愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2018年 02月 17日 ( 3 )


2018年 02月 17日

第35回フェブラリーS(GI)予想

明日は、いよいよ今年の中央競馬のGI開幕戦!東京競馬場で冬のダートマイル王決定戦・フェブラリーS(GI)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前年のチャンピオンズCで0.5秒差以内
   ゴールドドリーム
(2)前走ダート1400m以上の重賞で1着、かつ過去に東京ダート1600mの重賞で3着以内
   ノンコノユメ
(3)過去1年以内に左回りの芝・ダート1600m以上のGIで5着以内、かつ前年10月以降にダート1400m以上の重賞で1着
   インカンテーション、ゴールドドリーム、テイエムジンソク
(4)前年10月以降にダートのGIで3着以内、かつ過去にダート1600mの重賞もしくはダートGIで1着
   アウォーディー、ケイティブレイブ、ゴールドドリーム、サウンドトゥルー、テイエムジンソク、ニシケンモノノフ

2 消しデータ
(1)前走1400m以下戦、斤量57キロ以下で0.2秒以上敗退馬
   キングズガード、ノボバカラ
(2)前2走とも1600m未満戦出走馬で1600~1800m戦未勝利馬
   ニシケンモノノフ
(3)東京ダートを2回以上走って連対がない馬
   ケイティブレイブ、メイショウスミトモ
(4)前走GIII以下戦、斤量57キロ以下で体重増減10キロ未満の範囲内で敗退の6歳以上
   キングズガード、ノボバカラ
(5)10月以降に1600m以上戦で1着歴がない8歳以上馬
   アウォーディー、ベストウォーリア
(6)前3走ともダート戦使用馬のうち、3走前に重賞戦1着がなく、前2走ともGIII以下戦敗退馬
   サンライズノヴァ、ノボバカラ
(7)前2走ともダート戦で6着以下(ただし、3走前にダートのJRA重賞戦連対又は交流重賞2馬身以上1着歴ある馬除く)
   キングズガード、ノボバカラ、ベストウォーリア
(8)1600mを4戦以上して連対が1回以下
   ニシケンモノノフ
(9)前走1200m以下戦使用馬(ただし、前2・3走前に1600m以上戦1着歴ある馬除く)
   ニシケンモノノフ、レッツゴードンキ
(10)前走1400m以下戦使用馬のうち、1600m以上戦で連対歴がなかった馬
   キングズガード、ニシケンモノノフ

3 スピード指数上位馬(地方馬除く)
(1)テイエムジンソク
(2)ゴールドドリーム
(3)ベストウォーリア
(4)アウォーディー
(5)ロンドンタウン
(6)インカンテーション

☆フェブラリーS予想
◎ゴールドドリーム
○テイエムジンソク
▲インカンテーション
△サンライズノヴァ
△ロンドンタウン

本命は東京コース4戦3勝2着1回と崩れたことがない昨年王者ゴールドドリームとしました。史上2頭目の連覇を期待します。相手筆頭はゴールドドリームとチャンピオンズCで接戦を演じたテイエムジンソク。単穴に昨年同舞台の武蔵野S(GIII)勝ちのインカンテーション。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-02-17 23:35 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 17日

ダイヤモンドSは古豪フェイムゲームが3度目の制覇&重賞6勝目を飾る

今日、東京競馬場では、天皇賞・春(GI)に向けて注目のステップレース・ダイヤモンドS(GIII・ハンデ、芝3400m)が行われました。
レースは、C.ルメール騎手騎乗の1番人気フェイムゲームが、後方追走から直線外力強く伸びて、中団追走から内を突いて伸びた5番人気リッジマンに1 3/4馬身差をつけて優勝しました。
b0015386_22182300.jpg
8歳になっても元気いっぱい!フェイムゲームが同一重賞レース3勝目の快挙達成となりました。

☆ダイヤモンドS結果
1着◎フェイムゲーム  (C.ルメール)3'31'6(良)
2着 リッジマン    (蛯 名)1 3/4
3着▲ソールインパクト (福 永)1 1/4
4着 リッチーリッチー (内 田)クビ
5着△プレストウィック (戸 崎)クビ

※ パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い B普通 C平凡)

1 リッジマン     B
  普通
2 ハッピーモーメント B+
  落ち着いて力強い動き
3 プレストウィック  B+
  落ち着いて伸びやかな動き
4 ラブラドライト   B
  普通
5 ホウオウドリーム  B+
  時折小刻み首を振るも動き良し
6 ソールインパクト  B
  普通
7 リッチーリッチー  C
  2人引き、落ち着きなし
8 レジェンドセラー  B
  2人引き、時折小走り
9 トウシンモンステラ B
  普通
10 ダウンザライン   B
  普通
11 サイモントルナーレ B
  普通
12 グランアルマダ   B
  普通
13 トレジャーマップ  C
  落ち着きなし
14 フェイムゲーム   B+
  首高いが、相変わらず堂々と周回

今年のダイヤモンドS(GIII)は、過去同レースを2勝2着1回と得意としている古豪フェイムゲームがメンバー中唯一の重賞勝ち馬として出走。当然、トップハンデを背負いながらも人気を集めましたが、期待に応え見事貫禄勝ちとなりました。

