愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2018年 02月 25日 ( 1 )


2018年 02月 25日

中山記念は、ウインブライトがGI馬3頭を退け快勝、重賞3勝目を飾る

今日、中山競馬場で行われた中山記念(GII、4歳上・芝1800m)は、松岡正海騎手騎乗の2番人気ウインブライトが、4番手追走から直線力強く伸び、2番手追走から粘り強く伸びた5番人気アエロリットをクビ差おさえて優勝しました。

☆中山記念結果
1着◎ウインブライト  (松 岡) 1'47'6(良)
2着△アエロリット   (横山典) クビ
3着△マルターズアポジー(柴田善) アタマ
4着 サクラアンプルール(蛯 名) 1 1/4
5着▲ペルシアンナイト (M.デムーロ)クビ

※ パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い B普通 C平凡)

1 マイネルサージュ  B
  普通
2 サクラアンプルール B
  普通
3 ヴィブロス     B
  2人引き、普通
4 ペルシアンナイト  A
  落ち着いて歩様力強い
5 ウインブライト   B+
  以前よりも落ち着いて力強い踏み込み
6 マイネルハニー   B   
  普通
7 ディサイファ    B
  普通
8 マルターズアポジー B
  小走りで落ちつきないがいつものこと
9 ショウナンバッハ  B
  普通
10 アエロリット    B
  2人引き、時折小走り

今年の中山記念は、10頭立てながらGIホース3頭を含む重賞勝ち馬8頭が出走。大阪杯(GI)、ドバイ遠征に向けて注目のレースとなりました。人気は昨年のマイルCS(GI)の覇者ペルシアンナイトが単勝2.1倍で1番人気。以下、ウインブライト、ヴィブロス、サクラアンプルール、アエリロットが単勝10倍以下の人気を集め、混戦模様のオッズとなっていましたが、勝ったのは上位人気の一角、2番人気ウインブライトでした。

ウインブライトのパドックは、以前は煩いところのあった馬でしたが、今日も前走中山金杯(GIII)の時と同様、ほとんどチャカつくことなく、落ち着いて力強い歩様で周回。GIホースに混じっても遜色ない好気配に見えました。レースはマルターズアポジー、アエロリット、ディサイファに続く4番手を追走。4コーナー手前で先行馬の直後まで追い上げると、直線は逃げ粘るマルターズアポジーを目標に力強く伸びて、きっちり差し切りました。これで中山1800mは3戦3勝、得意の舞台とはいえ、GIホース相手に快勝したことで今後が楽しみです。重賞3勝目、おめでとうございました!

2着は2番手追走から粘った5番人気のアエロリット。パドックは2人引きで小走りになるなど煩かったですが、気合いを表に出すタイプでいつものこと。レースは逃げたマルターズアポジーの2番手追走から、直線は早々とウインブライトに交わされたのですが、内からもう一度懸命に伸びて逃げたマルターズアポジーとの接戦を制しました。秋華賞以来の休み明けでしたが、上手く立ち回ってGI馬の底力を見せてくれたと思います。

3着は逃げ粘った6番人気のマルターズアポジーが健闘。パドックは一番落ち着きがなかったですが、こちらもいつものこと。同型のマイネルハニーが出遅れたことで単騎逃げとなり、後続を大きく離しながらも1000m通過は59.2秒と彼にとっては楽なペース。最後の直線も余力十分でした。ウインブライト、アエロリットには差されたものの、最後まで良く粘りました。

なお、1番人気のペルシアンナイトは、休み明けでもパドックは力強い歩様を見せ、大変良く見せていたのですが、前残りの展開にもかかわらず最後方からの競馬では厳しかったです。メンバー中最速の上がり34.4秒で追い込むも5着が精一杯でした。3番人気のヴィブロスは8着。前走引っかかったことから、折り合いに専念する感じで後方からの競馬となって、前年同様上位争いできませんでした。共に人気を裏切ったのは残念でした。

ウインブライト(撮影日2017年10月8日・毎日王冠)
父ステイゴールド 母サマーエタニティ(母の父アドマイヤコジーン)
2014年5月12日生 牡4 芦毛 新冠・コスモヴューファーム生産 美浦・畠山吉宏厩舎
12戦5勝(2018年2月25日現在)
(重賞勝利)2018年中山記念(GII)、2017年スプリングS(GII)、福島記念(GIII)
b0015386_20174392.jpg

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-02-25 20:22 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)