愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 05日

中山金杯は、ステイゴールド産駒のワンツー・ウインブライトが重賞4勝目を飾る


今日、中山競馬場では、中央競馬今年最初の重賞・中山金杯(GIII、ハンデ・芝2000m)が行われました。
レースは、松岡正海騎手騎乗の3番人気ウインブライトが中団追走から直線外から力強く伸び、4角早め2番手からしぶとく伸びた7番人気ステイフーリッシュに1/2馬身差をつけて優勝しました。

☆中山金杯結果
1着 ウインブライト  (松 岡)1'59'2(良)
2着△ステイフーリッシュ(藤岡佑)1/2
3着 タニノフランケル (内 田)クビ
4着△アドマイヤリード (横山典)ハナ
5着◎タイムフライヤー (和 田)クビ

パドックの個人的な評価は以下の通り(A良い B普通 C平凡)

1 タニノフランケル  B+
  落ち着いて力強い動き
2 アドマイヤリード  B+
  落ち着いて動き良し
3 コズミックフォース B+
  落ち着いて動き良し
4 ランカディア    B+
  2人引きでも落ち着いて力強い動き
5 サンマルティン   B
  普通
6 エアアンセム    B
  落ち着きないがいつものこと
7 マイネルハニー   B
  普通、時折小走り
8 マウントゴールド  B+
  落ち着いて動き良し
9 ストロングタイタン B
  普通
10 ヤングマンパワー  B
  普通
11 ウインブライト   B
  普通、時折小走り
12 タイムフライヤー  B
  2人引き、普通
13 ナスノセイカン   B
  普通
14 ブラックバゴ    B
  普通
15 ステイフーリッシュ B
  2人引き、首を振っているが、イレ込みというほどではない
16 マイネルサージュ  B
  普通

今年の中山金杯(GIII)は、6頭が単勝10倍以下の人気を集め、混戦模様でしたが、勝ったのは上位人気の一角・3番人気ウインブライトでした。

ウインブライトのパドックは、いつもどおり時折小走りになるなど気合いを表に出して周回していました。レースはタニノフランケルが1000m通過59.9秒と平均ペースで逃げる展開となりましたが、道中は中団を追走。直線は外から鋭く伸びて、先に抜け出したステイフーリッシュ以下をきっちり差し切りました。
これまで57キロ以上で勝ったことがなく、予想では無印と軽視してしまったのですが、トップハンデの58キロを克服しての勝利は見事の一言。中山コースはこれで7戦4勝2着2回と本当に相性抜群ですね。重賞4勝目、おめでとうございました!

2着は7番人気のステイフーリッシュが健闘。パドックは首を振って周回も、この馬にしては落ち着いている方だったと思います。レース序盤は12番手からレースを進めていましたが、3コーナー手前から早めに動いて4コーナーでは2番手に上がる積極策が功を奏しました。最後までしぶとく伸びて2着を確保したのは見事でした。

3着は9番人気のタニノフランケルが大健闘。パドックは落ち着き十分、動きも上々でなかなか良く見せていました。レースは最内枠を利して、マイペースの逃げができたことで最後まで良く粘ったと思います。名牝ウオッカの子が初めて重賞で好走。個人的には嬉しかったですね。

なお、1番人気のマウントゴールドはパドックの気配は悪くは見えなかったのですが、レースは中団追走も、ずるずる下がり12着に大敗。2番人気タイムフライヤーは後方から早めにポジションを上げるも直線伸び一息で5着まで。共に人気を裏切ったのは残念でした。

終わってみれば、1・2・4着がステイゴールド産駒。相変わらず冬の中山競馬で激走する血統だなあと思い知らされました。

ウインブライト(撮影日2018年10月20日・富士S)
父ステイゴールド 母サマーエタニティ(母の父アドマイヤコジーン)
2014年5月12日生 牡5 芦毛 新冠・コスモヴューファーム生産 美浦・畠山吉宏厩舎
16戦6勝(2019年1月5日現在)
(重賞勝利)2018年中山記念(GII)、2017年スプリングS(GII)、2019年中山金杯(GIII)、2017年福島記念(GIII)
b0015386_22512943.jpg


by Yuuichiro_K | 2019-01-05 22:53 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/29098990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第53回シンザン記念(GIII)予想      第68回中山金杯(GIII)予想 >>