人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 23日

2004年8月、懐かしい馬たちに会いに行きました-その45-(アグネスワールド)

2004年8月22日(日)AM 社台スタリオンステーション
2004年牧場めぐり最終日、この日は忘れられない一日になりました。今思えば最初で最後の貴重な出会いもありました。(昨年急死した種牡馬アドマイヤベガ君のことです)。今日からは日本競馬の至宝が数多く暮らしている社台スタリオンステーションの名馬たちを掲載していきます。最初の登場は、日本調教馬として初の海外GI2勝を挙げた名スプリンター、アグネスワールド君です。
2004年8月、懐かしい馬たちに会いに行きました-その45-(アグネスワールド)_b0015386_22353236.jpg

海外からのオファーも多いと紹介されました。(実際、2002~2003年はイギリスに渡っていました。)現役時代同様、種牡馬としても世界に彼の名が轟くのも夢ではありませんね。


アグネスワールドは3歳(旧表記)時、デビュー2戦目の函館3歳S(GⅢ)で今でも残る函館2歳のレコードタイム1’09’8で優勝。またダートの全日本3歳優駿(GⅡ)も制し、早くからその才能を開花させました。しかし、4歳時は骨折のため1戦しただけで1年余りの長期休養、5歳時の1月に復帰したものの5連敗という挫折も味わいました。それでも5歳の夏、アグネスワールドは鮮やかな復活を遂げます。復帰6戦目の北九州短距離Sを日本レコードの1’06’5で圧勝。続く小倉日経オープンも快勝すると、勇躍イギリスに渡り、欧州スプリント王決定戦アベイドロンシャン賞(仏GI・芝1000M)に挑戦し、見事優勝したのでした。その後も海外挑戦を続けた彼は、6歳時もジュライC(英GI・芝1200M)を優勝、史上初めて日本調教馬として海外GI2勝という快挙を達成したのでした。残念ながら国内のスプリントGIであるスプリンターズSは2年連続2着、高松宮記念は3着に終わり、国内GIは未勝利に終わりましたが、海外GI制覇の偉業は永遠に色褪せることはないでしょう。産駒も初年度からカズサライン(ファルコンS)、アグネスジェダイ(サマーチャンピオン)を出すなど好調なスタートを切っています。

アグネスワールド
1995年生 20戦8勝 父Danzig 母Mysteries(母の父Seatlle Slew)
GI勝利 1999年アベイドロンシャン賞(仏GI)、2000年ジュライC(英GI)

by Yuuichiro_K | 2005-08-23 23:59 | 04年牧場写真 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/3351572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2005-08-25 18:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-08-25 23:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 13551 at 2005-08-25 23:47 x
アグネスワールドですが現在イギリスに居るとなっていますが、2002年と2003年の2年間はイギリスにリースとして渡って種付けをしていましたが2004年(昨年)からは日本で種付けしてイギリスに渡っていません。今でも社台SSに居ます。
Commented by Yuuichiro_K at 2005-08-27 01:52
☆13551さん
こちらでは、はじめまして!Gallopツアーはお疲れ様でした。
さて、アグネスワールドが現在は社台に戻っているとのご指摘、ありがとうございました。見た資料が古かったので、勘違いしていました^^;

☆urashimaruさん
うわーーエルコン応援に海外行ったのですか!凄いです!大興奮したでしょうねえ。うらやましいです。それからアグネスワールドは、2003~4年の間、英国に行っていたのですが、今は社台に帰っているそうです。誤った情報を書いてしまって、すいませんでした。


<< ありがとう1周年!      オグリキャップ&トウカイテイオ... >>