愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2017年 12月 31日 ( 1 )


2017年 12月 31日

2017年もたくさんのご訪問、ありがとうございました!

2017年もあとわずかになりました。
今日は、今年、印象に残った競馬界の話題を振り返りたいと思います。

騎手の話題としては、今年も外国人ジョッキーの活躍が光りました。199勝を挙げ外国人騎手として初のリーディングジョッキーとなったC.ルメール騎手と史上最多タイのGI6勝を挙げたM.デムーロ騎手の2人は特に素晴らしかったです。また、2年目の藤田菜七子騎手が女性ジョッキー年間最多勝記録を更新し、12勝を挙げたのも嬉しいニュースでした。昨年も書いたけど、来年こそ日本人騎手のより一層の奮起を期待したいです。

3歳クラシック路線では、名門・藤沢和雄厩舎のレイデオロ(日本ダービー優勝)とソウルスターリング(オークス優勝、桜花賞3着)が春の大一番を制覇。特に藤沢厩舎の悲願のダービー制覇は、長年のファンとして嬉しかったですねえ。

競走馬の話題としては、昨年の年度代表馬キタサンブラックが、大阪杯、天皇賞(春・秋)、有馬記念を勝ちGI4勝。昨年以上の活躍を見せてくれました。
また、昨年の最優秀障害馬オジュウチョウサンは、骨折のアクシデントがありながら、昨年に続き障害JGI春秋連覇。しかも障害重賞8連勝の快挙を達成。
ダート部門はゴールドドリームが史上3頭目の春秋JRAダートGI制覇。コパノリッキーが史上最多のGI(級)11勝を挙げたのも素晴らしかったです。
海外競馬では、昨年の秋華賞馬ヴィブロスがドバイターフ(首G1)、ネオリアリズムがクイーンエリザベス2世C(香G1)、オーストラリアに移籍したトーセンスターダムがトゥーラックハンデキャップ(豪G1)を優勝。今年も海外で日本馬が大レースを制したのは嬉しかったですね。

なお、キタサンブラックとコパノリッキーは共に日高・ヤナガワ牧場生産馬。大牧場の社台グループ以外から歴史的名馬が誕生したのは良かったと思います。本当におめでとうございました!

あと個人的な話ですが、馬券収支はなんとかプラス(回収率103%)になりました。夏競馬や12月以降はさっぱり当たらなかったので、正直良くプラスになったなあと思います。
来年もプラス収支めざして予想も馬券も頑張りたいです。
b0015386_13065968.jpg

最後に、今年も当ブログに沢山の方々のご訪問をいただき、本当にありがとうございました。おかげさまで、今年も関東GIレース全て現地観戦することができました。来年も健康第一で頑張りますので、引き続きよろしくお願いします。

本日は年度代表馬の有力候補であるキタサンブラック君の写真をいつもより大きめのサイズで掲載します。
それでは、皆様良いお年をお迎えください!

キタサンブラック(撮影日2017年12月24日・有馬記念)
父ブラックタイド 母シュガーハート(母の父サクラバクシンオー)
2012年3月10日生 牡5 鹿毛 日高・ヤナガワ牧場生産 栗東・清水久詞厩舎
(通算成績)20戦12勝
(重賞勝利)2017年有馬記念(GI)、天皇賞・秋(GI)、天皇賞・春(GI)、大阪杯(GI)、2016年ジャパンC(GI)、天皇賞・春(GI)、2015年菊花賞(GI)、2016年京都大賞典(GII)、2015年セントライト記念(GII)、スプリングS(GII)
b0015386_12593423.jpg


[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-12-31 13:10 | ごあいさつ | Trackback | Comments(0)