人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2019年 06月 09日

エプソムCは、ダービー馬レイデオロの全弟・良血レイエンダが待望の重賞初制覇

今日、東京競馬場ではあいにくの雨の中、秋に向けて注目のエプソムC(GIII、3歳上・芝1800m)が行われました。レースは、C.ルメール騎手騎乗の5番人気レイエンダが、2番手追走から直線鋭く伸びて、逃げ粘った7番人気サラキアに3/4馬身差をつけて優勝しました。

b0015386_23245180.jpg
超スローペースの2番手追走から鋭く伸びた良血馬レイエンダが待望の重賞初制覇を飾りました。

☆エプソムC結果
1着 レイエンダ    (C.ルメール)1'49'1(稍)
2着 サラキア     (丸 山)3/4
3着◎ソーグリッタリング(浜 中)1
4着 ショウナンバッハ (吉田豊)1 1/4
5着 ブレスジャーニー (戸 崎)クビ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 ショウナンバッハ  B
  普通、時折小走り
2 ハクサンルドルフ  B
  普通
3 ストーンウェア   B
  普通
4 ソーグリッタリング B+
  時折小走りも動き良し
5 アップクォーク   B
  普通
6 サラキア      B
  普通
7 プロディガルサン  B
  普通
8 ミッキースワロー  B
  普通、時折小走り
9 レイエンダ     B
  普通、首高い
10 ソウルスターリング
  出走取消
11 カラビナ      B
  普通
12 ブレスジャーニー  B
  普通
13 アンノートル    B
  2人引き、普通
14 ダノンキングダム  B
  普通、首高い

今年のエプソムCは、出走馬14頭中、重賞勝ち馬がブレスジャーニーとミッキースワローのわずか2頭。その2頭も勝利から遠ざかっていたこともあり、単勝オッズ10倍以下の馬が5頭と人気は割れていました。そんな混戦模様の一戦を制したのは、上位人気の一角、2016年日本ダービー馬レイデオロの全弟という良血馬レイエンダでした。

レイエンダのパドックは、激しくイレ込んでいた昨年のセントライト記念、そわそわと集中していなかった東京新聞杯の時と比べると、遥かに落ち着いて周回していました。レースは、サラキアが1000m通過63.9秒と超スローペースで逃げる展開となりましたが、レイエンダは直後の2番手を追走。余力十分で直線に向くと、メンバー最速タイの上がり32.7秒で鋭く伸び、逃げたサラキアを楽々捕らえ、後続を完封する完勝となりました。
これまで、良血馬ということで期待されながらも、重賞で人気を裏切るレースが続いていましたが、ついに期待に応えましたね。まだ伸び盛りの4歳馬、今後の活躍が本当に楽しみです。

2着は7番人気の4歳牝馬サラキアが健闘。パドックは普通に落ち着いて周回していました。レースは前述のとおり超スローペースで逃げれたことで、最後まで脚色衰えることなく、上がり3ハロンを33.0秒でまとめ、レイエンダ以外の後続を完封したのはお見事でした。昨年秋、ローズS(GII)2着、秋華賞(GI)4着と大舞台で好走してきたのは伊達ではなかったですね。適距離の中距離戦に戻って良い走りを見せてくれました。

サラキア
父ディープインパクト 母サロミア(母の父Lomitas)
2015年2月5日生 牝4 栗東・池添学厩舎
10戦2勝(2019年6月9日現在)
b0015386_23243008.jpg
3着は1番人気のソーグリッタリング。パドックは、ステイゴールド産駒らしく時折小走りになるなど気合を表に出して周回も、まずまず落ち着いて動きは良かったです。レースは序盤は好位5番手を追走も、4角では7番手までポジションを下がってしまったのが前残りの展開だっただけに厳しかったですね。直線は外からメンバー最速の上がり32.7秒で伸びたものの3着が精一杯でした。

ソーグリッタリング
父ステイゴールド 母ソーマジック(母の父シンボリクリスエス)
2014年2月19日生 牡5 栗東・池江泰寿厩舎
20戦7勝(2019年6月9日現在)
b0015386_23242465.jpg
なお、2番人気のミッキースワロー、3番人気プロディガルサンは、共にパドックの気配は悪くなかったと思います。しかし、ミッキースワローは超スローペースの展開で4コーナー後方2番手で全く勝負にならず10着に完敗。プロディガルサンはソーグリッタリングとほぼ同じ位置にいながら、直線内を突くも伸びを欠き6着に凡走。共に人気を裏切ってしまったのは残念でした。

それにしても、エプソムCは例年4歳馬が強いレースなのですが、今年も該当の2頭で1・2着とは。。。馬連56.7倍もつくなら買っておくべきでした。
それでは最後に見事優勝したレイエンダ君を掲載します。
b0015386_23241592.jpg
パドックは、以前に比べると大分落ち着いて周回しており、気性の成長を感じました。

b0015386_23240754.jpg
鞍上のC.ルメール騎手はエプソムC初制覇。なお、レース後のインタビューでは「いいスタートを切れたのでいいポジションが取れました。道中も折り合いがついて冷静に走っていました。柔らかい馬場を心配していましたが、反応が良く速い脚を使ってくれました。今日はチークピーシーズを付けて100%の力が出せたと思います。血統が良く能力もすごく高いので今後がとても楽しみです。」とコメントしていました。
b0015386_23235920.jpg
勝ち時計が遅かったので、次走が試金石になると思いますが、筋の通った良血馬だけに秋が楽しみです。今日は重賞初制覇、本当におめでとうございました!

レイエンダ
父キングカメハメハ 母ラドラーダ(母の父シンボリクリスエス)
2015年1月30日生 牡4 黒鹿毛 安平 ノーザンファーム生産 美浦・藤沢和雄厩舎
8戦4勝(2019年6月9日現在)
(重賞勝利)2019年エプソムC(GIII)


by Yuuichiro_K | 2019-06-09 23:28 | 19年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/29464918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第36回エプソムC予想結果分析      第36回エプソムC(GIII)予想 >>