愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2018年 03月 04日 ( 1 )


2018年 03月 04日

2歳王者の貫禄!弥生賞はダノンプレミアムが無敗対決を制し4連勝で皐月賞に王手

今日、中山競馬場で行われた皐月賞トライアル・弥生賞(GII、3歳・芝2000m)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気ダノンプレミアムが、2番手追走から直線力強く伸びて、中団から追い込んだ2番人気ワグネリアンに1 1/2馬身差をつけて優勝しました。

☆中山記念結果
1着○ダノンプレミアム(川 田) 2'01'2(良)
2着◎ワグネリアン  (福 永) 1 1/2
3着△ジャンダルム  (武 豊) 1/2
4着 サンリヴァル  (藤岡佑) ハナ
5着 リビーリング  (戸 崎) 3

※ パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い B普通 C平凡)

1 オブセッション   B+
  落着いて伸びやかな歩様
2 アウラン      B
  普通
3 ジャンダルム    B
  普通、時折小走り
4 リビーリング    C
  2人引き、落ち着きなし
5 ヘヴィータンク   B+
  初出走でも落ち着いて力強い歩様
6 アサクサスポット  B+
  2人引き、好馬体目に付く
7 トラストケンシン  C
  2人引き、落ち着きなし
8 ワグネリアン    B
  2人引き、落ち着きないが前走東京スポーツ杯2歳Sと同じような雰囲気
9 ダノンプレミアム  B
  2人引き、時折小走りになるなどサウジアラビアRCの時より煩い
10 サンリヴァル    B
  普通

今年の弥生賞は、前走朝日杯FS(GI)をレコード勝ちした3戦3勝の2歳王者ダノンプレミアムが単勝1.8倍で1番人気。前走東京スポーツ杯2歳S(GIII)を3馬身差で圧勝した3戦3勝のワグネリアンが単勝3.6倍で2番人気。前走シクラメン賞(500万下)を2歳レコード勝ちした2戦2勝のオブセッションが単勝4.7倍で3番人気。この3頭が単勝5倍以下の人気を集め、底を見せていない3頭の無敗対決が大注目のレースとなりましたが、終わってみれば1番人気に推されたダノンプレミアムの強さが断然光った一戦となりました。

ダノンプレミアムのパドックは、いつになく落ち着きがなく、正直それほど良いとは思えませんでした。しかし、レースは逃げたサンリヴァルの離れた2番手をそれほど掛かることなくスムースに追走。4角で早々と射程圏に捕らえると馬場の良い外めに進路をとる余裕十分の走りで一気に抜け出しての完勝となりました。素質馬が集結したレースを制し、本番の皐月賞(GI)も1番人気になるのは間違いないでしょう。無敗の快進撃がどこまで続くのか、今後の走りが本当に楽しみです。

2着は2番人気のワグネリアン。パドックは終始小走りで落ち着きがありませんでしたが、前走と同じような雰囲気でした。レースは5番手を追走、直線メンバー最速の上がり33.7秒の末脚を繰り出すもダノンプレミアムの影を踏むことはできませんでした。ただ、皐月賞はともかく、直線の長い日本ダービーではダノンプレミアムの脅威になりそうだと思わせる走りを見せてくれたと思います。

3着は4番人気のジャンダルム。パドックは、時折小走りになるもイレ込みという感じではなかったです。レースは好位追走から4角で3番手に上がりましたが、逃げ粘るサンリヴァルを交わすのが精一杯で勝ち馬には突き放され、ワグネリアンに差し込まれてしまいました。武豊騎手は完璧なレース運びをしていただけに、2強には完敗の内容でした。

なお、3番人気のオブセッションは、パドックで3強の中で一番落ち着いて良く見せていましたが、レースは4コーナーで大きく膨れるロスもあって7着に完敗。若さを露呈して全く勝負になりませんでした。ただ、将来性はあると思うので、なんとか巻き返してもらいたいです。

ダノンプレミアム(撮影日2017年10月7日・サウジアラビアRC)
父ディープインパクト 母インディアナギャル(母の父Intikhab)
2015年4月3日生 牡3 青鹿毛 新ひだか・ケイアイファーム生産 栗東・中内田充正厩舎
4戦4勝(2018年3月4日現在)
(重賞勝利)2017年朝日杯FS(GI)、2018年弥生賞(GII)、2017年サウジアラビアRC(GIII)
b0015386_22254156.jpg


[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-03-04 22:34 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)