愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 23日

第78回菊花賞予想結果分析

レース予想、パドック評価は10月22日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着 キセキ
2着◎クリンチャー
3着 ポポカテペトル
4着 マイネルヴンシュ
5着 ダンビュライト
6着△ミッキースワロー
7着▲アルアイン
8着 クリノヤマトノオー
9着△プラチナヴォイス
10着△サトノクロニクル
11着△サトノアーサー
12着 ブレスジャーニー
13着 ベストアプローチ
14着 スティッフェリオ
15着 トリコロールブルー
16着○ウインガナドル
17着 アダムバローズ
18着 マイスタイル

馬券
ブレスジャーニーの単勝(外れ)、複勝(外れ)
馬連8頭ボックス(アダムバローズ、ウインガナドル、サトノアーサー、スティッフェリオ、クリンチャー、ブ
レスジャーニー、マイスタイル、マイネルヴンシュ)(28点、外れ)

パドック評価
11頭もB+評価したのに3着馬を推奨できず。

好走データ
該当馬多数も、1~3着馬を推奨できた。

消しデータ
キセキが「8月以降2戦以上消化し、前走体重8キロ以上増減で敗退(ただし、2600m以上の長距離戦連対馬又は日本ダービー連対馬除く)」の消しデータを覆し、見事優勝。
ポポカテペトルが「前走条件戦使用馬のうち、斤量3キロ以上増加の馬(ただし、前走2400m戦連対馬又は前走4馬身差以上圧勝馬除く)」の消しデータを覆し、3着好走。

スピード指数
3位のクリンチャー2着、7位のポポカテペトルが3着も、優勝馬キセキは推奨できず。

感想
空前の不良馬場になったことで、パドックで良く見えた馬&ステイゴールド産駒など人気薄中心の馬連ボックスを購入するも、1番人気のキセキに勝たれてあえなく撃沈。
ブレスジャーニーは、長期休養明けでも落ち着いて良い雰囲気だったこと、休養前の実績は素晴らしかったので単複を買ったが流石に無理筋だった。
素直に本命馬のクリンチャーの単複(複勝7.7倍ついた)で良かったなあ。。。10番人気馬を中心視したのにもったいなかった。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-10-23 20:31 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/27475956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ロンギングダンサー(17’安田...      第20回富士S予想結果分析 >>