愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 17日

東京スポーツ杯2歳Sは大接戦を制したニシノデイジーが重賞2連勝を飾る

今日、東京競馬場では、過去にGI馬を多数輩出している注目の2歳重賞・東京スポーツ杯2歳S(GIII・芝1800m)が行われました。レースは勝浦正樹騎手騎乗の8番人気ニシノデイジーが、中団追走から直線馬群を割って鋭く伸び、後方から追い上げた7番人気アガラスとの競り合いをハナ差制して優勝しました。
b0015386_00310503.jpg
ゴール直前は4頭横一戦の大激戦、見応えのあるレースになりました。

☆東京スポーツ杯2歳S結果
1着 ニシノデイジー (勝 浦) 1'46'6(良)
2着 アガラス    (W.ビュイック)ハナ
3着◎ヴァンドギャルド(C.デムーロ) アタマ
4着 ヴェロックス  (C.ルメール)  ハナ
5着 ダノンラスター (J.モレイラ) 1 3/4

パドックの個人的な評価は以下の通り(A良い B普通 C平凡)

1 ハクサンタイヨウ  C
  落ち着きなし
2 ニシノデイジー   B 
  首高い、時折小走りも後肢の踏み込み力強い
3 カテドラル     B
  普通、首をぐっと下げて周回
4 アガラス      B 
  普通
5 ヴァンドギャルド  C 
  2人引き、落ち着きなし
6 トーラスジェミニ  B
  普通
7 ヴェロックス    B 
  2人引き、時折小走り
8 トーセンギムレット B
  普通、時折小走り
9 ダノンラスター   B+
  大変落ち着いて周回
10 クリノガウディー  B 
  普通
11 ナイママ      B
  2人引き、普通
12 ホウオウサーベル  B+ 
  2人引きでも大変落ち着いて周回
13 メイスンハナフブキ C 
  落ち着きなし
14 アドマイヤスコール B
  普通、時折小走り  
15 ルヴォルグ     B
  2人引き、時折小走りになるなど新馬戦の時より落ち着きなし
16 ゴータイミング   B
  普通

今年の東京スポーツ杯2歳Sは、1戦1勝のディープインパクト産駒・ルヴォルグ(単勝2.5倍)とヴェロックス(単勝3.7倍)が上位人気を占め、3番人気は2戦2勝のカテドラル(単勝6.8倍)、4番人気は1戦1勝のヴァンドギャルド(単勝7.9倍)とキャリア2戦以下の馬が人気を集めていました。しかし、これら人気馬は全て3着以下に敗れる大波乱となり、勝ったのは前走札幌2歳S(GIII)を制しながらも単勝38.4倍と人気のなかった伏兵ニシノデイジーでした。

ニシノデイジーのパドックは首が高く、当初は小走りになる場面もありましたが、後肢の踏み込みは力強く、調子は良かったと思います。レースは、トーラスジェミニが1000m通過60.4秒と平均ペースで逃げる展開となりましたが、ニシノデイジーは中団やや後ろのインをロスなく追走。直線は馬群の狭いところを割って抜け出し、アガラス、ヴァンドギャルド、ヴェロックスとのゴール直前4頭横一戦となった激戦を制しました。なお、2~6着馬の鞍上は全て外国人騎手でしたが、勝浦正樹騎手が見事な手綱捌きで先着したのは嬉しかったです。
それにしてもメンバー中唯一の重賞ウイナーでありながら今日は人気が無さすぎでしたね。勝ち時計は昨年のワグネリアンと同タイムで水準以上だと思いますし、今後の活躍が本当に楽しみです。

2着は、7番人気のアガラスが健闘。パドックは落ち着きのない馬が多い中、数少ない落ち着いて周回していた1頭でした。レースはスタート直後と直線の勝負どころで前が狭くなる不利がありながら、後方4番手からメンバー最速の上がり33.7秒の末脚を繰り出し、勝ち馬にハナ差まで迫りました。勝ち馬と同等以上に評価すべきでしょう。コスモス賞(OP)2着以来、3ヶ月振りの休み明けを克服しての好走、こちらもお見事でした。

アガラス
父ブラックタイド 母ロッシェノワール(母の父ブラックホーク)
2016年3月5日生 牡2 美浦・古賀慎明厩舎
3戦1勝(2018年11月17日現在)
b0015386_00305738.jpg

3着は、4番人気のヴァンドギャルド。パドックは2人引きで時折小走りになるなど、あまり落ち着きはありませんでしたが、気合いを表に出すタイプのようです。レースはニシノデイジーとほぼ同じ位置から、勝ち馬と同じ上がり33.9秒の末脚を繰り出して、上位に食い込みました。

ヴァンドギャルド
父ディープインパクト 母スキア(母の父Motivator)
2016年2月20日生 牡2 栗東・藤原英昭厩舎
2戦1勝(2018年11月17日現在)
b0015386_00304976.jpg
なお、1番人気のルヴォルグはスタートで出遅れて後方侭見せ場なく9着に凡走。2番人気のヴェロックスは中団から末脚を伸ばし上位争いに加わったものの一歩及ばず4着まで。両馬共にパドックは落ち着きがなかったです。3番人気のカテドラルは直線早めに抜け出しを図るもすぐ一杯になり11着に大敗。いずれも人気を裏切ってしまったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したニシノデイジー君を掲載します。
b0015386_00303753.jpg
パドックは当初煩い仕草もありましたが、徐々に落ち着いて周回。首はやや高かったですが踏み込みは力強かったです。
b0015386_00303067.jpg
鞍上の勝浦正樹騎手は東京スポーツ杯2歳S初制覇。レース後のインタビューでは「スタートを普通に出て、道中もいい感じで運べました。これまで追って甘い所がありましたが、よく頑張って勝ってくれました。距離が延びても大丈夫です。」とコメントしていました。
b0015386_00301904.jpg
母方の血統を辿ると馬主さんゆかりの名馬セイウンスカイ、ニシノフラワーの血が流れており、オールドファンにはなんとも嬉しい血統で、応援したい馬です。重賞2連勝、本当におめでとうございました!

ニシノデイジー
父ハービンジャー 母ニシノヒナギク(母の父アグネスタキオン)
2016年4月18日生 牡2 鹿毛 浦河・谷川牧場生産 美浦・高木登厩舎
4戦3勝(2018年11月17日現在)
(重賞勝利)2018年東京スポーツ杯2歳S(GIII)、札幌2歳S(GIII)


[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-11-17 23:59 | 18年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/28857582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第35回マイルCS(GI)予想      第23回東京スポーツ杯2歳S(... >>