愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2018年 01月 08日 ( 1 )


2018年 01月 08日

シンザン記念は、アーモンドアイが大外一気に差し切り、ロードカナロア産駒重賞初制覇

今日、京都競馬場では、3歳マイル重賞・シンザン記念(GIII・芝1600m)が行われました。
レースは、戸崎圭太騎手騎乗の1番人気アーモンドアイが後方2番手追走から直線大外鋭く伸び、2番手から早めに抜け出した7番人気ツヅミモンに1 3/4馬身差をつけてクビ差交わして優勝しました。

☆シンザン記念結果
1着 アーモンドアイ  (戸 崎) 1'37'1(稍重)
2着 ツヅミモン    (秋 山) 1 3/4
3着○カシアス     (浜 中) クビ
4着◎ファストアプローチ(M.デムーロ)2 1/2
5着 カフジバンガード (藤岡康) 1/2

パドックの個人的な評価は以下の通り(A良い B普通 C平凡)

1 スターリーステージ B
  普通、体細く見える
2 ファストアプローチ B+
  落ち着いて力強い動き
3 アーモンドアイ   B+
  落ち着いて踏み込み力強い
4 ベルガド      B
  普通
5 マイネルエメ    C
  落ち着きなし
6 ブランモンストル  B
  普通
7 ツヅミモン     B
  普通
8 プリュス      B
  普通
9 カフジバンガード  B+
  落ち着いて動き良し
10 ヒシコスマー    B
  普通
11 カシアス      B
  普通

今年のシンザン記念はあいにくの雨となり、稍重馬場発表とはいえ、時計のかかるコンディションとなりました。人気は、前走未勝利戦を圧勝した関東牝馬アーモンドアイが単勝2.9倍の1番人気。札幌2歳S(GIII)2着のファストアプローチが単勝3.1倍の2番人気。東京スポーツ杯2歳S(GIII)4着&前走こうやまき賞(500万下)勝ちのカフジバンガードが単勝6.6倍の3番人気。函館2歳S優勝馬カシアスが単勝7.5倍の4番人気。この4頭が単勝10倍以下の人気を集めましたが、断然の末脚を繰り出して勝ったのは1番人気に推されたアーモンドアイでした。

アーモンドアイのパドックは、落ち着いて踏み込みも力強く、なかなか良く見えました。レースはスタートで出遅れて後方2番手からの競馬となりましたが、直線大外に持ち出すと、メンバー中最速の上がり34.4秒の末脚を爆発させて、先行して抜け出したツヅミモンとカシアスを並ぶ間もなく一気に差し切る圧巻の走りを見せてくれました。
なお、彼女の父ロードカナロアは産駒重賞初制覇。血統も母がエリザベス女王杯勝ちのフサイチパンドラという良血馬。牝馬がシンザン記念を勝つのは2012年ジェンティルドンナ以来、関東馬の勝利も2010年ガルボ以来の快挙ということで、今後の活躍が本当に楽しみです。また、鞍上の戸崎圭太騎手は中山金杯、フェアリーS、シンザン記念と破竹の重賞3連勝、これまたお見事でした。

アーモンドアイの強さばかりが目立ったレースでしたが、7番人気2着のツヅミモンもキャリア1戦ながら、2番手追走からしぶとく粘り、逃げた函館2歳S馬カシアスに競り勝ったのは立派でした。

アーモンドアイ
父ロードカナロア 母フサイチパンドラ(母の父サンデーサイレンス)
2015年3月10日生 牝3 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 美浦・国枝栄厩舎
3戦2勝(2018年1月8日現在)
(重賞勝利)2018年シンザン記念(GIII)

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-01-08 17:14 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)