愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 11日

ベストウォーリア

今日も2018年に引退した重賞勝ち馬の写真を掲載します。本日登場は、10月19日付けで競争馬登録を抹消した2014年、2015年の南部杯(JpnI)を連覇するなどダート重賞5勝を挙げたベストウォーリア君です。

ベストウォーリアは、アメリカ生まれの外国産馬で2012年11月にデビュー勝ち。3歳時に重賞初挑戦だった兵庫CS(JpnII)で2着に好走すると、続くユニコーンS(GIII)で初重賞制覇を飾りました。以後、地方・中央競馬のダート短距離路線の常連として息の長い活躍を続けました。

4歳時はプロキオンS(GIII)、南部杯(JpnI)と重賞2連勝で待望の交流GI初制覇。5歳時はフェブラリーS(GI)3着、かしわ記念(JpnI)2着とGIの舞台で連続好走すると、続くプロキオンS、南部杯を勝ち、前年に続く連覇を達成しました。

以降は残念ながら勝利を挙げることはできなかったものの、2015年11月のJBCスプリント(JpnI)から2017年5月のさきたま杯(JpnII)まで10戦連続重賞レースで5着以内に好走、うち、GI(級)レース2着3回と堅実な走りを続けたのは見事でした。

なお、引退後は北海道新冠町の優駿スタリオンステーションで種牡馬となる予定です。最後に今日はベストウォーリア君の写真をいつもより大きめのサイズで掲載します。長い現役生活、本当にお疲れさまでした。

ベストウォーリア(撮影日2018年2月18日・フェブラリーS)
父Majestic Warrior 母Flirtatious Miss(母の父Mr.Greeley)
2010年3月7日生 牡9 栗毛 アメリカ・Buck Pond Farm,Inc生産 栗東・石坂正厩舎
(通算成績)36戦9勝
(重賞勝利)2015年・2014年マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)、プロキオンS(GIII)、2013年ユニコーンS(GIII)
b0015386_20512065.jpg


by Yuuichiro_K | 2019-01-11 20:52 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/29181465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第66回日経新春杯(GII)予想      ゼーヴィント >>