愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2018年 01月 01日 ( 1 )


2018年 01月 01日

2018年もよろしくお願いします!(2018年競馬界の注目馬)

新年が明けました。今日の東京は気持ちの良い冬晴れ、比較的暖かい穏やかな陽気でした。
そして、早速ご訪問いただいた皆様、いつも本当にありがとうございます^^
今年も平日はGIレースのサラブレッドのパドック写真を、土曜日は重賞予想、日曜日はレース回顧、月曜日は予想結果分析を掲載していきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。
今日は、年の初めということで、現時点における今年の3歳クラシックと古馬戦線の注目馬を書いておこうと思います。

1 3歳牡馬路線
  例年以上のハイレベルな争いになりそうで今からワクワクしています。特に共に無傷の3連勝の2頭、朝日杯FS(GI)を制したダノンプレミアムと東京スポーツ杯2歳S(GIII)を制したワグネリアンは底を見せておらず相当強そう。他にもホープフルS(GI)優勝馬タイムフライヤー、そのタイムフライヤーを京都2歳S(GIII)で破っているグレイル。ワグネリアンと新馬戦で互角の競馬をしたヘンリーバローズ、シクラメン賞で1'45'6と破格の時計で勝った藤沢和雄厩舎のオブセッションと多士済々。彼らの激突が本当に楽しみです。

2 3歳牝馬路線
  阪神FS(GI)を完勝したラッキーライラックが主役か。オルフェーヴル産駒ならオークスも大丈夫そうですし、このまま石橋脩騎手とのコンビでクラシック路線を歩んでもらいたいです。

3 古馬スプリント路線
  スプリンターズS(GI)連覇のレッドファルクスは7歳ですし、今年は世代交代か。4歳馬のレーヌミノル、サングレーザーに期待。

4 古馬マイル路線
  マイルCSで接戦を演じたペルシアンナイトとエアスピネルが2頭が現時点のトップ。スプリント路線で注目馬に挙げたレーヌミノルとサングレーザーもマイルまでなら。

5 古馬中長距離路線
  キタサンブラック引退で、新たな主役候補は昨年のダービー1・2着馬レイデオロとスワーヴリチャード。サトノダイヤモンド、サトノクラウンの復活も期待したい。ジャパンC勝ちのシュヴァルグランは今年も長距離路線で主役候補。

6 ダート路線
  昨年のJRAダート春秋制覇のゴールドドリームはまだ5歳で引き続き主役になりそう。ケイティブレイブ、サウンドトゥルー、テイエムジンソクも強い馬ですが、秋にはレベルの高い3歳馬が出てきそうな予感がします。

7 障害路線
  障害重賞8連勝中の絶対王者オジュウチョウサンが不動の主役。彼に勝てる馬は現れるのか。それが最大の注目。

今日は、2017年牡馬クラシック候補の1頭、ワグネリアン君をいつもより大きめのサイズで掲載します。個人的には昨年のダービー1番人気3着のアドミラブルと似たタイプ(父ディープインパクト、気性はまだ幼いが末脚が切れる)で伸びしろがありそうだと感じております。

ワグネリアン(撮影日2017年11月18日・東京スポーツ杯2歳S)
父ディープインパクト 母ミスアンコール(母の父キングカメハメハ)
2015年2月10日生 牡3 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・友道康夫厩舎
3戦3勝(2018年1月1日現在)
(重賞勝利)2017年東京スポーツ杯2歳S(GIII)
b0015386_22063082.jpg




[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-01-01 22:09 | ごあいさつ | Trackback | Comments(0)