愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 18日

ダイヤモンドSはアルバートが豪快に差し切り長距離重賞3勝目を飾る

今日、東京競馬場では、天皇賞・春(GI)に向けて注目のステップレース・ダイヤモンドS(GIII・ハンデ、芝3400m)が行われました。
レースは、R.ムーア騎手騎乗の1番人気アルバートが、後方追走から直線で大外一気に伸びて、2番手から抜け出した6番人気ラブラドライトに1 1/4馬身差をつけて優勝しました。
b0015386_21282364.jpg
後方から桁違いの末脚で大外一気に伸びたアルバートの完勝劇となりました。

☆ダイヤモンドS結果
1着◎アルバート    (R.ムーア )3'35'2(良)
2着 ラブラドライト  (酒 井)1 1/4
3着▲カフジプリンス  (川 田)1 1/4
4着 トウシンモンステラ(内 田)1
5着 プレストウィック (戸 崎)1/2

※ パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い B普通 C平凡)

1 ファタモルガーナ  B
  普通、時折小走り
2 ムスカテール    B
  普通
3 トーセンレーヴ   B
  2人引き、つる首、普通
4 ラブラドライト   B
  普通
5 キングルアウ    B
  普通
6 ジャングルクルーズ B
  普通
7 フェイムゲーム   B
  2人引き、普通
8 カフジプリンス   B
  普通、時折小走り
9 フェスティヴイェル B
  普通
10 サムソンズプライド B
  普通
11 プレストウィック  B
  普通
12 アルバート     A
  2人引き、落ち着いて踏み込み力強い
13 サイモントルナーレ B
  普通
14 プロレタリアト   B
  普通
15 トウシンモンステラ B
  普通

今年のダイヤモンドS(GIII)は、ステイヤーズS(GII)2連覇のアルバートが単勝2.1倍の1番人気。伸び盛りの4歳馬カフジプリンスが単勝3.6倍の2番人気。ダイヤモンドSを2度制したフェイムゲームが単勝6.3倍の3番人気。前走ステイヤーズSでアルバートと接戦したファタモルガーナが単勝7.4倍の4番人気。この4頭が単勝10倍以下の人気を集めていましたが、格の違いを見せつけて優勝したのは1番人気のアルバートでした。

アルバートのパドックは、いつも良く見せる馬ですが、2人引きでも落ち着いて力強い歩様が目に付き、今日も素晴らしいデキに見えました。レースは後方からレースを進めると、4コーナー後方2番手から直線メンバー中最速の上がり33.4秒の桁違いの末脚(上がり2位はフェイムゲームの34.1秒)を繰り出し、先行馬群を一気に捕らえて突き抜けました。このメンバーでは実力が1枚も2枚も上だったとしかいいようのない着差以上の完勝でした。

2着は、6番人気の8歳馬ラブラドライトが大健闘。パドックは特に目立つ感じはありませんでしたが普通に落ち着いて周回していました。レースは2番手追走の積極策から直線内から早めに抜け出し、勝ち馬には一気に交わされたものの、最後まで良く粘りました。8歳になっても元気一杯ですね。

ラブラドライト
父キングカメハメハ 母タンザナイト(母の父サンデーサイレンス)
2009年5月15日生 騸8 栗東・斉藤崇史厩舎
23戦4勝(2017年2月18日現在)
b0015386_21280896.jpg

3着は、2番人気のカフジプリンス。パドックは時折小走りになる場面がありましたがイレ込みというほどではなかったです。レースは6番手の好位追走から直線上がり34.3秒の末脚を繰り出したものの3着が精一杯でした。

カフジプリンス
父ハーツクライ 母ギンザフローラル(母の父シンボリクリスエス)
2013年3月30日生 牡4 栗東・矢作芳人厩舎
19戦4勝(2017年2月18日現在)
b0015386_21275616.jpg

なお、3番人気のフェイムゲームは、後方追走から上がり34.1秒の末脚を繰り出すも6着まで。さすがにピークは過ぎたということでしょう。

それでは、最後に見事優勝したアルバート君を掲載します。

b0015386_21274059.jpg
パドックは、2人引きでも落ち着き十分。力強い歩様が目に付きました。

b0015386_21272452.jpg
アルバートの重賞勝ちは全て鞍上のR.ムーア騎手が挙げたもの。短期免許ながら、これでJRA重賞8年連続の勝利(ダイヤモンドSは初制覇)は見事です。なお、レース後のインタビューでは「長い距離のレースは、ペースが速かったり遅かったり一定でなく難しいのですが、今日はステイヤーズSのときより馬の状態も良く、直線はものすごい脚で伸びてくれました。春の天皇賞でもいい走りを見せてくれると、期待してもらってもいいと思います。」とコメントしていました。

b0015386_21271050.jpg
これで3000mを超える距離の重賞3勝目。彼は今時珍しい典型的なステイヤーだと思います。今年も天皇賞・春に向かってくれることでしょう。今日は本当におめでとうございました!

アルバート
父アドマイヤドン 母フォルクローレ(母の父ダンスインザダーク)
2011年2月7日生 牡6 栗毛 安平町・ノーザンファーム生産 美浦・堀宣行厩舎
23戦8勝(2017年2月18日現在)
(重賞勝利)2016年・2015年ステイヤーズS(GII)、2017年ダイヤモンドS(GIII)

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-02-18 21:36 | 17年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/26662619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第34回フェブラリーS(GI)予想      第67回ダイヤモンドS(GII... >>