人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2020年 01月 01日

2020年もよろしくお願いします!(2020年競馬界の注目馬)

新年が明けました。今日の東京は気持ちの良い冬晴れ、寒い一日でした。
そして、早速ご訪問いただいた皆様、いつも本当にありがとうございます^^
今年も平日はGIレースのサラブレッドのパドック写真を、土曜日は重賞予想、日曜日はレース回顧、月曜日は予想結果分析を掲載していきますので、引き続きよろしくお願いいたします。
今日は、年の初めということで、現時点における今年の3歳クラシックと古馬戦線の注目馬を書いておこうと思います。

1 3歳牡馬路線
  クラシック路線は共に3戦3勝で2歳GIを完勝したサリオス(父ハーツクライ)とコントレイル(父ディープインパクト)の2頭が大注目です。どちらも底を見せておらず甲乙つけがたいものがありますが、血統的には2000mまではコントレイル、2400m以上ならサリオスが強そうな気がします。2頭の対戦は皐月賞(GI)までお預けになりそうですが、対決が今から待ち遠しいです。他では武豊騎手とのコンビで3戦3勝の京都2歳S(GIII)の覇者マイラプソディ、ホープフルS2・3着のヴェルトライゼンデ、ワーケアも有力。

2 3歳牝馬路線
  2歳レコードで圧勝した2歳女王レシステンシア(父ダイワメジャー)は血統的にも桜花賞、NHKマイルCの最有力候補。距離が伸びるオークスでは、阪神JF3・4着馬父ハーツクライのクラヴァシュドール、ウーマンズハート、1番人気に推されたリアアメリア(父ディープインパクト)の巻き返しを期待したいですが、これから急成長しそうな伏兵がまだまだ隠れていそう。

3 古馬スプリント路線
  昨年のスプリンターズS(GI)の覇者タワーオブロンドンと阪神C(GII)の覇者グランアレグリアの藤沢和雄厩舎の2頭が強そう。他はダノンスマッシュ、ミスターメロディ、モズスーパーフレアなど5歳馬の層が厚い印象がありますが、中でも京阪杯(GIII)を圧勝したライトオンキューは先の2頭を逆転できる器と注目しています。

4 古馬マイル路線
  普通なら昨年春秋マイル王に輝いたインディチャンプ、香港マイルの覇者アドマイヤマーズが主役になるはずですが、安田記念にアーモンドアイが出走してくれば、やはり彼女が最有力候補でしょう。アーモンドアイをマイル戦で破るような馬が出てくれば面白いのですが。。。

5 古馬中長距離路線
  中距離までならアーモンドアイが引き続き中心。順調ならJRA史上最多のGI7勝を上回る可能性も十分ありそうです。後はサートゥルナーリア、ワールドプレミアム、ラヴズオンリーユーなどの4歳勢が成長力で上回ることができるかが焦点。もちろん古豪キセキ、ダノンプレミアム、フィエールマン、ブラストワンピース、ワグネリアン、グローリーヴェイズもまだまだ上位争いでしょう。

6 ダート路線
  3歳でチャンピオンズC(GI)を勝った4歳馬クリソベリルが断然の中心ですが、故障で長期離脱中の一昨年のダート王ルヴァンスレーヴの完全復活を期待したいです。また、大井巧者オメガパフュームは東京大賞典、帝王賞の最有力候補。他ではスプリント戦のコパノキッキング、マイル戦のインティ、中距離戦のチュウワウィザードが引き続き有力でしょう。

7 障害路線
  絶対王者オジュウチョウサンは9歳になり、そろそろ年齢的な衰えが心配。昨年暮れに中山大障害(JGI)を制したシングンマイケルはまだ6歳と若く、主役交代のチャンスはありそうです。

今日は、2020年牡馬クラシック候補の1頭、コントレイル君をいつもより大きめのサイズで掲載します。個人的には、ホープフルS(GI)優勝時以上に東京スポーツ杯2歳S(GIII)のスーパーレコード勝ちに衝撃を受けました。どうか無事にクラシック路線に向かってほしいと思います。

コントレイル(撮影日2019年12月28日・ホープフルS)
父ディープインパクト ロードクロサイト(母の父Unbridled's Song)
2017年4月1日生 牡3 青鹿毛 新冠 株式会社ノースヒルズ生産 栗東・矢作芳人厩舎
3戦3勝(2020年1月1日現在)
(重賞勝利)2019年ホープフルS(GI)、東京スポーツ杯2歳S(GIII)
2020年もよろしくお願いします!(2020年競馬界の注目馬)_b0015386_20162855.jpg


by Yuuichiro_K | 2020-01-01 20:26 | ごあいさつ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/29858787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ロックディスタウン      2019年もたくさんのご訪問、... >>