人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2019年 08月 12日

キングマンボ系の大種牡馬&2004年ダービー馬キングカメハメハ逝く

ディープインパクトを失ったばかりの日本競馬界に再び悲しいニュースが飛び込んできました。2004年NHKマイルCと日本ダービーを共にレコードで制して変則二冠馬となり、種牡馬としても国内外GI6勝のロードカナロア、牝馬三冠馬アパパネ、交流ダートGI(JpnI)10勝のホッコータルマエなど数多くの活躍馬を輩出した名馬キングカメハメハが、9日、繋養先の安平町・社台スタリオンステーションで死亡しました。
今年、種牡馬を引退したばかりの悲報に言葉もありません。余生をゆっくり過ごしてもらいたかったです。。。

キングカメハメハは、父に世界中で活躍馬を輩出した大種牡馬Kingmambo、母にアメリカのサンタニアタダービー馬ザデピュティを産んだ名牝マンファス(母の父ラストタイクーン)という良血馬。2003年11月のデビュー戦を飾ると、続くエリカ賞(500万下)も勝ち2連勝。明け3歳初戦の京成杯(GIII)はフォーカルポイントの3着に敗れ、生涯唯一の敗戦を喫しましたが、この時、映像で初めて見たパドックの姿は、堂々と落ち着いて力強い歩様が目に付き、とても印象に残っています。

実際、その後は完全に本格化、すみれS(OP)、毎日杯(GIII)を共に楽勝すると、NHKマイルC(GI)は雨にも関わらず、1'32'5のレースレコードで2着の2歳王者コスモサンビームに5馬身差をつける圧勝。続く日本ダービー(GI)もアイネスフウジンが記録したレコードタイムを一気に2秒更新する2'23'3の驚異的な時計で2着のハーツクライに1馬身半差をつけて完勝。クロフネやタニノギムレットが挑戦して成し遂げることができなかった史上初の変則二冠馬となりました。

b0015386_23092152.jpg
日本ダービーのパドック写真(撮影日2004年5月30日)です。NHKマイルCレコード勝ちの疲れを感じさせない素晴らしい気配でした。

しかし、秋は天皇賞制覇を目指し緒戦の神戸新聞杯(GII)を快勝した直後に右前浅屈腱炎を発症。残念ながら同年10月23日、早すぎる無念の引退となりました。

それでも、種牡馬入り後は、2年目産駒から牝馬三冠馬アパパネ、ジャパンC馬ローズキングダムを輩出。2010年は1995年以降トップに君臨し続けたサンデーサイレンス系の種牡馬からリーディングサイアーを奪取。翌2011年もリーディングサイアーとなり日本生産界の頂点に君臨、大成功を収めました。
その後はディープインパクトの台頭もあってリーディング2位が続きましたが、その間も短距離GI6勝の顕彰馬ロードカナロア、日本ダービー馬ドゥラメンテ、レイデオロ、古馬GI2勝のラブリーデイ、ダートGI10勝のホッコータルマエ、クイーンエリザベス2世C馬・ルーラーシップなど芝、ダートを問わず活躍馬を多数輩出。日本にキングマンボ系を根付かせた活躍は本当に見事でした。

それにしても、2018年リーディング1位のディープインパクトに続き、同2位のキングカメハメハが相次いで亡くなるとは、一つの時代が終わったと感じます。寂しいなあ。。。

今日は最後に2005年の牧場見学で会うことができたキングカメハメハ君の勇姿をいつもより大きめのサイズで掲載します。

b0015386_23091301.jpg
この時はまだ、種牡馬入りしたばかりで、競走馬時代とほとんど変わらない姿でした。


b0015386_23090392.jpg
同じ父Kingmamboの名馬エルコンドルパサーが7歳で急死した分も頑張ったね!芝だけではなくダートでも走る産駒を出し続けたのは本当に立派だったと思います。
b0015386_23085399.jpg
沢山の名馬を送り出してくれて、本当にありがとうございました!キングカメハメハの血は、ロードカナロアやドゥラメンテなどを通じてまだまだ広がると信じています。どうか天国で産駒の活躍を見守ってください。心からご冥福をお祈りします。

キングカメハメハ(撮影日2005年8月20日・社台スタリオンステーション)
父Kingmambo 母マンファス(母の父ラストタイクーン)
2001年3月20日生 牡17 鹿毛 早来 ノーザンファーム生産 栗東・松田国英厩舎
(通算成績)8戦7賞
(重賞勝利)2004年日本ダービー(GI)、NHKマイルC(GI)、神戸新聞杯(GII)、毎日杯(GIII)
(主な産駒・GI勝利馬)ロードカナロア(スプリンターズSほか)、ローズキングダム(ジャパンCほか)、アパパネ(牝馬三冠ほか)、ルーラーシップ(クイーンエリザベス2世C)、タイセイレジェンド(JBCスプリント)、ベルシャザール(ジャパンCダート)、ハタノヴァンクール(ジャパンダートダービー)、ホッコータルマエ(チャンピオンズCほか)、ラブリーデイ(天皇賞・秋ほか)、レッツゴードンキ(桜花賞)、ドゥラメンテ(日本ダービーほか)、リオンディーズ(朝日杯FS)、ミッキーロケット(宝塚記念)、レイデオロ(日本ダービーほか)


by Yuuichiro_K | 2019-08-12 23:18 | 天国に旅立った名馬 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/29569220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< プールヴィル(19’NHKマイ...      第54回関屋記念予想結果分析 >>