愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 09日

2017年度JRA賞発表、年度代表馬は2年連続でキタサンブラック

今日、JRAは「2017年度JRA賞」の受賞馬選考委員会を開き、年度代表馬にキタサンブラック号を選出しました。競走馬部門の受賞馬は以下のとおりです。未公開写真と共にお楽しみください^^

年度代表馬・最優秀4歳以上牡馬 キタサンブラック(撮影日2017年12月24日・有馬記念)
父ブラックタイド 母シュガーハート(母の父サクラバクシンオー)
2012年3月10日生 牡5 鹿毛 日高・ヤナガワ牧場生産 栗東・清水久詞厩舎
(2017年成績)6戦4勝
(2017年重賞勝利)大阪杯(GI)、天皇賞・春(GI)、天皇賞・秋(GI)、有馬記念(GI)
b0015386_22084053.jpg

最優秀2歳牡馬 ダノンプレミアム(撮影日2017年10月7日・サウジアラビアRC)
父ディープインパクト 母インディアナギャル(母の父Intikhab)
2015年4月3日生 牡2 青鹿毛 新ひだか・ケイアイファーム生産 栗東・中内田充正厩舎
(2017年成績)3戦3勝
(2017年重賞勝利)朝日杯フューチュリティS(GI)、サウジアラビアRC(GIII)
b0015386_22083382.jpg
最優秀2歳牝馬 ラッキーライラック(撮影日2017年10月28日・アルテミスS)
父オルフェーヴル 母ライラックスアンドレース(母の父Flower Alley)
2015年4月3日生 牝2 栗毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・松永幹夫厩舎
(2017年成績)3戦3勝
(2017年重賞勝利)阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)、アルテミスS(GIII)
b0015386_22081625.jpg
最優秀3歳牡馬 レイデオロ(撮影日2017年5月28日・日本ダービー)
父キングカメハメハ 母ラドラーダ(母の父シンボリクリスエス)
2014年2月5日生 牡3 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 美浦・藤沢和雄厩舎
(2017年成績)4戦2勝
(2017年重賞勝利)日本ダービー(GI)、神戸新聞杯(GII)
b0015386_22075774.jpg
最優秀3歳牝馬 ソウルスターリング(撮影日2017年5月21日・オークス)
父Frankel 母スタセイタ(母の父Monsun)
2014年2月13日生 牝3 青鹿毛 千歳・社台ファーム生産 美浦・藤沢和雄厩舎
(2017年成績)6戦2勝
(2017年重賞勝利)オークス(GI)、チューリップ賞(GIII)
b0015386_22074724.jpg
最優秀4歳以上牝馬 ヴィブロス(撮影日2017年10月14日・府中牝馬S)
父ディープインパクト 母ハルーワスウィート(母の父Machiavellian)
2013年4月9日生 牝4 青毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・友道康夫厩舎
(2017年成績)4戦1勝
(2017年重賞勝利)ドバイターフ(首G1)
b0015386_22072787.jpg
最優秀短距離馬 レッドファルクス(撮影日2017年10月12日・スプリンターズS)
父スェプトオーヴァーボード 母ベルモット(母の父サンデーサイレンス)
2011年4月12日生 牡6 芦毛 千歳・社台ファーム生産 美浦・尾関知人厩舎
(2017年成績)5戦2勝
(2017年重賞勝利)スプリンターズS(GI)、京王杯スプリングC(GII)
b0015386_22071474.jpg

最優秀ダートホース ゴールドドリーム(撮影日2017年2月19日・フェブラリーS)
父ゴールドアリュール 母モンヴェール(母の父フレンチデピュティ)
2013年4月19日生 牡4 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・平田修厩舎
(2017年成績)5戦2勝
(2017年重賞勝利)フェブラリーS(GI)、チャンピオンズC(GI)
b0015386_22070494.jpg

最優秀障害馬 オジュウチョウサン
父ステイゴールド 母シャドウシルエット(母の父シンボリクリスエス)
2011年4月3日生 牡6 鹿毛 平取・坂東牧場生産 美浦・和田正一郎厩舎
(2017年成績)4戦4勝
(2017年重賞勝利)中山グランドジャンプ(JGI)、中山大障害(JGI)、阪神スプリングJ(JGII)、東京ハイジャンプ(JGII)

今年の年度代表馬は、国内古馬王道路線を歩み続け、GI4勝を挙げたキタサンブラックが290票中287票と圧倒的な支持を集め、2年連続の年度代表馬に選出されました。史上最多タイのGI7勝、獲得賞金史上1位の大記録を打ち立てましたが、オーナーが大歌手・北島三郎、鞍上武豊騎手という話題性も十分で、記憶にも残る歴史的名馬となりました。

なお、満票には3票足りなかったのですが、その3票は障害史上最強の声も挙がるようになったオジュウチョウサンに投票されたもの。なかなかスポットライトが当たらない障害競走ですが、2年連続ジャンプ春秋JGI完全制覇、一昨年から続く障害重賞8連勝は歴史的快挙と言ってよく、こちらも文句のつけようのない素晴らしい活躍でした。

また、受賞馬はキタサンブラックを除き今年も現役を続行ということで、引き続き活躍が期待されます。今年も競馬界の主役として頑張ってほしいと思います。受賞馬及び受賞馬の関係者の皆様、本当におめでとうございました!

[PR]

by Yuuichiro_K | 2018-01-09 22:12 | 17年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/27982863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ネロ(17’スプリンターズS16)      第52回シンザン記念予想結果分析 >>