愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 20日

マイルCSはミッキーアイルが逃げ切り、2年6ヶ月振りのGI2勝目を挙げる

今日、京都競馬場で行われた秋のマイル王決定戦・マイルチャンピオンシップ(GI、3歳上・芝1600m)は、浜中俊騎手騎乗の3番人気ミッキーアイルがスタートからハナを奪って逃げると、最後まで後続を寄せ付けず、6番手から伸びてきた2番人気イスラボニータの追撃をアタマ差おさえて優勝しました。

☆マイルCS結果
1着▲ミッキーアイル  (浜 中)1'33'1(良)
2着△イスラボニータ  (C.ルメール)アタマ
3着 ネオリアリズム  (R.ムーア )3/4
4着 ダノンシャーク  (松 山)3/4
5着◎サトノアラジン  (川 田)アタマ

パドックの個人的な評価は以下の通り(A良い B普通 C平凡)

1 ディサイファ    B
  普通
2 サトノアラジン   B+
  2人引きでも落ち着き十分、踏み込み力強い
3 スノードラゴン   B
  普通
4 ロードクエスト   B
  2人引き、つる首、普通
5 ヤングマンパワー  B
  普通、マイナス12キロでも細い感じはない
6 ダノンシャーク   B
  2人引き、普通
7 フィエロ      B
  普通
8 イスラボニータ   B+
  首高いがキビキビと動き良し
9 サトノルパン    B
  普通
10 マジックタイム   B
  普通、時折小走り
11 テイエムタイホー  B
  普通
12 ウインプリメーラ  B
  2人引き、普通
13 ダコール      B
  普通、首高い
14 クラレント     B
  普通
15 ネオリアリズム   B
  普通、首高い
16 ミッキーアイル   B+
  落ち着いて堂々と周回、スプリンターズSと同じような雰囲気
17 ガリバルディ    B
  普通、時折小走り
18 サンライズメジャー B
  普通

今年のマイルCSは、昨年の覇者モーリスと今年の安田記念馬ロゴタイプが香港遠征のため回避、王者不在の一戦となりました。そんな混戦模様の一戦を制したのは、前走スプリンターズS(GI)2着から挑んだ3番人気ミッキーアイルでした。

ミッキーアイルのパドックは、前走のスプリンターズS同様、落ち着いて周回しており、引き続き好調子に見えました。レースはスタートから果敢にハナを奪うと、最初の600mを34.1秒と比較的楽なペースで単騎逃げできたことで、持ち味の粘りを発揮して最後まで後続を寄せ付けず逃げ切りました。

ミッキーアイルにとっては、3歳時のNHKマイルC(GI)以来となる久々の勝利。一時は抑える競馬を試すなど試行錯誤を繰り返しながら、なかなか結果を残せずにいましたが、やはり彼の力を最大限に発揮させるのは逃げ戦法なんでしょうね。

ただ、ゴール直前で外側に斜行して、ネオリアリズム、サトノアラジン、ディサイファ、ダノンシャークの進路が狭くなる不利(特にサトノアラジンとディサイファは騎手がバランスを崩し急ブレーキがかかる大きな不利で、昔のルールなら降着だったでしょう)を招いたことで、鞍上の浜中騎手が開催8日間の騎乗停止となり、大変後味が悪いレースとなってしまったのは本当に残念でした。

ミッキーアイル(撮影日2016年10月2日・スプリンターズS)
父ディープインパクト 母スターアイル(母の父Rock of Gibraltar)
2011年3月12日生 牡5 鹿毛 安平町・ノーザンファーム生産 栗東・音無秀孝厩舎
19戦8勝(2016年11月20日現在)
(重賞勝利)2016年マイルCS(GI)、2014年NHKマイルC(GI)、スワンS(GII)、2016年阪急杯(GIII)、2014年アーリントンC(GIII)、シンザン記念(GIII)
b0015386_21301387.jpg


[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-11-20 23:59 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/26598498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第21回東京スポーツ杯2歳S予...      第33回マイルCS(GI)予想 >>