人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2019年 06月 16日

初ダートも問題なし!ユニコーンSはワイドファラオが逃げ切り重賞2勝目を飾る

今日、東京競馬場では過去多くのGIホースを輩出している注目の3歳ダート重賞・ユニコーンS(GIII、ダート1600m)が行われました。レースは、福永祐一騎手騎乗の3番人気ワイドファラオが、スタートからハナを奪って逃げると、最後まで脚色衰えず良く粘り、中団から伸びた2番人気デュープロセスの追撃をアタマ差おさえて優勝しました。
b0015386_23170472.jpg
ワイドファラオ(内の白帽)が、デュープロセスとの一騎打ちを制し、見事逃げ切りました。

☆ユニコーンS結果
1着▲ワイドファラオ  (福 永) 1'35'5(重)
2着○デュープロセス  (M.デムーロ)アタマ
3着 ダンツキャッスル ( 幸 ) 3
4着 ヴァニラアイス  (田 辺) 3/4
5着 エルモンストロ  (蛯 名) ハナ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 ワイドファラオ   B
  普通、時折気合いを表に出して周回
2 イメル       B
  普通
3 ヴァイトブリック  B
  普通、時折小走り
4 エルモンストロ   B+
  落ち着いて動き良し
5 サトノギャロス  
  競争除外
6 デアフルーグ    B+
  首高い、後肢の踏み込み力強い
7 サディファレンス  B
  普通
8 デュープロセス   B+
  パドックの外目を大きく周回
9 ロードグラディオ  B
  競争除外
10 ヴァニラアイス   B
  普通、時折小走り
11 ダンツキャッスル  B
  普通
12 オンザウェイ    B
  普通
13 ニューモニュメント B
  普通
14 ノーヴァレンダ   B
  普通
15 アシャカトブ    C
  落ち着きなし

今年のユニコーンSは、同舞台で行われた前哨戦の青竜S(OP)優勝馬デュープロセス(単勝3.0倍、2番人気)と同レース・クビ差2着のデアフルーグ(単勝2.6倍、1番人気)の2頭に人気が集中していました。しかし、勝ったのは、芝1600mの重賞NZT(GII)の覇者で、今日が初ダート戦だった3番人気ワイドファラオでした。

ワイドファラオのパドックは、前走NHKマイルC(GI)で見た時とそれほど変わった感じはありませんでしたが、気合いを程よく出して周回していました。レースは、ワイドファラオが積極的にハナを奪って前半600mを33.9秒とハイペースで飛ばす展開となりましたが、最後まで後続を寄せ付けず見事逃げ切りました。今日が初ダート戦だったにも関わらず、NZT(GII)を勝った時のように、芝と変わらず逃げてしぶとく粘る走りを再現したのは素晴らしかったですね。さすが、父がダート短距離戦で実績のあるヘニーヒューズ産駒だけのことはありました。
また、勝ち時計も昨年ルヴァンスレーヴが記録したレースレコードに0.5秒劣るだけの好タイム。今後の活躍が本当に楽しみです。

2着は4連勝中の2番人気デュープロセスが人気どおりの好走。パドックは落ち着いて外目を大きく周回していて、なかなか好調子に見えました。レースは中団追走からメンバー最速の上がり36.5秒の末脚を繰り出して、逃げ込みを図るワイドファラオにただ1頭迫り、叩き合いに持ち込んだものの、惜しくもクビ差届きませんでした。しかし、これで6戦連続連対と相変わらずの安定した走りは見事でした。

デュープロセス
父Daiwa Major 母Rose Law(母の父New Approach)
2016年4月2日生 牡3 栗東・安田隆行厩舎
6戦4勝(2019年6月16日現在)
b0015386_23165751.jpg
3着は、6番人気のダンツキャッスルが健闘。パドックは特に目立つ感じはありませんでしたが、普通に落ち着いて周回していました。レースは1・2着馬にはやや離されたものの、好位4番手追走から直線しぶとく脚を伸ばしてきました。これで、ダート戦は4戦して全て3着以内。今日が12戦目と使い詰めでしたが良く走ったと思います。

ダンツキャッスル
父ルーラーシップ 母ダンツクイン(母の父スペシャルウィーク)
2016年4月2日生 牡3 栗東・谷潔厩舎
12戦2勝(2018年6月17日現在)
b0015386_23165048.jpg
なお、1番人気のデアフルーグは、後方追走から直線外に持ち出すも伸びを欠き7着に凡走。パドックは動きも力強く良く見えただけに、今日のような早い時計の出る馬場は合わなかったのかもしれません。期待に応えられなかったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したワイドファラオ君を掲載します。
b0015386_23164081.jpg
パドックは馬格があり、ダートでも走りそうな雰囲気はありました。
b0015386_23163369.jpg
鞍上の福永祐一騎手は2012年ストローハット以来となるユニコーンS2度目の制覇。なお、レース後のインタビューでは「最内枠でしたから、逃げるか、控えるか考えましたが、他に強力な逃げ馬もなく、良いスタートを切れたので、それで控えるとリズムが崩れるので逃げていきました。正直、最後の直線では脚が上がりましたが、よくしのいでくれました。この馬の勝負根性、気持ちの強さが出たと思います。初めてのダートで重賞を勝つのは簡単にはできないものです。これからGIの舞台で活躍できるような馬になってほしいと思います。」とコメントしていました。
b0015386_23162298.jpg
かつて同じようなタイプでメイショウボーラー(2003年朝日杯FS2着、2005年フェブラリーSを福永騎手騎乗で逃げ切り勝ち)という馬がいましたが、彼の再来と呼べる存在になるかもしれませんね。今日は重賞2勝目おめでとうございました!

ワイドファラオ
父ヘニーヒューズ 母ワイドサファイア(母の父アグネスタキオン)
2016年4月3日生 牡3 栗毛 新ひだか フジワラファーム生産 栗東・角居勝彦厩舎
6戦3勝(2019年6月16日現在)
(重賞勝利)2019年ニュージーランドトロフィー(GII)、ユニコーンS(GIII)


by Yuuichiro_K | 2019-06-16 23:22 | 19年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/29476392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第24回ユニコーンS予想結果分析      第24回ユニコーンS(GIII)予想 >>