人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2019年 04月 17日

追悼、シャケトラ

今日、大変悲しいニュースが入ってきました。今年のAJC杯(GII)、阪神大賞典(GII)を制し、再来週に行われる天皇賞・春(GI)の有力候補だったシャケトラが、今朝、調教中に左第1指骨粉砕骨折を発症、予後不良となり、この世を去りました。

シャケトラは、骨折のため、ダービー後の2016年6月の3歳未勝利戦がデビューとなりましたが、見事勝利。2戦目の500万下戦は3着に敗れたものの、3戦目から3連勝を飾ると、明け4歳初戦の2017年日経新春杯(GII)でいきなり2着に好走。続く日経賞(GII)で重賞初制覇を飾りました。その後は、天皇賞・春(GI)9着、宝塚記念(GI)4着、天皇賞・秋(GI)15着、ジャパンC(GI)11着、有馬記念(GI)6着とGIに挑戦し続けたものの、結果を残すことはできませんでした。

5歳時は、春に左前肢を骨折し、1年間レースに出走することができませんでした。しかし、6歳になった今年、長期休養明け初戦のAJC杯で菊花賞馬フィエールマンを破り、見事復活の重賞2勝目を挙げると、続く阪神大賞典は2着に5馬身差をつけ圧勝。天皇賞・春の主役になるとみられていただけに、本当に残念なことになりました。

シャケトラは、名前が印象的(由来はイタリアの幻のデザートワイン、鮭(シャケ)+虎(トラ)ではない!)だったことと、4歳時の秋のGI3戦(天皇賞・秋、ジャパンC、有馬記念)のパドックでとても良く見え、いずれも馬券を買って応援していたこともあり、個人的に思い入れのある馬でした。
また、漫画家のおがわじゅりさんの描くシャケトラ(なぜか、ジャスティース!と叫ぶ)のキャラも大好きでした。それだけに、今年の活躍はとても嬉しかったですし、マンハッタンカフェ産駒の最高傑作になる可能性も感じていただけに、本当に悲しいです。。。

最後に今日はシャケトラ君の写真をいつもより大きめのサイズで掲載します。シャケトラ君、本当にお疲れさまでした。今はただ心からご冥福をお祈りします。

シャケトラ(撮影日2017年12月24日・有馬記念)
父マンハッタンカフェ 母サマーハ(母の父Singspiel)
2013年3月17日生 牡6 青鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・角居勝彦厩舎
(通算成績)13戦6勝
(重賞勝利)2018年阪神大賞典(GII)、AJC杯(GII)、2016年日経賞(GII)
b0015386_22545204.jpg


by Yuuichiro_K | 2019-04-17 22:55 | 天国に旅立った名馬 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/29374419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 強い牝馬の先駆け、重賞9勝の女...      サトノダイヤモンド(18’有馬... >>