愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 19日

スプリングSは、上がり馬ウインブライトが差し切り重賞初制覇

今日、中山競馬場で行われた皐月賞トライアル・スプリングS(GII、3歳・芝1800m)は、松岡正海騎手騎乗の5番人気ウインブライトが、後方追走から直線力強く伸びて、同じく後方から馬群を割って伸びた2番人気アウトライアーズに1/2馬身差をつけて優勝しました。

☆スプリングS結果
1着◎ウインブライト  (松 岡) 1'48'4(良)
2着▲アウトライアーズ (田 辺) 1/2
3着 プラチナヴォイス (和 田) 1/2
4着○サトノアレス   (戸 崎) 3/4
5着△トリコロールブルー(M.デムーロ)クビ

※ パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い B普通 C平凡)

1 ダノンケンリュウ  B
  普通
2 サウンドテーブル  B
  普通
3 オールザゴー    B
  2人引き、時折小走り
4 ストロングレヴィル C
  落着きなし
5 エトルディーニュ  B
  普通
6 モンドキャンノ   B+
  2人引き、キビキビと動き良し
7 プラチナヴォイス  B
  2人引き、時折小走り
8 アウトライアーズ  B+
  やや首高いが動き良し
9 サトノアレス    C
  尻っ跳ねするなど、前走より落着きがない
10 ウインブライト   B
  2人引き、時折小走り
11 トリコロールブルー B
  2人引き、時折小走り

今年のスプリングSは、2歳王者サトノアレスが登場、クラシックに向けて注目のレースとなりました。そのサトノアレスを含む5頭が単勝10倍以下の人気が集めましたが、勝ったのは人気の一角、5番人気ウインブライトでした。

ウインブライトのパドックは、2人引きで時折小走りになるなど、あまり落着きはなかったです。ステイゴールド産駒らしく気合を表に出しても問題ないタイプと覚えておこうと思います。レースは今日と同舞台の前走・若竹賞の再現といった感じのレース運びで、中団追走から直線力強く伸びての快勝となりました。全姉のウインファビラスはGI2着の実績がありますし、皐月賞でも面白い存在になりそうです。

2着は2番人気のアウトライアーズが人気どおりの好走。パドックは人気を集めた5頭の中で一番落着きがあり、なかなか良く見せていました。レースは勝ち馬とほぼ同じ位置からレースを進めましたが、直線馬群に包まれて、抜け出すのに手間取った分、届かなかった印象。それでも持ち味の切れ味を十分発揮してくれたと思います。

3着は逃げ粘った6番人気プラチナヴォイスが健闘。単騎逃げで展開に恵まれた面もありましたが、2歳時に阪神芝1800mのレコードタイムを出したのは伊達ではなかったということでしょう。

なお、1番人気のサトノアレスはパドックで前走・前々走に比べると落着きがなく、あまり良く見えませんでしたが、案の定最後方から伸び一息で4着まで。3番人気のトリコロールブルーもパドックであまり落着きがなく、レースも伸び一息で5着と共に人気を裏切ったのは残念でした。

ウインブライド
父ステイゴールド 母サマーエタニティ(母の父アドマイヤコジーン)
2014年5月12日生 牡3 芦毛 新冠・コスモヴューファーム生産 美浦・畠山吉宏厩舎
6戦3勝(2017年3月19日現在)
(重賞勝利)2017年スプリングS(GII)

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-03-19 21:42 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/26729776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第31回フラワーC(GIII)予想      第66回スプリングS(GII)予想 >>