愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 14日

おめでとう!アーモンドアイ!怒濤の末脚で秋華賞を制し史上5頭目の牝馬三冠達成

今日、京都競馬場で行われた3歳牝馬三冠レースの最終戦・秋華賞(GI、3歳牝・芝2000m)は、C.ルメール騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝1.3倍)に推されたアーモンドアイが後方追走から直線馬場の中央を豪快に鋭く伸び、逃げ粘った4番人気ミッキーチャームに1 1/4馬身差をつけて優勝。見事、1986年メジロラモーヌ、2003年スティルインラブ、2010年アパパネ、2012年ジェンティルドンナに続く史上5頭目の牝馬三冠競走制覇を達成しました。

☆秋華賞結果
1着◎アーモンドアイ  (C.ルメール)1'58'5(良)
2着 ミッキーチャーム (川 田)1 1/2
3着△カンタービレ   (武 豊)1
4着△サラキア     (池 添)3/4
5着 ラテュロス    (秋 山)ハナ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 ラテュロス     B
  普通、首高い
2 カンタービレ    B
  普通、時折小走り
3 スカーレットカラー
  出走取消
4 ランドネ      B
  普通
5 サラキア      B
  普通
6 パイオニアバイオ  B+
  落ち着いて動き良し
7 ラッキーライラック B+
  休み明けでも太め感なし、動き良し
8 トーセンブレス   B
  2人引き、普通
9 サトノガーネット  B
  普通
10 オールフォーラヴ  B
  普通
11 アーモンドアイ   A
  2人引き、休み明けでも太め感なく力強い動き。迫力ある馬体目に付く
12 オスカールビー   B
  普通
13 ミッキーチャーム  B
  普通
14 ゴージャスランチ  B
  普通
15 ハーレムライン   B
  普通
16 プリモシーン    B
  2人引き、普通
17 サヤカチャン    B
  普通、時折小走り
18 ダンサール
  普通

今年の秋華賞は、春の牝馬クラシックを楽勝してきたアーモンドアイが、圧倒的人気を集めました。パドックは、オークス以来ということもありプラス14キロ。しかし、太め感はなく逆にパワーアップした印象で、2人引きでも落ち着いて周回しており好気配に見えました。ただ、スタート直前のゲート前では首を振っていた場面はありました。

レースは、ミッキーチャームが1000m59.6秒とスローペースで逃げたにも関わらず、縦長の展開となりましたが、アーモンドアイは慌てず騒がずじっくりと後方を追走。4コーナーでもまだ後方4番手で、先頭のミッキーチャームとはかなりの差があったのですが、直線で1頭次元の違う爆発的な末脚を繰り出し、先行馬群をまとめて交わしての完勝となりました。鞍上のC.ルメール騎手の馬を信じ切った手綱捌きも本当に素晴らしかったです。

また、国枝栄厩舎は、2010年のアパパネに続く2度目の牝馬三冠達成、これも本当に凄いことだと思います。完全に前残りの展開だったにも関わらず後方一気で力でねじ伏せる今日の勝ちっぷりは、まるでディープインパクトのようで、とにかくしびれました。この内容なら牡馬相手でもきっといい勝負になるはずで、今後の強豪牡馬との対決が本当に楽しみです。三冠レースの危なげない勝ちっぷりは歴代の中でも1番だと思いますし、ジェンティルドンナのような歴史的名牝になるのも夢ではないでしょう。どうか今後も無事に活躍してもらいたいと思います。

アーモンドアイの強さばかりが目立つレースとなりましたが、マイペースの逃げで2着に好走したミッキーチャームとアーモンドアイに次ぐ末脚を繰り出して3着に好走したカンタービレは、共に力を出し切った良い走りを見せてくれたと思います。
逆に2番人気のラッキーライラックは、いつになくゲートで煩いところを見せ、馬が苛立っていた影響か中団追走も伸びを欠き9着と完敗。力を出し切れなかったのは残念でした。

最後に今日は三冠達成を祝ってオークス優勝時のアーモンドアイの写真をいつもより大き目のサイズで掲載します。
歴史に残る牝馬三冠制覇、本当におめでとうございました!

アーモンドアイ(撮影日2018年5月20日・オークス)
父ロードカナロア 母フサイチパンドラ(母の父サンデーサイレンス)
2015年3月10日生 牝3 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 美浦・国枝栄厩舎
6戦5勝(2018年10月14日現在)
(重賞勝利)2018年桜花賞(GI)、オークス(GI)、秋華賞(GI)、シンザン記念(GIII)
b0015386_21512630.jpg




[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-10-14 21:55 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/28730127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第66回府中牝馬S予想結果分析      第22回秋華賞(GI)予想 >>