愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2019年 02月 11日

クイーンCはクロノジェネシスが人気に応え重賞初制覇

今日、東京競馬場では過去4年で出走馬の中から3頭のGIホース(アエロリット、ミッキークイーン、メジャーエンブレム)が出ている注目の3歳牝馬重賞・クイーンC(GIII、芝1600m)が行われました。レースは、北村友一騎手騎乗の1番人気クロノジェネシスが中団やや後ろ追走から直線鋭く伸び、最後方から外追い込んだ2番人気ビーチサンバの追撃をクビ差おさえ、優勝しました。
b0015386_21030930.jpg
人気を集めた阪神JF2・3着馬の一騎打ちとなりましたが、1番人気のクロノジェネシスが危なげなく勝利しました。

☆クイーンC結果
1着○クロノジェネシス (北村友)1'34'2(良)
2着◎ビーチサンバ   (福 永) クビ
3着 ジョディー    (武 藤) 1/2
4着 カレンブーケドール(戸 崎) クビ
5着 レッドベルディエス(F.ブロンデル)1 3/4

※パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い B普通 C平凡)

1 マドラスチェック  B
  普通
2 レッドベルディエス C
  落ち着きなし
3 ミリオンドリームズ C
  落ち着きなし
4 ジョディー     C
  2人引き、落ち着きなし
5 アークヴィグラス  B
  2人引き、普通
6 ビーチサンバ    A
  大変落ち着いて力強い踏み込み目に付く
7 カレンブーケドール B
  普通、首高い
8 マジックリアリズム B
  2人引き、普通
9 クロノジェネシス  B
  首高い、時折小走り

今年のクイーンCは9頭立てとやや寂しいメンバーとなりましたが、前走阪神JF(GI)2着馬クロノジェネシスと同3着馬ビーチサンバが出走する注目の一戦となりました。人気もクロノジェネシスが単勝2.1倍、ビーチサンバが単勝3.2倍とこの2頭が抜けた支持を集めていましたが、終わってみれば、やはりこの2頭の力が抜けていたと感じさせる結果となりました。

勝ったのは1番人気のクロノジェネシス。パドックは首が高く、時折小走りになるなど気合いを表に出して周回していましたが、前走の阪神JFの時ほど、うるさくはなかったです。レースはジョディーが1000m通過60.4秒とスローペースで逃げる展開となりましたが、クロノジェネシスは中団をかかり気味に追走。それでも楽な手応えのまま直線に向くと、外から追い上げてきた最大のライバル・ビーチサンバが並びかけてから追い出す余裕たっぷりの走りで力強く伸び、先行馬群をあっという間に差し切る、着差以上に危なげのない走りを見せてくれました。
さすがはGI2着馬といった貫禄を感じさせる勝利で本番のクラシックが本当に楽しみです。なお、管理する斉藤崇史厩舎は開業5年目で初の重賞勝利ということで、本当におめでとうございました!

2着は2番人気のビーチサンバが人気どおりの好走。パドックはいつも良く見せる馬ですが、今日も大変落ち着いてパドックの外目を大きく周回。力強い踏み込みが目に付き素晴らしいデキに見えました。ただ、レースは出遅れて最後方からの競馬となる厳しい展開となりました。それでも、直線は大外からメンバー最速の上がり32.9秒の末脚を繰り出して勝ち馬にクビ差まで迫り、敗れたとはいえ、こちらも強い内容だったと思います。

ビーチサンバ
父クロフネ 母フサイチエアデール(母の父サンデーサイレンス)
2016年4月4日生 牝3 栗東・友道康夫厩舎
4戦1勝(2019年2月11日現在)
b0015386_21030175.jpg
3着は7番人気の伏兵ジョディーが大健闘。パドックは2人引きでかなりチャカついていましたが、気合いを表に出すタイプのようです。レースは積極的にハナを奪い、スローペースで逃げたことで最後までしぶとく粘りました。前走阪神JFは先行できずに16着に大敗しましたが、今日は2戦2勝と得意の東京コースで持ち味を発揮し、見事巻き返してくれました。

ジョディー
父ダイワメジャー 母ミスティークII(母の父Monsun)
2016年2月7日生 牝3 美浦・戸田博文厩舎
6戦2勝(2019年2月11日現在)
b0015386_21025562.jpg
なお、3番人気のミリオンドリームズは昨年8月以来久しぶりのレースのためかパドックは落ち着きがなくあまり良く見えなかったのですが、レースは3番手追走も直線一杯となって8着に凡走。期待に応えられなかったのは残念でした。

それにしても、阪神JFのレース後も感じましたが、やはりクロノジェネシスとビーチサンバの力差は紙一重で、両馬ともGIの舞台でチャンスがある馬だと改めて思いました。共にこのまま無事にクラシック本番に向かってほしいです。

それでは最後に見事優勝したクロノジェネシスちゃんを掲載します。

b0015386_21022021.jpg
パドックは、時折小走りになるなど気合いを表に出して周回していましたが、イレ込みというほどではなかったです。

b0015386_21021109.jpg
鞍上の北村友一騎手はクイーンC初制覇。レース後のインタビューでは、「この馬の瞬発力には自信を持っていました。今日は前哨戦で8割くらいの状態だったと思います。競馬場に3日間滞在するというアクシデントがありましたが。返し馬をしたときに大丈夫だと思いました。前走が後ろからのレースとなったので、今日はゲートを気をつけて出しました。今日は折り合いもつき、リズム良く走れました。反応も良かったです。元々持っている瞬発力がさらに良くなっています。前哨戦としては良い内容で勝てたと思います。」とコメントしていました。
b0015386_21015926.jpg
斉藤調教師のコメントによるとこの後は桜花賞へ直行するとのこと。今日の勝ちっぷりなら本番も十分勝ち負けになるでしょう。なお、個人的には父が凱旋門賞のバゴということで現時点でオークスの最有力候補だと思っています。今後も活躍期待しています!

クロノジェネシス
父バゴ 母クロノロジスト(母の父クロフネ)
2016年3月6日生 牝3 芦毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・斉藤崇史厩舎
4戦3勝(2019年2月11日現在)
(重賞勝利)2019年クイーンC(GIII)


by Yuuichiro_K | 2019-02-11 21:12 | 19年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/29251234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第53回共同通信杯予想結果分析      第54回クイーンC(GIII)予想 >>