愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 12日

京王杯SCは、激戦を制したムーンクエイクがレコードタイムで重賞初制覇

今日、東京競馬場では、安田記念の前哨戦・京王杯SC(GII、4歳上・芝1400m)が行われました。レースは、C.ルメール騎手騎乗の4番人気ムーンクエイクが中団追走から直線外鋭く伸び、内を突いて抜け出した7番人気キャンベルジュニアをゴール直前、アタマ差交わして優勝しました。
b0015386_23080900.jpg
重賞初挑戦だったムーンクエイク(帽子赤)が、キャンベルジュニア、サトノアレスとの激戦を見事制しました。

☆京王杯SC結果
1着 ムーンクエイク  (C.ルメール)1'19'5(良)レコード
2着△キャンベルジュニア(石 橋)アタマ
3着◎サトノアレス   (蛯 名)ハナ
4着 グレーターロンドン(田 辺)1/2
5着 ラインスピリット ( 森 )1/2

パドックの個人的な評価は以下の通り。(A良い、B普通、C平凡)

1 サトノアレス    B+
  落ち着いて動き良し
2 トウショウピスト  B
  普通
3 アドマイヤゴッド  B
  普通
4 ラインスピリット  B
  普通
5 ムーンクエイク   B
  普通、首高い、時折小走り
6 グレーターロンドン B
  2人引き、普通
7 アイライン     B
  普通
8 リライアブルエース B
  普通、時折小走り
9 ウインガニオン   B
  普通、時折小走り
10 セイウンコウセイ  B
  普通
11 シュウジ      B
  普通、時折小走り
12 テオドール     B
  普通
13 ダイメイフジ    B+
  落ち着いて動き良し
14 ビップライブリー  B
  普通、時折小走り
15 ダンスディレクター B
  普通、やや煩い
16 ノボバカラ     B
  普通
17 キャンベルジュニア A
  落ち着いて踏み込み大変力強い
18 フィアーノロマーノ B+
  落ち着いて伸びやかな動き

今年の京王杯SCは、直前の準オープンの緑風S(芝2400m)で日本レコードに0.8秒差に迫る2'22'9の時計が出たように超高速馬場で行われました。人気は前走、高松宮記念(GI)4着のダンスディレクターが単勝4.9倍で1番人気。前走東京新聞杯(GIII)2着のGI馬サトノアレスが単勝5.1倍で2番人気。昨年の安田記念(GI)4着、毎日王冠(GII)3着の実績馬グレーターロンドンが単勝5.5倍で3番人気。デビューからこれまで6着以下が1度もないムーンクエイクが単勝7.1倍で4番人気。一昨年の高松宮記念の覇者セイウンコウセイが単勝8.4倍で5番人気。オッズ的に混戦模様でしたが、やはり大激戦となったレースを制したのは上位人気の一角ムーンクエイクでした。

ムーンクエイクのパドックは初めて見ましたが、首が高く、時折小走りになるなど、騸馬らしく気合いを表に出していましたが、イレ込みというほどではなかったです。レースは前半3ハロン34.2秒、後半3ハロン34.1秒のレースラップが示すとおり、前後半ほぼイーブンの終始淀みのない流れとなりましたが、ムーンクエイクは、少しかかりながらも中団を追走。直線で外に持ち出すと上がり33.2秒の末脚で鋭く伸び、内から先に抜け出したキャンベルジュニアをゴール寸前差しきりました。気性の難しい馬を上手くなだめて、きっちり走らせたC.ルメール騎手、流石の好騎乗でした。なお、勝ち時計は高速馬場だったとはいえ、1'19'5のコースレコード。今後が楽しみになる素晴らしい走りを見せてくれました。

2着は、7番人気の伏兵キャンベルジュニアが健闘。パドックは落ち着き十分、力強い歩様が目に付き、今日のパドックで一番良く見えた馬でした。レースも外枠から上手く内に進路を取り、最後の直線一度は抜け出して初重賞制覇目前でしたが、惜しくも勝ち馬にアタマ差交わされてしまいました。昨年は3番人気で11着と人気を裏切るなど、伸び悩んだ時期もありましたが、前走のダービー卿CT(GIII)に続く重賞2着ということで、完全に軌道に乗りましたね。こちらも今後の活躍が楽しみです。

キャンベルジュニア
父Encosta De Lago 母Melito(母の父Redoute's Choice)
2012年7月27日生 牡6 美浦・堀宣行厩舎
16戦5勝(2018年5月12日現在)
b0015386_23080101.jpg

3着は、2番人気のサトノアレス。パドックは前走東京新聞杯よりも動きも良く、休み明けでも気配は上々に見えました。レースは初の1400m戦ということもあり、前半置かれ気味。4コーナーで後方4番手の位置取りとなりましたが、直線は外から上がり32.7秒の末脚を繰り出し、ゴール直前までムーンクエイク、キャンベルジュニアとの激しい叩き合いに加わりました。今日は差し切ることはできませんでしたが、安田記念に向けて上々の内容だったと思います。

サトノアレス
父ディープインパクト 母サトノアマゾネス(母の父Danehill)
2014年2月25日生 牡4 美浦・藤沢和雄厩舎
13戦4勝(2018年5月12日現在)
b0015386_23074968.jpg

なお、1番人気のダンスディレクターは後方侭見せ場なく15着に大敗。これで、東京・中山のレースは(0 0 0 4)。遠征競馬は本当に苦手なのでしょうね。3番人気のグレーターロンドンは最後方からメンバー中最速の上がり32.5秒で伸びたものの4着まで。共に人気を裏切ったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したムーンクエスト君を掲載します。
b0015386_23074212.jpg
パドックは、首を高くして周回。それでも煩いところはそれほど見せず、まずまず落ち着いて周回していました。
b0015386_23073513.jpg
鞍上のC.ルメール騎手は京王杯SC初制覇。レース後のインタビューで「ラスト200mは3頭併せの中よく頑張ってくれました。少し掛かるところはありましたが、スピードはあるし、長く脚を使えます。タフな馬なので、1600m(安田記念)は合っています。」とコメントしていました。
b0015386_23071883.jpg
藤沢和雄厩舎は、京王杯SC6度目の制覇。かつて1998年京王杯SCをレコード勝ちした同厩舎の先輩タイキシャトルは続く安田記念も優勝しましたが、偉大な名馬に続く活躍を期待したいですね。今日は初重賞制覇、本当におめでとうございました!

ムーンクエイク
父アドマイヤムーン 母リッチダンサー(母の父Halling)
2013年4月26日生 騸5 栗毛 安平・ノーザンファーム生産 美浦・藤沢和雄厩舎
12戦6勝(2018年5月12日現在)
(重賞勝利)2018年京王杯スプリングC(GII)

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-05-12 23:20 | 18年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/28308965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第13回ヴィクトリアマイル(G...      第63回京王杯スプリングC(G... >>