールマンに1/2馬身差をつけて優勝しました。

☆ラジオNIKKEI賞結果
1着◎メイショウテッコン(松 山)1'46'1(良)
2着 フィエールマン  (石 橋)1/2
3着△キボウノダイチ  (戸 崎)3/4
4着 マイハートビート (石 川)1 1/4
5着 エイムアンドエイム(柴田大)ハナ

※ パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 ロードアクシス   B
  普通
2 メイショウテッコン B
  落ち着きないが、いつものこと
3 キューグレーダー  B+ 
  落ち着いて動き良し
4 マイハートビート  B
  普通、首高い
5 ケイティクレバー  C
  落ち着きなし
6 フィエールマン   A
  落ち着いて伸びやかな動き
7 キボウノダイチ   B
  普通
8 エイムアンドエンド B
  普通
9 マルターズルーメン B
  普通
10 イェッツト     B
  普通
11 シセイヒテン    B
  普通
12 ロードライト    B
  普通、時折小走り
13 グレンガリー    B
  普通、時折小走り

前走、白百合S(OP)を鮮やかに逃げ切ったメイショウテッコンが、今日は3番手から抜け出す危なげない競馬で見事重賞初制覇を飾りました。
メイショウテッコンのパドックは、落ち着きがありませんでしたが、これはいつものこと。気合いを表に出すタイプのようで多少煩くても問題ありませんでした。レースはキボウノダイチが1000m通過58.7秒と平均より早いペースで逃げる展開となりましたが、道中は行きたがる馬を松山騎手が懸命になだめながら3番手を追走。直線は内で逃げ粘るキボウノダイチをきっちり競り落としての快勝となりました。梅花賞で青葉賞2着・ダービー4着のエタリオウに先着した実績があるように実力は重賞級だったということでしょう。

2着は1番人気のフィエールマン。パドックは落ち着き十分、伸びやかな動きが目に付き、予想で無印でしたが思わず単複勝負をしてしまったほど、とても良く見えました。ただ、レースはスタートでダッシュがつかず最後方に置かれる厳しい展開になりましたが、短い直線を大外一気に伸びて勝ち馬に1/2馬身差まで迫った末脚は迫力十分、負けて強しの内容でした。

激しい気性をものともせず勝ったメイショウテッコンと、ディープインパクト産駒らしい鬼脚を見せた2着馬フィエールマンの強さが印象に残った今年のラジオNIKKEI賞でした。

メイショウテッコン
父マンハッタンカフェ 母エーシンベロシティ(母の父Lemon Drop Kid)
2015年4月17日生 牡3 青鹿毛 新ひだか・下屋敷牧場生産 栗東・高橋義忠厩舎
7戦4勝(2018年7月1日現在)
(重賞勝利)2018年ラジオNIKKEI賞(GIII)

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-07-01 22:11 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)