愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 22日

GIホース2頭を引き連れての完勝!富士Sはヤングマンパワーが重賞2連勝

今日、東京競馬場で行われたマイルCS(GI)の前哨戦・富士S(GIII、3歳上・芝1600m)は、戸崎圭太騎手騎乗の3番人気ヤングマンパワーが、好位3番手追走から直線早めに抜け出し、中団から最内を突いて伸びた4番人気イスラボニータに3/4馬身差をつけて優勝しました。

b0015386_232773.jpg

ぽっかり空いたインを突いたヤングマンパワーが好位から抜け出し快勝となりました

☆富士S結果
1着○ヤングマンパワー  (戸 崎)1'34'0(良)
2着△イスラボニータ  (C.ルメール)3/4
3着▲ダノンプラチナ  (蛯 名)1/2
4着 マイネルアウラート(柴田大)クビ
5着 ガリバルディ    (福 永)クビ

パドックの個人的な評価は以下の通り(A良い B普通 C平凡)

1ブラックムーン   B
普通、時折小走り
2ダノンプラチナ   B+
落ち着いて伸びやかな歩様
3ヤングマンパワー  B
普通
4イスラボニータ   B
普通、首高い
5テイエムイナズマ  B
普通
6マイネルアウラート B
普通
7フルーキー     B
普通、エプソムCの時より歩様の力強さ劣る
8ガリバルディ    B
普通、2人引き、時折小走り
9ミュゼエイリアン  C
落ち着きなし
10ブラックスピネル  B  
普通
11ロードクエスト   B
普通、2人引き

今年の富士Sは、GIホース2頭(イスラボニータ、ダノンプラチナ)を含む8頭が重賞勝ち馬という好メンバーが揃った一戦となりました。人気は秋初戦の京王杯AH(GIII)で古馬を一蹴した3歳馬ロードクエスト(単勝2.1倍)に集まりましたが、よもやの9着。勝ったのは、充実の4歳馬・3番人気ヤングマンパワーでした。

ヤングマンパワーのパドックは、普通に落ち着いて周回していました。レースは、テイエムイナズマが1000m通過59.8秒とスローペースで逃げる展開となりましたが、ヤングマンパワーは好位3番手の内を追走。直線は先行したテイエムイナズマ、マイネルアウラートが馬場の真ん中に進路を取る中、内を突いて早めに抜け出し、後続を完封する快勝劇となりました。鞍上の戸崎騎手の好判断が光りましたね。昨年はこのレース12着といいところがありませんでしたが、見事なリベンジでした。

2着は、4番人気のイスラボニータ。パドックは休み明けということもあり、絶好調という感じではありませんでしたが、首を上げ気合いを表に出して周回していました。レースは、中団追走から直線最内を突くロスのない競馬で2着に食い込みました。これで東京コースは11戦して9回3着以内と流石の安定感です。

イスラボニータ
父フジキセキ 母イスラコジーン(母の父Cozzene)
2011年5月21日生 牡5 美浦・栗田博憲厩舎
18戦6勝(2016年10月22日現在)
b0015386_2327481.jpg


3着は、昨年の覇者で2番人気のダノンプラチナ。パドックは落ち着いて伸びやかな歩様が目に付き、上位人気馬の中では1番良く見えました。レースはスタートの出が悪いながらも、すぐに好位4番手につけて、直線外から追い上げましたが、内を突いた1・2着馬には届かず3着が精一杯でした。

ダノンプラチナ
父ディープインパクト 母バディーラ(母の父Unbridled's Song)
2012年3月23日生 牡4 美浦・国枝栄厩舎
11戦4勝(2016年10月22日現在)
b0015386_2328252.jpg


なお、1番人気のロードクエストは9着に凡走。パドックは特に目立つ感じはありませんでした。レースはスタートでダッシュがつかず最後方からの競馬。スローペースの展開で前も止まらず、後方侭いいところなく敗れ、人気を裏切ったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したヤングマンパワー君を掲載します。

b0015386_23282055.jpg

パドックは、普通に落ち着いて周回していました。

b0015386_23283846.jpg

鞍上の戸崎圭太騎手は、富士Sは一昨年のステファノスに続く2度目の制覇。レース後のインタビューでは「強かったですね。道中から手応えも良く、どういう競馬も出来るので強気に行きました。これだけ力をつけていますし、京都のレースも楽しみです。」とコメントしていました。

b0015386_23285798.jpg

GIホース2頭を引き連れての堂々のV。本番のマイルCS(GI)も楽しみです。関屋記念に続く重賞2連勝&マイル重賞3勝目、おめでとうございました!

ヤングマンパワー
父スニッツェル 母スナップショット(母の父サンデーサイレンス)
2012年4月14日生 牡4 黒鹿毛 安平町・ノーザンファーム生産 美浦・手塚貴久厩舎
15戦5勝(2016年10月22日現在)
(重賞勝利)2016年富士S(GIII)、関屋記念(GIII)、2015年アーリントンC(GIII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-10-22 23:29 | 16年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/26297873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第77回菊花賞(GI)予想      第19回富士S(GIII)予想 >>