フェイムゲームのパドックは、落ち着いて堂々と周回、好調子だったと思います。レースはいつもどおり後方でじっくり脚をためると、最後の直線外からメンバー中最速の上がり35.3秒の末脚を繰り出して一気に差し切りました。8歳になっても衰え知らずの素晴らしい走り、本当にお見事でした。

2着は、5番人気のリッジマンが健闘。パドックは特に目立つ感じはありませんでしたが落ち着いて周回していました。レースは中団追走から直線でメンバー中2番目の上がり35.7秒の末脚で伸びてきました。52キロの軽ハンデに恵まれた面もあったと思いますが、長距離戦得意のベテラン蛯名騎手の好騎乗も光りました。

リッジマン
父スウェプトオーヴァーボード 母アドマイヤモンロー(母の父Cearleon)
2013年5月25日生 牡5 栗東・床野靖志厩舎
21戦4勝(2018年2月17日現在)
b0015386_22181343.jpg

3着は、6番人気のソールインパクト。パドックは普通に落ち着いて周回していました。レースは2着馬と同じような位置から直線しぶとく伸びました。前年のアルゼンチン共和国杯(GII)2着になるなど東京コースはこれで(2.1.6.3)と安定した成績。得意の舞台で前走日経新春杯11着大敗から巻き返しました。

ソールインパクト
父ディープインパクト 母クリームオンリー(母の父Exchange Rate)
2012年1月31日生 牡6 美浦・戸田博文厩舎
34戦4勝(2018年2月17日現在)
b0015386_22180552.jpg
なお、2番人気のホウオウドリーム(7着)、3番人気のレジェンドセラー(10着)は、共にルーラシップ産駒の4歳馬ということで人気を集めたものの、いいところなく完敗。
ホウオウドリームはフェイムゲームをマークするようにレースを進めましたが、直線は逆に突き放され完全に力負けでした。
レジェンドセラーはパドックでやや落ち着きがなく長距離戦ですし、不安を感じたのですが、案の定2番手追走も直線一杯となってしまいました。共に期待に応えられなかったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したフェイムゲーム君を掲載します。
b0015386_22175741.jpg
パドックは、以前は2人引きでないと抑えきれないくらい気合いを表に出すタイプでしたが、今日は1人引きで、落ち着いて周回。ベテランの貫禄といった感じで良い雰囲気でした。
b0015386_22174867.jpg
鞍上のC.ルメール騎手は、2007年トウカイトリック以来、11年振り2度目のダイヤモンドS勝ち。レース後のインタビューでは「強かったですね。8歳ですが頑張ってくれました。福永騎手の馬(ソールインパクト)をマークして行って、直線はそれほど反応は速くなかったのですが、スタミナがあってラスト200mからもう1回伸びました。」とコメントしていました。
b0015386_22173354.jpg
ダイヤモンドS3勝目はもちろん史上最多記録。8歳になってもまだまだ長距離戦なら戦えそうです。これで重賞6勝目、本当におめでとうございました!

フェイムゲーム
父ハーツクライ 母ホールオブフェーム(母の父アレミロード)
2010年5月11日生 騸8 青鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 美浦・宗像義忠厩舎
28戦7勝(2018年2月17日現在)
(重賞勝利)2017年目黒記念(GII)、2014年アルゼンチン共和国杯(GII)、2018年・2015年・2014年ダイヤモンドS(GIII)、2013年京成杯(GIII)

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-02-17 22:23 | 18年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 17日

第68回ダイヤモンドS(GIII)予想

今日は、東京競馬場で天皇賞・春(GI)に向けて注目の長距離レース・ダイヤモンドS(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前走5着内かつキャリア18戦以下かつ4コーナー3番手以下
   ホウオウドリーム
(2)ハンデ57キロ以上
   フェイムゲーム

2 消しデータ
(1)2ヵ月以上の休養馬のうち、前3走内にGI戦5着内又はGII戦3着内又はGIII連対歴がない馬
   ハッピーモーメント、リッチーリッチー
(2)前4走とも条件以下戦を使用し、前走斤量56キロ(牝馬55キロ)以下で1000万下以下戦敗退又は1着も1馬身未満辛勝馬
   ダウンザライン
(3)前走芝の準オープン~オープン戦で1.5秒以上敗退
   サイモントルナーレ、トウシンモンステラ、ラブラドライト
(4)前2走とも1000万下以下戦を使用し、その2走内に6着以下敗退歴がある馬
   ダウンザライン

3 スピード指数上位馬
(1)ラブラドライト
(2)フェイムゲーム
(3)プレストウィック
(4)リッチーリッチー
(5)ソールインパクト

☆ダイヤモンドS予想
◎フェイムゲーム
○ホウオウドリーム
▲ソールインパクト
△プレストウィック

本命は、前走ステイヤーズS(GII)2着と衰え知らずの実力を示した古豪フェイムゲームとしました。2014年・2015年に続く3度目の制覇を期待します。相手筆頭は好調の4歳馬・名牝メジロドーベルの子ホウオウドリーム。単穴に昨秋アルゼンチン共和国杯(GII)2着の実績が侮れないソールインパクト。おさえに前走ステイヤーズS3着のプレストウィックまで。 
   

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-02-17 09:23 | データ予想 | Trackback | Comments(0)